2020年4月16日 (木)

2020年度おうち園バッヂ

今年の初モンシロチョウは、

3/6啓蟄を過ぎた3/9の庭の中央通りにて、

初飛翔に出会いました。

今年のおうち園バッヂは

<チョウシリーズ>です。

Img_4534_20200422132301
キアゲハです。

ギフチョウのようになってしまいました^^;

Img_4536
①まずフエルトシートの上に
チョウの胴体部分の羊毛をのせて

Img_4532
②羽ものせて
ニードルでチクチクしていきます。


Img_4533
③下羽に模様なども乗せて

あれ、アケビコノハになっちゃった!

アケビコノハは近くのコインランドリーのコンクリの内壁に
羽をとじて留まっていましたが、
ほんとうに木の葉そっくり!

大変美しかった。

チョウ・ガ、シリーズのなかでもイチオシの衝撃的美しさです。

次は、
何がいいかな~
チクチクチクチク・・・・

Img_4531
あれ、また蛾になっちゃった。

オオミズアオです!

これもアケビコノハに負けない驚きをもたらします、
森で目の前の樹皮や木の葉で休む姿に突然出会うと、
立ちくらみするような衝撃があります。
Img_4554
上左から
オオミズアオ、アケビコノハ
クロアゲハ、キアゲハ、アオスジアゲハ、

モンキチョウ、ツマキチョウ、
ヤマトシジミ、ミドリシジミ

Img_4768
参考は、いいものたくさんありますが、
今回は、これッ!

チョウたちも
自分の好きなお花が
あるんですね♪

さあ、このチョウバッジたちは、
どこにとまるかな?

 

 

| コメント (0)

2020年3月12日 (木)

里山あそびセレンディピティ~アカガエルのご飯より

アカガエルのご飯、
大好物かどうかはわかりませんが
大変おいしそうに食べるのは、これ!

Img_4488
水ガメの内壁に張り付いて育つ
ぷるぷるの ぷりん藻

自然に沸いてきます
Img_4465
朝に投入すると、

すぐ集まってきて 
もしゃもしゃ
もぐもぐ
はみはみ


Img_4487
午後にはスカスカになっていました


まだみんなで集まって食べています^^^^

2月10日頃に生まれた卵です。
1カ月あまりで こんなにオタマらしくなりました。

生き物を育て
殺しながら失敗しながら
徐々に近づいて
あるとき発見する
オタマの大好物的~セレンディピティな喜びは
「里山あそび」の醍醐味です。

公園の「遊具あそび」や
プレイパークの「冒険あそび」とも違います。

皆それぞれ唯一無二の大切な遊びです、
けれど
展開する場所や人がごっちゃになってしまうと
趣旨や大切にしたいものが困惑混乱してしまうようです。

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年2月13日 (木)

アカガエルの初産卵と初セリとテントウムシ

今年は、1/28大雨の夜にニホンアカガエルが初卵を産みました。

例年より3週間ほど早いです。

Img_3957
しんぴんたまご

昨日に産んだ卵塊です。

プリッとして
キュッとして
ゼリー状で寒天質の卵のうです。

産まれたばかりの卵嚢は青く透き通るように透明です。

これから細胞分裂していこうとする黒い卵を
乾燥や外敵から守っているのですね。

Img_3956
二日ほどすると
ゼリーの表面に藻がついてきたのが
見えるでしょうか?

ちょっとコケコケして緑っぽくなります。
オタマジャクシになったとき
このコケゼリーをたべているはずです。
オタマは完全にオタマになった後も
このプルンとした抹茶ゼリーみたいなコケプリンが好きですね^^

Img_3961
さらに数日たつと
だれ~んとなってきます。

黒い卵は
ヒヨコになり
タツノオトシゴになり
米ひじきになり

透明で強靭な卵膜カプセルのなかで
ぷりん
ぷるん
ぷりん
ぷるん
と今、伸び伸びストレッチをしています。

そのお池の横では
Img_3911
セリが生えているのを見つけました。
Img_3925
初セリ摘み。


今日の一品、胡麻和えです。

そのまた隣では

Img_3933
てんとう虫が日向ぼっこ

3匹いました。


Img_3938
横向き

Img_3946
後ろむき

Img_3953
上から

背中には黒点が  7個。
頭側には白い点が 6個。

この白点がどうしても好きで
数えずにはいられません。

 

 

 

| コメント (0)

2019年10月12日 (土)

