2019年4月19日 (金)

無患子~でんでん太鼓 

Img_5055 

セロハンテープの芯に

菜箸をさして、

無患子(むくろじ)の種をとおし、

今どきの現代千代紙のような折り紙で

太鼓の皮をはります。

カタカタカタ・・・・という

和紙の乾いたやさしい響きがします。

【かたかたかた・・・わずらわじ でんでん太鼓のなるほうへ】

    (かならず破くひといて患うけれど)

| コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

手づくり柿渋

Img_4973 

なんと、

お手製の柿渋です。

しかも、

こんなにたっぷり出来ました。

Img_4972 

そこで、

縁側廊下を壁から床から

タワシでごしごし水洗いして、

ハケを買ってきて塗りました。

あの熟成した腐った銀杏みたいな香りはしませんでしたが、

酸っぱい銀杏くらいの臭い香りは、ちゃんとします。

臭い匂いに いいも悪いもなかろうと思われますが、

臭いなりに熟成した感じと 青臭い感じがあるのを

実感しました^^;

青臭いとは、柿渋がとか そういった類のものが語源なんでしょうか。

色も

購入した柿渋のような透明茶色ではなく、

白濁茶色の柿渋でした。

けれども

防水コーテイングの黒味がちゃんと出ましたから、

OKだいじょうぶ!

追記:しかし乾いて2週間は経つのに

雨や水にぬれると柿渋の臭いが立ち昇ります。

ご勘弁を!

 

 

| コメント (0)

2019年3月27日 (水)

2019年度おうち園バッヂ

お花の小顔をよく見ると、

Img_4887 

ユキヤナギの

白い5枚花弁の中央のコミカルな色合いとか

Img_4892 

ナノハナの4枚花弁の一見不安定な広がりの中心の

1本めしべを囲む6本おしべの微妙な段差配置とか

Img_4889 

オオイヌノフグリの

ゆらゆらゆれるオシベシーソーの青い椅子とか

地下世界の扉のようで綺麗だな~と思っていたら

「美しき小さな雑草の花図鑑」(山と渓谷社)に

相当なドアップが載っていて

Img_4958 

つい作りました。

2019年度おうち園お花バッヂにしましょう♪

左上から横へ

ガガイモ、ツユクサ、オオバコ、ハルジオン、ハキダメギク

左下から横へ

ヤブガラシ、ハコベ、ヘビイチゴ、キュウリグサ、コミカンソウ

 

| コメント (0)

2019年1月12日 (土)

