2018年10月17日 (水)

こぶなぐさ染め

今日は、小さな畑のおうち園です。
Img_0315
畑ぼうずさんたちが、大運動会をしています。
騎馬戦かな、組体操かな?

いやいや大運動会じゃないでしょう。
Img_1674
きょうは、
コブナグサ染めですよ。

お蚕さんの布を
お日さまの色に染めましょう!

Img_1684
それなのに、
朝のお話し会は、
手品でした。

珍しくテーブル机のうえになんにも乗っていなかったので
手品師の血がさわいだんですね。

「いいかい、よく見ててよ」
くるくる回します。

Img_1687

「どっちだ?」

「こっち~~~~」

Img_1692
こっちでしたー!

アキグミでした。

「これ、たべたいな~。どこにあるの?」
とさっそく食欲をそそられる人もいました^^

Img_1693
「ぼくもやる~」

同じく手品師の血が騒ぐ人もいます^^

Img_1694
「い~い? みててよ」

皆、真剣に見入ります。

Img_1700
「あ、みえた~こっちだー」

くるくる回すのはムヅカシイ、
赤い木の実のような笑いが
こぼれます。

Img_1710
これだけではありません、
手品師の技はまだまだ続きます。

チカラシバの穂が

する

Img_1714
するするするする・・・

Img_1712_2
イガグリになりました~♪

そういえばお山で
みんなで栗ひろいしたね、
栗のイガは痛かったねー、

みんなでチカラシバいがぐりを
さわってみました。
そーっと、
そーっと、

「あれ、いたくないよ~」
「ほんとだ!」

Img_1716
あれ?
いがぐりが、ふりかけになった人もいます^^
Img_1718
そうやって遊んでいましたら、、
天から白い布が降ってきました。

この白い布、
この前のお蚕さんの糸と
そっくりすべすべだね~

コブナグサを見つけて
お日さまの色に染めましょう。
Img_1734
これがコブナグサだよ、

「ハサミ、いらないねー」
「ほら、てで ぬけちゃったよ」

Img_0332
「いねかりも しようよ」

ザックザックザック・・・

Img_1740
向こうに運びましょう。

えっさほいさ、
えっさほいさ、

Img_1744
どわっしゃー

「うわ~」
「いっぱいだー!」

Img_1749
さっそく チョキチョキ

Img_1752
ここでも チョキチョキ

Img_1754
あれ、草の海でモフモフしている人もいます^^

Img_1758
いつの間にか
お庭いっぱい部屋にして

ちょきちょき せっせ
ちょきちょき せっせ

疲れた人の
水飲み休憩場までありました^^

「わたしたち、つかれないわよー」
「ねー、ぜんぜんへいきッ」
「おべんとうまで やっちゃう」

じゃあ、もうお弁当にしよう!
大人の方がもうカンベン勘弁。

Img_0340
切ったコブナグサを洗って、
ぐつぐつ煮て煮汁をとる間に、、、

さあ、お弁当をたべましょう。
Img_1768_2
「いっただっきまーす」

祈祷師もいました^^

Img_1783
おやつの準備もします。

今日のおやつはスダジイです。

「水に浮いたのは食べられないよ」
「やった、しずんだ」
「あーういた~」
「浮いたの 割って見てみよう!」
「わーしぼんで まっくろになってる」
「そうかー、だから空気がはいって浮きぶくろになって浮くんだね」
「しずんだのは?」
「白いから大丈夫」
「たべた~い♪」

あちこちから素早く手が伸びてきます^^

Img_0343
生で食べても おいしいスダジイ、
炒ると さらに  おいしいスダジイ、

Img_1784
皆がわんさかわんさか遊んでいる最中も、

先週、つかまえたエンマコオロギが

コロコロリーリー
ころころりーりー

と一日中鳴いてくれました。
気温20度前後、
秋も深まり涼しくなって
日中もずっと鳴いてくれたんですね、、
ありがとうエンマさん。
次の日、青空の下へ返してあげました。

同じく人間も元気だったんでしょうか、
午後もたっぷり遊びました。
Img_1797
「花嫁さんごっこ」

車のタイヤをローラにして
マッサージをしていました^^^^

Img_1796
「ひっさつ掃除人」

動きが違います^^^^

Img_1719
布をしっかり結んで

Img_1721_2
ひっぱって、

綱引きのような結び絞りです^^^^


Img_0347
ぶじ、コブナグサの汁に
布も浸けましたよ。
そういえば、
太陽の地図をつくろうと言ってる人がいましたね。

来週、染まっているかしら?
結び絞りは、どうなるかしら?
「たいようのちず」になるかしら?

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
Img_1813
稲のはざかけ

Img_1682
あそびのあしあと

「じしゃくの道」

Img_1764
アメリカシロヒトリ

きらわれ者の蛾の幼虫を
大切に入れていました^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

お山たんけん~秋ひろい

今日は、小さな畑のおうち園です。

Img_1413
天使さんと人魚さんが
「どんぐりひろってきてね」
と言っています。
Img_1393
そうです、今日はお山へ秋ひろいの日です。
どんぐり拾えるかな?
何か作れるかな?

