« 2018年1月 | トップページ

2018年2月14日 (水)

みそづくり

きょうは小さな畑のおうち園です。
Img_4311
むくろじ小人さんが大豆で味噌づくりをしています。

それでは私たちもお味噌をつくりましょう。
でも、どうやって作るんだったっけ?

すると朝のお話し会に
魔女のおばあさんが出てきて言いました。
「かがみよ、かがみ、せかいでいちばんうつくしいのはだれだい?」

氷の鏡は、はじめ美しく化けた魔女を映し出していましたが、
しばらくすると、
べつのおひめさまを映すようになりました。

(ほら、のぞいてごらん)
Img_4209
(きれいなおひめさまが居たでしょう)

つぎつぎにきれいなお姫さまが出てくるので
魔女は悔しがりました。

するとお姫様が言いました。
「やさしくなったら かがみに うつるよ」

そこで、
魔女が鏡をのぞくと
やさしい魔女になりました。

(こわいお話しかとキンチョーしていたのでしょうか、
ここで一気に気がぬけて笑う子どもたちでした^^)

やさしいおばあさんになった魔女は、
みんなに
「魔女の秘伝の味噌づくり」
を教えてくれました。

というわけで
朝のお話し会のテーブルに
子どもたちが運んで飾った氷が
いつしか魔女の鏡になり、
どういうわけか
ぶじ味噌づくりが始まりました^^
Img_4215
①パワーショベルで青大豆が運ばれます。

一晩、水に浸けた大豆をお鍋にうつします。
お見事、一粒も落としませんでした^^
最後は、ダンプカーがザザザーッと落としました。


Img_4235
②シュポシュポシュポシュポ・・・

さあ、茹で上がったようです。

P2140016
ほんとだ、おいしそ~

P2140025
③つぶして~

Img_4261
④塩こうじとまぜて

まぜまぜまぜまぜ・・・

Img_4264
⑤まるめて

Img_4282
⑥ポンとおとしてならして、

できあがり~

仕上げに無漂白コーヒーフィルターをしいて
木のふたをして
重石をして
大きな紙で包んで、
ダンボール箱に入れて
また来年までおやすみなさ~い、

おいしくねむってね♡

Img_4298
ずいぶん丹念に味噌づくりをした子供たち、

ですがもちろん、
<お姫さま>にもなって

Img_4289
<春のお花のパーテイ料理>も
あふれんばかりに作り、

あまい匂いにうっとりさせてくれました。

Img_4295_2
さらに誰が言いだしたか、

<ことりのいえづくり>
にも精を出し、

Img_4296
お砂場台所では、
落ち葉をつかった新メニュー登場ッ

これは何かとたずねると、
<カレーーやさいいため>
ほんとにおいしそ~

そうして
Img_4303
<おかたづけ>
までたのしそ~♪

お片付けワゴンが出動していました^^

関東でも
寒さの長く続くいている冬です。
今朝も氷点下で水道も凍り、
お庭は霜柱だらけだったのがウソのよう。
それでも
昼間はあたたかく
焚火もまったく忘れるほど。
豆に働き、豆に遊んだ子供たちです。

あっという間に一日がおわり、
Img_4312
帰りのお話し会では、

<おみそのくに>へ行きました。

♪あずきっちょまめっちょ
♪ひーやふーやの やまみちを~

ところが
お味噌の国へ行ったら
肝心の大豆がなかったので

そうだッ

みんなで大豆になろう!

と大豆になったところ。

Img_4314
♪まーめーっちょ まーめっちょ

ぐらぐらぐらぐら・・・・

大豆になって茹でられ丸められるお豆たちの世界です。

おいしくなっておやすみなさ~い

ゴトンゴトンゴトンゴトン・・・
P2140036
今日のおやつ<だいずボール>

おーしーまい

<おまけ>
Img_4216
修了製作①トンカチとんとん

節穴をあけ

Img_4228
②キリできりきりきり

横穴をあけ、

Img_4231
③横穴に竹串をいれます。

何ができるかな?
まだまだつづく・・・

Img_4201
<ハランの笹舟>

初めて作ったら

でっかい!

頭にかぶれば烏帽子になります♪


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

冬芽がっしょうだんと 冬芽弓矢づくり

写真絵本「ふゆめがっしょうだん」(福音館書店)は、

小学校など読み聞かせの定番のひとつとなっていますが、

じっさい、

この冬芽を

出来得るかぎり

集めてみました。

初の試みです!

Img_4188
ザクザクっと並べて、

Img_4175
冬芽と葉柄痕のラインをそろえました。

このラインナップは絵本に載っていたもので、
24種中18種見つけました。

Img_4178
接写がうまく撮れませんが

左から

①サンゴジュの 「間のびした かばくん」
②ユクノキ(ミヤマフジキ)の 「コアラちゃん」
③ノリウツギの 「つっぱり兄ちゃん」
④クサギの   「ニコニコ堂」
⑤クワの   「ツベルクリン反応」 

Img_4177
さらに左から

⑥カラスザンショウの 「トゲの森の 顔なし」
⑦クズの  「泣き崩れた太陽」
⑧クワの  「ツベルクリン反応」
⑨ネムノキの  「あくび」
⑩クマイチゴの 「王冠三日月」
⑪ムクノキの  「雑木顔」


