2018年1月17日 (水)

凧づくり

今日は小さな畑のおうち園です。
あけましておめでとうございます。

今年は戌年ですね。
干支は中国でうまれた植物の成長をあらわす
農業暦という話がありましたが、
「十二支のはじまり」に表わされる動物の特徴は、
その年を占う指針のようで楽しいものです。

今年は
子供たちと一緒に
犬のように元気に外を駆け回る一年にしたいです。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Img_3439
畑ぼうずさんが、凧あげをしていました。
そうだッ、今日は凧をつくりましょう。

おっとその前に、
Img_3475
「ツリーハウスづくり」

4本の木を支柱にして、
剪定枝の大枝、小枝を
そーーっれっと積み上げていきます。

「しきものある?」
とゴザを出して畳をはりますと、
かなりな大邸宅です。

奥から手前まで、
ずーっと這いつくばって
手のひら掃除をしている人がいました^^


森のおうちのパーテイ用でしょうか?
Img_3509
「蝋梅のフレーバーワイン」

う~ん、いい香り♥

Img_3454
こちらは

「やまんばビール」

でっかい!

Img_3457
わ~おいしそ~

「なにこれ?」

「ぱふえ」

Img_3458
よく見ると、
カタバミの旗が立っています^^。

そうそう久しぶりの朝のお話し会をして
Img_3501
「凧づくり」

①みつろうクレヨンで絵を描いて


Img_3499
②ハサミでちょきちょき・・・

上手に切れるかな?
でも切れなくっても大丈夫。
ギザギザでも飛びます!

Img_3520
③竹ひごを貼りつけて

Img_3535
④凧のしっぽも貼りつけて、

「どうしてつけるの?」

タコの足だからだよ、
ええー、
バランスとれるんじゃない?
何色がいい?
あか~
やっぱり、あお~~~
すごく飛びそうだから!

もくもくと作業したり、
いろいろおしゃべりしたり、
和やか賑やかお正月あそび。

Img_3537
⑤テーブルの片づけ

組み立てもやってくれましたが、
お片付けもせっせと運んでくれました^^。
う~ん、なんかみんな力を合わせて大人になったみたい!

Img_3544
⑥できあがり~

糊をかわかして、
来週、飛ばそうね♪

さあ、お腹すいたね~
Img_3525
「森のおうち弁当」

どこで食べる?
あっち、
寒いから、こっち、
いやあっちがいい!
じゃあ、火鉢をもってってあたかくして、
火鉢を囲んで食べようか!

考えに考えた末、
森のおうちにしました。
3日後に大寒を控えた寒い日でしたが、
寒さを忘れてわくわくしながら食べました。

Img_3529
「おやつ玄米おかきの準備」

玄米もちを薄切りにして
1~2日、日干しにして、
焼きました。

Img_3532
おにぎりや各種おかずも入りました。

♪もちっこやいて
とっくらきゃーしてやいて、

「おみそつけて~」
「梅干しつけて」
「いちご~」
ここぞとばかりに火鉢に手をのせて
手遊びをしました。
さすが、
いちご大福はうまかった♥

Img_3533
食べ終えて、ふっと後ろを振り向くと、
おせち料理の数々が並べられていました^^。

お鍋にどんぐりいっぱいの「どんぐりおせち」などなど盛りだくさんです。

そういえば、
朝の会で、お正月に何を食べたか聞くと、

「だてまき」
「くろまめ」
「なます」
と、、予想を超えた品々が次々にあがりました。

おしまいは、
いつもの通り帰りの会です。
005
絵本「ふゆめがっしょうだん」や「十二支のはじまり」
を皆よおっく見ていましたね。

今日のお話しは「雪之女王の国」へ行きました。

むかしむかしあるところに
小さな畑があって
小さな畑には小さなおうちがあって、
1.2.3.4.5.6…人の小人さんがあそんでいました。
すると、
とんとん、とんとん、
だれかが扉をたたきます。
ぎぎーっと開けてみると、
そこには村人たちがいて
「ことしは、ゆきがふらないんですよ」
と言いました。
あー雪がみたいな~。

そこで小人たちが、
ふくろう先生にききに行きますと、
「雪之女王が眠っているからだよ」と
教えてくれました。
「わたしたちが起こしにいこう」
小人たちは、
いつものように、
大きなふとんをバタンと敷くと、
夢の国でんしゃに乗りました。