お山の空には、アキアカネもたくさん飛んでいました。
3日前から赤トンボの群れを見るようになりましたが
今日は、いちばん飛んでますね~
台風でどこぞへ吹き飛ばされたかと思って心配しましたが、
ちゃんと居ましたッ
お山にいましたッ

トンボもにんげんも遠足日和です。
Img_1416
朝のお話し会で、
エノコログサのブレスレットをつくって
さあ、お山探険へ出発です。

「このネコジャラシが立ってくると
お弁当の時間だよ」

時計がなくても
自然がいろんなことをおしえてくれます^^

「あーたってきたよ~」

ちょっと早すぎの人もいます^^^^;

Img_1423
ガマの穂ソーセージが爆発ですッ

ガマの穂マイクで歌う人もいました。

Img_1425
こちらは、虫のおすもうさん。
背中の模様がお相撲さんの笑っている顔に見えます。

アカスジキンカメムシの幼体です。
エノキの実がピンクや紫に色づいていましたから
実をチュウチュウ吸っていたのかな?

黒と白でお相撲さんの顔を作るなんて
グッドデザイン賞ですね!

Img_1433
エンマコオロギや
赤トンボをつかまえながら
どんどん歩いていたら
タンポポ葉を摘んでいてるタンポポおばさんが居ました。

「なにしてるの?」
「たべるのよ」
「ちょっとにがいんだよね」

子供たちは、橋を見つけて休憩です。

こんな木の橋も少なくなりました。
大人は橋を通りかかって腰かけるでしょうか・・・
腰をかけると水のせせらぎが見えます。

この後、ぞろぞろと子供たちが腰かけて、

「あ、」と指さした先には、

Img_1439_2
クモが居ました。

秋になって
ぐんと大きくなったジョロウグモです。
水に集まってきたコムシを捕まえて食べているんですね!
たくさん獲物がかかっていて大漁の網でした。

よく見るとミツバチをぐるぐる巻きにしていました。
ミツバチはよく水を飲みにきます。
ミツバチの巻き寿司のようです、、
今日のお昼ご飯かな?

Img_1449
あ、オオバコがありました。

みあって、みあってー
はっけよーい、
のこったーーーー


カラスウリのネックレスをつけたお相撲さんたちでした^^

Img_1455
お腹すきました、
この辺でご飯を食べましょう。

小高い原っぱの上で
「いただきまーす」

Img_1460
でも、腰痛の人には、
ちょっと椅子があったほうが良いいかな、

と言ったら、
早速、丸太を抱えてくる人たち。
このまえ台風で倒れた木です。

水をふくんで大変に重たいのに、、、
ものすごい力持ちです。

Img_1465
なんて頼もしいと思ったのもつかの間、
走り出し、

Img_1478
つかまり、
つかまえ、
走り出し、
つかまり
つかまえ
走り出し、

これを何度も何度も
くりかえし、

Img_1483
はじめは一か所にまとまって
お行儀よく食べ始めたはずなのに、
気づいたら、こんなに広がっていました。

いったいどうして????

Img_1499
ご飯のあとは、
どんぐりや木の枝をひろって
現地調達どんぐり工作。

Img_1492
宇宙ステーション建設中。

Img_1507
ウイ~~~ン

Img_1494
「ほら、できたよー」

どんぐりゴマかな、
それともどんぐりアンテナ?

襟元につけて
どんぐりピンマイクにして
喋りながら走っている人もいました^^

そうして、最後は、♪あぶくたったで
もう一度森中を走り回り、

おやつの柿を食べて

おーしーまいまいまいまいまい

おみやげは?

そうそう、拾ったどんぐりや 作ったコマなど
宝物をいっぱい入れたはずなのに、
走っている最中に底が抜けたんですね~
バッグは空っぽでした^^;


<おまけ>
Img_1498
どんぐり工作しながら
皆が見上げた空。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

お蚕さまの糸とり

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_1294
畑ぼうずさんが、
「どうすれば糸がとれるの?」
と聞いています。

Img_1323
それはね、
①繭をお風呂にいれて落し蓋をして、

Img_1325
あっためているうちに、
②ハガキに竹串をさして

Img_1331_2
そろそろどうかな、柔らかくなったところで、
③割りばしやタワシで繭をこすって 
糸をとりだし、

Img_1337
④はじめは、そーっと くるりん

Img_1350
徐々に速くなり、くるくるくるりん、

Img_1340
「ねー、もうやめようかな~
だって、むこうがみえなくなっちゃうもん」

しっかりカメラのレンズ目線です^^
シルクレンズなんて かっこいいですね、
どこかの商品名になりそうです。

Img_0229
⑤できあがり

そういうわけで
向こうが透けて見えるシルクカメラレンズとなりましたッ

今度は、
このシルクでできた大きな布を
染めてみたいですねッ
お日さまの光でできたような布を
お日さまの光のような色で染めましょう♪

さて、ここからは
合間合間にあそぶシリーズ...。
Img_1304
<本日の旬の食材>
左から
どんぐりキャンディ、
牛ナス、
干しダイオウショウ三つ編み煮込み用
彼岸花の茎ネギ、
アオギリの黒胡椒つきポテトチップス、
お好みカリン、
豆柿シロップ飾りつけ用

Img_0218
<泡立ち最高!>

1年のうちで今日が一番泡立ちがいいのではないか、

それくらいキメ細かい泡で角が立つメレンゲムクロジでした。

Img_1305
<キンモクセイの香り詰め放題>

朝採りレタスならぬ朝採りキンモクセイ。

Img_1308
<できました~>
さあ、どんなお料理ができるかな?