Img_4176
さらにさらに

⑫ノリウツギの 「つっぱり兄ちゃん」
⑬オニグルミの 「やっぱりひつじ」
⑭サンショウの  「万歳さんしょう」
⑮エノキの   「でっかい木の ちっちゃい小人」

Img_4186
さらにもっと

⑯ハリエンジュ(ニセアカシヤ)の 「男前宇宙人」
⑰フジの 「にょっきりフジ坊や」

ここで終了ですが、

<わが家の冬芽合唱団>
もさがしてみました。
Img_4185
よくぞ呼んでくれたと

かなりうれしそうに合唱しています♪
Img_4162
中央は

①トチノキの 「てかてかくん」

Img_4181
②「おすまし」安行ザクラちゃんと 
③「ボンボン」梅ちゃん

Img_4183
④「にっこり」キジュくんと
⑤「イギリス兵隊」ヤシャブシくん


赤ちゃんから小学校中学年くらいまで
12人の子供たちと10人のおとなが、
この冬芽にしばし見とれて
冬芽気分を味わいました。

「みえる?」
「みえた」
「ほんと~!」
「どれ?」

虫メガネを持って
冬芽にのぞきいり・・・

さらにその冬芽のついている小枝で
Img_4170
「クワの冬芽の弓矢」

を作りました。
矢はススキです。

「あ、ふゆめだッ!」
とクワの小枝を手にしたとたん、
ちっちゃいお顔をあちこち指さし
すっかり<冬芽つう>になっていた子供たちでした^^

この
お顔に見える葉の落ちた痕、
葉柄痕は、
人間でいえば全身を流れる
血液の道、血管です。

道管(根から吸い上げられた水と水に溶けた養分が上方へとむかう道)と
師管(葉の光合成でつくられた養分が全身へ送られる道)の
合わさった束、
維管束の痕なのだそうです。

この維管束痕でもまた
だれでもない
その植物の生きた証が
示されているのですね、、、

【だれでもない わたしのふゆめ  いきたあかし】
                (維管束痕)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

鬼はそと~福はうち~

今日は、小さな畑のおうち園です。
Img_4025_2
むくろじ小人さんが、
節分のお豆を炒っていました。

そうです、そうです
少し遅れましたが、
節分の豆まきをしましょう。

今年も鬼が
鬼土産を持ってきてくれるでしょうか?
ところが、
Img_4026
今年は、50ねんいや100年に一度といわれる
鬼引きの年で、

鬼は大雪でカゼをひき、
寝込んでしまっているそうです。
そんな鬼引きの年には、
邪気厄災が流行ります。

困った村の長老が言いました。
こびとたちよ、
子鬼になって災いを追い払ってくれ。

(うん、いいよ)

でも、どうやって鬼になったらいいんでしょう。
こびとたちが考えていると、

縁の下のクズの蔓がするする伸びてきて言いました。
「わたしをつかってください」
そこで、蔓をくるくると巻くと輪っかになりました。

するとこんどは梅の小枝が言いました。
「わたしもつかってください」
そこで、梅の小枝をパチンときって、
輪っかにさしますと、鬼の角ができました。

P2070018
そうして、その鬼の角を頭にかぶると
みんな小鬼になりました。

畑をゆくがゆくがゆくと、
今度は、縁の下からお豆が出てきて言いました。
「わしをなげてくれ」

おにはそと~ふくはうち~

小鬼たちはガオガオ畑をねり歩き、
豆まきをしました。

ところが最後の病気は大きくて
みんなで豆をまいてもかないません。

そのとき
ふと見上げると大きな木の枝に
大きな鬼うちわが ぶらさがっていました。

(なんだ、あれは~~~)
(あ! いつも鬼がくれる鬼うちわだ)
(春をよぶ鬼うちわだッ)

Img_4038

ばっさんばっさん、
鬼うちわをはためかせながら
子鬼たちは
畑のなかを隅から隅まであるきました。

するとまた
どこからともなく声がきこえてきます。
「わるいびょーきをおいはらうと
鬼まめがもらえるぞ。
鬼まめを食べると元気になるぞ。」

P2070022

(あれ、なんだろう?)
白い包みをあけますと、
(わ~鬼まめだ~)

そのとき、
びゅ~~~~んと風が吹いてきました。
みんなが鬼うちわをあおいだので
春をよぶ風が吹いてきたようです。

(かぜだね~)
(そうだ、凧をとばしに行こうか)
(このまえ、作った凧、とばしにいこう!)

Img_4077
そうして、
近くの原っぱへ凧をとばしに行きました。

凧が見えなくらいに空たかく飛んでいます。
地面すれすれを走っていく凧もいます^^

Img_4091
編隊をくんで飛び、
180度回転する妙技を何度も見せてくれましたッ!!!!!
スバラシイ

Img_4104
そんなこんなで
すっかり暑くなり、
今日は全員が上着を脱ぎました。

はふ~~~

くつろいでいます^^

Img_4120
おうちに帰ってご飯を食べると、

さっそく<雪鍋料理>にとりかかる人たち。

おやつの鬼豆を炒った後の
七輪の残り火で
雪を溶かして
シャーベットにしていますが、
雪が溶けて溢れだして
慌ててスプーンですくい出しています。

まるでアク取りです^^

P2070041
お部屋のなかにはお姫様が居ました♡

いえ季節がらでしょうか、
福の神に見えます^^

P2070048
そうして
帰りのおはなし会では、

<おにのくに>へ行き、

♪あずきちょ、まめちょ、やかんのつぶれちょ
♪ひやふやのやまみちを~
♪まめっちょ まめっちょ いったまめぼーりぼり

っと、お豆になっている子供たちです^^


さあ、寒波が続き
大雪もふった、
長く寒い冬でしたが、
小鬼たちがみんなで力を合わせて
豆まきをしましたから、

もうすぐ春がきますよ♡

おーしーまい


<おまけ>
Img_4121
先週、小鳥にみかんをあげましたら、

1週間ですっかり空っぽでした。

(ねーみてみて!)

子供たちが教えてくれました。


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