« 安行原自然の森・夜の観察会 | トップページ | 3か月ヒキガエル »

2018年8月19日 (日)

夜のクモ観察会

夜の庭へ出ると、

Img_8889
久しぶりに
でっかいオニグモを
発見。

Img_8880
こんなに大きい!

数日後、エコ・エコのクモ観察会に行けて、

Img_0469
ちょうど同じくらいのオニグモがいました!

屋根の柱のv字のところに白い塊もあり、

蜘蛛学会の先生にお尋ねすると

それが卵で、

その卵のうの中で孵化した子グモが越冬し、

Img_0472

次の年は、
こうなっているという。

擬木の椅子の下で
小さいオニグモが巣をはっていました。

それが越冬すると、
最初の写真くらいに
大きくなり、

卵を産んで死んでしまう、

というサイクルだったような、、、

Img_0437
近所の下台公園でお馴染みのクサグモもいました。

しかし、これはコクサグモでした。

クサグモより小ぶりで発生時期が
1ヶ月~数か月?遅れのようです。

クサグモも コクサグモも
ハンモックのような棚網をつくるタナグモ科のクモで、
棚あみハンモックの中には
トンネルまであり、
休憩所や産室、非常通路にもなるということ。

すばらしいかな、

Img_0458
ベー助くんは、
イオウイロハシリグモを見つけました。
これも大きい。

水辺のクモで
本州では最大級の類かな。

水の上を走れるということで
最後、水に乗せると、
確かに浮いていました^^

その他にも

①ジョロウグモ(馬のひづめ型の五線譜つきの 垂直円網)
②ギンメッキグモ(頭を上にして円網中央に座っている銀メッキな逆さグモ)
③ヒメグモ
④アシナガグモ
⑤ワキグロサツマノミダマシ
⑥アズチグモ(腹部せなかに、宇宙人顔もよう。でもハナグモとは違う、サングラスグモ)
⑦ハエトリグモの寝袋(ハエトリグモは昼間グモなので、夜は網の寝袋で休んでいるという)
⑧ジグモ(つんつんつん、棒でやさしく袋網住居をノックしましたが、居留守でした^^)
⑨ゴミグモ(おなじみ、ゴミのなかに隠れているクモ)
⑩ナガコガネグモ(糸を一度に100本ほど出して獲物をぐるぐる、糸巻ハンター)
⑪コガネムシダマシ
⑫オニグモ
⑬コクサグモ

もっといたけど、
忘れました^^
上記のクモも
すぐに忘れてしまいますが、
それでも

たくさん会えました~
肉食ハンターとしてもさることながら、
見かけからは想像できない
卵を守る懐の深いお母さんも多くて、
身近で未知なクモ世界、
楽しかったです♪


« 安行原自然の森・夜の観察会 | トップページ | 3か月ヒキガエル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/67077605

この記事へのトラックバック一覧です: 夜のクモ観察会:

« 安行原自然の森・夜の観察会 | トップページ | 3か月ヒキガエル »