草花あそび~青竹踏みづくり

草花あそびの時間ですが、

お山で青竹を間引いたので

その青竹をつかって何かできないかと思案。
Img_3280


竹ですから
遊具に日用品に楽器に家まで
果てしなく用途はありますが、

やっぱり
これかな・・・

Img_3282
ナタとトンカチで割っただけの「青竹踏み」

なにせノコギリも使わず、
めっちゃカンタン。

青竹踏みといえば、
忘れられません、
祖母が
家の壁に手をついて
毎日、青竹を踏み
「これをやるから、おつうじがいい」
と会う度に言っていたのを。

ひとつは、
火で油抜きして
釘で絵印をいれました^^

Img_3288
赤ちゃんから小学生からパパママまで
20人近くの人と作りました。

「のれたよ!」
とバランスをとっていました^^^^

子どもたちは、
なんでも遊びにしてしまうんですねッ、

こんなにたくさんの青竹踏み見たことない、
というくらい、たっぷり出来ましたので、

我慢できずに、

ずらり並べて、

Img_3290
~青竹踏み通り~

つるつる滑って
すってんころりん、
歩けない子もいるかと思いましたが、
思いのほか、

みごと新聞紙を広げたゴールまですいすい渡りきりました。
まるでイナバノシロウサギのようでした。

Img_3284
おまけ

同じ要領で
自分用のお箸も作りました♪

さいしょに読んだ
絵本「14ひきのふゆあそび」では、
おじいさんネズミが 竹そりを作っていましたので、
皆なだったら何をつくるか聞いてみたところ、

「ごはんをたく」
「こっぷ」
「かびん」
「ぺんいれ」
「おとがなるの(楽器)」


いろいろ案を出してくれました。
まさに竹を割ったような素直でまっすぐな小さなおともだちでした。

Img_3261
この竹を間引いたときのようす。

小学校の屋上ぐらいもある背の高さです。
竹の下のほうは枝葉はありません。


種子植物は、
種を風や水や動物に運んでもらって
親や兄弟から離れることで
大きくなっていきますが、

竹は滅多に種子をつくらず、
地下茎によってどんどん増えていきます。
どんなに家族と離れても100mぐらいでしょうか?
なかよし大家族です。


Img_3273
上のほうの枝葉は、落とします。

葉をふるい落として、
つる野菜の支柱などに使えます。

Img_3275
一頭買いのように、
丸ごと1本余すところなく使えそうですね。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

しめかざり亥年

しめ飾りのご注文をいただきました。
Img_3189
稲わら約16本づつを3束用意。

Img_3190
毎年つくっているので
5分もあれば輪飾りができるようになりました。

つるばあちゃんのことを思い出して
涙が出てきました。
「しめかざり」(海鳥社)
つるばあちゃん、見てるかなぁ、、、

奉書紙で御幣(ごへい)をつくります。
奉書紙はさすが雨風にあたってもビクともしない強さがあります。
稲妻の形を表わしています。
雷が落ちた田んぼは豊作だったとか。

Img_3192
橙(だいだい)や裏白(うらじろ)やユズリハの代わりに、

金柑(きんかん)と南天(なんてん)と五葉松(ごようまつ)と万両(まんりょう)です。

縁起物はダジャレ語呂合わせの世界ですから、
金の輪に 難が転じて、御用を待って、万量となす。
なにかとてつもなく目出度い気分になってきました^^^^

Img_3167
できました~

Img_3178


Img_3182


Img_3183

おんなじ材料ですが、
微妙に違って仕上がるのが不思議です。
Img_3174
稲穂がなかったので
せめて亥年のイノシシをつくりました。

これは何の実だろ?
イノシシっぽく出来て
とてもうれしい♡

Img_3175
こちらはヤシャブシ、
ネズミおじさんみたいで
これも愛きょうあるかな^^;


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

アンズ核油クリーム

「クリームをつくって」
とリクエストを受けつづけ
ようやく作成。
Img_2580

・アンズ核油 90g(100㎖)
・みつろう   27g
・エッセンシャルオイル ラベンダー、ティートリー、日本ハッカ3滴づつ

足の裏はもはや年中バリバリガサガサで、
市販や生協のクリームのほうが良いかもと
さいきんそれをぬっていたら、

家族の愛好者からの作ってくれリクエストが続き
どうやって探し出すのかアンズオイルを渡され、
やむなく作成。

みつろう手作りクリームはべったべったになるのですが、
クヌギの樹皮のような私の足の裏には
それくらいのほうがヒビに馴染むことが判明^^;

今回は、
国産アンズの核油です。
赤ちゃんのお肌にも良いそうですよ。

<メモ~植物用語>
ウメとか モモとか サクランボとかは、
核果といって、
外果皮に包まれたところが食べるところ(中果皮)で、
内果皮は木質化して堅くなり核になって、

中の種子を保護しています。

よく杏仁といいますが、
・核のなかの種子を仁とよんだり、
・種子のカラをのぞいたものを仁とよんだり、
本を見ても 正確な分類がいまひとつわからない種類がよくあります^^;


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

どんぐり笛ネックレスと 豆柿ブローチ

毎年10/10頃より どんぐり拾いの季節です。

場所によるかもしれませんが、
今年は、マテバシイのどんぐりが不作でした。

いつもは10倍はかるく拾えるところを
ようやく ほんの30個ほど拾ってきて
どんぐり笛ネックレスづくり。
Img_1810
おうち園準備クラスの畑ぼうずさんのお土産です。

Img_1812
でも作ったのは おうちの人です^^

今年は豆柿のブローチつき。
柿のヘタですが、
あんまりにもかわいかったので
裏側に安全ピンをつけました。
Img_1811
葉っぱは、ナツヅタです。

Img_1815
クヌギの どんぐり君が
「うまい、うまい」
と言っています^^

ネックレスがうまいと言ってるのかな、
それとも口にくわえたセンダンの実かな?

