2017年6月 6日 (火)

お気に入りアイピロウ~ケツメイシ編~

008


アイピロウをいただきました。

重さ、幅、長さ、香り、手触り感触、
すべてをあんまりにも気に入って
次々に作りました。

中味は家にあるもので多少アレンジ。

・米ぬか 154g
・玄米    77g
・ケツメイシ 77g(なければ玄米)
・塩      77g


2:1:1:1の割合です。

合計385g。

というのは、いただいたものが 
そのくらいの重さで
丁度良かったのです。

019_2
①まず、米ぬかを炒って冷まして

(たまたま見たサイトが炒ってました)

016_2
②他の材料と


021_2
③混ぜまして

023_2
④外袋と内袋を用意して、

私の好みのサイズは
・幅  33cm、
・たて 13.5cm

なにしろ
疲れ目 痛み目で
手のひらで目全体を強く押さえないと
安眠モードに入れない状態でしたので、
目尻だけではくコメカミまですっぽり入るサイズが理想。

長さや重さを 数センチ単位で変えて
自分サイズを探しました。
しかし、
重さは、結局、いただいたものが最もベストでした。
家族全員、気に入って使っているので
あまり重すぎたり長すぎたりするのを作っても
応用が利かないのです^^ 

とにかく家族全員お気に入り!

003
④中身を内袋にいれます。

サラシを使えば、
サラシの幅がそのまま使えます。
内袋は要らないのかもしれませんが
目で不安なので入れました。

017_2
⑤ついでに
大好きな日本ハッカの精油も10滴以上入れました。
となりは、ちなみにケツメイシ。

055_3
⑥できあがり♡

いちばん手前の生地が最もお気に入り♪
生地はなんだろ、
柔らかい生成りのオーガニック風で伸びる生地です。
スウェットかな、二重構造で内袋不要です。

米ぬかの香りは はじめ強烈に感じますが、
1ヶ月もすれば なくなってしまいます。
今となっては その香りが懐かしい・・・

はやく眼科に行けば良いのですが、
若い頃にいれた歯の調子がいよいよ悪くなり、
今は歯医者通い。
それどころではありません(汗)。
あちこちガタがきて、
人生50年で丁度いい体だったなと、

【ご主人様は あとはご褒美 と思って生きる毎日】
         (お気に入りアイピロウ)

いや間違えた、まだ40代だった、、

追記:レンジであっためて使うそうですが、そのまま使ってます。
首の下や 肩の上、気持ちいーところどこにでも!
              

