« 2019年11月 | トップページ

2019年12月 4日 (水)

小さなクリスマス会

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_2343

畑ぼうずさんもりんごろうそくの中に
集まっています。

Img_2358
1年に一度だけの落ち着いた静かな日です。

すぐに飾りつけをして

アサヒルにご挨拶に行くと、

Img_2359
なんと皆が来るちょっと前に卵を産んでくれました。

それも超ビッグな77g。

「あったかい♡」

アヒルの卵のようです。

小さい方は43g。33g増しです^^

昨日うんだ卵は

「つめた~い」

Img_2362
ソーラークッカに仕込んで
屋根の上に設置。

あれ、ゆれてる?
地震だね。
屋根から卵がおっこちないようにしないとね。

Img_2367
朝のお話し会。

シャンシャンシャンシャンシャン・・・
サンタさんが通り過ぎてしまったので
山茶花の花笛を鳴らして
呼び戻そうとしているところです。

すごく上手に鳴らして
ブレーメンの音楽隊になっていました♪

そのせいでしょうか、
空から
積み木がふってきました。
Img_2370
木の紹介です。

キリ・・・あれ、穴が開いてる、軽くて下駄や箪笥になる木だね~
クヌギ・・・カブトムシが好きな木だね~シイタケも食べたね~
ユーカリ・・コアラが好きな木だね~
ニッケイ・・いい匂いがするよ
エノキ・・・国蝶オオムラサキの木だ
シラカバ・・白い高原の木だね~
ナツツバキ・沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす

これがいい、
あたし、これ
どうやってきめようか、
じゃんけん?
くじびき?

決める前からうまく治まっていましたが、

そうだッ、と言って

Img_2374
それぞれの木にヒモをつけるベー助さん、

Img_2379

グルグル回して
ヒモを1本づつ選んで引っ張ってもらいました。

駄菓子屋のヒモ飴をイメージしたようです^^;

キャンディではなく木が釣れました。

釣った後、また交換こをして
子供たち同士でまるく治めていましたけどね^^!

Img_2391
この前つくったキャンドルを立てて

木の実を飾っていきます。

いつもはコロンコロンと転がって
製作は大変ムヅカシイ印象でしたが、
皆、ストンストンと決めていき、
サクサクと仕上がりました。
Img_2401 
できた~

Img_2406
できたよ、

次々に完成しますが、
奥に年長さんのお姉さんたちは

もうちょっと~♡

と創作天国です。
Img_2424
完成しました。

ちっちゃい手作りリースも作りました。

Img_2417_20191205123001
おなかすいたね~

ご飯たべようか、

おやっ!

なんとテーブルリースも飾られて
本日のセンターピース、
みかんろうそくに火がともりました。

これ、さいごどうなるんだろーね~
みかんが、あったかくなるんじゃない、、
おいしくなるかもね♡

なんだかとても気分が盛り上がってきました^^

Img_2416
ふとお砂場レストランを見ると
Xmas仕様の美味しそうなお料理も
出来上がっています。

うわ、これはなに?
たべていい?

スプーンで食べようとすると

「だめだよ、それはサンタさんのごはんだよ」

そうか~
サンタさんの夜食だったんだぁ~!!!!!!

Img_2438
あ、そうだ、茹で卵も出来てるかもね、

「あついよ~」

ほんとだ、熱くて触れません、

Img_2447_20191205123001
そこでザルに受けとって
水で浸けてムキムキして

Img_2455
半分に切りますと、
さっきのでっかい卵には

おお~~~~~♪

ふたつ黄身が入っていました。

生き物の世界は不思議なこと驚くこと、おもしろいことの連続です。

Img_2467
午後は葉っぱカルタもしましたね、

メヒシバをさがしているところ、、

これかな?

Img_2482
最後は、サクラでしたッ!

2回目は取れない子にも譲って
盛り上げてくれたベテランさんです^^!

