2017年11月15日 (水)

竹の飯盒で炊き火ごはん

今日は、小さな畑のおうち園です。
057
畑ぼうずさんは、お米パーティをしていました。

011
そこで私たちもお米を手で脱穀して、

ズリズリズリズリ・・・
いっぺんに とれた!

188
もみすり機にかけまして、

ザザザザー

(すり鉢にソフトボールでも籾すり出来ました)

024
はやばや「おうちごっこ」に突入した人たちもいます^^


045_2
はやばやお味噌汁のダイコンを抜きに行ってくれた人もいます。

「ぬけないよ~~~」
しかし、なぜかなかなか抜けず、
皆が入れ替わり立ち替わり手伝ってくれました^^

209
はやばや飯盒づくりの人もいます。

コンコンコンコン・・・

074
さっさと大根をタライで洗って、
サクサク切っている人もいます。

「もっときる」
「ええー各自丸ごと1本入れるの~っ!」
「さつまいももきる~♪」
(おぉ~~)

あえて、止めないことにしました^^;

215
と思えば、火を起こしている人もいます。

(火はオレにまかせてくれ)

背中が物語っています。

090
こちらは、ダイコンもサツマイモも切り、
人参も葉っぱごと切って入れている人。

すべて子供たちだけで抜いて洗って切っています。

あ~豪快味噌汁、
こうなったら、なんだかゼッタイおいしそう♪

086
そのころ・・・・おうちごっこの人たちは、、

ここは仕事場でしょうか。
学校ごっこもしていましたから、
遠足でしょうか^^???

224
あ、おうちごっこのお母さんが、
丁度いいときに帰ってきました。

お米を竹の飯盒に入れます。

ザザザザー、、
お母さん、こぼしました^^
が、お姉ちゃんお兄ちゃんたちが一粒一粒拾ってくれました。
なかなかに助け合い家族ですッ

100
お味噌汁のお椀も切りまして、

105
ギコギコギコ・・・

右腕負傷中ながら懸命に切ってくれました!!!

112
さあ、できましたよ。

118
しかし今回、竹の飯盒は、時間がかかりました。

119
でもどうにかこうにか炊けました。

いっただっきまーす♡

126
1本は、もち米がかたくて食べられませんでしたが、、、
もう一本は、
竹の香りがして、
おいしかった(涙)

ふと時計をみたら、
もうすぐお帰りの時間でした(汗)

152
食べ終わったと思ったら、
もう おやつの 準備です。

しいたけとり♪

243
しいたけ♡

167
しいたけ職人も登場!

「ねーねー、しるが でてきたよ」

そうそう、そうなんだって、
汁がジュジュジュって出てきたら、
食べごろなんだってょ。

255
今日は、おうちごっこの先生が
ユズを採ってくれています。

170
そうして、
今日の畑ぼうずさんのお土産は

竹のお椀の一才柚子でした。

ゆず風呂になるかな?
ゆずハチミツティーかな?
ゆず茶碗蒸し?
それとも
ゆず唐辛子ふりかけ?

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
あそびの足跡
171
おうちごっこのお買いものアクセサリー

すべてのおもちゃを出して遊んでいました。
あんまり遊ばないおもちゃも たくさんありましたので
きっと今ごろ、おもちゃたち、
「きょうは、たのしかったな~」
と大喜びしていることでしょう^^


172
いちごジュースゼリーぷるぷる


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

安行ねんどこねこね

今日は、小さな畑のおうち園です。

009
畑ぼうずさんが、ねんどマンと踊っています。

わたしたちも粘土あそびをしたいね~。

粘土はどこかな?
お山にあるよ。
とってこよう。
どうやって?
鳥になって!

