« 2019年10月 | トップページ

2019年11月13日 (水)

あきまつり お店屋さんごっこ

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_1653
あきまつりお店屋さんがはじまりま~す!

おっと その前に なんと
Img_1656
「たまごだ~!」
卵を発見、
肉用種系の雑種で卵を産まないのではないかと
半ば諦めかけていたところ
ちょうど秋祭りのこの日、
皆なが来る寸前に
卵を産んでくれました。

しかも数日前から♂ではないかと疑いをもたれていた
アサが その卵のそばに居ます。
もう何が何だかわからなくなってきました、、、汗

Img_1659-2
「あったか~い♡」

ほんわりぬくぬくでした。

産まれてから約4ヶ月で産卵。
身体が大きいのでアヒルのような卵を産むのかとオモッタラ
チャボのような卵でした。
これからだんだん大きくなるのかもしれません。

ここ数日に合計4個うんで、
色は 白、ベージュ、ピンク。
色もいろいろ産むとは知りませんでした。

「アサヒル、ありがと~~~~」

すると朝の会では
どこからともなく笛の音が聞こえてきました。
そうだ、
お祭り、あきまつりの日だ!

あれ、でもお店には なあんにもありません。
そこで皆で お店の開店準備をすることになりました。
Img_1684
八百屋さん準備中~

何やら椅子の下にまで何か仕込んでいます⁉

Img_3442
こちらは水屋~準備中

「何屋さんにする?」
「うんとねー、みずや」
Img_1672
クレープ屋さん~準備中

「あのね、おはな、いれる」

お花屋さんブーケにしようと思ったら
「クレープみたい♡」となり
山茶花クレープです^^

Img_1685-2
ススキとオギの ほうきづくり

箒屋さん?
「うーうん、おみせ、きれいにするの♪」

さすがです^^

Img_1697
お店紹介

さあ、開店準備ととのいましたッ、

一軒一軒、店主がお店紹介をしています。
「どんぐり7こだよ」
「これはね、1こ」
「じゃあ、3こ」

Img_3451
こちら雑貨屋さん、
ちょっと朝の空気に寒さが増して
緊張してるかな^^
本格的な寒波のくる二日前でした。

Img_1700
桜と銀杏の秋色「なまジュースやさん」

大繁盛です。
新鮮さが売りのようですッ
注文すると店頭でガラスの器についでくれるしくみです。
「コップは返すんだったよね」
「そうだよ、なかのも かえしてね」

しっかり落ち葉も回収していました^^

Img_1702
こちらは雑貨屋さんの「ぶどう売り」

ブドウの仕入れ先は自分で見つけて店頭販売。
こちらは皆が食べてしまうので
本当に種だけ残してなくなりました^^

Img_1705
おなもみダーツ屋

ここのおじさんが一番のって呼び込みするので
たくさん人が並んでいましたが、
さらにダーツをすると
どんぐり銀行のどんぐりが1個もらえるという
娯楽給付型支援店でした^^;

Img_1711
どまんなかッ!

Img_1709
「みずや」

水の中に紅葉をうかべて
女の子たちも並び
タピオカにも負けない勢いです♪

Img_1714
お掃除をしています。

クレープ屋さん、お店の前をお掃除中。
ショッピングしたり、お掃除したり
自分のお店そっちのけで楽しんでいる人もいます^^

Img_1716
「やおやさん」

豆柿ください、
はい、どうぞ、
いくらですか?
どんぐり1っこです。

お勘定は右端です、
かなり売れたもようです。
奥には「かくしごはん」も売ってありました^^?

隠しご飯を買って
雑貨屋さんで売っていた「からすうりのなっとう」を
かけて食べている人も居ました。
通ですね~

本当にお腹が空いてきました。

Img_1764
そこで商店街の真ん中にゴザをしき

た、た、たまごを、こん、こん、こん、

Img_3487_20191114154601
とろーんと

Img_1755
でましたッ!

大変濃い黄身で黄身と白身が三重層になっていました。

Img_3501
りょうめん目玉焼き♡

みんな素晴らしかったです、
何回もひっくり返しました。
お見事でしたッ!