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

<羊毛から毛糸になるまで>そしてレッグウオーマーへ

001
もはや季節はずれとなりましたが
レッグウオーマーを編み上げました。
毎日寝る前、15分の憩いの時間でした。

いままで娘のお上がりのを履いていましたので
念願のレッグウオーマーですッ

004
毛糸のくつしたの本を借りてきて、
二目ゴム編みなどしています。

001_2
その前段階に、
毛糸玉2個をつくりました。

1個でちょうど片方分でした。
2個で1足分。

003_4
これはその毛糸玉1個分です。
スピンドル(糸つむぎゴマ)で毛糸をつむぎ終えたときの状態です。


編み物が苦手なので
なんど編んでも身に付かず
うまくなりませんが
楽しいひとときでした。

大作はできませんが、
002_2
このくらいの「ちっちゃいカゴ」のふちどり用に

006_3
かぎ針編みなどもいいですね。

そうそう、写真はありませんが、
「あやとりヒモ」づくりなら、
スピンドルで毛糸を2mほど紡いですぐできますから
最適です♪

さあ、ここからは
染めてフエルトっぽくなった<羊毛が毛糸になるまで>を
追っていきます。
006_2
アイ染めしました。
かたまっています。

007
ハンドカーダーで2~3回梳けば、

008
もうこんなにふわふわ。

010
そのふわふわを
棒に巻いて抜き取ると
ローラッグになります。

これは黄八丈で有名なコブナグサ染め。

001_3
そのローラッグを
スピンドルで毛糸に紡いでいきます。

動画がなくてごめんなさい。

とにかくこれも単調な作業で
精神安定剤のような催眠効果があります。
ぼーっとしながら、おしゃべりしながら、音楽をききながら、、
ながら作業が良いですね。

これはヨウシュヤマゴボウ染めかな。

006_2_2
こんなふうにちょっと違う色をいれると楽しいですね。

白は元々のヒツジさんの色。

008_2
つむいだ毛糸をかせとり棒に
巻き取っているところ。


005
そうして5色できました。

002
タオルに包んで
蒸し器でむして(1~2分か 多くても5分くらい)
重石をして、
軒下に干して乾かしているところ。
015


これを毛糸玉にして
さあ、何を作りましょうか♪


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

ハンモックづくり

002_3
丸棒にドリルで穴をあけ、

008
リングと丸棒に凧糸を通します。

004
まず、リングへ

002_2
そして丸棒へ

006
そうして下までダイヤ型にひと結びしていきます。
002
3日後、とうとう下まで行きつきました。

4日目
また丸棒を通し、
それからリングに通し、
平結びや本結びなど好きな結び方でとめて終了。

このハンモックモデルは、
40年前、家にあったものを参考に再現したものですが、
今回で5作目くらいでしょうか?
とつぜん手慣れた感を実感しました。

1年に一度あるかないかの製作でも
手と頭は連携して作業を思い出し、
登山をハイキングくらいの
軽やかな手仕事にかえてくれるんですねッ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

「シュロの葉のアオムシ」のつくりかた

畑の池の掃除を丁寧にしたのち、
ムクドリが30羽ほど集団で水浴びに来ていました。
そのせいでしょうか、
今年、我が家の池では、
アカガエルが卵を産みに来てくれませんでした。
トホホ・・・
004
これは、そういうこともあろうかと
同じ水系に放流し保護してきた場所でうまれたアカガエルのおたまじゃくしです。
今年も無事に産んでくれました、
よかったよかった。

今、横倒しになっているオタマは、
やがて赤ん坊が、
首がすわり腰がすわり体を起こすことが出来るように、
じきに体を縦に起こして泳ぐようになります。


005
お、シュロガエルも見にきました!

002
こっちには3匹も居ます^^

こうして水に浸けておくと、
1週間たっても ひからびずに元気です。

006
シュロは、
こんな葉です。

ヤシ科シュロ属で、
線形の掌状に開いた葉が南国らしく
なんとも陽気でめでたい木です。
なのに関東の山際の陰にもひっそり強く、
細く幅のある独特な存在感をたたえています。
 
<シュロアオムシのつくりかた>
012
①深裂した裂片をさくと、
一枚一枚の小葉に分かれます。

013
②それを裏返すと
中央に葉の軸が通っています。

021
③軸を外側に山折りして、
親指と人差し指で
軸のみををはさみ、
反対の親指と人差し指で葉身をはさみ、
裂きます。

023
④こんな感じに小さな子供でもカンタンにできます。

普段は、ハサミを使って端から切っていましたが、
子供たちと「草花あそび」をする折に 
よりカンタンに野原で道具がなくてもできるようにと思っていたら、
指で裂く方法をぐうぜん発見。

数をこなすなら、
押しピンで ぴーっと裂く熟練者もいらっしゃいます。
時と場合に応じて使い分けられますね。

024
⑤軸と 2枚の葉身に分かれました。

魚の三枚おろしのようです。

この葉身は、薄くて丈夫な平行脈が走っており、
最近人気の紙テープ(だっけ)の元祖です。

<シュロの葉のヒモづくり>と称して、
子供たちにはこれだけでも
手先を動かす楽しい遊びになります♪

しかし、ヒモを作ったら、
何か一品、作って完成させたいのが
ヒトごころモノごころ
016_2
⑥それならば葉軸で、
<まる>
<にじゅうまる>
<かたつむり>
<めがね>
など思いのままに。

っというのは、
子供たちにとって、
(バッテン つくって くぐって ひっぱる)
は、チョウチョ結びの基礎で、

チョウチョ結びは、
幼児からお兄さんお姉さんへと成長していくときの
大きくて小さな通行手形のひとつですから、

たかか○、されど○なのですね^^


しかし葉身では何を作るのがよいでしょうか?
<カエル>
<縁結びヘビ>
<はえたたき>
<△おたまじゃくし>
<五画形おたまじゃくし>
う~ん、時間があんまりないし、
いきなりムヅカシすぎてもなんだから、
今回は、初考案<びよんびよんヘビ>にしよう!