069
パタパタパタパタ・・・

077_2
バタバタバタバタ・・・

飛んでる飛んでる^^

と、いうわけで・・・
086
あるところにねんどがありました。

ねんどは、いままでもずっと粘土で
これからもずっと粘土のままだと思っていました。

093
するとある日、粘土はまあるくなって
大きな三角おにぎりになって、
ついには、大きなお鍋になりました。

じゃがいも、りんご、にんじん、たまねぎ・・・・・いっぱいいっぱいいれとくれ

入れて入れて、カレーライスが出来ました。
いっただっきまーす!
ムシャムシャムシャ
098
もうはいらないよ~

すると、カレーのお鍋はつぶれて、

101
出てきたのは、粘土マン。

「ぼくは、もっといろんなものになりたいよぉ、
 まるめてこねてつくっておくれ」

110
ということで粘土あそびがはじまりました。

糸をかけて、ひっぱって、ぱかッ

141
なんと、ベースケくんも真っ青の

本格コネコネがはじまりました^^^^

(このコネコネは、延々続き、最終的にピザになります)
021
こちらは大好きなマイクを作っています。

150
こちらは、女の子のお人形に、
ヘビだんごや ヘビたこやきを あげています^^。

172
消防ピザケーキを作り終えて、えんえん踊っている人もいます^^。

234
そうして、それぞれ大傑作を完成させました。

スバラシッ!

それから、美味しいお弁当を食べまして、
今日もとにかく外でよく遊びました。
047
ハンモックにのったり、

(ひとりが乗ったら、みんなが乗りました)

052
はしごにのぼったり、

(ひとりが上ったら、みんなが並びました)

210
お塩のかわりに力水をふりまいて
大相撲大会などなど・・・

(近所中に響くオタケビでした^^;)

そうそう
037
この前、みんなで拾ったスダジイを炒って

040
おやつでいただきましたょ。

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
木の実や草花あそびシリーズ
032
ブレスレットづくり

030
さしこんで

027
出来ました。

226
サザンカの花笛

012
妙に上手いどんぐりゴマ^^

196
ヨシの てるてるぼうず

(眼の前にあるもので、思いもよらないものを
どんどん作っていきます!!!)

197
かんむりリースに
ブレスレットに
指輪♪

(とめどもなく作っていました^^)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

さつまいもを掘って焼き芋大会

今日は、小さな畑のおうち園です。
016
畑ぼうずさんが お芋ほりをしています。

161
むくろじ小人さんもサツマイモを掘っていました。

すると、
005_2
朝のおはなし会に
ザクロぶたが現れて
「おいもをほりに行きましょう」
と言いました。

012
その前に
ザクロの赤い宝石のおやつをいただき、

025
どんぐり風車をつくってまわして出発です。

079
ごと~んごと~んごと~ん・・・・

いもづる電車でーす!

214
ゴトーンゴトーンゴトーン・・・

しっかりつかまってくださーい!

095
到着です、

今度は芋づる綱引きです。

うんとこしょーどっこいしょー

110
でてこい、でてこい、

090
でてこーい、でてこーい、


077
デテコ―ーイ、デテコ―ーイ、

212
でてきたーーー!


127
まだあるかー?

068
いっぱいほれたね~

267
アケビもとれたよ!


132
よいしょ、よいしょ、

145
お芋を洗って、、

あれ?お芋じゃないよ、それは足。

146
♪ああ、い~い湯だな~

136
掘り残しのお芋をほって、、、

あれ? イモ掘りじゃくて、それはアナ掘り^^。

143
「ねーこっちだよ、こっち」

うわ~~~、どって~ん!

落とし穴、大成功♪

223
いやいや、こんなことしている場合じゃありません、

火をおこして、

149
お芋をつつんで、

お弁当の時間に仕込みを頼んだので、
お口もぐもぐ、大忙し。
ありがとーねー。

244
たき火のなかへ。

190
そうして、美味しく焼けました。

今年は特にホクホク焼いもでしたよ♡

<おまけ>
001_2
はっぱぞうり

197
今日の料理~
めんつゆカラスウリ たでゴマ風味

164
子供たちだけで 創作あそび、
何をしているのかと覗いたら、

あれあれあれ、トンネルをくぐって、、、
168
みんなで、何やら縁側あそび。

173
みごと3人乗り♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

ユマニチュードゆまにちゅーど

今日は、小さな畑のおうち園です。
002
おいも掘って焼いも大会をしたいなと思っていたら、

ベースケ父さんが
連日の雨のなか
台風の準備やら片づけやらの最中、

歩けなくなってしまいました。
普段は1日でどうにか歩けるところを
3日かけても歩行困難で休園。

「ユマニチュード ゆまにちゅーど」
と唱えながら
それでも立っていました^^。

ユマニチュードは、フランス生まれの介護哲学で、
「見る 話す 触れる 立つ」
という4つの柱を基本とした介護なのですが、

例えば、最後の「立つ」ことは人間であることの尊厳を自覚すること等として
排泄や清拭や着衣などを立位で行います。
5分は立てなくても40秒くらいは立てるかもしれないと。
さらに、
「人は死を迎える日まで、立つことができる」
と言い切ります、ので、

