2019年10月12日 (土)

台風19号

2019.10.12 PM9時半ごろ
未曾有の大型台風19号が
わが家上空を通過した音を聞きました。


ゴオーッと一瞬の強い風雨でしたので
何事もなかったかと思いましたが、
4日後には59河川 90か所で 川が決壊したと流れました。
Img_2990 
翌々日の綾瀬川。


翌朝、外に出ると
 Img_0593
奥のフサアカシヤの大枝が裂けて
バナナの木をなぎたおし
ミツバチの巣箱の上に乗っかっていました。

このフサカシヤの木の下には羊のハルが眠っています。
やさしい木で 以前大枝が落ちてきたときは
真夜中でした。
今回も巣箱を守るように倒れていました。

台風の前の日は
台風の進路を確認しながら
必ずベー助が家まわりの木を
一日かけて剪定してまわりますが
この木は剪定していなかったのです。

頭が重たい古い木と
斜面に生えている大きな木は、
台風に大変弱いのです。

Img_0594
巣箱は つぶれているように見えますが、
Img_0595
ミツバチたちは元気で
花粉バスケットに花粉をいっぱいためて
帰って来ていました。

でもいつものスズメバチは見かけません。
いつもは敵としていますが心配になってきました。
オオスズメバチは地中に巣を作るので
浸水いや巣ごと水没してしまったのかもしれません。

キイロスズメバチは、高い枝にミラーボールのような
巣を作りますから巣ごと落っこちてしまっかもいsれません。
小さな生き物たちの厳しい世界をおもっていると
Img_0599 
足元を
ピヨコンピヨコンと
後ろ足のとれたバッタが跳んで草の上に止まりました。

昨夜の台風を生き延びたんですね!

そして大枝が倒れた跡には
明るい光が差していました。
もくもくと若い新芽が顔を出すことでしょう。

 

| コメント (0)

2019年10月10日 (木)

西洋ミツバチがオオスズメバチを襲う

毎年、秋分も過ぎれば

虫捕り網で オオスズメバチやキイロスズメバチをつかまえ

ミツバチの巣箱を守るのに大わらわしています。

Img_0018
見にいくとやっぱり
オオスズメバチが飛んでいました。

見えるでしょうか?

しかし、入り口付近のミツバチたちは元気で
心なしか余裕の態です。

そこでいつもなら
見つけ次第に慌てて捕獲体制に入るところ
じっと観察してみることにしました。

1匹たりとも死なせたくないので
これは かなり勇気のいる行為でした。

Img_0083_20191014205901
すると向こうに止まって顔だけ出していたり^^

Img_0084
こっちに止まって体勢を整えていたり^^

自分の巣から遠く出張しているスズメバチは
背中から見ている人間には無防備です。

そうしてふと、
巣箱を乗せている台の下を見て驚きました。

Img_0019
なんとオオスズメバチの死骸が
ゴロゴロ転がっていました。

数えたら29匹でした、、、

にわかには信じられませんでしたが、
とにかく、すごい!

日本ミツバチがオオスズメバチを取り囲んで
その熱で熱死させて巣を守るというのは聞いたことがありましたが、
西洋ミツバチもそんな能力、あったっけ?

この目で見てみないことには信じられない、

と思っていたある時、

そう待たずしてその現場に遭遇しました。

Img_0028
つっと入り口付近に来たスズメバチを
2~3匹の働きバチが瞬時に取り囲み、
巣の下へと皆で もつれこんだのです。

勝負はけっこう早かった!

今まで幾集団もの西洋ミツバチ家族が
引越してきましたが、
自力で巣を守る人たちは初めてです。

ちなみにキイロスズメバチの死骸は
1匹も見当たりませんでした。
オオスズメバチは、着地しているミツバチを捕らえる傾向が強く
一方キイロスズメバチは、飛んでいるミツバチを空中キャッチするので
さすがの最強ミツバチ家族も歯がたたないようです。

どちらもショート動画あり
いつか載せよう!

 

| コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

立秋~空とセミの移り変わり

  立秋8/8より

行き合いの空に

グレーを帯びた白い雲が覆った夜より

炎天下にも涼風が流れるようになりました。

夜の道草にも

エンマコオロギの声が聞こえるようになりました。

8/9より 庭にアブラゼミのアリ塚を見るようになりました。

それまでは全く見かけませんでした。

Img_8163_20190811111301
我が家では 7/28よりアブラゼミの初鳴きを聞きましたから

寿命はおよそ12日間を目安のひとつとして考えられます。

セミの寿命を自由研究した男の子が居て

野生のセミ数種が1ケ月ほど生きていた記録が出ました、

12日くらいから1ヶ月くらい生きるのでしょうか?