ごと~んごと~んごと~ん、

次は雪之女王のくに~、雪の女王のくに~
降りるひとは起きてくださーい

雪之女王は本当にぐっすり眠っていました。
こちょこちょこちょこちょ、
くすぐって起こすと、
今度は雪がたくさん降って

ぶるぶるぶるぶる・・
凍えるくらい寒くなってしまいました。

そこで小人たちは
♪こどもかぜのこじじばばひのこ
こーどもかぜのこじじばばひのこ、
と唱えてあたたまり、

♪おせよーおせよーさむいでおせよー
おせよーおせよーさむいでおせよー
と更にあったまり
011
ゲラゲラゲラと大はしゃぎ

そうしてまだまだ
♪おしくらまんじょうおされてなくなー
おしくらまんじゅうおされてなくなー
おしくらまんじゅうおされてなくなー
おしくらまんじゅうおされてなくなー
あんまりおすとあんこがでるぞー、

ととうとう熱くなりました。

(もーいっかいやる~)
もう一度やると
けらけらコロコロ笑って笑って
本当に汗ばみました^^

そうして小人たちは、
ぶじに雪をふらせてお家へ帰ります。
大きなふとんをバタンと敷くと
夢の国でんしゃにのって出発でーす。

ゴトーンゴトーンゴトーンゴトーン、

次はおうちえん~おうちえん~
降りる人は起きてくださーい。

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
Img_3541
畑ぼうずさんのお土産

「オニグルミの冬芽」

Img_3518
「どんど焼き」

締め飾りと鏡餅にありがとう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

かがみもちづくり

今日は、小さな畑のおうち園です。
030
畑ぼうずさんが、もちつきをしていました。

朝のおはなし会では、
いたずらネズミが出てきて言いました。

「おなかすいたなぁ~
そうだ、
こどもたちのお弁当箱をあけて
こっそり食べちゃおう!」

ところが、
002_2
ところが、

(息をのむ子供たち)

開けてみると

「からっぽだぁー」

中身は空でした。

(ゲラゲラゲラゲラ・・・
子供たちにつられてベーコも大笑い
というのは、この日、
お弁当箱は 空で持ってくるようにとの通達でした)

そこで皆でおもちをついて食べることにしました。
ネズミさんにも少しあげる?

だめ~
いいよ~
あげる~

今日も朝から元気な声が飛び交います。

「おいしいおもちがつけますように、ふ~~~~」

と、いつものようにお願い事をしてろうそくの火を消します。

①まず、一晩水に浸けておいたもち米を
015
蒸し器にいれまして、蒸します。

ザザザザーーーッ

こぼさないように
こぼさないように、

天地返ししながら30分くらいだったかなぁ
おいしいおこわになるまで。

024
②その間に、みんなで畑へ行って、
大根を抜きました。

1本おきに抜いてね、間引ダイコンだから。
うわ~、1本だけだよ。
2本抜いちゃった子もいます。

039
人参もぬきました。

ちっちゃい人参なのに、
人参好きな女の子が
「にんじん ぬきた~~~い」
とリクエスト。

137
③おかずづくり

お野菜をさっそく洗って、切って
もう<大根おろし>を作りはじめました。

138
こちらは、<きなこもちのきな粉まぜまぜ>

063
<たすけあう人>

「ねーここ、きって」
「あー、いいよいいよ」

061
<お味噌汁づくり>

とんとんとんとん

大変いい調子!
(しかし、この後、お怪我)

066
お鍋に入れます。

今日も大根の味噌汁が
大根の煮物になっています^^

144
<からみ納豆>

スバラシッ、
なんと子供たちだけで
こんなにすりました。
快挙ですね^^

(しかも大変辛い大根なのですが、
もりもり食べました)

071
④さあ、ちょうどいい頃合いに蒸しあがりました。

ねってから、
搗きます。

076
つきはじめると、

手前で大喜びして踊っている人たちが居ます。
ふたりともお人形の服に着替えていました^^
ひとりは麻の葉もようの赤ちゃんの着物、
ひとりはふんわりフリルの水色ワンピース。

152
そーーーれッ

160
ペタン、

165
ウヒッ。

176
⑤かがみもちづくり

さあ、お餅がつけたら、
年神さまのお宿りになるお座布団を
まずは お作りいたしましょう。

100
木の実のお飾りもつけて。

金柑は、それぞれ、
キンカンの木へ走っていって
もいできました。

108
出来ました。

畑ぼうずさんも
皆で、鏡もちづくりをしていたんですね~、

109
⑥お、人間が食べるお餅もできました。

あんこもち、きなこもち、からみ納豆もち、

おいしそ~~~♡

111
いっただっきまーーーーす!