みんなで分けていただきました。

アサヒル、ありがと~おいしかったよ~~~

Img_3483
また、お味噌汁屋さんも開こうと、

こちらは大根抜いてるお百姓さん、

Img_1736
とんとんとんとん切ってくれて

Img_1780
本物の「おみそしるやさん」も誕生しました。

前回掘ったサツマイモが大人気です。

Img_1785
最初の資本金は5個づつでしたが、

最後はみんな大金持ち、いやどんぐり持ちになっていました^^

Img_3511
そうして食後の日課「おすもう大会」

今朝、お庭を歩いていた
なが~~~いミミズのようでした。

Img_1727
それから おやつの「ポップコーンづくり」

どれもおうち園産~無農薬無化学肥料の自然栽培です。

「いたいよー」
と言いつつも
止められない止まらないで
たーくさん実をはずしてくれました。

Img_1801
どうやって食べる?
さっきの葉っぱに入れようか、

フキの葉をくるっと巻いて
小枝でとめました。

Img_3518
なたね油とお塩をいれて中弱火にして
5分くらいかな、、

ぽんぽんぽんぽんぽんぽんぽんぽんぽんぽーん

Img_1815
できました~♪
「ポップコーン屋さん」

Img_1818_20191114185901
今日は帰りのお話し会は中止して

お迎えに来てくれた兄妹家族に
お客さんになってもらいました。

ずっと夢の国に居たまま祭り日和の一日でした。

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>

Img_1690
ミミズ

みんなのお店の真ん中を横切っていきました。
お客さんに来てくれたんでしょうか???

またきてね~

Img_1827
にんげんの子供はげんきだね~

ほんとだ、ほんとだ、

あたしたちは ゆっくり食べましょ♪

いっただっきまーす♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

葉っぱ図鑑と虫の家をつくろう!


本日は、綾瀬の森にてコロボックルくらぶの活動がありました。

立冬を過ぎましたが暖かな日で、子供大人合わせて39名の参加がありました。
参加者は、小学校8校・幼稚園6園にわたり、自然活動が広がったのを感じます。

今日は綾瀬の森の管理活動と、自然工作を組み合わせました。
サイサン環境保全基金さんの助成金で購入したウッドチッパーを活用しました。

Img_1569
始まりの会で、手作り紙芝居「森もいきている」を見ました。
綾瀬の森の成り立ちを物語にしています。
物語の中では、水害対策で綾瀬川の川幅が広げられ、多くの木が切られたことが描かれています。
折しも台風の水害で、大きな被害が出た後で、お話しに重みを感じます。
森を守ることは、綾瀬川への恩返しですね。

Img_1565
コロボックル表彰。銀のステージをクリアーしました。
綾瀬の森の活動に、20回参加したことになります!

Img_1574
初めの活動は、森に葉っぱを集めに行って、スタンプで葉っぱ図鑑を作ります。
いろいろな木や草があるね~

Img_1578
ハンノキの実がありました。これもスタンプできるかなあ?

Img_1575
「葉っぱが見つかったよ!」木の剪定枝から集めました。

Img_1553
クヌギの葉に虫こぶ。クヌギハケツボタマフシ。

Img_1632
ゴミも拾ってくれました。ありがとう~

葉っぱ図鑑を作ります。

Img_3359
葉っぱを並べて、

Img_3358
半紙をのせて、色インクでこすると・・・

Img_3365
葉っぱが浮き出てきた~

Img_3370
きれい!

Img_1596
葉っぱ図鑑が完成!名前を入れると図鑑になります。

Img_1584
こちらは、キリンを作りました~

Img_1629
葉っぱのキーホルダー。看板の端材を利用しました。

Img_1592
さあ、次に森に散らかった、剪定枝の片づけです。
こちらは、シラカシの枝。

Img_3378
みんなで力を合わせて、がんばろう!
ノコギリで少し小さく切ります。

Img_1589
サイサン環境保全基金さんの助成金で購入したウッドチッパー。
ウッドチッパーを使って、剪定枝をチップにして積み上げ、新しい虫の家を作ります。

Img_3373
子供たちも安全に気を付けて、チップ作業を行いました。
音が大きく、小さな子は耳を押さえていますね~
剪定枝がどんどん片付ていきます!

Img_3387
枝が砕けて、チップの山が出来ました。
発酵してくると、その熱で湯気が立ちあがるそうです。
どんな虫が来るかなあ~

Img_1554
看板づくり。丸のこで切って、

Img_1562
マジックで「虫の家」と書いています。

Img_3385
木のカケヤで杭を打って、

Img_1604
手づくりした看板を、ドリルでビス止め。

Img_3388
完成です!!

Img_1599
こちらでは、古い虫の家の修理です。

すべての作業が終わって、終わりの会。

Img_1619
自分で作った葉っぱ図鑑の紹介。
それぞれ、自慢のところ、工夫したところを紹介してくれます。

Img_1620
ちっちゃな女の子、「おかあさんをかきました」

Img_1628
作品を持って、記念撮影。
最後に森にお礼を言いました「ありがとうございました!」

サイサン環境保全基金さん、ウッドチッパーをありがとうございました。
大切に使わさせていただきます!