ふと見上げる空にもアブラゼミとクモとの行き合いの空、

Img_8164

Img_8167

立秋に大きく成長するコガネグモが

アブラゼミをくるくる巻いていました。

これから交接をして生まれてくるコガネグモの命に

アブラゼミの命が引き継がれます。

今年、この畑には初めてコガネグモがあちこちで円網を張りました。

今までハウスの中で 益虫コガネグモ農法といって、

大切にしていたものが、どんどん元気づいて

外にも溢れ出てきたのですね、

コガネグモは埼玉県では絶滅危惧Ⅰ類ですが、

少し気にかけて無農薬にするだけで

数年後、戸外にも増えてくれるのは嬉しいことです。

コガネグモの網は、ジョロウグモより丈夫で、

昔の子供のセミ取り網に使われましたが、

まさにその証明のような立秋の空の光景でした。

そして、

アブラゼミ天下が頂点を極めて下りゆく時、

ツクツクボウシが泣き始めます。

8/6 午後4時ころツクツクの初鳴きを聞きました。

夏の終わりを感じさせるヒグラシは、

ニイニイゼミと同じく実際は早い時期から鳴いています。

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月20日 (月)

ミツバチ一家 入居

母屋から西の窓を見ると、

座ったままで巣箱が見えます。

15mほど先、

何やら小さい粒がたくさんキラキラと舞っています。

行ってみると

Img_6035 

巣箱に残っていたミツを

もらいに来てる来訪ミツバチではない集団の勢いがあります。

  Img_6040

やはり、

ミツバチ一家の御到来!

中央に

女王蜂が見えます。

新女王であれば、

どこかの巣から飛び立ち、

結婚飛行を済ませ、

交尾した雄はその場で硬直して死に、

女王蜂は何百万もの精子をたくされ、

これより、2~3年の月日の間、

日に1000個以上の卵を産むという。

でも、入り口がちょっと狭くて、

ずっとウロウロしていました^^;

入居できたかな?

 

 

| コメント (0)

2019年5月18日 (土)

同居人昆虫たちの家~カブトムシ、キリギリス、ヤゴ、オタマ

  今春は、

ヒキガエルとアカガエルのおたまじゃくし、

キリギリスの幼体、

シオカラトンボ、アカトンボ、ギンヤンマのやご

カブトムシの幼虫、

と同居中。

 

①カブトムシの幼虫の家

小さな虫かごです。

毎年、お山の腐葉土置き場に、

野生のカブトムシがたくさん卵を産み付けてくれるので、

お正月1/4の仕事始めに腐葉土を集めに行くと、

1立方mの落ち葉容器の中に

20~40匹の大きな幼虫がごろごろしています。

雌一生のうちに20~40個の卵を産むとありましたから、

1~2匹の雌が

ひとつの容器に産んでいるのでしょう。

Img_6050  

小さな虫かごに1匹だけ入っています。

珍しく上まで来て

顔を見せてくれました。

Img_6052

すかすかの枝が好きだとベー助が言っていましたが、

ほんとだ、

ちょうどケヤキの朽ちた枝をもぐもぐしていました。

 

②キリギリス幼体の家

横幅30cm以上の大き目の虫かごですが、

フタをとって網目の細かい緑ネットにするのがコツです。

プラのフタは隙間から脱走し、開け閉めも堅苦しいのですが。

緑ネットは、幼体の虫が歩きやすく、風通しも良く、

ゴムでとめればいいので開閉もラクです。

何しろ、天井にぶらさがって止まる習性があるので

どこに居るかが一目瞭然で わかります。

草の中にいると かくれんぼ状態でわかりませんけどね。

ここには、

7ミリ~1cmを超したくらいの

2齢~3齢くらいの幼虫が10匹ほど。

野草の生えた土をいれると落ち着きます。

小さなお友達のアイデアですが、

枯葉などもあれば隠れ家になり落ち着くようです。

生きた草花は、水に活けています。

Img_5839 

Img_6048 

いただいたメロンの残り皮を試しにいれ、

煮干しやかつおぶしを乗せてみました。

あんまり食べているところを見ていませんが、

代わりにショウジョウバエが次から次に湧いたりするので

非常に、何が起こるか見ごたえがあります。

 