台風19号

2019.10.12 PM9時半ごろ
未曾有の大型台風19号が
わが家上空を通過した音を聞きました。


ゴオーッと一瞬の強い風雨でしたので
何事もなかったかと思いましたが、
4日後には59河川 90か所で 川が決壊したと流れました。
Img_2990 
翌々日の綾瀬川。


翌朝、外に出ると
 Img_0593
奥のフサアカシヤの大枝が裂けて
バナナの木をなぎたおし
ミツバチの巣箱の上に乗っかっていました。

このフサカシヤの木の下には羊のハルが眠っています。
やさしい木で 以前大枝が落ちてきたときは
真夜中でした。
今回も巣箱を守るように倒れていました。

台風の前の日は
台風の進路を確認しながら
必ずベー助が家まわりの木を
一日かけて剪定してまわりますが
この木は剪定していなかったのです。

頭が重たい古い木と
斜面に生えている大きな木は、
台風に大変弱いのです。

Img_0594
巣箱は つぶれているように見えますが、
Img_0595
ミツバチたちは元気で
花粉バスケットに花粉をいっぱいためて
帰って来ていました。

でもいつものスズメバチは見かけません。
いつもは敵としていますが心配になってきました。
オオスズメバチは地中に巣を作るので
浸水いや巣ごと水没してしまったのかもしれません。

キイロスズメバチは、高い枝にミラーボールのような
巣を作りますから巣ごと落っこちてしまっかもいsれません。
小さな生き物たちの厳しい世界をおもっていると
Img_0599 
足元を
ピヨコンピヨコンと
後ろ足のとれたバッタが跳んで草の上に止まりました。

昨夜の台風を生き延びたんですね!

そして大枝が倒れた跡には
明るい光が差していました。
もくもくと若い新芽が顔を出すことでしょう。

 

| コメント (0)

2019年10月10日 (木)

西洋ミツバチがオオスズメバチを襲う

毎年、秋分も過ぎれば

虫捕り網で オオスズメバチやキイロスズメバチをつかまえ

ミツバチの巣箱を守るのに大わらわしています。

Img_0018
見にいくとやっぱり
オオスズメバチが飛んでいました。

見えるでしょうか?

しかし、入り口付近のミツバチたちは元気で
心なしか余裕の態です。

そこでいつもなら
見つけ次第に慌てて捕獲体制に入るところ
じっと観察してみることにしました。

1匹たりとも死なせたくないので
これは かなり勇気のいる行為でした。

Img_0083_20191014205901
すると向こうに止まって顔だけ出していたり^^

Img_0084
こっちに止まって体勢を整えていたり^^

自分の巣から遠く出張しているスズメバチは
背中から見ている人間には無防備です。

そうしてふと、
巣箱を乗せている台の下を見て驚きました。

Img_0019
なんとオオスズメバチの死骸が
ゴロゴロ転がっていました。

数えたら29匹でした、、、

にわかには信じられませんでしたが、
とにかく、すごい!

日本ミツバチがオオスズメバチを取り囲んで
その熱で熱死させて巣を守るというのは聞いたことがありましたが、
西洋ミツバチもそんな能力、あったっけ?

この目で見てみないことには信じられない、

と思っていたある時、

そう待たずしてその現場に遭遇しました。

Img_0028
つっと入り口付近に来たスズメバチを
2~3匹の働きバチが瞬時に取り囲み、
巣の下へと皆で もつれこんだのです。

勝負はけっこう早かった!

今まで幾集団もの西洋ミツバチ家族が
引越してきましたが、
自力で巣を守る人たちは初めてです。

ちなみにキイロスズメバチの死骸は
1匹も見当たりませんでした。
オオスズメバチは、着地しているミツバチを捕らえる傾向が強く
一方キイロスズメバチは、飛んでいるミツバチを空中キャッチするので
さすがの最強ミツバチ家族も歯がたたないようです。

どちらもショート動画あり
いつか載せよう!

 

| コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

立秋~空とセミの移り変わり

  立秋8/8より

行き合いの空に

グレーを帯びた白い雲が覆った夜より

炎天下にも涼風が流れるようになりました。

夜の道草にも

エンマコオロギの声が聞こえるようになりました。

8/9より 庭にアブラゼミのアリ塚を見るようになりました。

それまでは全く見かけませんでした。

Img_8163_20190811111301
我が家では 7/28よりアブラゼミの初鳴きを聞きましたから

寿命はおよそ12日間を目安のひとつとして考えられます。

セミの寿命を自由研究した男の子が居て

野生のセミ数種が1ケ月ほど生きていた記録が出ました、

12日くらいから1ヶ月くらい生きるのでしょうか?