パクパクパクパク、、
おいしい、おいしい、おいしいな~♪

あんこ好きな人、
きな粉好きな人、
全部好きな人、
いろいろです。

115
⑦帰りのお話し会です。

お餅を食べたいおじいさんと おばあさんのために

夢の国でんしゃに乗って

「おもちのくに」へ行きました。

あれ? 
でも、おもちがありません。
白いお米しかありません。
これで、お餅は食べられるのぉ!?

「え、それはね、それから、おもちをつくるんだよ!」
「そうだよ、しゅーって やるんだよ」

思わず、叫ぶ子供たち。

ありがとーありがと~(涙)

今年もいい年でした。
来年もいい年になりますように。

おーしーまい

<おまけ>
125
いのちを終える間際の

キボシカミキリ

あんまりあったかくて出てきました。

131
絵本「もうすぐおしょうがつ」

動物たちがたくさん出てきてお正月の準備をします。
ネコが魚屋さんをやっています、
自分で食べちゃうんじゃないのお?

ゲラゲラゲラ
笑いが止まらない子もいます^^

045
畑のしもばしら

畑の霜柱はまだ1回建てでした。
年明けのお山の霜柱は、
何階建てになってるかなぁ。

どうぞ良いお年をお迎えください。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

ちいさなクリスマス会

今日は、小さな畑のおうち園です。
1_059
畑ぼうずさんが、クリスマスリースの上で
クリスマスパーティを開いています。

それならば私たちも
ちょっとはやいですが、
あわてんぼうクリスマス会をひらきましょう。
012
桐の種をふりますと、
シャンシャンカラカラ・・・ジングルベルが鳴りまして、
中から白い粉雪のようなタネが降ってきました。

「わたしもやらせて~」
「ぼくも~」

そうして鈴をふりますと、
木のキャンドルスタンドが空から降りてきました。
019

前回、みんなで作ったキャンドルがテーブルの上でコロンコロン転げてしまうので
妖精さんがプレゼントしてくれました!

しらかば、くぬぎ、さくら、いちょう、にっけい、はなみずき、きんもくせい、

皆それぞれ、自分の木を選んだり、迷ったり、回ってきたり・・・
自分の木を手にしました。
いろんな木があるね~!

さあ、キャンドルスタンドをつくりましょう。
021
①まず、紙やすりで すりすり

044
②ろうそくをちょっと溶かして立てて、

167
③木の実をのっけて、

181
④できました!

作っている間も
いろんな遊びをしています。
053
<ハンモック落ち葉>

なぜにか本日、大人気の遊びでした^^

032
<さざんか松ぼっくりパーティ料理>


029
<こっこちゃんのお墓にお供え>

をしてくれた子もいましたよ(涙)

061
<二人乗りぶらんこと花笠音頭>

ふたりのりしていたら、
花笠の人が花道にあらわれ
あっけにとられています^^

064
<クリスマス会のお部屋づくり>

おお~、お部屋のなかでは、
クリスマスデコレーションがはじまっていました!

100
<マイク大活躍>

マイクを作ったお父さんが、
マイクを持ってお弁当の時間のごあいさつをしてくれますと、

となりにマイクがわたり
「おにいちゃんは だれでしょう?」と
なぞなぞ大会もはじまります^^

187
<七輪で焼きりんご>

おやつの仕込みもしましたし、
いいいよクリスマス会がはじまりますッ

190
♪き~よし~こーのよーる~

自分のキャンドルに火をともしていきます。

194
灯りました。

119

クリスマスは
マリアさまから産まれた
イエス・キリストのたんじょうをお祝いする日です

「そうして、
みんなも
お母さんからうまれた神さまの子ですよ

おーしーまい」

140
ひとりひとり自分の火をけして
ちょっとはやいクリスマス会がおわります。

<おまけ>
090
はっぱカルタ大会

たんぽぽを開いたところ

056
ハンモック落ち葉

ぐしゅ~~~

034
おいしそ~~~♡

003
粘土が焼けました、
取り出しましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

ろうそく・せんべい・粘土焼き

今日は、小さな畑のおうち園です。

ろうそく・せんべい・粘土焼き
ふりかえってみれば3種の火仕事に燃えた日でした。
002
むくろじ小人さんが、ろうそくづくりをしていました。

朝10じ、大変あたたかい日で、
朝の会のはじまる前から
お砂場料理が本格開店!