Img_1318
<じゃじゃ~ん>
こうなりました^^


Img_1312
<これはなんの幼虫かな>

Img_1315
<あたまにハサミある?>
ハバチの幼虫かと思ったら、
コガネムシの幼虫だったようです。

Img_1356
<近道ろうか>
近いけど渋滞です^^;


Img_0224
<おやつは銀杏>

ひとり3粒づつ食べてしまいましたが、
銀杏中毒があるので、
5才以下の子どもは、
食べないほうがいいそうです(トホ)

個人差は大きいようですが、
6歳以上で7粒まで
大人は40粒まで
と目安が出ていました。

Img_0228
<森の宝石>

ぎんなんヒスイ、
炒った後のもちもちっとした透明感が美しい・・・
この前、お山でひろいました。

そうして、
あっという間にお帰りの時間です。
Img_1359
夢の国でんしゃに乗って出発で~す

Img_1360_2
今日は、糸取りの国へいきました。
くるくるくるくる・・・・

秋になって少し寒くなった村人と小人さんは、
くるくるくるくる・・・
なんと自分に糸を巻き付けて暖をとりました。

Img_1362
<帰りの電車>

あれ?
ずいぶん折り重なって寝ていますね^^

おーしーまいまいまいまいまい

おまけ
Img_1363
♪おてぶしてぶし

「こっち~~~!」


Img_1366
柿プリンのむくろじパフェ


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

お蚕さまの糸取りハガキカメラ

今日は、小さな畑のおうち園です。
Img_0194
畑ぼうずさんが、お彼岸のヒガンバナを抱えています。

彼岸花の花のつくりは
花のなかに花があり、
このひとつの小花が7つほど寄り集まって
あの大きくあでやかな1本の花になっています。
くらくらと惑わされるような美しさは、そのためでしょうか。

Img_1053
いっぽうムクロジ小人さんは、
初夏に育てたお蚕さまのサナギの繭をもって

「糸とりをしたい」

と言いました。

Img_1070
そこで、
朝のお話し会でヒガンバナのネックレスをつくって
さっそく繭のケバケバとり。

きれいにとれるかな?

Img_1077
ケバケバをさっそく色水にひたしています。

トングでつまむので
なんだか病院の看護師さんのよう^^

Img_1081
繭から お蚕さまのシルクの糸をもらえるかな?

まずは糸取りの道具、糸取りハガキをつくります。

ちょきちょき、せっせ、
ちょきちょき、せっせ、

大変に熱心な人たちです。

Img_1085
一方こちらはお庭班。
自然にちょうどいい感じで分かれる人たちです。

じょぼじょぼ、せっせ、
じょぼじょぼ、せっせ、、

これから雨予報なのに
わざわざ水ガメから水をくんで川をつくり
リバーサイド天の川レストランを
開店準備中!

Img_1086
どんどん切って貼って

Img_1089
どんどん流して

Img_1062
竹トンボも飛ばし、

Img_1093
入れ替わり立ちかわり、

どんどんどんどん・・・

全員いつの間にかできましたッ

Img_1098
「はい、とりますよーーー」

「カシャッ」

あれ?

糸取りハガキカメラになっていました^^;

Img_1104
さらに
2日前は、中秋の名月だったので

名月団子をつくりましょう~

やる気満々だったので
ちゃんと手をあらって、
最初のところから

マゼマゼ・・・

Img_1108
いろんな人がやって来て、

手をあらって

マゼマゼコネコネ・・・


Img_1110
「わたしたちは、まるめるのやるー♪」

「あたしはねー、まるめるの できないんだよ」

いえいえ、とっても上手ですよ♡
愛情たっぷり団子です^^

Img_1120
クマザサに包んで
自家製八重桜の塩漬けものせて

蒸し器で10分蒸したら

もう出来上がりです。

今日のおやつにしましょうね。


Img_1111
「おなかすいた~」

そうね、お弁当を食べましょう。
今日は、みんなそれぞれ 
よっく作ってましたから、
さぞかしお腹も空いたことでしょう、

カシャカシャカシャ

あれ?
ハガキカメラを連写しています^^;

Img_1132
そうして帰りのお話し会でも

Img_1135
カシャカシャカシャカシャカシャ、、、

夢の国でんしゃに乗り、
「火のない国」から
「火をみつける国」へ出かけて、
鬼をだまし、
大石をもちあげ
トンネルをくぐり、
炎の花 ヒガンバナをみつけて
無事かえりました。

この話のどこで
いったいカメラが登場したのでしょう???

話をした当の本人のべーすけくんは覚えていないし、
迷宮入りです。
報道カメラマンは覚えているでしょうか?

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
Img_1144
糸をとる前から
ヨレヨレになったカメラもあり^^

Img_0198
お誕生日会♪

Img_1056
葉っぱマン見っけ

いや、これは準絶滅危惧種のアサザなので、

アサザマンだッ!