---------------------------------------------------

森では、いろいろな遊びが広がります・・・

Img_1607
手づくりブランコ。高いね~~

Img_1610
木のぼり少女。どこにいるか、分かるかな?

 

| コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

絵~不可思議な能力

廃屋の片づけは時におもしろく

その廃品の数々は

そのまんま人生の足跡で

完全に忘れてしまっていたもの

消し去りたいくらい恥ずかしいものなど

自分なら振り返りつつもゴミ箱行きになるものがほとんどですが、

 

第三者の目からすると

パートナーの子ども時代の学習帳とか

木彫りの絵とか

選択科目の油絵なんかは

我が子のもののように驚きをもって懐かしく新鮮で

こんなものを創っていたのかと

本人ほど無造作に捨てられません。

Img_1365
そういった絵の一枚をこっそり持ち帰り、

気になっていた壁の穴ふさぎに取り付けました。

絵の壁と実際の壁のもようが心なしかつながっているように見え、

もうこれ以上ないくらいにハマりました。

視線や北風がふせげるうえに

まるでそこに本当にテーブルがあって

ワインが飲めるかのような錯覚感情を起こしてしまい、

ウキウキします。

これまでの裏暗い少し不気味な闇が、

一挙に一枚の絵の力で別の空間へと移行しました。

絵とは、

こういう不可思議な能力を秘めているのか~

底知れぬ恐怖を無限の安らぎにさえ変え得るのか~

と はじめて体感しました。

下も高校時代のベー助さんの油絵、、

絵と外界がまざり合い溶けあっています

Img_1371

調子にのって
これも
気になっていたボロボロの壁に取りつけました。

すると、
絵が描かれた40年前からの約束だったように
実際の置石の通路に続くような
灰色の道が絵の中につながりました。

おまけに木の家まで建っていました。

そう、こんな家に住みたい!
木や草に囲まれた ちょうどこんな家・・・‼

廃屋の片づけはまだまだ終わらず
この生き詰まった道で行き詰っていた気持ちが、

この絵によって少し風通しを良くしました。

もし絵描きになるなら
外のカベの穴ふさぎに掛けてもらえる絵をかきたいな~と思います

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

さつまいもを掘って焼いも大会


今日は小さな畑のおうち園です。

Img_1375
さつまいも聴診器オバケが
「いも掘りに来てくれ~~」
と言っています。

というのも
ここ数日だけで夜10度を下回る日が2回も出てきて
お芋が寒くって風邪をひきそうになっているからです。

くしゅん くしゅん

Img_1433
わかった、
今、いくよ~

年に一度のいもほりどんどこどんの登場です。

お山のおすもう大会では
クマに負けて
タヌキに負けて
ネズミに負けて
アリに負けてと

負けっぱなしの
いもほりどんどこどんですが、
村に伝わる言い伝え
「いもをたべたら強くなる」
を聞いて
やる気満々でしこを踏み
さあ出発です。

いもほり どんどこどん
いもほり どんどこどん
いもほり どんどこどん

Img_1450
ひっぱれ~~~

蔓のつなひきだぁ

Img_1460
ちっちゃいスコップで
ほりほりほり・・・

Img_3318
あった!
Img_1465
うんしょ
Img_1453_20191107204801
ほれた~
Img_3306
もう もてないよ~


Img_1476
と、そこへ
いもづるマンが登場ッ

チョップ
やったな こっちもパンチ~
あたーいててててて

Img_1479
おーい、そんなことやってる場合じゃありませんよ、

まだ半分しか掘ってないですよ、
蔓はまだまだまだまだありますよ、




Img_3325-2
ほーい
こっちは俺らがやる

Img_1496
ここはぼくがやる!

うわ~シャベルと一体になってる~


(そういえば東と西で スコップとシャベルの名称が逆と
どこかに書いてあったな~どっちだったっけ)

Img_1497
こっちは あたしたちがほる!

ごろごろごろ・・・

なんだかすごい勢いで掘っています^^!

Img_1498
ダンゴムシだ、

他にも太いミミズがうじゃうじゃ居ました

いい土にしてくれたんだね、
ありがと~


なんて皆な言っています。
大らかな人たちでした^^

なかにはコガネムシの幼虫がいて
お芋の表面をカリカリ食べていました^^;

お芋のカリカリ噛み跡はコガネムシの仕業だったのかぁ・・・

Img_1500
運びます

大変な力持ちでした。

Img_1525
今日はお弁当はどこで食べる?

