« 斜面林で稲刈りと竹細工 | トップページ | 木の実のおやつ »

2018年11月13日 (火)

宮城県で講演

本日、仙台に行ってきました。

宮城県の流域水循環計画推進会議にて、コロボックルくらぶや、環境アドバイザーの活動を紹介してきました。

3657_2
大宮から、新幹線「はやぶさ」に乗りました。

3664
仙台到着

流域水循環計画推進会議には、市民団体の他、国・県・市の行政機関も参加しています。

活動の子供や学校への展開を考えているようで、
そうした活動を多く行っている、私に声がかかったようです。

3669

講演終了後の会議にも参加しましたが、
市民団体の抱えている課題は、活動資金や、行政との関係など、共通するものが多かったのです。

そして、特に感じたのは、震災の問題が今でも続いているということでした。
森の循環を行っている団体は、放射能の影響で山菜やキノコの採取販売が出来ず、シイタケの原木を長野から取り寄せていると言っていました。また、会員が避難して戻らず、会員不足になっているという団体もありました。会場の環境センターは、立派な建物でしたが、震災で傾いて立て直したとのことでした。
今回は震災の件は議題にはしなかったのですが、
会話の中から感じられるものが少なからずありました。


宮城県の皆さん、お世話になりました。 (べーすけ記)

後日談・・・
宮城県の依頼を聞いたとき、
遠いけれど行った方がよいと思いました。

ベー助の最後のはなしを聞いて、
これを直に聞くために行かせてもらったように思いました、、

原子力災害は、
子どもたちの自然体験も
うばいつづける

(べーこ記)


« 斜面林で稲刈りと竹細工 | トップページ | 木の実のおやつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/67397982

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県で講演:

« 斜面林で稲刈りと竹細工 | トップページ | 木の実のおやつ »