と思って、子供たちと作りました。
しかし完成したのち、
「なにが できた?」
と子供たちに聞きましたら、
『あおむし」
とのこと。

そこで、<びよんびよんヘビ>ならぬ
<シュロの葉のアオムシ>の誕生となりましたッ

確かに青いですからね^^

025
⑦葉身を上のように置き、

026
⑧片側を半分のあたりで直角に折る。

027
⑨こんどは反対側を180度に折り、
中央が四角になるように折り重ねていく。

028
⑩また反対側を同じように、180度向かい側へ折る。
好みの長さまで交互に折っていきます。

まだまだ

029
⑪もうそろそろ


033_2
⑫どうかな、しっぽを適当にむすんで

035
⑬できあがり、

アオムシに見えるかな?


おまけ
015_2
<△おたまじゃくし>と<五画形おたまじゃくし>
これも今回初考案。

カエルやヘビは、
「作ろう草玩具」(築地書館)に載っていますよ。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

「自然木のつみ木」の唄

017_2
自然木の積み木をつくりました。

月桂樹も入っています。
このゲッケイジュは、
道路から突っ込んできた車から
おじいちゃんちを守ってくれた月桂樹の枝です。
移植できずに切ってしまうことになりましたが、
こうして積み木になって生まれ変わりました。

ありがとうございます。

012
袋もつくりました。

ビワ染めです。

植木屋のつくった積み木なので
ヒモはやっぱり麻紐・くるみ付きです♪

025
底は丸底、コブナグサ染め。
内側の底は、サクラ染め。

縫い方は丁寧なのにとってもヘタです。
ごめんなさい。
もれなく世界にひとつです。


001
かんせい~

ただ「木」と一口にいっても
人間にも白人・黒人さまざまあり、
そのなかでも国や民族、さらに地域性、そうして遺伝子の差異があるように、
木も
こうして並べてみると
ひとつひとつがまったく違います。

色、手ざわり、匂い、味、音、
形も質感も
それら全体が醸し出す印象すべてが違います。

そうしてみると、
虫や動物たちが
言葉や文字をつかい知識として教わらずとも
食草や薬草を見わけることが出来るのは
そう不思議なことではないのかもしれません。

全身でそれを感じるなら・・・

(わたしは、なにに似ているかしら)

【くるみを みてると ゆかいになるし
さくらを みると きゅんとなる
きりは かろくてほんとにりっぱ
ゆうかりは あかくてつよいあぼりじに
きんもくせいは きまじめで
しらかばは やわらかい
むくろじは おおらかで
べにかなめは きめこまやかで
ひめしゃらは おしゃまでしょ、、
はなみずきは すんでいて
くぬぎは たいへんたのもしい
えのきは ぞうさん
ほおのきは おばあさん
げっけいじゅは まもりがみ
なつつばきは かがみのようで
なつみかんは いつもだれかをまっている
いちょうは ほおずりしたくなり
だいすきでたまらない
でも、わたしは すだじいに にている】
           (うろの ふくろう)

近所の神社の大木すだじいの
木のうろには
ふくろうが棲みます。
さあ子育ての季節になります。
   

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

ブータンの茜で草木染め♪ぽすと こくみんそうせいさんッ!

