2020年4月21日 (火)

ストッキング紐のポケットシルクマスク

ポケット式マスクを作りました。

ポケットに 
テイッシュとか 
マスクシート(ドライエチケットシート)を
入れるタイプです。

Img_4726
①布を裁つ
114㎝幅のシルクがあったので
縦20cm幅に切り、横半分に切り57㎝。
これでマスク1枚分。

Img_4727
②端ぬい

生地を縦方向に置いて、
端と端を縫い合わせたところ

Img_4732
③ひっくり返しました

 

Img_4733_20200421140501
④下から折り上げて


Img_4734_20200421140501
⑤上からも折り重ねて

Img_4735
⑥両端を縫い、




Img_4742
⑦両端を三つ折りにしてヒモ通しをつくり、
ヒモを通しました。

嵌めた後、
顔に合わせてギャザーを寄せたり
紐調節して隙間をうめます。
なんとなく立体になります。

とちゅう、
細いゴムがまさかの売り切れ。
別のお店にもありません。
困っていたら姉が教えてくれました。

Img_4739
💛ストッキングを3~4㎝幅の輪切りにして
立体型マスクに縫い付けたと。

おおお~天才!
Img_4740
私のは、紐通しがあるので
せっかくの輪切りを切って
ヘアピンで通しました。
まだ使ってないので着け心地はわかりません^^;

普段は
捨てずに捨てきれず箪笥にしまってあったガーゼマスクを使っています。
まさかこれを使う日が来るとは思いませんでした。
確か息子が小学生のときに貰ってきた未使用ガーゼマスクです、
ちょうど2枚あって、毎日洗って交互に使っています。
コロナがきっかけでしたが、
花粉症と喉の乾燥と冷えの予防に効果があり
家の中でも嵌めています。
しかし洗濯のしすぎか1カ月余りでヨレヨレです。

そこで今や貴重品のマスクを作ってみました。
ガーゼはふんわり普段使いに心地よく、
シルクはさらっと外出向き。
コロナ予防には弱い気もしますが、
花粉症で悩む人、気管支が感じやすい人は
お肌の入り口の乾燥や冷えやホコリや匂いをガードしてくれます。
もう作らないけど木綿の立体マスクもシャープですてき♪
てきぱきと仕事できそうです。
外を歩くとき、歩いている人のマスクを眺めるのが楽しくなりました。

 

 

| コメント (0)

2020年3月11日 (水)

3.11より動的平衡~草花名刺カード

暖冬の今年、


西から東へ流れる偏西風が
より北側を走ると
寒気がおりて来れないで暖冬になると、


それはインド洋の東西の海の温度差がつくる
水蒸気の雲のせい、
というのは本当なのでしょうか、

風になって空を旅すれば わかるでしょうか、
それはアフリカで大発生するバッタに
なることのような気もします
地球の循環総量が不変ならば
おそらく物質的な人体は

バッタになり偏西風になり
春一斉にめぶく花やカエルの卵に
じきなれるでしょう
Img_4462_20200314124301
縁台の
すぐ下草履さがして
タンポポと初顔合わせ、


畑の大根
一斉にトウ立ち始め
蕾の準備、

Img_4490
池のはた
土筆みたかいヒキガエル


Img_4491
向こうに見ゆるはアカガエルの卵塊
こちらに産んだはヒキガエルのホース卵

畳2帖ほどの池を掘っただけで
ついにヒキガエルも来ました。
いったいどこから
水の匂いを嗅いでここまで辿りついたか
この前はシラサギも訪れました
おそらくアカガエルのオタマジャクシを食べていたのでしょう。

Img_4467
ヒメオドリコソウ、
ミチタネツケバナ、
ホトケノザ、
オオイヌノフグリ、
ハコベ、
ナノハナ
春の土

Img_4468
申し合わせたよう
春一斉の草花の開花におされて
名刺カードを作成

指で紙の上に土をならし
Img_4470
花色をのせていきます


Img_4477
やっほーッ


多種多様ないのちの循環の
バランス、網の目、ながれ、
を断ち切る
原子力発電所の放射能

3.11より
子供たち未来へ
地球全体の動的平衡を見る視点が必要になってきました

| コメント (0)

2020年2月25日 (火)