「われわれは、水質汚濁で護岸工事で消滅・縮小している」

「なんかたべさせてくれ」

Img_1058
「はい」

赤い草の実をあげていたら、
食べ応えのある長い葉っぱをあげていました^^

モグモグ…

Img_1059
モグモグモグ・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

お山たんけん秋さがし

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_0794
いや、小さなお山のおうち園です^^

Img_0797
おじいちゃんちの小さい田んぼに
ナガコガネグモがいました。

Img_0800
よくよく見ると、
オンブバッタが蜘蛛の糸でぐるぐる巻きにされていました。
ナガコガネグモの朝ごはんかな、昼ごはんかな。

イネの皮もむいて食べてみました。
ちいちゃい秋の味がしました。

Img_0813
「おー、栗が落ちてるぞー!」

ほんとだ、栗のイガイガだ。
ハリネズミみたいだね~、

無言で助け合って
イガに刺されないように工夫しながら、
そーっと出しています。

Img_0814
「とれた~!」

この後、
みんなも次々に自力で収穫、
たくましい食い気ですッ
これは おっきな秋の味がするぞ~

Img_0815
「あ、スプーンだ!」

うすっぺらい栗は、
棒をさして 栗スプーンになるのを
いつでも思い出せるんですね~、
そういえば、これでハチミツ舐めたね~。

Img_0822
あ、これもおやつになるよ。

「どれ?」

ムラサキシキブの
ほんのり甘いプチプチ感は
野の秋の味、
何ともいえません。
メルモちゃんになった気分です。

さあ、お山の魔法の木の実も食べたし、
Img_0103
お山の神さまにあいさつをして
出発するぞ~~~

「おはようございますッ」

Img_0838
どんどん上っていきます。

もたもたしていると
今日は、何千何万という蚊の襲撃に会いますからね~
駆け抜けていきましょう。

Img_0843
ここまで来れば、
ちょっと一息。

カーンカーンって、音がするよ。

「うん、する」

Img_0844
落ちたて新鮮、
「ヒノキのサッカーボール」

「ねー、これをあつめたら、さっかーぼーるのゲームができるんじゃない」
ちいさな男の子が言いました^^

Img_0854
「かさ~~~~」

これは蚊よけのウチワとして、
各自、もって歩いたヤツデの葉ですが、
ポキンと茎を折って、
今度は、傘になっていました。

ほんとに日よけ傘にして歩いていました^^

Img_0853
「ほらっ」

わ~、ちっちゃいカナヘビです。
足の指、なんぼんある?

「ごほん」

目がいいので
一瞬で数えてくれる子供たちです。

Img_0865
早いお昼ご飯を食べて、
じゃんけん大会。

おやつにいただいたブドウと
その芯、
さらに拾った木の棒まで賞品になりましたが、
ますます勝負は白熱しています^^

Img_0887
木の棒といえば、
さまざまな形の枝があり、

うおーっ!
あお~!

と大盛り上がり。

秋さがしの目玉には、
枯れ枝も追加しなければなりませんね。

Img_0881
なんたって
みんなお気に入りの棒をもって
ずっと走っていましたもん^^^^

さあ、まだまだ時間はたっぷりありますよ。
Img_0889
冒険の旅の 挨拶と安全をねがって探険へ出かけましょう。
Img_0895
さっそく、
カヤツリグサみっけ。

そっちと こっちを ぴーっと裂いて、
四角がつくれたら、相性がいいんだよ。

「できた~」
Img_0901
あ、また森のおやつ見っけ!

甘いよ。
干し柿のような
ドライフルーツのような味がするよ。

「うん、あまい」
「ちょっと、にがて」
「どれ?」
「ないよー」
「これだよ」

Img_0910
これは、いい香りがするよ。
ブドウみたいな甘い匂い♪

匂いする?
「うん」
「どれ?」
「わたしもちょーだい」

Img_0916
そんなこんなで秋さがしの探険隊、
初めての知らない道を歩いていきます。
Img_09231
どんどん

どんどん

こちらは山歩き健脚隊です。
帰り道ですが疲れ知らず、
速くてなかなか映像に収まりません。

Img_0934
こちらは ゆっくり隊。

「はなたば、つくりたかった~」
「落ち葉ならあるよ」
「はっぱの はなたば つくる~」

なんて あちこち秋の拾い物をしながら
帰ります。

お、何か発見した模様・・・
Img_09331
キノコの卵でした。

いや、卵みたいなキノコでしたッ

Img_0937
おやつは、柘榴。

夏の名残のアブラゼミの鳴く暑い日で、
一日中、喉が渇いていました。

ところが、
ザクロの一粒一粒が、
癒えなかった喉の渇きを潤してくれました。

柘榴を気に入った鬼子母神さま俗説?に納得した午後でした・・・

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
Img_0943
「おかえりなさ~~~い」

といいつつ
柘榴の実を食べ続ける人たち。

Img_0944
おみやげは、みんなでひろった栗。

1個だけの栗ご飯も おいしいよ~~~
ご飯ぜんたいが、栗のダシでホクホク♡

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

海賊の旗をつくろう!

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_0627
畑ぼうずさんが、ヨウシュヤマゴボウの実で遊んでいました。

Img_0630
いいもの見っけ!

クレマチスの筆です。

Img_0642
ならば実の汁をしぼって絵の具をつくろう

そうそう今日は、
この真っ赤な色で
海賊の旗を作ろうではありませんか!

Dsc01944
だって
私たち海賊ですもん
なんたって
俺たち海賊だもん

バナナの舟にのり
ホウキや栃の葉のオールで
大海原を航海中。

Img_0645
あれ? 
旗をつくろうとしたら、
ズボンを真っ赤に染めて、
自分が海賊になっちゃいました^^

Img_0650
そうそうこっちです、
こっちを染めてください~

Img_0659
書道甲子園のような真剣さッ

Img_0662
丹念に筆を洗っています^^

Dsc01957
いつの間にかヤサイを採りに行ってくれたんですね

Img_0667
秋茄子3本 ピーマン5~6個

まさかのスピードでみ~んな切ってくれました。

「ゆっくり切るんだぞ、あわてて切ると切っちゃうぞ」
ベー助くんが、自分の親指をはずして見せますが、
あんまり効き目がありません^^

Img_0690
さあ、旗ができあがってビックリ。

旗は、
実は海賊の宝の地図で、

入り口からずーとずーーーっと
野をこえ山こえ谷こえて

びっくりぴょん、
びっくりぴょん、
大海原を泳いで渡ると、

なんとゴールに宝物がぶらさがっていました。

「おせんべいだぁ~~~!」

しかも草加せんべい。
せいべい通の海賊だったんですね、
参りました。

そこでみんなで焼きました。
Img_0701
くるっ、くるっ、

Dsc01965
くるっ、くるっ、

Img_0702
う~ん、おいしそう~♡

Img_0715
はてな、
せんべい七輪のとなりで、電車に乗っている人がいました。
はてな,
「せんべい舟」かな?
ワケわかりません^^

お弁当の時間も
Img_0687
もりもり食べに食べて、

Img_0688
あんなにあったお味噌汁が

からっぽ。

「りんごじゃんけん」もしました。
Img_0679

[いいかい、チョキを出すからね、
勝ったら、リンゴ食べれるからね]