お知り合いに
なんと、
ブータンのアカネをいただきました。
008
(左はいただいた状態。右は、よく色が出るかもと刻んだもの)

日本の茜は、
うちにもありますが
ちょっともったいなくて
根っこを掘り取る勇気がわきません。

ですから
初めてのアカネ染めです♪
どうかな、
アカネ色になるかな?
どきどきしながら、

うれしくて
うれしくて
早速、染めてみました。

丁寧な説明書をそえてくださいましたッ!
感謝感激です。

①布を ぬるま湯に15分ほど浸して、水ですすぎ、軽くしぼる。

010
②みょうばん(布の10~15%)を少量のぬるま湯でとかし、
さらに布がたっぷりつかる量の水を足す。

③そこに布をいれ、20~30分ほど浸し、
水ですすいで軽くしぼる。

これは先媒染ですね。
いつもは同時媒染しかしませんが、
せっかくいただいたのでガンバりました^^

012
④鍋に 布がたっぷり浸かるくらいの水をいれ、
アカネを入れて火にかけ軽く沸騰させながら赤茶色の染液がとれるまで
よく煮る。

わたしは、沸騰してから弱火にして15分ほど煮ました。

⑤アカネを取り出し、布をいれ、軽く沸騰させながら
色がしっかりつくまで20~30分ほど煮る。


005_2
わたしは、沸騰直前に弱火にして 20分ほど煮ました。

007
すぐに取り出さず、
翌朝まで、漬けたままにしておきました。


002
⑥水ですすいで乾かす。

044
⑦できあがり♪

手前は麻。奥はシルクです。

橙色から赤みのかかった色が出ています。
本来の茜色は知りませんが、
たしかに赤みがさして、きらきらと輝いて、
あかねさす色です。

ところでブータンと言えば「国民総幸福量」

国民総生産~経済成長も重要だが、
それは自然環境や伝統文化、家族や友人、
地域の連携との調和がとれたものでなければいけないとする考え方。
        (1976、ブータン国王の提唱した国家理念)

【あかねさすブータンの国家理念】
         (ポスト経済成長)

♪しあわせってなんだっけ? なんだあっけ?
      ぽすと こくみんそうせいさんッ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

お手玉づくり

ジュズダマは、
落葉多年草(落葉の宿根草)で、
春に芽をだし、
初夏に花さき、
秋に実をつけ、
冬には青い葉はなくなりますが、
冬の間は、
実をつけたままの枯れ枝が
モフモフと地上部に残っています。

この草枝を刈りとり、
子供たちとお手玉をつくりました。

003

前準備で、
お針と糸とお手玉の袋を用意。

004

糸は針に通しておきます。


お手玉は、俵型なので 長方形の布の端と底を縫っておきます。


005

この
お裁縫~針糸セットは
思いつきで作りましたが
持ち運びに便利です。

針を刺すところに
赤ペンで線を引いておけば、
針の紛失にもすぐ気づけて危なくありませんね。

014

当日は、
大鍋のなかに
枯れ枝ごと入れて運び、
自分でジュズを集めて袋に入れました。

1個分はほんのちょっとの量でいいのですが、
幼児~小学生の子にとって、
手のひらいっぱいの実を集めるのは
意外に粒が細かくムヅカシイようすで、

頭をつきあわせて黙々延々と実を集めるようすは
本日の想定外名場面集ワンシーンとして
心に焼きつきました^^

そういえば作る前に、
・わらべうた「ひとつひばしで やいたもち」
・絵本「おてだまのたね」
・わらべうた「あんたがたどこさ」

をして、
真剣大盛り上がりで遊びましたから、

その作るモチベーションは高かったのかもしれません^^^^

ひとり2個づつほど、作って帰っていった子供たちは、
誰に教わることなく、
天井にポンポン投げながらキャッチして、
全身お手玉のように弾んでいました♪


めざすは、
「メデイアにむしばまれる子供たち」から
「メデイアもお手玉も たのしむ子供たち」です♡

【自然はでっかい宝ばこ】
     (ジュズダマさがして三千里)

とうとう庭に植えました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

「もりの どうぶつ」たち

「もりの どうぶつ」を赤や黄や茶色や緑の葉っぱで作りました。

立冬(11/7ころ)をすぎ、
小雪(11/22ころ)へ向かう、
ある秋の日に
たくさんの紅葉、黄葉(おうよう)、褐葉(かつよう)、緑葉をいただき、
ゴザに包んで
子供たちの元へ通います。
004