初めての巣箱と ニワトリの御馳走

白梅が満開を迎え、
アカガエルの産卵が波に乗ってきた2/14頃、

枝先でさえずるシジュウカラやら
藪を飛び歩くウグイスのホケキョやら
梅の蜜を吸うメジロやヒヨドリ、
ス図目
地面の虫をほおばる渡り前のツグミまで

この住宅地にぽっかり残った小さな畑は
大海のなかの浮島のように
小鳥たちが所狭しと満ち満ちています。

で、


とんかん とんかん

とつぜん聞こえてきた小鳥の巣箱づくり。

ほっといても どんどん来るので
今まで巣箱はかけてこなかったのですが、
あんまり鳴くのと
ニワトリで鳥づいてしまったのでしょう、

Img_4139
シジュウカラの巣箱が出来ました。

穴は2.5~3.0㎝がいいそうです。
それより大きいとスズメが来るとか。
材は、杉。
柔らかいので
下穴を開けずに
クギを打ちこめました。

杉板は家の端材を
縦に15㎝幅で切り組み立てました。

小学生の自由研究によると
設置場所の高さは2.5~3.0mの高さが
よく入ったとか。
玄関の向きは あまり関係なかったそう。
実際、ためしてみないと何とも言えませんが
小学生の自由研究は
ほんとに頼りになりますね。
わかりやすい!

おうち園のみんなとつけましょう♪

シジュウカラは虫や種子を食べて糞をして
肥料つき種まきをしてくれます。
何より歌声は
天と地のあいだを紡ぐような幸せを
不意にもたらします。

ツピツピツピ ツツピーツツピーツツピ・・・

<おまけ>
Img_4142
時々出てくる豪華メニュー

「無農薬無化学肥料の大根葉きざみと

自然栽培の玄米と

自家製たまごの殻くだき」

アサの横顔が凛々しい。
賢そうな瞳と白眉と口元と鼻の孔。

アサヒルの手ざわりは それはもう ふんわりとたおやかで力強く
絵本「トロールのばけものどり」を思わせます、
おそらく この手指に残る微妙な感触は、
ノルウェーのような力強い大地を踏みしめるお話と絵に
共鳴するようです。

| コメント (0)

2020年1月30日 (木)

葉っぱ凧

「たこ」(加古里子/福音館書店)の

~風に飛ぶものなら何でも凧になる~

という凧のタコたる凧質を突くカコ名言に誘われて

昨年の暮れに
Img_3527
風化寸前の落ち葉をぎりぎり拾い集め、
新聞紙に挟んでおき、

(葉に水を打てば平らになります)

Img_3139
左からカシワ・ホオノキ、ユリノキ(ハンテンボク)


年明けに子供たちと作り飛ばしました。
公共施設の一室なので
狭い部屋で

♪たこたこあがれ てんまであがれ

と唄いながらグルグル回る10名ほどの子どもたちは
魔法か暗示にかけられたような無心さと無邪気さで
もう止まらない洗濯機の渦のようでした^^;

「葉脈が竹ヒゴの役割を果たしてるんですね」
「和紙は、植物から出来ていますしね」
「よく考えれば葉っぱ凧はタコそのものですよね~」


なんて終わった後、
大人が帰りながら話していると
年中さんの女の子が、


「え、カミは木から つくるの?」
「じゃあ、どうして紙はしろいの?」
「木をはがして つくるの?」


と次から次に疑問がわいてきたらしく
妖精のような瞳と ささやき声で
1m下からこちらを見上げているのでした。
その距離は近いようで遠く
普段は気づかない垂直の死角ゾーンですが、
♪たこたこあがれ
の呪文とともに一瞬のみ、
開かれた窓のようでした。


絵本には
葉っぱ、ハガキ、ビニールが紹介されていましたが、
葉っぱ凧の詳細は載っていません。
そのため、
本当に飛ぶのか半信半疑のまま
すべてテキトーに作りましたが、
Img_3112
試作品は戸外でも飛びました。
3~5mは上がっています。
ラインが自然の流線形なので
持って歩くだけで かなり感動します。