ふと見上げる空にもアブラゼミとクモとの行き合いの空、

Img_8164

Img_8167

立秋に大きく成長するコガネグモが

アブラゼミをくるくる巻いていました。

これから交接をして生まれてくるコガネグモの命に

アブラゼミの命が引き継がれます。

今年、この畑には初めてコガネグモがあちこちで円網を張りました。

今までハウスの中で 益虫コガネグモ農法といって、

大切にしていたものが、どんどん元気づいて

外にも溢れ出てきたのですね、

コガネグモは埼玉県では絶滅危惧Ⅰ類ですが、

少し気にかけて無農薬にするだけで

数年後、戸外にも増えてくれるのは嬉しいことです。

コガネグモの網は、ジョロウグモより丈夫で、

昔の子供のセミ取り網に使われましたが、

まさにその証明のような立秋の空の光景でした。

そして、

アブラゼミ天下が頂点を極めて下りゆく時、

ツクツクボウシが泣き始めます。

8/6 午後4時ころツクツクの初鳴きを聞きました。

夏の終わりを感じさせるヒグラシは、

ニイニイゼミと同じく実際は早い時期から鳴いています。

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月20日 (月)

ミツバチ一家 入居

母屋から西の窓を見ると、

座ったままで巣箱が見えます。

15mほど先、

何やら小さい粒がたくさんキラキラと舞っています。

行ってみると

Img_6035 

巣箱に残っていたミツを

もらいに来てる来訪ミツバチではない集団の勢いがあります。

  Img_6040

やはり、

ミツバチ一家の御到来!

中央に

女王蜂が見えます。

新女王であれば、

どこかの巣から飛び立ち、

結婚飛行を済ませ、

交尾した雄はその場で硬直して死に、

女王蜂は何百万もの精子をたくされ、

これより、2~3年の月日の間、

日に1000個以上の卵を産むという。

でも、入り口がちょっと狭くて、

ずっとウロウロしていました^^;

入居できたかな?

 

 

| コメント (0)

2019年5月18日 (土)

同居人昆虫たちの家~カブトムシ、キリギリス、ヤゴ、オタマ

  今春は、

ヒキガエルとアカガエルのおたまじゃくし、

キリギリスの幼体、

シオカラトンボ、アカトンボ、ギンヤンマのやご

カブトムシの幼虫、

と同居中。

 

①カブトムシの幼虫の家

小さな虫かごです。

毎年、お山の腐葉土置き場に、

野生のカブトムシがたくさん卵を産み付けてくれるので、

お正月1/4の仕事始めに腐葉土を集めに行くと、

1立方mの落ち葉容器の中に

20~40匹の大きな幼虫がごろごろしています。

雌一生のうちに20~40個の卵を産むとありましたから、

1~2匹の雌が

ひとつの容器に産んでいるのでしょう。

Img_6050  

小さな虫かごに1匹だけ入っています。

珍しく上まで来て

顔を見せてくれました。

Img_6052

すかすかの枝が好きだとベー助が言っていましたが、

ほんとだ、

ちょうどケヤキの朽ちた枝をもぐもぐしていました。

 

②キリギリス幼体の家

横幅30cm以上の大き目の虫かごですが、

フタをとって網目の細かい緑ネットにするのがコツです。

プラのフタは隙間から脱走し、開け閉めも堅苦しいのですが。

緑ネットは、幼体の虫が歩きやすく、風通しも良く、

ゴムでとめればいいので開閉もラクです。

何しろ、天井にぶらさがって止まる習性があるので

どこに居るかが一目瞭然で わかります。

草の中にいると かくれんぼ状態でわかりませんけどね。

ここには、

7ミリ~1cmを超したくらいの

2齢~3齢くらいの幼虫が10匹ほど。

野草の生えた土をいれると落ち着きます。

小さなお友達のアイデアですが、

枯葉などもあれば隠れ家になり落ち着くようです。

生きた草花は、水に活けています。

Img_5839 

Img_6048 

いただいたメロンの残り皮を試しにいれ、

煮干しやかつおぶしを乗せてみました。

あんまり食べているところを見ていませんが、

代わりにショウジョウバエが次から次に湧いたりするので

非常に、何が起こるか見ごたえがあります。

 

 