 

③とんぼのヤゴの家

これは小さな虫かごです。

羽化のための棒を立てなくてはいけないので

垂直のカベに固定するとグラグラしないでいいですね。

Img_6029 

シオカラトンボのメスが羽化しました。

前の晩に 棒につかまってジッとしていましたが、

早朝にもう羽化は終わっていました。

日没~夜明けにかけて

暗くて静かなときを選んで羽化します。

気持、わかりますね^^

 

④ヒキガエルのおたまじゃくしの家

Img_5919 

オタマの家は、なんでも良いのですが、

これも虫かご。

大好物の水槽のピロピロ藻。

さらに新発見。

オオデマリの小花をひとつ入れてみましたら、

これも大好きなようで、

パクパクたべたり

くるりんと包まったり。

水に浸かった花の ぬるりんとするところが

オタマにとっての大好物、

しかもオタマの肌に似てフイットするようで、

極上の寝具のようです^^

Img_5842   

ちなみに、右手が出る直前です。

骨折して首から包帯を下げている腕のように

皮膚の うす~~~い皮に

右手が折れ曲がって包まれています。

見ていたところ、

まず手のひらが 泳ぐ向きを変えた拍子に ぴよんと破け出て

次に肘が するんと 出てきて、

最後、肩からヒジにかけての薄皮が、

脱ぎかけのセーターのように ひっかかっていました。

遠山の金さんのように、

一気に脱ぎきるのかとばかり思っていましたが、

手足の生え方にも

いろんなパターンがあるのかもしれません^^

 

2019年今年は、5/20に ほぼ全員のヒキガエルおたまじゃくしが

ガエルとなり上陸しました。

 

<おまけ>

⑤ギンヤンマの家

Img_6024 

落ち葉の下を出て、

ある日とうとう

棒の下まで来たギンヤンマ。

しかし、

ガラスに映った自分の姿にびっくりしたようで、

ずっとにらめっこ。

手を動かしたり、ちょっと顔の向きを変えたり、、、

動くものを食べる習性なので

エサだと思ったのか敵だと思ったのか、

ずっと気が抜けない様子。

それならば、あまりに気の毒なので、

内側に黒い紙を貼りました。

当たり前ですが、

外側にはっても鏡状態だったからです^^;

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

おたまヒキガエルの大好物

水瓶の中の 藻のペロペロ。

掃除しようかと思って

Img_5686_1 

ちょっとまてよと、

試しにオタマジャクシにあげてみましたら、

 

Img_5689 

アカガエルのオタマは

それなりでしたが、

Img_5687 

ヒキガエルのオタマちゃんたちは、

30匹の9割は、

一気に押し寄せて

藻をぱくぱくもぐもぐ食べていました。

藻を食べるとはいいますが、

このピロピロ藻は、とくに大好物でした^^!

ちなみにシオカラトンボのヤゴにもあげてみました。

特に興味なしです。

ミミズとかヒルとか目の前で動いてくれるものが

やはり大好物なんですね。

Img_5646 

この日は、桶にボウフラを大量にみつけて

うわあ~~~、

すぐ流そうとしましたが、

いやまてよ、と捨てる前に

ヤゴにあげてみましたら、

いやボウフラのなかにヤゴを入れてみましたら、

パクパクパクパク・・・・・

目の前を通り過ぎるのを待たずして自分から進んで、

むしゃむしゃむしゃむしゃ・・・・・

たらふく食べていました。

大人(トンボ)になっても蚊を食べてくれるし、

あ~いのちは つながってるな~

すてるものは なにもない、

と思いました。

 

 

| コメント (0)

2019年4月23日 (火)

ミツバチ、自らやって来る!

夜の外気温が15℃を超え、

昼の最高気温が25℃を超えました。

と、

母屋の中に

えらくハチが飛んでいます。

どうも通り道になっている!

今日はあったかいからね~、

しかし、それだけじゃない、

ふと外を見ると、

ミツバチの巣箱に群がるものが見えます。

Img_5381 

なんと

ミツバチが集団で来ていました!

