« 立秋~空とセミの移り変わり | トップページ | 夜の森の観察会~草加公園 »

2019年8月 9日 (金)

<小麦とライ麦の少量脱穀・籾摺りの方法>

  いただいた小麦の種子を

かなり遅蒔きでしたが、

ほんのひと畝、

今年もなんとかつなぐことが出来ました。

Img_6453  
二十四節気「芒種」6/6ころ

麦は刈り取りの時期、稲は田植えの時期です。

6/1に収穫して

Img_6456  
軒下に干しました。

1週間ほどすると梅雨入りしますので

雨風でカビるのを避け室内で保存します。

Img_8091  
その後2か月が過ぎてしまい、

脱穀して食べよう!

と縁側に出しました。

 

しかし少量なので木槌でゴンゴンたたいて脱穀というのは

無駄な体力と手間がかかります。

どうやるんだったっけ?

と毎年、おぼろな記憶をたどることになります。

そこで今回は、

 

<小麦とライ麦の少量脱穀・籾摺りの方法>

Img_8113
①準備するもの 大体こんなかんじ

Img_8096
②丈夫なてぶくろに小麦を5~10穂のせる

Img_8097 
③手でモグモグする

もぐもぐもぐもぐ う~~~~ん
もぐもぐもぐもぐ う~~~~ん
もぐもぐもぐもぐ う~~~~ん

と10回もモグモグしていたら

あっという間に脱穀と籾摺りがいっぺんにできます。

イメージは大きなカバが口をあけて

なんでもかんでも食べてしまう感じです。

エノコログサの草花あそびのように、

穂がお尻からはみ出しますが、

その都度  口のなかに押しこみます。

針のようなノギ(芒)は、大変痛く、

イネ科アレルギーのように肌にイガイガするので

手袋はゴム製などの丈夫なものを選びます。

Img_8102
④ざーーーっとボールに入れて

もみ殻をざっくり手で取り除きます。

Img_8104
こうなります

Img_8105
⑤ボールをゆすって フー

ゆすって フー
ゆすって フー
ゆすって フー

5回ほどフーすると、

Img_8107
細かいクズがたまってくるので

Img_8108
⑥ザルで しゃかしゃかしゃかしゃか・・・

こうして⑤⑥を数回繰り返すと

あとは こまかーいゴミだけになりますから

Img_8109
⑦平皿にうつして フー

ゆすって フー
ゆすって フー

黒いシートは別に敷く必要はありません。

Img_8117
⑧完成です。

 

<おまけ ライ麦編>

Img_8119 
初めていただき感動のライ麦畑でつかまえてです♪

2mを軽く超すような長い茎でした。

Img_8120
①手袋でモグモグ脱穀・籾摺りを終了したところ

小麦よりも外皮と実が剝がれたやすかったです。

下は1本の穂で、この中に30粒ほどの実が入っていました。

Img_8124
②ライ麦の殻はモフモフしているので

もみ殻の多くをすぐに取り除けます。

Img_8126
③いきなりザルで細かい殻を落とせます。

しゃかしゃかしゃかしゃか・・・

Img_8128
どんどんなくなります。

Img_8130 
④ボールに移し替えて

ゆすって フー
ゆすって フー
ゆすって フー

なぜボールに移し替えるかというと

ザルの目に引っかかってゴミが外に出ていかなからです。

通常はボールではなく箕(み)で行う作業です。

Img_8131
かなり速いです。

Img_8132
⑤仕上げ

Img_8133
⑥完成です

 

以上、我が家式でしたが、

もっと簡単な方法があるかもしれません。

工夫してみてくださいね♪

 

Img_2634
できあがり♪ 

左は小麦 右はライ麦

ビンに詰めました。

最近はパンづくりをしていないので

ご飯に混ぜて食べています^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 立秋~空とセミの移り変わり | トップページ | 夜の森の観察会~草加公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立秋~空とセミの移り変わり | トップページ | 夜の森の観察会~草加公園 »