気をよくして
Img_3528
おうち園準備クラスでも
また作りました。

かなり水分が抜けて
触れただけでバリバリ割れてしまう状態でしたが、
破壊寸前に広間を見つけ
かろうじてお空に飛んだ凧でした^^。

(水に浸ければ長持ちします)

 

| コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

竹細工の季節

11月立冬を過ぎ、

1月小寒の寒の入りあたりまで

竹の伐りごろです。

虫が入りづらく脂がのっています。

Img_2328

弓矢に矢筒、

ほら笛に、

パチンコの玉入れ、

Img_2329

パチンコはいつの間にやら生えて伸びたネグンドカエデの剪定枝

球はマテバシイのどんぐり

Img_2332

矢はススキやオギ~茎と穂の先端部分

竹が軽く水洗いするだけで汚れは落ちますが、

火で温めると油脂分が抜けて艶がでます。

竹は、この油脂分で自らを守っていたんですね。

健やかに生きるために潤い成分を分泌してお肌を守る、

種をこえて他人事とは思えません^^;

| コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

フジの種のおはじき

Img_3771-2
、<藤の種のおはじき>

この年になって

そうそうオハジキなどしませんが、

オハジキすると

子供の頃の

ざざざーっとオハジキが床に広がるかんじ、

指でちょいっとハジくかんじ、

爪をたてて触れないようにそーっと引くかんじ、

で体中がゾクゾクするほど引き締まります。

Img_3774

パーーーンッ

何かが最近、部屋の中でものすごい音をたてているとオモッタラ、

公園の藤棚で拾ったフジの種のサヤだった、

ということが昔ありました。

その散らばった種をみて、

薄っぺらくて丸くて、片面は平らである、

その形にあの頃のオハジキが蘇りました。

軽めですが、

ちゃんと出来るのです。

筒は竹筒ダイミョウチク、

栓はワイン好きの方にいただいたコルク。

 

 

 

| コメント (0)

2019年11月23日 (土)

<さざんか嬢ちゃん>

11月の扉を過ぎると

桜や欅の紅葉のカルタを30種

毎年つくりますが、

その残り

銀杏のひとひらをひろって

三枚あつめて着物をつくり

山茶花のつぼみを挿しましたら

Img_2112

さざんか嬢ちゃんになりました。

花びらを包む苞がお顔のようです。

まるで「あたらしい草花あそび」(山と渓谷社)

みたいです(喜)

Img_2113
あっちを向いたり

Img_2114
こっちを向いたり、

Img_2120
横を向いたり♡

 <さざんか嬢ちゃんの唄>

さざんか嬢ちゃん
豆柿神輿
のいばら飴玉ふたぁつかかえて
だれを待つやら月あかり

さざんか嬢ちゃん
待ちくたびれて
あっちを向いたりこっちを向いたり
神輿もたれて下を向く

さざんか嬢ちゃん
いちょうの羽織
さざんかもんぺの山袴(やまばかま)
どこへ行くやら豆柿神輿

は~
さざんか さざんか さざんか嬢ちゃん
さざんか さざんか さざんか嬢ちゃん

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

柿のヘタのコマとタルト

 今年は柿が豊作でしたので
たくさん食べて

あんまり作ったことがなかったヘタのコマを

作ってみました。
Img_1380
右は 富有柿
左は 豆柿

ヘタの反り具合や四辺のガクの大きさのバランスで
回りづらかったり 回りやすかったりはありますが、

回る時は、よく回ります。

Img_1382
豆柿のヘタは ブローチのように
とってもかわいいので
ジュズや秋茱萸や紫式部をのせて
ミニタルト♡

Img_1395
誰にもあげないのは
もったいなく
粘土の人魚さんと天使さんたちの
3時のおやつとあそびになりました♪

 

| コメント (0)

2019年10月21日 (月)

羽子板の羽根染め

  Img_0932
ニワトリの羽を染めました。

赤~ビワ染め

水色~クサギ染め

黄色~コブナグサ染め

Img_0934_20191024095401

小さなお友達がたくさん集めていて
なににしようかと夢を膨らませていて
ある日、はたと思いダシました、

そうだ、羽子板の球の羽根になる、
白い羽をずっとずっと探していたんだったッ

染めなきゃ!