157
つやっつやの<ドングリしゅうまい>

019
<どんぐりスープ>

016
「はいはい、10にんまえですねーッ」
「10にんまえ、おねがいしまーす!」

電話注文を受け取る人もいて、

021
「はいはーい」

<どんぐり団子>だそうです。
お砂あんこをまぶしていました^^

041
某中華街にも負けないくらいの大繁盛です。

023
そうだ、3週間前に作った粘土も乾きました。

025
耐熱レンガのオープン窯に
そーっとおいて、、

031
そーっと、そーっと、

135
炭もそーーーーっとのせて、

138
燃やします。

032
その横で、
折り紙得意な人たちが
森の木の実の宝箱をつくっています^^

039
「ねー、これ、おとがするよ」

その奥では、
音を楽しむ人が竹のカリンバをはじいています^^

036
おお~、

あんまりぽかぽか陽気で、
後二日で師走なのに
カマキリさんも出てきました。

「きみたち、きみたち、
今日は、ろうそくづくりの日じゃなかったのかね?」

もしかしたら、そう言いに来てくれたのかな、
すっかりろうそくづくりを忘れていました。
間に合うかな~。
057
①タコ糸をミツロウとハチの巣を溶かしたなかに
入れました。

149
②少し太くなりました。

070
③乾かしています^^

「ちゃんと乾かして入れないと、ろうそくが溶けちゃうよ」
と言ったら、畑に走りに行く人たち^^^^

073
④どんどん太くなりました。

074
⑤いい感じです。

さあ、出来上がりました。
来週は、キャンドルスタンドをつくりましょう。
キャンドルの灯は
サンタさんの目印になりますよ。

とても根気のいるお仕事なのに、
みんな自分のろうそくを作りました。

あ~おなかすいたね、
ほんとだ、ほんとだ!

さて、
お昼を食べ終わると、
076
そろそろ粘土も焼けました。
素焼き粘土の第一ステージ終了です。

またまた早速遊び始める人たち、、
085
<おんなのこのおへや>

ゴザで洗濯バサミで作っています。
宅配便の人が来ました。
はんこをもらっています。

106
<オナモミダーツ>な人たち

173
<せんべい職人>

124
<洗車チーム>

見事なお片付けでした。
車にのせて中華料理店の品々を全て片づけ、
洗い物もして、
しまいに洗車までしています。
洗車のついでにアマゾン川も洗っています。
ここまでくると、
もはやお片付けでも遊びでもどちらでもよくなります^^^^

125
と思ったら、

ありゃ・・・よもや足洗い^^;

127
とにかく、
おせんべいは、
ほんとに美味しそうに焼けました。

スバラシイ!

いっただっきまーす♡

<おまけ>
そうだ、
帰りのおはなし会では、
サンタさんが来てくれました。

シャンシャンシャンシャンシャン・・・・
あれ?いっちゃった!

どうしてかな?
それは暗くて見えなかったからだよ。
どうすればいいかな?
小人たちが聞きますと
ふくろう先生が言いました。
「ろうそくをつくって火をともせばいいんじゃよ」

はちみつをなめて
ハチの巣を溶かして
タコ糸をつけて、
1.2.3.4.5.6・・・・・・・・20
ろうそくが出来ました。

シャンシャンシャンシャンシャンシャン・・・
あれ? でもまたいっちゃった!

どうしてかな?
それは、
それは?

「ぷれぜんとをわすれたんじゃよ」

ゲラゲラゲラゲラ・・・
こんなナンセンスな話に大笑いしてくれる子供たちでした(涙)

そうして
今度小さなクリスマス会をすることにしたそうですよ。

おーしーまいまいまいまいまい

177
<素焼き粘土の最後の火入れ>

七輪でぐっと温度をあげて炭を焼き切ります。
赤味が出てきました。
黒味が出たものは、逆に自然の木灰釉で重厚になります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

安行のお山探険!

今日は、小さな畑のおうち園です。
044
久しぶりにおじいちゃんちのお山に来ました。
奥は借景です。

001_3
どれが一番大きい木?