最近の私の
畑の神さま仏さまへの
朝のご挨拶と願いごとは
「じいやと ばあやが 死ぬその日まで 立つことができますように」
でした。

が、それを知る由もないベー助父さんが
「ユマニチュードゆまにちゅーど」
と唱えながら立っていたので
思わず深すぎる介護理念だと笑ってしまいました^^^^

実に、
立って歩けることの幸せをかみしめる日々です。
70まで おうち園をやりたいと夢見ていましたが、
迷わず60でも夢のよう良しとしました^^♪

【死ぬその日まで 立ってお山を見れますように】
         (ユマニチュードゆまにちゅーど)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

鬼胡桃ひろいとバナナボートで魚つり

今日は、小さな畑のおうち園です。
001
むくろじ小人さんが、
どんぐりタワーのシーソーで遊んでいました。

いやいや小人さんたち、
今日は おにぐるみ拾いの日ですよぉ~

それではまずは手品をひとつ
013

いいかい、よーく見ててよぉ

014_2
ぱッ!

これなーんだ?
「どんぐり」
ちがうちがう^^
「くるみ~」
「おにぐるみー!」
そのとおり

015_2
では、もーいっかい、ぱッ!

「あれ~?」
「どこいった?」
ケラケラケラ・・・


016
「ぼくもやる」

コロコロコロコロ

019
ぱッ! でた~

その後は、順番にひとりひとりの所へ回ったオニグルミ。
それぞれが、おにぐるみ手品を披露してくれたのはいうまでもありません。

たったひとつのオニグルミ、
ずぼんの下や
おへそや心臓、
みんなの服の下にもぐりこみました。

もっとないかなあ?

029
ここにあるよ、
ブランコをひっぱったら空から降ってくるよ。

050
でも、みんながひっぱったくらいでは落ちてきません。

「ぶらんこに乗ったら?」

そち後は、クルミのことなどすっかり忘れて
立ち乗り二人ぶらんこ雑技団となりました^^。

070
すると空からバナナの葉っぱが降ってきて

運んで運んで
082
どんどん運んで

179
「ガオ~~~~~~ッ!」

奥の方に得体の知れない海の怪物も出てくれば、

182
海賊の娘が魚つり♪

「海賊につかまったお姫さまでしょ?」
「うーうん、かいぞくの むすめーーー」

184
料理も出て屋形船になり、
いよいよもって最高潮ッ

♪うみはひろいな おおきいな~

そうだ
106_3
魚を一匹つりますと、
どんぐりいっこがもらえます。

099
できたあ~

マイクみたいだね。

112_2
「あのね、ふねが しまへつくと、
うたを うたうんだよ」

何曲も何曲も歌ってかなり長い
南の島のコンサートでした。

(手前には
おやつのオニグルミを洗っている人がいます)

しかも
110
間奏中は、
どんぐりマイクが水の中に浸され、
充電中^^!

200
ずっと裸足だった人から
たらい温泉につかり、

どんどん人が増えて大入り満員イモ洗い状態。

柿の実、果実入り温泉でした。

203
♪いーい湯だーな

つかりすぎで湯だっています^^

「さーそろそろお弁当の時間ですよ」
と足を洗い、
もりもり食べて、
絵本「どんぐりずもう」を読みましたら、

しまった、
お昼の休憩どころか
大相撲大会になり
子どもたちから何度も投げ飛ばされ、

またもや
215
<アマゾン川流域づくり>

今日は一段と川の水が溢れ出していました。

120
お魚も泳いでいます。

たいへん大きいッ

133
釣りあげました。

おみごと!

134
ちっちゃいお魚もいます。

233
なぜにか女の子もいます。

「お姫さまでしょ?」
「ちがーう、おんなのこ~♡」
(???