Img_2488
そうして
こちらはおやつの焼きりんご。

やけたかな?
そろそろかなぁ・・・

おやつも七輪へしっかり仕込みましたから、

Img_2505
さあ、クリスマス会がはじまりますよ。

打ち合わせをして外からハミングしながら入場。
それぞれ自分のロウソクに火をともしますと
お話がはじまります。

おうち園初の影絵のおはなし
<小人のサンタクロース>

長編でした。
なので最初のほうは要約、

小さな畑にちいさなおうちがあって
7にんのこびとがあそんでいました。

すると
シャンシャンシャンシャンシャン・・・

通り過ぎてしまったサンタさんの代わりに
小人たちがサンタに変身して
世界中のこどもたちに
プレゼントを配るお話しでした。

はっぱの国に伝わる魔法のことば「はっぱっぱ~」をとなえると

クルミの葉が ソリになり
        (くるみ食べたね~)
フキの葉が  プレゼントのふくろになり
       (ポップコーンいれたね~)
コッコちゃんが トナカイになり
ブルーアイスが トナカイの角になり
        (リースをつくったね)
モミジの葉が  夜空をてらすお星さまになり
        

リンリンリンリンリンリン空をとんでいくと
小さなおうちがあり、
それぞれのおうちで
葉っぱはプレゼントに変身します。

Img_2507
カジイチゴの葉が ウサギのお人形になり
         (黄色い実をたべたね)
サンショウの葉が のこぎりになり
  (いい匂いのはっぱでハガキつくったね)
ツルニチニチソウが 指輪になり
   (畑の入り口の紫いろのお花だね)

そうして
世界中の子供たちにプレゼントを配り終えると
空が明るくなってきて夜空に輝く星も見えなくなりました(モミジおちる)。

さらに太陽が昇ってくると
トナカイが「コッ、コッ、コッ、」
だめ、コッコちゃん、鳴いたらニワトリにもどっちゃう!

コッ、コッ、コッ、ウ~~~ン
コッ、コッ、コッ、ウ~~~ン(だめ、こっこちゃん)
コッケコッコ~~~~~~(ゲラゲラゲラ)

すると頭についた葉っぱがおちて
ひゅ~~~~~ん、

お空から ソリも小人たちもみーんな 落っこちてしまいました。
さあ、たいへん、どうなったでしょう・・・・・

でも大丈夫、
パタパタパタ、
パタパタパタ
こっこちゃんには羽があったのです。

パタパタパタと飛んで
小人さんたちをあたたかいお布団の中へ
はこんでくれたそうですよ。

♪おおきなゆめのまくら たのしいゆめがみれますように
♪ちいさなゆめのまくら やさしいゆめがみれますように

おーしーまい

かと思ったら
コッコッコッコッコッ・・・
とこっこちゃんが出てきて

「みんなのぷれぜんとは
わたしがちゃあんと とっておきましたよ~
おふとんで ねていてくださいね」

コッケコッコ~~~~~~~~~

おーしーまいまいまいまい

そうしてみんなが寝ていると
あたまの上に本物のプレゼントがありました。

Img_2511
火を消して 
こちらの世界へ戻りました。

<おまけ>

Img_2413
ふわふわ

Img_2519
あっつあつ~

アップルパイみたいな味でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

竹細工の季節

11月立冬を過ぎ、

1月小寒の寒の入りあたりまで

竹の伐りごろです。

虫が入りづらく脂がのっています。

Img_2328

弓矢に矢筒、

ほら笛に、

パチンコの玉入れ、

Img_2329

パチンコはいつの間にやら生えて伸びたネグンドカエデの剪定枝

球はマテバシイのどんぐり

Img_2332

矢はススキやオギ~茎と穂の先端部分

竹が軽く水洗いするだけで汚れは落ちますが、

火で温めると油脂分が抜けて艶がでます。

竹は、この油脂分で自らを守っていたんですね。

健やかに生きるために潤い成分を分泌してお肌を守る、

種をこえて他人事とは思えません^^;

| コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

フジの種のおはじき

Img_3771-2
、<藤の種のおはじき>

この年になって

そうそうオハジキなどしませんが、

オハジキすると

子供の頃の

ざざざーっとオハジキが床に広がるかんじ、

指でちょいっとハジくかんじ、

爪をたてて触れないようにそーっと引くかんじ、

で体中がゾクゾクするほど引き締まります。

Img_3774

パーーーンッ

何かが最近、部屋の中でものすごい音をたてているとオモッタラ、

公園の藤棚で拾ったフジの種のサヤだった、

ということが昔ありました。

その散らばった種をみて、

薄っぺらくて丸くて、片面は平らである、

その形にあの頃のオハジキが蘇りました。

軽めですが、

ちゃんと出来るのです。

筒は竹筒ダイミョウチク、

栓はワイン好きの方にいただいたコルク。

 

 

 

| コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