「あれ~」
「おやまのかみさま、こんにちは~」

思ったより暖かい日で、
朝から元気な子供たちです。

059
元気すぎて拡散しすぎないように、
まずは「お山のおうち」を作りました。
カバンやリュックを置いて、

さあ、探険に出かけましょう♪

048
「ねーみてみて」

早速、ユリノキの種を発見した子がいます。
こんなに渋い色なのに
うれしそうに持ってきました。

063
「ねー、きてきてきてきて!」

ちっちゃい体で精一杯、
大きな声を出して呼んでいます。

「わー、きのこだね~、
よく見つけたね~」

080
我慢できずに もう裸足になった人がいます。

お山の土は、自然の腐葉土でふっかふかです。

089
お、救助隊が来てくれました!

ゆっくりゆっくり上っていきましたが、
今日のお山は、特に険しくて急斜面のズリズリで
なかなか最後が上れません。

「たすけてくれ~」
と叫ぶと、はるかかなたから飛んで来てくれました^^

093
「ヤッホー」

早すぎてカメラに収まりきれない人、
滑りすぎて泣き崩れる人、
いろいろ多種多様でしたが、

どうにかこうにか全員が無事に頂上に到着しました。

019
と思ったら、

頂上から降りる時も
ゆっくりな二人は、ゆっくり手をつなぎ、ゆっくり降りていきました。
支え合っています^^^^。

109
一方、頂上の上の山道では、
強者どもが クズのツルを引っ張りあそび。

何かに見立ててというよりも
ただ長いものを無性に引っ張っている人たちです^^。

110
ツルの取り合いであぶれて泣いた人に
お友達が「はい」と
新たなツルを手渡しています。
言葉少なにドラマが繰り広げられていました。

127
「すだじいだよ」

おお~こんなに目立たないちっちゃいどんぐりを
愛情たっぷり、いや食欲たっぷりに?拾っています^^

131
ゴゾゴゾゴゾ・・・

竜のお髭を掻き分けると、

133
やった~!

お山の宝石、リュウノヒゲの青い実がありました。

サファイア、それともトルコ石?
青い薄皮をむくと
白いオパールが出てきます。

しかも地面に落とすとスパーボールです。

137
こちらは、ヤブミョウガの実です。

パワーストーン、黒い天然石ヘマタイトのようです^^

140_2
イイギリの実です。

「お~すごい、種をまきたい!」
と思ったベースケくん、
「ここに置いたら」
と何度もすすめたそうですが、
大切にずっと握りしめて歩いていたそうです。
(そういわれてみれば確かに^^)

151
「これは、なんのどんぐり?」

「シラカシだよ、
帽子がシマシマなのは、シラカシだよ」

ものすごい量のシラカシどんぐりが坂道に落ちていて、
すってんころりんスッテンコロリン。
ケラケラ大笑いして子供たちが自然に歌いだして大合唱したのは、

「♪どんぐりころころ どんぶりこ~♪」
ケラケラケラケラ・・・


162
3歩進んで2歩さがり、
とうとう「森の入り口トンネル」まで来ました。
あんまりに全員のペースが違うので躊躇しましたが、
思い切って胎道のようなトンネルをくぐりました。
みんなで手をつないで
また帰ってこれるように願いながら、、
ドキドキ・・