221
おー、こっちでは
おやつのクルミの用意です。

今日は、
何日も続く秋雨の
奇跡的な晴れ間で
信じられないほど遊び尽くした子供たちでした。

アチチチチ・・
お片付けも見事な連携プレーで終わったし、
胡桃が冷めるまで待ってましょう。
138
と思ったら<このひとは、だれでしょうクイズ>

またもや遊んでいます。

142
こんな人でした~

答えはわかっているのに。
なぜか大受けの子供たちです^^

152
<この歌はなんでしょうクイズ>

ものすごい大音量の振りつきで
何曲も出題されます。
自作のクイズです。

思わず耳をふさぐ人たち^^

何度も出てくる歌詞をいうと、
だいたい正解になります。
最後は全員の手があがり、
みんな大正解でした。

163
そして最後は<しっぺ大会>

165
アイテテテテテ・・・

大丈夫かなぁ、
今晩、興奮して眠れなくなるんじゃないかなぁ、
ちょっと笑いすぎの一日でした。

この後、一気に空気は冷たくなって
真夏の世の夢は終わります。

(うわッ、若干2名、まだ足湯温泉に入っていました)
(うそッ、ほんとは冷水)

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
231
いただきます。

012
赤ちゃんヤモリ

116
あそびの足跡

本当に夢のように消えていく子供たちの傑作、
あそびの足跡です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

秋のたからものさがしで ドングリゴマづくり

今日は小さな畑のおうち園です。

「秋のたからものさがし」に自然の森へ行きましょう。
でも、ちょっとその前に、

お山をたったかたったかたーッと上って、
175
この地域では一番標高の高いといわれる所に来ました。
大宮台地南端の舌さきです。
平将門が砦を築いたと言われる
見晴らしの良い場所です。
017
「ヤッホーッ」

「なんてかいてあるの?」
「八海山 御嶽山 三笠山」
「お天気がいいと、むこうに筑波山が見えるんだって」


010
「あ、どんぐり!」
「これは、美味しいスダジイだよ、食べられるよ」
もぐもぐ・・・
「ほんとだ、かむと あまいねー」

夢中で拾っています^^。
樹齢500年以上の御神木スダジイの実で、
ふくろう先生の巣がある大木です。


035
「ほら~♪」

あれ? 石ころも随分混じっています^^

038
コナラのどんぐりもたくさん落ちていて、

<どんぐりロケット>
ぴゅ~~~ん

親指と人差し指でつまむようにして飛ばします。

さあ、そろそろ森へ行こうと戻り出すと、
030_2
「いけないよ~~~」

若干一名、止まっています。
木の根のうえを
蟻の行列が渡っています。

「大丈夫、今、王子さまが助けにいくよッ」

すると、ほんとに王子さまが現れて
やさしく手を差し伸べてくれました。

そうして、ようやく森へ着きますと、
052
早速、虫とりに走る子、
何やら作り出す人、
もうお弁当を出す人、
景色に見とれる人、
シートを広げたとたんに
「おひるねの じかんだよ~」
と皆を眠らせようとする人、

さまざまです^^。

「こちょこちょこちょこちょ~、こらー、起きろー」
ベースケ父さんの愛のムチこちょこちょ攻撃で
目が覚めました^^。

044
お、トンボいたんだね、

042
「うん、ほらーーー」

わードアップです。

043
こっちは、2匹どりッ!

シオカラトンボしょうねん。

055
「あ、あ、あ、かーつかまえたよ!!!」

蚊をつかまえるとは思いもよりませんでした^^
蚊とりしょうねん。


060
エンマコオロギ、トンボ、オンブバッタ・・・

すごいです、昆虫少女^^
オンブバッタは自分でゲット!

049
「ふくろう つくったよー」

わーーー、フクロウ先生だぁ。
きらきらのツユクサのお目々はオリジナル版!

061
「ねーみんなではしろうよー」

おーいいね~
走ろうか、
よーいどんッ

071
どんどん走って走りすぎて、
奥に行きついて、
また戻ってきました。

「ごーーーる~~~~~」

かけっこをしようと誘った人は、
走りたかったのではなくて、
ゴールのひもになりたかったようです^^。

あーお腹すいたね、
077
「いただきまーす」

食べながら、おばけになる直前の人。

ハンカチをとったら、ちゃんとおばけの顔が出てきます^^^^

そんなことあんなことをやっていたら、
083
「がお~、がお~~~」

と、どこかから声が聞こえてきました。

082
「おばけだぞ~~~」

きゃー、にげろ~!!!!!

