« <水でっぽうの作り方> | トップページ | 水色お空のアイ染めの日 »

2017年7月11日 (火)

茅の輪くぐりで<茅の輪かざり>

七夕のころ。
偶然通りかかった近所の鳩ヶ谷神社の階段を
何の気なしに昇ったら、

その日はちょうど
その時刻、
「茅の輪くぐり」(ちのわくぐり)の
大祓い神事がはじまる
まさにその時。

茅の輪の「ち」とは
鳥居の下に作られた
ススキで作った1m~1.5mくらいの大きな輪っかのことでして、
半年間の身の穢れを清め祓う行事のようでした。

千と千尋に出てくるような人形を川に流し、
ススキのリースをハンドメイドで作って帰れるという
誠に天から降って湧いたような有難い
その神事に

偶然でくわし、
ワケのわからぬまま、
そのススキの輪っかを三回ほど
ベースケといっしょにグルグル回りました。

霧の向こうに突然迷い込んだような
不思議な午後でした。

022
ということで、
その時の
ススキのリース、
いや
茅の輪かざりを
畑の玄関に飾ってあります。

018

丁度うちにあった
アジサイや
ユウカリなどで
アレンジメント。

【偶然といえぬ巡り合わせほど「ぐうぜん」と言いたい】
        (茅の輪くぐり)

【ふりかえれば
この日からアンテナがスパイラルでベクトルを変えた気がする・・・】
     (茅の輪かざり)

« <水でっぽうの作り方> | トップページ | 水色お空のアイ染めの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/65526335

この記事へのトラックバック一覧です: 茅の輪くぐりで<茅の輪かざり>:

« <水でっぽうの作り方> | トップページ | 水色お空のアイ染めの日 »