という恐ろしいゲームでしたが、
「もーいっかい、やる~」
と、皆しんけんそのもの、
勝つまでがんばります。
なにせ、リンゴがかかっていますからね^^;

ご飯のあとは、ちょっと休憩。
えほんを読みましたらば、
Img_0695
(ほら、、)

と、絵本に出てきたセミの幼虫とそっくりな
セミの抜け殻を見つけてきて
無言で見せてくれました。
そうして、
本の絵と重ねます。

そこで気づいたのですが、
絵は実物大で、
ほんとに穴から出てきたビックリアートになりましたッ
画家さんは、この小さなお友達の行動を予期していたのでしょうか・・・

その後も
オシャレな海賊たちは、
Img_0716
紙を三角や四角に折って、
ヨウシュヤマゴボウの実の汁にちょっとつけて、

Img_0700
そーとそーーーっとひらき、

Img_0703
ぺたっと窓ガラスに貼り付けました。
とうとう海賊館(かいぞくやかた)になってしまいました。

ところで、
もう海賊たちも お家に帰る時間です。
今日は誕生日会もありますから、
お片付けしましょう。
すると、
皆、手際よく片付けてくれました。

その心は?
Img_0718
帰りのお話し会で
「みんなであそぼう!」
との思いのようです。

今日は、みんなで何するのかな?
どろけーごっこ?
いえいえ、あんまりにも元気に遊んだので、
少し静かなひとときを楽しみますよ。
「伝言ゲーム」

確か、
「おせんべい」で始まった伝言ゲーム、
最後の人に伝わった言葉は、
果たして?

「かいぞくごっこやろうよ!」
に変わっていました。
Img_0717
この辺りが怪しい^^^^

Img_0720
そうして
長い長いあっという間の一日が終わりました。

ごと~んごと~んごと~~~~~ん・・・・・

<おまけ>
Dsc01968
お誕生日会

Img_0632
パンダすーぷ

Img_0625
今日の旬の食材

ヤマボウシ、トチノ実と殻 などなど

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

七輪ばーべきゅー

今日は、小さな畑のおうち園です。

2学期初日ですが、
昨晩は風雨が吹き荒れ、
超大型台風21号が日本列島を通過中でした。

Img_9327
むくろじ小人さんがカボチャやゴーヤーの上でてんやわんや。

そうか、秋茄子やピーマンを収穫して食べたいのかな?

Img_9275
それでは私たちも
葉陰にもぐりこんで茄子や

Img_9280
ピーマンを採りましょう。

Img_9285
「なすや ぴーまんは およげるのかな?」
「かぼちゃは?」
「かぼちゃは、しずむんじゃない、おもいから」

さっそく試しています^^

Img_9287
人間は浮くでしょうか?

待ちきれずに、
自分たちで体操を始めました。

Img_9299_2
顔だけ浮かせたり、
足だけ浮かせたり、
水を飛ばしたり、
大変な大騒ぎ、、、

「ねーちょっときて~」

うっかり覗きに行くと、
全身びっしょびしょにさせられます^^;

今夏最後のプールかな~

Img_9306
お、カゼをひいてプールで泳げないお友達が、
泳いだ茄子やピーマンを切ってくれています。

きょうは、どんなお料理かな、、、

Img_9316
「七輪ばーべきゅー」でした~♪

Img_9315
しかも「海の家」が建設されていました!

というのも
「ばーべきゅーは、おくじょうで やるんだよ」
という強い要望があったからです。

そこで用務員ベースケくんや助手の人たちが、
梯子やヨシズを駆使して
屋上ではありませんが、
海の家をつくりました。
折しも
海風のようなザワザワとした風が木立を駆け抜け、
梯子を倒していきました、
「うわ~あぶなかったね~」
なんて言いながら、
ロープで2点をおさえてトラ張り。
みんなで「はじめてのキャンプ」をしている気分になってきます。

「BBQは、海の家でやるんだよ」
という新フレーズも入れてもらえるかな♪

風にあおられて
Img_9319
踊り出してしまった人もいます^^

Img_9324
「リサイタルをします」
と歌い出した人や
伴奏の人や
映っていませんが隠れダンサーもいます^^^^

焼くより生で食べたがる人もあり、
BBQ自体は、それほど繁盛しないなか、

周りに動じることなく
もくもくと食べ続けた人もいましたッ
「かぼちゃちょうだい」
「なすちょうだい」
「またらいしゅうやろうよ」

午後は、久々の再会を祝して
「ドロケーごっこ」
Img_9335
というのは、
「みんなで仲良くあそびましょう」
と言っても通用しないので
いっそのこと「どろぼうがっこう」(かこさとし)をつくり、
♪よく ぬすめ~
♪よく にげろ~~~~
悪の親玉になりました^^

「けいさつになりたいひと~」
「はーーーい」
「どろぼうになりたいひと~」
「ほーーーーーーい」

向こうの人は警察組。
「けいさつの人は、目をつむってください
今から、宝物を盗みにいきます」

といったら、
手前の泥棒組の人まで
目をつむっていました^^;

Img_9337
ぬきあし、さしあし、しのびあし
ぬきあし、さしあし、しのびあし

Img_9340
にげろ~~~~

この後どうなったか?