実は、昨年秋にオオスズメバチに襲われなかったと喜んでいたら、

冬に 巣箱から家出してしまい、以来、空き巣だったのです。

また分蜂のハチを探さなければ・・・

とずっと気にしていたのですが、

驚いたことに、

自分から入ってくれましたッ!

本当にびっくり!

後ろ足には花粉バスケットもつけて、

もう子育て態勢に入っています。

中古の物件ですが、気に入ってくれるといいな~♪

 

| コメント (0)

2019年4月22日 (月)

キリギリス誕生

4/20穀雨、

なんとキリギリスの卵が孵化しました!

Img_5373_1 

頭からお尻まで7㎜ほど。

朝、産まれたてで、いきなりこの大きさ、この動き。

Img_5355  

フタをしていなかったので、この状態で発見。

びっくり!

昨年、近場の自生地でつかまえたメスが産んだ卵です。

(しかし、ここもいつ開発されるかわかりません)

埼玉県では準絶滅危惧種です。

子供用の虫かごに産みました。

この虫かごは、

カブトムシの羽化した後のケースをリユースしたもので、

冬は、結構ほったらかし、春はたまに霧吹きして 完全乾燥を防ぎました。

後ろ足の高さと 触角の長さに ただものではない気配を感じて気づきました。

Img_5368 

上から見ると、

太ももの幅が、体の幅といい勝負をして、脚力の強さを思わせます。

さらに膝にいくに従い、すーっと細くなり、バネの精度の緻密さを感じます。

Img_5365_1 

後ろから見ると、

背中は滑らかな斜面で、するりと抜ける忍者の動きを思い出しました。

動きが形に 描かれ、

形が動きを 創るかの如く、

Img_5377_1 

10cmケースから30cmに引越しました。

好物のハルジオンやアブラムシのついたナズナなど入っています。

1日目 3匹たんじょう

2日目 2匹たんじょう

200個ほど産むという最後ギリギリを発見できたのかと思っていたら

3日目 6匹たんじょう

 

いや、まて、どうしよう、

おわりではなく、はじまりならば、

これから、200匹産まれるのかな^^;

見つけたところに還してこよう!

【動きが型に 型が動きに 背中には滑りだい】

   (キリギリス賛歌 ぎーーーーっちょん)

 

| コメント (0)

2019年3月29日 (金)

うかたま2019春号 VOL54

Img_4875 

今月号の「うかたま」(農文協)の

庭にほしい木は、サクラです。

八重桜の「塩漬け」は、

慣れれば簡単なので毎年作りますが、

うかたまに載っていたサクラの「梅酢づけ」は、

ちょー簡単。

今年は、このうかたまレシピで挑戦しようと思います♪

有難いことに

前の方のページには、

そのおやつレシピもいくつか載っています。

大変美味しそうだったので滅多にないことですが作りました。

その他、青空おやつシリーズ、どれもこれも大変おいしそう~

Img_4986 

「さくらかるかん」

山芋があったので すりおろし、

しかしなんと上新粉がなかったので

小麦粉で代用してしまい、

「さくら蒸しパン」に^^;

Img_4993_1 

「桜かんてん」

まるで豆腐のように見えます^^

Img_4933 

「よもぎアイス」

今回、

こんな風に

つい作りたくなっちゃうレシピが満載です♪

Img_4970 

「野原のクッキー」

もはや本に載っていたものとは違うものになっていますが、

何回も作りましたね~、

生地をつくって

そのまま何週間も冷蔵庫に入れっぱなしだったものに、

ナノハナやホトケノザをのっけます。

 

 

| コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

腐葉土あつめ

仕事始めのお山です。
年明けは一層、美しく澄んで見えます。
空が森の湖面のように透き通っています。
Img_3250

Img_3253
昨年の同じ日、
満杯に踏み込んだ落ち葉がこんなに沈みます。

Img_3252
表面の落ち葉をかきわけると、
下は腐葉土になっています。

落ち葉の形がなくなり
完全に土になった腐葉土置き場は
底の底のほうに、

ほら、

カブトムシがいます。
全部で35匹いました。
ちなみに昨年は50匹でした。

モグラに食べられずに
よく育ってくれました。

Img_3260
大きさも いろいろです。

真ん中の大きさがほとんどですが、
今年は、
ちっちゃいのも
で~っかいのも居ました。

ほらね。

Img_3257
冬眠中のヤモリも6匹居ました。

触っても逃げません。
目を開けたまま冬眠しているようです^^

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