« 無患子~でんでん太鼓  | トップページ | 見沼自然公園~春の野草の天ぷら~ »

2019年4月20日 (土)

宇宙のはて

「おそらに はてはあるの?」(福音館書店)の

オルバースの理論(解釈の差異はさておき)は、

100年ほど前に

その理論の前提が成り立たないと示されたそうですが、

 

その後の華々しい

一般相対性理論や

膨張宇宙論は、

小学生のときに友人が耳元でささやき、

小学生の無垢な心に

どれだけ宇宙がぼうちょうしたかしれません^^

当時は、SF8割で聞いた想像でしたが、今や確信的で

加速しながら膨張する宇宙のはては、

どんだけ~~~!

でしょう。

 

また今は、ビッグバンとか宇宙生成の動画が

おそらくホンモノより本物っぽく動画で見れて、

たまにケータイで見るのですが、

こんな映像をプラネタリウムで見たら

さぞかしでしょう~!

 

私たちの宇宙、いや、銀河の話しだけでも

無限とも思えるくらい大きいのに、

「宇宙は ひとつしか存在しないのか?」

に至っては、

ちーっちゃいヒモ理論なせいか、

逆に宇宙を 手のひらサイズに感じるんですから、

自分の観ている位置は、

思考や感覚に

重要な影響を及ぼしますね^^;

 

多元宇宙論であれば、

私たちの宇宙には果てがあるんでしょうか?

それとも三次元の果ては、

もはや「果て」が意味をなさない次元に居るんでしょうか?

 

 

 

 

 

« 無患子~でんでん太鼓  | トップページ | 見沼自然公園~春の野草の天ぷら~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無患子~でんでん太鼓  | トップページ | 見沼自然公園~春の野草の天ぷら~ »