左から
オオモミジ
トチノキ
アジサイ、
ナンテン、イロハモミジ、イチョウ
イタヤカエデ、サクラ、リョウメンシダ
松葉、
ムラサキシキブや ソヨゴや イヌツゲの実など

この前、、
せっかく森で工作をしたのに、、
テープやノリをどどどと出しすぎ、
シンプルな補佐ができませんでした。
実は希望をこめた再挑戦でもあります^^

とにかく
反省をこめて接着剤は最初に出さず、
一枚、一枚、いろんな葉っぱをゆっくり観賞したあと、
「さかな」をつくり、
その後、
必要最小限のノリやテープで
ダンボール紙に貼り付けました。

かんたんな見本をつくりながら、
作り方の紹介。


上側 「さかな」です。
ハハハ^^^^
はっきり言って
こんな事ばっかりやってるワリには、
得意でも好きでもありません^^
012
しかし、子供たちは、
見本をはるかに ゆうゆう超えて、
楽しげな「もりの どうぶつたち」を作ってくれました。

007
どれも

008
これも

009_3
すてき♪

010
生きて語りかけてくるようです。

カベに飾ると、
日に日に形や色を変えていきます。
本当にしわくちゃにボロボロになるとき、

子供たちの心に息づくことを願って・・・
それは、
魚にもウサギにもカエルにもタヌキにも
シカにも妖精にも似ている
「もりの ふしぎな どうぶつたち」です。

「もりの どうぶつ」たちが
ささやきます。

【自然と人間がまじわると  たのしいことがうまれるよ!】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
終わったあと、
木の実など大きいものでなければ、
ノリ(幼稚園で使っている白い糊、なんていうんだろう)だけで良かったのかもしれないと、

新たな気づきに
また再挑戦してみたくなるのでした。。。

参考「はっぱ」(小学館)・・・あまりに美しいアートな作品群なので、子供たちには見せませんでしたけどね。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

素焼き粘土のネックレス~寝る前10分~

どんぐりネックレスを作ろうかと
ネックレスの箱を開けたら、
なぜか
素焼き粘土がごろごろ出てきました。
009_3

またもや、
遠い過去から
放っておかれたものが
テレポーテーションしたかのように
ココにあらわる!

今なら出来る、と、
「寝る前10分ネックレスづくり」

006
①色えんぴつで色ぬり

009
赤はクレヨンです。


010
②裏側にヒートンをつけました。


011
こんな感じ。ネル生地と木工用ボンドで接着。
ちょっとネルの幅が少なかったですね、、

011_2
③ヒモを通してできあがり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

どんぐりゴマ選手権の賞品

人間と自然とのせめぎ合いから、
人間と自然との調和をめざして、、
~もののけ道一直線~

今年も毎週末、草加、見沼、安行、戸塚、さいたま市と、
各地で繰り広げられたバッタ選手権が終わりを告げました。

続いて、どんぐりゴマ選手権、忍者木の葉隠れの術、
葉っぱカルタづくり、自然観察会、
と秋の催しが続いていきます。

今年、最も感動したのは、
バッタ選手権の想像を絶する40m越えでした。
雨続きに現れた晴天の一日、
彼らは待ちに待って大空へと羽ばたきました。

5年も塗り替えられなかった25m台の壁を
軽々ととびこえて・・・
絶好の環境条件がそれを可能にしました。

バッタと子供たちが、
無限の可能性を教えてくれたように感じました。

そうして、
どんぐりゴマ選手権、、
参加者が少なめで、
かねてから狙っていた大人参加が実現!

この日の綾瀬川の土手には、

【こどもの顔にも
おとなの顔にも
明るい笑いが
そよ風のように広がっていました】
「ネギをたべた人」(朝鮮の昔話)より


<どんぐりゴマ選手権の景品>
019
4位 どんぐりやじろべえ

3位 どんぐり風車(写真とるの忘れた)


026
2位 どんぐりパチンコ

027
1位 どんぐりネックレス「修験道」

1_002
1位 どんぐりトロフィー台

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