« 春朧月・・・ | トップページ | お花の観察と 花束づくり »

2018年4月 7日 (土)

<菜の花とアケビの新芽つる マヨ和え>

Img_5495
むせかえるような甘い香りが風にのって漂ってくるので

あたりを見回してみれば

アケビでありました。

このアケビは、2mほどのモミジに巻き付き、
見事な自然のアーチをつくり、
とうとう枯らしてしまったのですが、

なるほど、
その生長の頂点の新芽のツルは、
幾本も幾本も触手をのばして空をもつかむ勢い、、、

この蔓の新芽には、
たとえばヤブガラシにしても
藪を枯らすほどの勢いがあるということで、
そのエネルギーも栄養満点とのこと、、、

Img_5598
そこで、
同じく光り輝くばかりに咲いている菜の花と
アケビの新芽ツルをいただいて、

Dsc01146
<菜の花とアケビの新芽つる マヨ和え>

菜の花は、茹でて熱を加えても色落ちせず、毎年感動しますが、
アケビは、今年はじめて食べました。

コリコリシャキシャキとして、陸の海草のような食感。
山菜にしか出せないような歯ごたえと喉すべりでありました。

« 春朧月・・・ | トップページ | お花の観察と 花束づくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/66612859

この記事へのトラックバック一覧です: <菜の花とアケビの新芽つる マヨ和え>:

« 春朧月・・・ | トップページ | お花の観察と 花束づくり »