Img_0823
さっそく枇杷の葉をザク切りにして
水をひたひたに入れて沸騰させて
弱火にして15分煮だして
こした液に羽を沈めました。
また弱火にして15分。
翌朝、染め上がりました。

さらに数日後、

Img_0572
臭木の枝を集めてきて
Img_0570
実をひとつぶづつ採り
Img_0576 
青い宝石だけにして

枇杷の葉のようにして
煮だして液をとり、
羽を沈めました。

Img_0827  
お礼にアサヒルに熟れ熟れの柿をあげました。

うめ~~ッ コケ~~~

すごく喜んでくれました♡

こんど小さなお友達とムクロジの球に穴をあけて
染めた羽根を差し込もう!

<おまけ>

Img_0579
クサギの種

中身を出すと、ふたつ入っていました。
臼歯のような断面でした。

 

| コメント (0)

2019年10月16日 (水)

稲刈りと 胡桃ひろい

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_0615
畑ぼうずさんは、胡桃の中にうずもれていました。
なにせ台風の風でゴロゴロ落っこちてきましたからね。

Img_0625_20191019103601
朝のお話し会では
女の子がカラスウリの赤ちゃんを産みました。

ポトンッ

カラスウリのお話をしてとリクエストはしましたが
まさか女の子の赤ちゃんになるとは
想定外でした^^;
Img_0627
全員でやさしく抱っこしてくれました。
カラスウリ赤ちゃんにおっぱいをあげている女の子を抱っこする女の子、、

そうです、本当に赤ちゃんがやって来たのですッ!
しかもふたり♡
台風といっしょにね♪

おっぱいをあげなきゃ、ということになり
稲刈りと くるみ拾いをすることになりました。
Img_0635
まずはオオバコ相撲で力をつけて、

Img_0666
①いねかり

ザックザックザックザック・・・


Img_0688
②根元を結んで

とんとん、ぎゅううううう・・・


Img_0690
なぜかみんなで エイサホイサッ
Img_0691
踊りながら ホイサッサ
Img_0692
行進!? エイヤサノヨイヤサ


Img_0698
③はざかけ ストン

それからさらに皆なで胡桃ひろい
Img_0703
①つぶして ゴリゴリ

Img_0731
②拾って

Img_0743
③洗って シャカシャカ

泡だて器で洗って
網ですくう新技でした^^

Img_0742_20191019103601
④炒る人 ジャッカジャッカジャッカ

Img_0736
鬼のように堅い口が割れましたッ

Img_0750
⑤くるみ割り器で割ります

うんしょ、よいしょ、こらしょ、

というわけでおうち園史初の相当な数をこなしました。

Img_0760
⑥仕分けまでしました。

ひとり1個づつ クルクルクルクル・・・

Img_0798
⑦胡桃パーティー

あんまりよく働いてくれたので
胡桃パーテイが催されました。
ふりかえると突然、
葉っぱと胡桃のお茶会テーブルが出来上がっていたのです。

きゃあ~♡

いただきま~~~す♪

Img_0806
食べ終わったら更に胡桃カップで

かんぱ~~い

コチン

お友達が自分の水筒の水をついでくれました。

Img_0808
くぴくぴくぴ・・・

こくこくこく・・・

胡桃茶でした。
かすかに胡桃の味がしました^^

Img_0811
⑧胡桃屋さん

袋に絵を描いて
その絵がまた素敵なので
またまた売りに歩きたくなりました。

今日は
大きなひとつの塊が
いつしか分かれて
見事な流れ作業になっていました。

Img_0813
そうして帰りのお話し会は
自ら胡桃に変身して
鬼にふまれてゴリゴリされながらも
最後は

わーーーーーっ

と鬼を驚かしたのでした。。。

おーしーまい

<おまけ>
ふとしたひととき

Img_0618
うみの色ケーキ

きれいな色の貝とビーチグラスが
輪になっていました。

Img_0620
柿プテイング~べーすけシェフ

Img_0781
ごはんと水を のんでくれた!

Img_0787
あのね、こうやってのるんだよ

Img_0816
お誕生日会 

照れ屋の天使さんはカエルのパン屋さんになりました^^



Img_0770
元気のいい子たちでしたね~

ほんとうにっ、

コッコッコ・・・








 

 

 



| コメント (0)

より以前の記事一覧