森にはいろんなオバケが棲んでいました^^
095
そうだ、こんなことやってる場合じゃありません。
せっかく森に来たんだから
<どんぐりゴマ>を作りましょう。

森に落ちているクヌギのどんぐりを拾って、
109
おしゃべりしながら せっせと作り、

113
「できた~」

094
シュッと回します。

回ったかな?

143
1個つくれたら上等、
と思っていましたら、
「もーいっこつくる」
「もっとつくりたい」
と家族の分まで、果ては
「おじーちゃんと おばーちゃんのも」
なんて言いいだすので

それぞれがてんこ盛りです^^。

さー、それでは、どんぐりゴマを回そうか、
と言いますと、
152
あんまりそこには興味はなく、
自分たち自身がどんぐりゴマになって、
はだかんぼ相撲をして泥だらけになり、

148
かけっこをして走り回り、

158
いきなりかくれんぼをして

「おーい、どこいったぁ?」

と消えてしまったり・・・

くだらなくもナンセンスに
体ごとぶつかって転げて走って
笑い尽くした一日でした。


162
さーそろそろ、お山をおりて帰りましょう。

お山さん、また遊ぼうね、また来るよ~


<おまけ>
106
<はっぱのふね>

お山に
秋の宝物さがしに来たら
こどもたちの手のひらから
秋のたからものが
あふれ出していました・・・(じ~ん)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

コブナ草で黄色に染めよう

今日は小さな畑のおうち園です。

むくろじ小人さんは何をしてるかな?
002_2

コブナ草染めをしていました。


そこで、
020
ヌスビトハギ(盗人萩)のひざおじさんも言っています。

「満月のように かがやくような 黄色にそめましょう」

034
コブシ(辛夷)の赤い実を そーっとひっぱっると、

(この「そーっと」が結構ムヅカシイのですが、できると病みつきに)


029
ぶらーんぶらーんブランコ 

「コブナグサを探しにいくよう」

052
いっぱいあったよぉ

草の波にうもれて大海原で大漁状態です^^

058
頭にのっけて 運ぶのかな?

151
たくさんのコブナグサをハサミでちょきちょきして
大鍋にいれて水をいれて煮込みます。

ちょっきん、ちょっきん、

075
あれ、いつの間にかベー助くん一人に・・・

なぜか裸足でのっしのっし歩いている人たちがいます。

095
今日は特に、豪華レストランの名コックさんたちがたくさん現れて、
お料理作成中。

104_2
「これはビール、いろがついてるほうがおいしそうでしょ」

<こだわりの紫ビール>秋の新作でした^^

092
<お花パフエ>

かな?
無言でつくっています^^

115
「ぎょうざと しゅうまいでーす」

うわッ

フタを開けたら、一面お砂、<超特大しゅうまい>でした^^

081
ラケットで素振りをする人もいて、

スポーツの秋ですね~

084
その横を<犬の散歩>で通りすぎる人もいました^^

176
おやつの柿をむいてくれている人もいます。

おじいちゃんちの無農薬栽培の富有柿です。

162
お茄子な二人もあらわれて、

163
いつものように切ってくれますと

119
お味噌汁に群がるひとびともいて、

心底遊び尽くした一日でした。

しまった!

気づいた時には、もうお片付けの時間で
今日は、帰りのお話し会をするのも忘れていました。

でも、
123
「やりたーい」と言ってくれたお友達と
かろうじて、もようづくりができました。

どんな模様になるかな?
楽しみだね、、

128
コブナグサの染液ができましたので、

布を みんなで順番に入れて、

124
混ぜました。

ぐるぐるぐるぐる・・・

143
最後は、輪になって秋の木の実も

ぐるぐるぐるぐる回しました。

手のひらから手のひらへ・・・

♪いーもやーのおっちゃん、いもきって、

ころころころころ・・・

あー、にげたぁ
ゲラゲラゲラ、子どもたちの緊張と笑顔が広がります。


148
みんなをひとつにつなげてくれた木の実。

おーしーまいまいまいまいまい・・

<おまけ>
食べ放題、どうぞ召し上がれ!