もちろんガリバーのように
横倒しになって
小さな人たちに
やんややんやと取り巻かれ、

でんでん太鼓や
ワラの鍋敷きや
木の洗濯ばさみの手錠各種で、
取り押さえられました。

「つぎ、どろぼうやりたいひと~」
「はーーーーい」

くわばら、くわばら・・・

<おまけ>
Img_9363
畑ぼうずさんのお土産

完全無農薬無化学肥料の巨峰

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

ぶくぶくおせんたくの日

今日は、小さな畑のおうち園です。
Img_83591


ムクロジ小人さんは、舟遊びに水遊び。

Img_8291
ふと、おうちを見ると
皆の染めた布が
まだ飾ってある締め飾りとともに神社仏閣の装いです。

Img_8294
何してるのかな?

大きな布をおせんたく?

そうか~
今日は、1学期最後の日ですから
ごしごしあわあわお洗濯の日なんですね。
Img_8297
ムクロジの実を割って、
ビンに入れて
じゃかじゃか振ると、、
天然界面活性剤のサポニンがあわあわぶくぶく・・・

Img_8306
小麦の茎のストローでも

ぶくぶくあわあわ・・・

でも飲んじゃいけません、
吹くだけですよぉ~

昔は、エゴノキの実と並んで
魚をとる毒にも使われたそうです。

ただ合成界面活性剤は自然界では分解されず細胞を傷つけますが、
ムクロジの果皮は生薬(延命皮)で、
抗菌抗炎、止血などお薬にもなります。

細やかな洗浄成分で
シルクや貴金属など大切なものを磨いたといいます。

さて、偶然ですが、
これもシルクです、
どんな洗い上がりになるかな?

Img_8323
手回し洗濯機にもいれてみましたッ、

ぐるぐるぐる・・・

宇宙ロボットみたいで、
喋って歩かないのが不思議なくらいです^^

Img_8321
力を合わせて絞ります、

Img_8329
梯子を出して、

Img_8381
干しました~♪

驚いたことに、
本当にふっくら柔らかに干しあがりましたッ!

Dsc01802
5月に植えた茄子も

Dsc01811
トマトも
たくさん生って収穫できました。

1学期最後の日に
ぎりぎり間に合いましたね、

Img_8372
畑から帰ってきたトマトが、

プールに入って

トマト太郎になっていました^^;

Img_8337_2
舟をつくったら、

Img_8352
花舟にしている人たちがいました^^

Img_8378
水あそびを存分にして、

自主的にぞうきんがけをしている人もいました^^


Img_8382
そうして、

水遊びをした日は、
食欲も増しますね~

みんなでお弁当を食べて、

Img_8392
夢の国でんしゃに乗って、

「せんたく姫とせんたく王子のくに」へ行きました。

よごれた着物をきたおばあさんが、
山のように汚れた布を洗濯していました。
でも、おばあさんは、どうやってせんたくすればいいかわかりません。
小人たちに教えてもらい、
やさしい王子はせんたくを手伝いました。

ぶくぶくぶく、
ごしごしごし
ぐるぐるぐる、

ぎゅーっとしぼって
広げてほして
ぱんぱんぱん

おひさまの下に干すと、
せんたくものは
あっという間にかわきました。

ふっくらきれいになった布を
おばあさんにかけてあがると、
あら、不思議、
おばあさんは、うつくしいお姫さまになりました。

そうしてふたりは、
せんたく王子とせんたく姫とよばれるようになりました。

おーしーまいまいまいまいまい・・・


<おまけ>
Img_8349
大きくなったカエルくん。

Img_8403
ちょうどこの日の朝、
脱皮をしたギンヤンマのヤゴ。

脱皮した直後は、
きれいなきれいな黄緑色でした。

Img_8404
ヤンマくんのご飯は、
イトミミズ。

有機物のたまった泥のなかに頭をつっこんで
ゆらゆら泳いでいます。

水や土をきれいにしてくれています。
ありがと~ありがと~


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

七夕プール

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_8222_2

畑ぼうずさんは、お舟に乗って舟あそび。

Img_8047
みんなが来るのを待ちきれず、
朝早くトンボのヤゴは、
水中から飛び出して空へ飛んでいきました。

コノシメトンボでした。

Img_8053
ナガサキアゲハは、毎年飛んできますが、
今年は、はじめてお庭に登場。
頭の上をパタパタ飛んで、
みんなを出迎えてくれました。

白い裾にショルダーレッドの
大きな女の子のチョウでした。

元は九州南部のチョウでしたが、
温暖化で北上し、
2000年を過ぎた頃より関東地方でも
見られるようになりました。

Img_8061
朝のお話し会では、
クマザザの笹舟をつくりました。

Img_8055
「できたよ」

Img_8060
「ほら」

わ~、こんな海苔巻き舟も誕生!

Img_8069
さぁ、ささぶねハーレーです。

ここでスペシャルゲストです。

おぉ、なんと今年は、
Img_8072
ヌマガエル先生~!