センダンの実は、
ヒヨドリが集団で来て
食べていました。
種のまわりのモフモフしたところが吸収されて、
かたい中の種は消化せずに、
空中散布してくれるんですね、きっとッ!

 


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

赤紫蘇づくし(しゅうゆ漬け、草木染め、天ぷらぴりぴり)

赤紫蘇はすごい。

だけど毎年逃して枯れてしまう。

①紫蘇の実しゅうゆ漬け プチプチの食べ時
②貴重な緑の 染めどき草木染め
③紫蘇の実 天ぷらぴりぴり

あー今年も バタバタと過ぎていくと思いましたが、
少量、
少量、
少量
を心がけて
何気ない朝に

Img_1373
もう遅いかと思われた赤紫蘇を根元から2本ほど収穫し、

Img_1374
①ざくざくと切り、

Img_1376
☆シソ科につくハッカハムシをうれしく拝見し、

Img_1381
☆シソの実醤油漬けをつくり、

(ざぶざぶ洗って水をきり、生のまま醤油に漬けただけですが、
今年は一段と美味しかった~)


Img_1385
☆シソの穂は、天ぷらにして

(夕ご飯のおかずになりました。
茄子、にんじん、海老や鶏肉とくらべても
口中に広がる薬味の深遠な香りが群を抜いていましたね^^^^)

Img_1380
②沸騰したら弱火で15分煮込んで染液をとり、

みょうばん大1も入れて、

Img_1383
③ぐつぐつしている間に
もう雑巾にしようかと思っていた
すっかり色褪せたビワ染めのガーゼ2重布のスモッグを
麻糸や輪ゴムでしぼり、

(いちおうスモッグは、前日に呉汁染めをしました。
よく染まるよう大豆のたんぱく質をつけてあります。)

Img_1384
④染液にいれて、
沸騰したら弱火で15分くつくつ。

火を消して翌朝まで冷ましました。
もうちょい色を濃くしたかったので、
④の煮込みをくりかえして
2回染で終了としました。

Img_1405
⑤できあがり~

うまく撮れませんでしたが、しぶい緑が出ています。

赤紫蘇づくし、今年は間に合いました♪


| コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

紙染め

Dsc01904
半紙を正方形に切って、

Dsc01905
四角や三角に追って、

(型染めのときは、好きな形に厚紙も用意して)

Dsc01906
子どもたちの要らなくなった絵の具につけて、

Dsc01909
開いてみました。

紙そめ専門の紙や絵の具ではないし、
水の量も適当なので
思ったように染まらないと感じたら、
また反対側に畳んで染め直しました~


Img_0726
どんどん

Img_0727
どんどん

Img_0729
どんどんどん・・・


でも一番すきな色は、
Img_0730
偶然にもヨウシュヤマゴボウの実をしぼったムラサキ色。


Img_0731
裏側は、画用紙を貼り付けて 
しおりにします。

家族にどれが好きかを尋ねると、
あ~これは、失敗しちゃったかな、
と思うものを 選びました^^;

捨てる神あれば拾う神あり
いや
捨てる紙あれば拾う紙あり¡

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

ヴィジョン

娘は高3になりました。

高3ともなると
進学や就職にむけて
先生から生徒たちへメッセージが送られます。

明確なヴィジョンを持ちなさい、と。
入るので精一杯になりがちだが、
面接で問われるひとつは、
入社・入学後の自分が明確に描けているかどうか。

確かそんな内容でした。
具体例が豊富でわかりやすく書いてありました。

とうぜん、
自分はとっくに終わったことと思って読みましたが、
しばらくして
はたと思いました。

人生50年までは必死すぎて、
もう何が何だか終わったけれど、
あと50年生きてしまったら、
第2、第3の人生のスタート地点に居ることになると。

しかも
いまだ立ち退きの身、
夢はあってもヴィジョンうっすら。

夏のおわり、
Img_05171_2
産まれたばかりの赤ちゃんへ積み木をつくらせていただきました。
こんな初々しい存在とは、かけ離れているように思いますが、、、

これまた
もしやもしかしたら、
そんなに赤ちゃんとも変わらないのではないか、、

【自分で自分の見かけにだまされてはいけない^^;】
   (夢といっしょにヴィジョンを描こう)

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