098


099


100


102

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

洋種やまごぼうで色あそび

今日の畑ぼうずさんは、
158
色あそびをしようと
葉っぱのパレットに洋種ヤマゴボウの赤い実をのせています。

朝のおはなし会のろうそくは、
013
たこ糸にハチの巣をくるくる巻いたハチの巣ろうそく。

つくかなぁ、
ついたあー!

(朝のおはなし会が終わるまでちゃんとついていました)

173
あるところに、
おやまがひとつありました。
もひとつおやまがありまして・・・

180
ぬって、ぬって、ぬって、
切りぬくと

012
赤鬼小僧になりました^^

「もっと、もっと あかくしてくれ~」

わかったぁー
わたしたちが赤くしてあげる。

そこで、とりいだしたるは、おおきな白い布。
020
ちっちゃいぶどうみたい。

おいしそ~

030_2
それはなあに?

おしろ~
おひめさま♡
これは まじょ~

森のお城のお姫さまでした^^

036
うしししししし・・・・

手のひら全部が絵筆でした^^

204
これは、ロケット――――ッ
びゅーーーーん、

布のなかで宇宙旅行していました^^

038
どんどんすごくなってきました。

046
うわーッ、

これはね、うみ!
うみだよ。

そうか、そうか、
今日も激しく平和です^^

そうやって絵を描いている合間に
056
ナスがあったー
またとってくる、
きりたい、

と畑のナスを採ってきて
082
おナスを切って、

090
お味噌汁ができました。

091
「おかわり~」

「ナスたべない」というお友達や
作ったのに「のまない」というお友達も

なんと全員が「おかわり~」して、
大っきな土鍋が空っぽになりました。

なぜか、
出汁もないナスだけ味噌汁なのに、
とーっても美味しかったのでした。

そうだそうだ、稲刈りもしました。
219
6月に田植えしたお米の稲刈りを

ざくざく、ざっくざっく

218
とカマで刈り、
063
こちょこちょこちょこちょ・・・

(こらこら^^)

223
しょうぼうたいだから、
ぼくが、はしご車にのぼる!

とハシゴを駆け上り稲を干してくれました^^

そうして
お弁当を食べた後も
124
ザッパーン
「たいへんなことになった」
アハハハハハ

と、ぐちょちょぐちょにして遊んでいました^^;

さらに
136
かこん、、

139
あぶない、にげろー

242
えいやッ

とスイカ割りもして
151
おやつは、
もちろんスイカでした。

もりもり食べて
皮まで食べていた子もいましたょ

いのちをごちそうさまでした。

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
150
ごとーんごとーんごとーん

夢の国でんしゃにのって
おかーさんのところへ帰っています。

157
小人さんたちも
皆が帰ったあと
スイカ割りをしていました。

ぽこんっ、

153
「ハチの巣のからあげスープ」

天才料理です^^

123
「わらじむし笹舟スープぶどうあじ」

まいった^^

128
あしのおひめさま
ダイヤモンドをもってザリガニにはさまれている図

????

126
ほら、みてみてみて!

カナヘビやオンブバッタやカメムシなど
なんでも虫とり隊!

253_2
かんせ~い♪

これは帰りのお話し会で、ベースケ赤鬼とうさんの衣装になりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

はちみつとり

今日の畑ぼうずさんたちは、
1_012
ムカデバスにのって大はしゃぎ。

「はっちみっつ とりにいこう~~♪」」

おやおや、
ハチミツなんて
そんなに簡単にとれるのかしら・・・
149
「だいじょうぶだよ、
わたしたちが てつだってあげる」

小人さんが言いました。

ほんとだ、小人さんたち、
もうハチの巣を抱えてハチミツとりの準備万端です。

120
それならボクたちも
ヒガンバナのネックレスをつくって、
125
ファイヤーマンになって強くなって、

070
ろうそくの火を消して
はちみつとりへ行きましょう♪

082
でも、大丈夫かなぁ、、、、

046
こんなにハチさん、いっぱいだよ!!!


