« さつまいもを掘って焼き芋大会 | トップページ | どんぐりゴマ選手権・第5回安行大会 »

2017年11月 2日 (木)

畑の神さま

夜中、コケーッ、バタバタバタッとただならぬ声、、、
001_2
チャボのチャチャが息をひきとりました。

初めて人間になついた
やさしいコッコちゃんでした。

おそらくイヌでもネコでもない森の動物に襲われたのでしょう。
慌てて外に出ると、
すでに重傷を負っており、
ばたばたと もがいていました。
出てきた娘がそれを見て「ああ、、」と悲しみの声をあげたので
傷にふれてしまうのが怖かったのですが、
ふいに「ゆまにちゅーど」と心が言うので、
両手で包むと

苦しんでいたのがウソのように
すっと目をとじて亡くなりました。


003_2
もう一羽の若いコッコちゃんも見つかりません。
おそらく獣に食べられたのでしょう。

いったい誰に襲われたのだろうと
「教えてね」
と猫のニャンにお願いしたら、
二日後の夜、

にゃお~~~~しゃお~~~

と怖れと威嚇の混じったような初めて聞く鳴き声とともに
ニャンがその存在を教えてくれました。
急いで出ていくと、

見たこともないような立派なタヌキが居ました。
疥癬にかかっておらず、
頭から尻尾の先までふさふさの見事なタヌキでした。

数日前からカラスが不穏な鳴き声で泣き続けていて、
何かを教えてくれているとは思っていましたが、
もしかしたらカラスも
この新顔のタヌキの存在を教えてくれていたのかもしれません。

このタヌキが襲ったのでしょうか?
すべてにおいて
真相はナゾのままでありますが、
道路拡張で空き地はどんどん減って
タヌキも追われて、街中をうろうろしているのかもしれません。

産んでくれた卵を子供たちに渡し損ねたまま、
コッコちゃんたちが亡くなってしまいました。
せっかく産んでくれたのに、
守ってあげることもできませんでした。

ただチャチャの安らかなお顔が救いです。
畑の神さまになりました。

« さつまいもを掘って焼き芋大会 | トップページ | どんぐりゴマ選手権・第5回安行大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/66010494

この記事へのトラックバック一覧です: 畑の神さま:

« さつまいもを掘って焼き芋大会 | トップページ | どんぐりゴマ選手権・第5回安行大会 »