まあるい目と真っ白なお腹がキュートな先生です。

初めての先生なので
せんせー泳げるかしらと心配しましたが、

水中に飛び込んだとたんの
潜水泳法の見事なことッ
全身ゴムで出来ているかのような伸びやかさ軽やかさ。

そう、私たちもここでぐずぐずしてはいられない、
Img_8082
と、子供たちが自主的に始めた体操も見事でした。

1.2.3.4・・・・と掛け声をそろえて、

アキレス腱のばし

Img_8083
胸そらし、そしてジャンプ、

Img_8085
腕のばし、

Img_8087
おまけで イカおどり

Img_8089
タコおどり

矛盾する期待とどよめきが走りましたが、
むしろ、こちらの体操が得意な人、
実は、どちらも得意な人、
動きをよく見てる人、
血がさわぐ人、
意外な一面が明らかになります^^

Img_8093_2
いよいよ入水、

そーっと入る組からです。

Img_8101
こちらは、やんちゃ組。

アマガエル先生をつかまえました。

Img_8110
魔法のタオルを盾にしていますが、

水でっぽう隊の勢いは猛烈で
直にびしょびしょです。

Img_8125
大変感心するのですが、

ぷーるで水遊びをしていると
よくトンボが飛んできます。
空の高いところから
キラッと光る水面を目指して飛んでくるんですねッ!

「あ、とんぼ!」
動体視力の高い子がさっそく見つけて教えてくれます。
オオシオカラトンボでした。

Img_8147
あんまり出てこないので
そっとのぞきに行くと、
縁台に腰かけて真剣のどかに、 
昔なつかしい空気が漂っています。

Img_8130
「のんで~」

しばらくして、
何か怪しいものを持ってきました。
ごくごくごく・・・

イッヒッヒッヒッヒ・・・
わたしをよんだのはだれだ~~~

魔女のできる薬でした。
危険です、
【良い子は魔女を起こしてはいけません】

Img_8129
お、これは、

Img_8127
もしかして、

Img_8153
すりすりすりすり・・・

Img_8142
とんとんとんとん・・・

大工さん部隊ですね^^

何をつくってるのかなあ?

Img_8185
みんなでお弁当も食べたし、
おやつの桃とりもしたし、

そろそろ夢の国でんしゃが発車しますよ。
Img_8206
今日は、

おりひめさまに会いたいひこぼしさまが
小人さんのうちのドアをたたきました。
みんなは、
もちろん、ひこぼしさまのために
夢の国でんしゃに乗りました。
まずは、
大きな天の川をわたる笹舟をつくり、
渡りました。
しかし、もうちょっとというところで
風が吹き波が荒れて転覆。
(外では本当に風が吹き始めました)
さあ、どうしましょう。
そうだ、石になって渡してあげよう。
そこで皆は、丸い石になり、
長いながい橋をつくり、
ひこぼしさまを渡してあげました。
ところが、
あともう一歩のところで
大風が吹き水の中に落っこちてしまいました。
さあ大変、
ひこぼしiさまは泳げません。
すると、カエル先生が出てきて
ぴょーんとジャンプ。

さあ、跳びなさい!
Img_8214
わー、すごいジャンプです^^

Img_8227
こうして、
七夕プールの一日は
あっという間に過ぎていきました。

ほら七夕さまの笹のなかで
おりひめさまが嬉しくて光っています。

おーしーまいまいまいまいまい・・・・


<おまけ>
Img_8230
今年は、史上初の6月中の梅雨明けでしたが、
また梅雨戻りとなり、
梅干しも
もう少し先になりましょう。

「赤梅酢にゆらゆら揺れる梅の実」

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

アイのたたき染め

今日は、小さな畑のおうち園。

まだ6月なのに二日前から梅雨明け間近かとラジオで流れ、
さらに台風のような風が吹き、
日が照ったかと思えば、
小雨がぱらつく不思議なお天気でした。

しかし、みんなの居る間は、
お天気の神さまも穏やかで、、、
Img_7727
むくろじ小人さんが、アイのたたき染めをしていました。

Img_7745
朝のおはなし会では、

ピフパフ ポフトリーと
べっぴんさんの カトリネルエが出てきて、

大きな布にくるまって
ふたりでマントごっこ。

そこで私たちも
Img_7750
ビワの葉の温泉風呂に浸けた まほうの布の
もようをはずして、

Img_7760
せっせと はずして、

Img_7757
広げると、

Img_7883
真夏の花火たいかい!

みたいな元気な模様が出てきました。

Img_7867
ごとーんごとーんごとーん、

こちらは、たぶん電車です。
連結車両がならんでいます。
Img_7872
ぽこぽこぽこぽこぽこ・・・・

これは、ちっちゃいお友達が
つくったはじめてのビー玉しぼり。

音のつぶやきが聞こえてきそうです。

Img_7875
おーこれは
波うって波うって、
アマゾン川のよう・・・

ざぶんざぶん、、

Img_7866_2
うわ~大きな〇が波紋のようにひろがって、

小さな丸が15個も!