ここ、

ええーここ?

ということになり
蔓のクッションのゴザ布団をこしらえる人たち。

Img_1502
どう?

いいね~♪

皆でくつろいでいました^^

Img_1526
さらにお昼の後は
寝っ転がったり
トランポリンしたり
なんと病院のベッドになったり、、、
Img_1529
ねークスリだよ、

入院させられて
飲まされた薬は
ぶどうの味でした。

それもそのはず
頭の上になっていた巨峰を
剥いてましたもんね^^

あーよくなってきた、
トイレ行きたい

と言うと
Img_1513
もうトイレが出来上がっていました。

足を置くところや
踏ん張れる木の持ち手や
用を足した後の紙(さつまいもの葉っぱ)、

などなど和式な心づくしの厠でした^^;

「ねーかみは?」
「はっぱがあるよ」
「え~これわしきといれだね」
「そう、そう、わしき、だよ」
「あしのところは?」
「つちのなかに こいしが あるよ」


そんなことをしている間に
Img_3332
洗って包んで
Img_3337
焚き火の中に仕込んでくれていたお芋が
Img_1534
いつの間にか焼きあがっていたのでした。
Img_1536
あっという間でした。
今日はほんとに芋畑に一日中居たような気がします。

もう帰りの会です。


おいもは どれくらい掘った?

どんな大きさだった?

こ~んな、
こ~~んなッ
こ~~~~~~~~んなッ!

うわお~

今日は「いもほりの国」へ行きました。
お芋をたくさん掘って
たくさん食べて
強くなったいもほりどんどこどん、

そこへオニがやってきました。
なんだかうまそうな匂いがするぞ、
ひとりひとりコチョコチョされて
あわや食べられそうになりましたが

せーの、せーで、

ボスンッ!!!!!!

大きなおならを皆でしますと

ワ~~~~~

オニは 吹っ飛んでいきました。

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
草花あそび ~ススキ~
Img_1425
ススキのふくろう
Img_1426
秋茱萸の目と口

小さなお友達がつくるものは
ほんとに生きているようです!

さらに 散髪したススキの穂の毛は、
Img_1420
むくろじパフェみみずく~

のくちばしになったり、
Img_1417
指輪のリングにも なりました!!!

宝石はクサギダイヤ。

二つ目を作っているところ

Img_1431
わ、どんぐりマンケーキの髪の毛にもなりました♪

Img_1432
最後は てんこ盛り♡

パフエの顔が入れ墨のようです^^
Img_3311
いもづるマン
 

瞑想中・・・‼?

 

 

| コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

柿のヘタのコマとタルト

 今年は柿が豊作でしたので
たくさん食べて

あんまり作ったことがなかったヘタのコマを

作ってみました。
Img_1380
右は 富有柿
左は 豆柿

ヘタの反り具合や四辺のガクの大きさのバランスで
回りづらかったり 回りやすかったりはありますが、

回る時は、よく回ります。

Img_1382
豆柿のヘタは ブローチのように
とってもかわいいので
ジュズや秋茱萸や紫式部をのせて
ミニタルト♡

Img_1395
誰にもあげないのは
もったいなく
粘土の人魚さんと天使さんたちの
3時のおやつとあそびになりました♪

 

| コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

どんぐりゴマ選手権~子ども環境フォーラム

本日は安行小学校にて、子ども環境フォーラムが開催され、

私のグループは、小学校に隣接する安行原自然の森にて、ドングリゴマ選手権・安行大会を行いました。

参加者は子供大人合わせて30名、競技エントリー者は21名でした。

 
Img_1323
学校のクスノキの下に集合、自己紹介

 
Img_1328
自然の森探検

 
Img_1325
コナラのドングリ

 
Img_1334
コカマキリ

 
Img_1333
湧き水水路を探ると

 
Img_1336
オニヤンマの大きなヤゴがいました

 
Img_1338
ムラサキシキブの実、食べると甘い

 
Img_1342
ガマの穂

 
Img_1340
ム クノキの実、食べると干し柿の味

 
Img_1344
木の枝をゆらすと、くるくる回って落ちて来たのは・・・

 
Img_1345
モミジの種でした

 
Img_1346
どんぐりゴマの作り方の説明

 
Img_1348
コマを作って

  
Img_1347
対戦表も作って、

 
Img_1349
組み合わせを確認、競技開始です

Img_1352
「ち、ちーの、ち」の掛け声でコマを土俵で回します

Img_1353
表彰式

Img_1358  
優勝者にドングリネックレスとドングリトロフィー

Img_1359

 

 

 

 

| コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