« 赤芽ガシワのお風呂と お茶 | トップページ | 原爆投下の朝に »

2019年8月 5日 (月)

<ニワトリ小屋の作り方>

ぴよぴよぴよぴよ・・・

ぴよこちゃんがやって来ました!

Img_7690  

名前は あさ・ひる・ばん

ずいぶん前に飼っていた1代目のコッコちゃん3羽と同じ名前です。

前のニワトリは夜の獣に襲われてしまいましたが、

その後ちいさなお友達が

「また飼わないの?」

と心待ちにしてくれたので

ベー助さんにムリをいい何度もおねだりを重ねて、

7/14 とうとう雑種ヒヨコちゃんが来ましたッ!

7/7 七夕産まれくらいでしょうか? ほんとうに小さいです。

残念ながら 夏休みになって小さなお友達が居ないときでした。

  Img_7693

正面顔です^^

  Img_7694

娘の腕の乗り心地がよいらしく目をつむりました。

ニワトリって、

まぶたが下から上に閉じます^^^^

まだふわふわの黄色です。

Img_7686

小屋作成は間に合わず、

コンテナケースのおうちにしました。

餌箱のなかで3羽かたまって休んでいます。

母鳥がいれば、まだ羽のなかにもぐって安心している時期です。

梅雨明け前で寒かったので

夜は携帯カイロを入れています。

 

<ニワトリ小屋の作り方>

Img_7699
⓪翌日より ニワトリ小屋を製作開始。
まずは場所を選び、お線香をたてて、手を合わせます。

Img_7700
①棒を立てて柱の位置を決めます。
柱は、建物の規格に合わせて、およそ90cm間隔にすると
材木の無駄が少なくなります。
対角線の長さを同じにして直角を出します。

Img_7705
②次の日、40㎝くらいの穴へ柱を立てます。

Img_7765 
ぴよこちゃんたちは
仮の住まいを作ってもらっていました。

Img_7762 
これは、どこかで見たことあると思ったら
ヒキガエルハウスと同じ場所です^^;

しかし、この数日後より

毎日、2mほどのアオダイショウがこのゲージの中へ

神出鬼没で現れるようになりました・・・

数年に1度なら有難いヘビも

こう毎日何度もお目にかかるのは大変にゾワゾワとします^^;;

Img_7711 
③次の日、水もり管で 水平を出します。
腰痛や所要の合間をぬって作るので
少しづつ少しづつです。

Img_7953
④水平の線を基準に
丸ノコで柱の高さを切り揃えました。

 

Img_7973
⑤垂木を井形に組んで屋根の骨組みをつくりました。
⑥屋根は波板を張りました。
半分はトタン、半分は透明アクリル樹脂です。

⑦筋交いを取り付けました。横揺れに強くします。

Img_7988
一方ぴよこちゃんたちは、ヘビを避けて移動、
新居前に別荘をたててもらていました^^^^❕

Img_7983
⑧目の細かいネットを地中に埋め込んで貼り付けます。
ヘビやネコ、タヌキ、アライグマ、ハクビシン除けです。

Img_7985
U字ピンで留めます。
何かしら途中で足りなくなりホームセンターに通う日々です。

ネットは以前ジュウタン屋さんからいただいた廃品です。

Img_7987 
アブラゼミ、ミンミンゼミ、ニイニイゼミが柱のあちこちで羽化します。

Img_8061
ぴよこたちは、なんと、
仮住まいから出て 新居前の
奥半分の畑いっぱいに放し飼いになっていました。

Img_8063
奥の空間がとつぜん牧場状態になり
知らない土地へ迷い込んだようです、
足を踏み入れるだけでドキドキします。

  Img_8067
桑の木の根元で土をひっくり返し、
ダンゴムシ、ワラジムシ、ケバエの集団幼虫、
ちっちゃいミミズに野草などなど、
ひっきりなしに食べていました。

1ヶ月たち身体は3倍ほどに成長し、黄色の産毛が白い毛に生え変わっています。

Img_7994
上部は目の粗いネットで
中が見えやすく、また光が入りやすくしました。

あとは、扉と寝間と軒下の隙間を埋めるだけです。つづく・・・

 

 

  

« 赤芽ガシワのお風呂と お茶 | トップページ | 原爆投下の朝に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤芽ガシワのお風呂と お茶 | トップページ | 原爆投下の朝に »