こんなに作ってたんだ~~~^^

Img_7880
△屋根が大通りをはさんで
ずらりと並んでいました。

にぎやかな街のようです。

Img_7885
これは、ほんとうに線の走った線路です^^。

思いもかけない模様がつぎつぎと出てきます。
今回、初めて同じ布の大きな布でした。
ちっちゃいお友達が
それぞれ自分で工夫をこらしてつくった
独自のオリジナル模様でした。

わくわくどきどきでしたね~。

Img_7758
さっそく羽織って、

Img_7766
ぱちぱちポンポン がたがたぼうずの ピフパフポフトリーと
べっぴんさんのカトリネルエになりました♡

右端の人たちは
模様づくりの割りばしを持って
何かヘンなことを言ってます。
(が、何を言っていたのか思い出せません)

それから段々、日が照り始め、
「プールに入ろう!」
と言うことになり、
Img_7773
でも、その前に
水のなかに入る人は、
バッヂをつくりましょう。

「さかな つくりたい、」
「これは、はんぶんの 月だよ」

ちょきちょきちょきちょき・・・

Img_7771
とんとんとん、

Img_7769
とんとんとんとん

「だいくさんみたいだね~」

Img_7784
ちっちゃなお友達が、
ぽんっと置くと、

だれかさんの足跡みたい、
生きてるようです。

Img_7781
うわ~こちらは、ふたりでお話ししているよう♪

男の子と女の子かな?

そういえば、
葉を二つ折りにして、
ハサミで目をあけてましたもんね、
表情がなんともいえません。

Img_7780
がお~、

お魚が大変つよそうな雷魚になっていましたッ、

たすけてくれ~

Img_7782
うわ~~~

芸術がばくはつしています。
どんどんどんどん 登場人物が増えていく愉快なお話しのようです。

魚がザリガニに変身して くるくる回って、
太陽が走っていますッ

Img_7783
ぅお、、なんだ、これはッ!

何を思ったのでしょうか、
ズボンを出して、
お尻のところに
プクプクぼこぼこをつけていました!?

大人では なかなか思いつけない発想です。
あえて止めません^^^^;

さあ、これで水の中に入れますよぉ~
水バッヂをつけましたから、
水の国の門番が通してくれますね。
Img_7790
「くねくねたいそう、やったよね!」
なんと、去年のベースケくんの
ヘンテコ体操を覚えていました。

そこであわてて、
バンザイをしたベースケくん、

ぶーらぶーらぶーらぶ~ら・・・

(今年は、となりにミニコーチが立っています)

Img_7791
こんどは横に、

ぶ~らぶ~らぶ~らぶーら・・・

(ミニコーチ、うごきだしました!)

Img_7792
こんどは斜めに

ぶーらぶーらぶーらぶ~~~ら、

(信じられないことに、今年は全員・・・)

Img_7793
おっとっと・・・

(踊ってくれました!)

Img_7794
くるりと回って、


(生徒さんたち、またもやあっさり、師匠を超えていました
縁側の監督も我慢できずに前へ出てきました))

Img_7796
おしーり ぶーらぶーらぶーらぶ~~ら・・・


これでいいかな?
縁側に立っていた監督せんせいに
聞くと、OKが出ましたので、

Img_7827
ようやく水の世界へ、、、

「カエルせんせいが でてきたよね」
「まえの プールは あおかったよね」
「ぷーる、ちっちゃくなったね」

などなど
去年のことを驚くほど覚えている子供たちでした(汗)


「カエル先生、いなかったんだよね、
こんどは、アメンボせんせいを探しておかないといけない、」
と、
ぶつぶつ つぶやいたベースケくんでした^^。

Img_7821
さあ、バッヂづくりをやっていなかった人も

ポンポンポンと葉っぱを置いて、
テープで貼って、

Img_7831
とんとんたたいて
そーっとはがして出来上がり。

全員、水の子になりました。

Img_7837
帰りのお話し会でも

夢の国でんしゃにのって

泳ぎ方を忘れてしまったカエルさんのために
小人たちは、
「みずのくに」へ行きました。

せんせい~~

と皆で先生を呼ぶと、

ひらひらひらひら
アゲハ先生が出てきました。
「わたしは、およげないの~」
行ってしまいました。

せんせい~~

次はひゅんひゅんひゅんひゅん、
トンボ先生が出てきました。
「ぼくも およげないんだー」
また行ってしまいました。

せんせい~

こんどはすいすいすいすい、
魚先生が出てきました。
魚先生はバタ足を教えてくれました。
Img_7841
(というのは、「できるよ」と、バタ足をはじめた子がいたからです)


せんせい~

つぎはスースー、
アメンボ先生です。
Img_7844
(確かにアメンボになっています^^)

せんせい~

そうしてさいごに
カエル先生が出てきて
平泳ぎを教えてくれました。

上手に泳げるようになった皆はすいすい水の中をおよぎました。

ところが、
そこへサメがやってきました。
「バタあしで にげろ~」
みな、ばた足で逃げました。

あーよかった、
ところが、こんどは
ザリガニがやってきました。
水の中でチョッキンちょっきん、
はさみをもって追いかけてきます。

でもだいじょうぶ、
みんなはアメンボになって
水の上をすーいすーい、

けれどもしばらくすると、
水のなかでたくさん泳いで息が苦しくなってきました。

するとそこへカッパが出てきて、
ひみつの野菜をくれました。

胡瓜です!

小人たちは
キュウリを食べて
みずのなかでも息ができるようになって
とても泳ぎがじょうずになりました。

おーしーまいまいまいまいまい・・・

今日のおやつは、もちろん畑きゅうりでしたよ♪

<おまけ>
Img_7854
お誕生日のおはなし

とおい国を見ているような
不思議なお顔で聞いていましたね。

Dsc01770
「今日のおやつは畑のきゅうり」

トホシテントウの噛み跡がついていました。

Img_7836
「スティックきゅうり」

暑い日で とーても美味しい畑きゅうりでしたッ

Img_7742
「かっぱ巻きならぬ葉っぱ巻き」

水の国の
カッパ寿司屋の
たぶん高級はっぱ寿司ッ!

PS,ちょっと長すぎました。

来週は短編にしましょう^^;


| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