018
まかせて、
煙をプシュ~

ハチをちょっと煙にまいて、おとなしくさせます。

ハチさん、ごめんね。

085
それから、フタをあけて、

092
巣板を出しました~

よいしょ、よいしょ、、

095
きれいだね~ハチさんのおうち。

101
小さなお部屋に
たーっぷりの金色のはちみつが詰まっています。

それを竹串でさして穴を開けると
下にぽたーりぽた~りと
ハチミツが落ちてきます。

あれ? 穴を開けるんですよッ、

舐めていました^^

136
それをビンにいれて、できあがり。

はちみつ屋さんで~す。

114
こちらは、はちみつ舐め屋さんで―す♡

おままごとの栗のスプーンで舐めています^^

ぺろぺろぺろぺろ・・・

そうして今日のおやつは、
146
「はちみつりんご」でした。。。

とろーり、とろ――――り、、、

おーしーまいまいまいまいまいっ

<おまけ>
023
お誕生日会♪


1_015
朝、、、、、本日の食材

147
一日が終わって、、、、秋の彩り料理の数々

044
わ~おいしそう!


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

自然の森へ探険にいこう!

今日のおうち園は、
自然の森探険です。

久しぶりでドキドキでしたが、
みんな無事、森に到着しました。

さあ、朝の会をしてから出発です。
075
でも、
もう、どこに行ったかわかりません^^


059
「ねえ、みてみて!」
「ひこーきぐも!」

そう言っては、
子供たちが何度も何度も空を見あげます。

066
「そらに とどいちゃうよぉ~♪」

エノコログサの長い茎を伸ばして、
空を見上げる子供たち。

そうか、空に届きそうだと思って、
手も体もいっぱいに伸ばしていたんですね^^
057_2

朝の会でエノコログサのウサギを作ったら、
「めがね~」と言って、

<メヒシバのめがね>
を作ったお友達がいました。

090
「みてみてみてみてみてーーー」

と、セミのぬけがらを見つけておお喜びのお友達もいます。

089
すごい!
コバネイナゴだったかなぁ~

自分でつかまえたお友達もいますッ。

091
蛾の幼虫かな、

こんなんつかまえた人もいます^^

093
おっ、ショウリョウバッタもつかんでいます!


101
木の枝をつかまえて

「ほうちょう~」

と言っているお友達もいます♪

084
うわ~~~ッ、

頭に泥団子をふたつも乗っけているお友達まで居ました!?

012_2
と思ったら、
顔にべっとり泥をつけて
自分もザリガニになっている人も居ました^^^^

116
そうです、

ちいちゃすぎて、
なかなか釣れませんでしたが、

「あ、なにかいる」
「ザリガニだー」

というので、皆でザリガニ釣りもしました。

014
あんまり釣れないので、
自らザリガニに、、

いや人魚姫になる人たちです♡

136
丸一日、
丸ごとすっかり森に溶け込んでしまった子供たちでした。

いっぱい歩いて
お腹もすいて
お弁当をたべながらも・・・
150

<メヒシバの傘>あるいは<メヒシバの王冠>

「しゅっしゅっしゅっしゅ」
ひらいたり、とじたり。

145

<オオバコ相撲>

はっけよい、のこった!
うわ~つよいね、
7回連勝。


157
<びっくり弁当箱~中身はカラスウリ>

「えへへへへ」
何やらウヘヘヘしているので覗いてみたら、
いたずらが仕込んでありました^^。

170
<エノコログサのひげじいさん>

164
「あ、ここにも!」

174
「あーこわれちゃった、」
「つくってー」

真剣につくっている裸足のふたり。
森に棲んでるコロボックルのようです^^

178
<メヒシバのザリガニ>

「ほら、つくったよ、ざりがに~~~」

ほんとだ、確かにザリガニに見える!

永遠に遊べる子供たちでした。

182
さらに、午後はお山の上にあがり、
木漏れ日のなかで皆、木の妖精になっていました。

<おまけ>
034
帰りのお話し会は、
森のなかでお誕生日会でした。

187
全てが終わって帰りの道すがら、
カナヘビを素手でつかまえて
見せに来てくれました、ら、

まだ裸足でした^^^^

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