③とんぼのヤゴの家

これは小さな虫かごです。

羽化のための棒を立てなくてはいけないので

垂直のカベに固定するとグラグラしないでいいですね。

Img_6029 

シオカラトンボのメスが羽化しました。

前の晩に 棒につかまってジッとしていましたが、

早朝にもう羽化は終わっていました。

日没~夜明けにかけて

暗くて静かなときを選んで羽化します。

気持、わかりますね^^

 

④ヒキガエルのおたまじゃくしの家

Img_5919 

オタマの家は、なんでも良いのですが、

これも虫かご。

大好物の水槽のピロピロ藻。

さらに新発見。

オオデマリの小花をひとつ入れてみましたら、

これも大好きなようで、

パクパクたべたり

くるりんと包まったり。

水に浸かった花の ぬるりんとするところが

オタマにとっての大好物、

しかもオタマの肌に似てフイットするようで、

極上の寝具のようです^^

Img_5842   

ちなみに、右手が出る直前です。

骨折して首から包帯を下げている腕のように

皮膚の うす~~~い皮に

右手が折れ曲がって包まれています。

見ていたところ、

まず手のひらが 泳ぐ向きを変えた拍子に ぴよんと破け出て

次に肘が するんと 出てきて、

最後、肩からヒジにかけての薄皮が、

脱ぎかけのセーターのように ひっかかっていました。

遠山の金さんのように、

一気に脱ぎきるのかとばかり思っていましたが、

手足の生え方にも

いろんなパターンがあるのかもしれません^^

 

2019年今年は、5/20に ほぼ全員のヒキガエルおたまじゃくしが

ガエルとなり上陸しました。

 

<おまけ>

⑤ギンヤンマの家

Img_6024 

落ち葉の下を出て、

ある日とうとう

棒の下まで来たギンヤンマ。

しかし、

ガラスに映った自分の姿にびっくりしたようで、

ずっとにらめっこ。

手を動かしたり、ちょっと顔の向きを変えたり、、、

動くものを食べる習性なので

エサだと思ったのか敵だと思ったのか、

ずっと気が抜けない様子。

それならば、あまりに気の毒なので、

内側に黒い紙を貼りました。

当たり前ですが、

外側にはっても鏡状態だったからです^^;

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

おたまヒキガエルの大好物

水瓶の中の 藻のペロペロ。

掃除しようかと思って

Img_5686_1 

ちょっとまてよと、

試しにオタマジャクシにあげてみましたら、

 

Img_5689 

アカガエルのオタマは

それなりでしたが、

Img_5687 

ヒキガエルのオタマちゃんたちは、

30匹の9割は、

一気に押し寄せて

藻をぱくぱくもぐもぐ食べていました。

藻を食べるとはいいますが、

このピロピロ藻は、とくに大好物でした^^!

ちなみにシオカラトンボのヤゴにもあげてみました。

特に興味なしです。

ミミズとかヒルとか目の前で動いてくれるものが

やはり大好物なんですね。

Img_5646 

この日は、桶にボウフラを大量にみつけて

うわあ~~~、

すぐ流そうとしましたが、

いやまてよ、と捨てる前に

ヤゴにあげてみましたら、

いやボウフラのなかにヤゴを入れてみましたら、

パクパクパクパク・・・・・

目の前を通り過ぎるのを待たずして自分から進んで、

むしゃむしゃむしゃむしゃ・・・・・

たらふく食べていました。

大人(トンボ)になっても蚊を食べてくれるし、

あ~いのちは つながってるな~

すてるものは なにもない、

と思いました。

 

 

| コメント (0)

2019年4月23日 (火)

ミツバチ、自らやって来る!

夜の外気温が15℃を超え、

昼の最高気温が25℃を超えました。

と、

母屋の中に

えらくハチが飛んでいます。

どうも通り道になっている!

今日はあったかいからね~、

しかし、それだけじゃない、

ふと外を見ると、

ミツバチの巣箱に群がるものが見えます。

Img_5381 

なんと

ミツバチが集団で来ていました!

実は、昨年秋にオオスズメバチに襲われなかったと喜んでいたら、

冬に 巣箱から家出してしまい、以来、空き巣だったのです。

また分蜂のハチを探さなければ・・・

とずっと気にしていたのですが、

驚いたことに、

自分から入ってくれましたッ!

本当にびっくり!

後ろ足には花粉バスケットもつけて、

もう子育て態勢に入っています。

中古の物件ですが、気に入ってくれるといいな~♪

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