193
無事に上の公園に着きました。

お社に子供たちがお供えしました。
「ありがとう~」

183
ブランコにシーソーに一通り乗って、

なぜかいきなり落ちてたボールと棒きれで
野球をはじめました。

妙になつかしい光景です。


032
「おなかすいたよ~」

そうだね、お弁当持ってきてないから
そろそろ降りようか。
この先もまだまだ
大宮台地の斜面林は続きますが、
今日はこれにて戻りましょう。

「♪あるこう、あるこう~」
自然にみんなで歌いだしていました^^

203
森の入り口トンネルをくぐって、
また、どんぐり坂道です。
全員が何度もここでスッテンころりんしました。

そーっと、そーっと、そーーーーっと、

帰りは歩くのが上手になっていました^^

036
「おーい、こっちだよ~」

帰りは近道をして帰るのですが、
ちゃんと来た道を覚えていて、
ひとりそちらを選ぶつもりです。

不安になって帰ってくるかと思ったら、
なんのなんの一人で険しい山道を戻って
ちゃんと帰ってきました。
早すぎてカメラに収まりません^^

218
「ただいま~」

森のおうちの玄関です^^

222
「電気をつけよう」

カラスウリの電気でした^^
ほんとに明るくなったような気がしました。

253
お昼を食べた後も
増改築は続きます。

248
「ここは、ねるおへや」
「おやすみなさーい」

ムニャムニャ

259
さあ、そろそろ里に帰る時間です。

帰りのお話し会では、
8人の小人さんたちが
お山を大冒険して、
宝物をたくさん見つけました。

けれども恐い森の王様が出て来て、
宝物を奪おうとしました。
すると、
森の妖精があらわれて、
小人さんたちと
小さなおうちを作り、
宝物をかくしてくれました。

これは、みんなのひみつです。

おーしーまいまいまいまいまい・・・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

竹の飯盒で炊き火ごはん

今日は、小さな畑のおうち園です。
057
畑ぼうずさんは、お米パーティをしていました。

011
そこで私たちもお米を手で脱穀して、

ズリズリズリズリ・・・
いっぺんに とれた!

188
もみすり機にかけまして、

ザザザザー

(すり鉢にソフトボールでも籾すり出来ました)

024
はやばや「おうちごっこ」に突入した人たちもいます^^


045_2
はやばやお味噌汁のダイコンを抜きに行ってくれた人もいます。

「ぬけないよ~~~」
しかし、なぜかなかなか抜けず、
皆が入れ替わり立ち替わり手伝ってくれました^^

209
はやばや飯盒づくりの人もいます。

コンコンコンコン・・・

074
さっさと大根をタライで洗って、
サクサク切っている人もいます。

「もっときる」
「ええー各自丸ごと1本入れるの~っ!」
「さつまいももきる~♪」
(おぉ~~)

あえて、止めないことにしました^^;

215
と思えば、火を起こしている人もいます。

(火はオレにまかせてくれ)

背中が物語っています。

090
こちらは、ダイコンもサツマイモも切り、
人参も葉っぱごと切って入れている人。

すべて子供たちだけで抜いて洗って切っています。

あ~豪快味噌汁、
こうなったら、なんだかゼッタイおいしそう♪

086
そのころ・・・・おうちごっこの人たちは、、

ここは仕事場でしょうか。
学校ごっこもしていましたから、
遠足でしょうか^^???

224
あ、おうちごっこのお母さんが、
丁度いいときに帰ってきました。

お米を竹の飯盒に入れます。

ザザザザー、、
お母さん、こぼしました^^
が、お姉ちゃんお兄ちゃんたちが一粒一粒拾ってくれました。
なかなかに助け合い家族ですッ

100
お味噌汁のお椀も切りまして、

105
ギコギコギコ・・・

右腕負傷中ながら懸命に切ってくれました!!!

112
さあ、できましたよ。

118
しかし今回、竹の飯盒は、時間がかかりました。

119
でもどうにかこうにか炊けました。

いっただっきまーす♡

126
1本は、もち米がかたくて食べられませんでしたが、、、
もう一本は、
竹の香りがして、
おいしかった(涙)

ふと時計をみたら、
もうすぐお帰りの時間でした(汗)

152
食べ終わったと思ったら、
もう おやつの 準備です。

しいたけとり♪

243
しいたけ♡

167
しいたけ職人も登場!

「ねーねー、しるが でてきたよ」

そうそう、そうなんだって、
汁がジュジュジュって出てきたら、
食べごろなんだってょ。

255
今日は、おうちごっこの先生が
ユズを採ってくれています。

170
そうして、
今日の畑ぼうずさんのお土産は

竹のお椀の一才柚子でした。

ゆず風呂になるかな?
ゆずハチミツティーかな?
ゆず茶碗蒸し?
それとも
ゆず唐辛子ふりかけ?

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
あそびの足跡
171
おうちごっこのお買いものアクセサリー

すべてのおもちゃを出して遊んでいました。
あんまり遊ばないおもちゃも たくさんありましたので
きっと今ごろ、おもちゃたち、
「きょうは、たのしかったな~」
と大喜びしていることでしょう^^


172
いちごジュースゼリーぷるぷる


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

安行ねんどこねこね

今日は、小さな畑のおうち園です。

009
畑ぼうずさんが、ねんどマンと踊っています。

わたしたちも粘土あそびをしたいね~。

粘土はどこかな?
お山にあるよ。
とってこよう。
どうやって?
鳥になって!

069
パタパタパタパタ・・・

077_2
バタバタバタバタ・・・

飛んでる飛んでる^^

と、いうわけで・・・
086
あるところにねんどがありました。

ねんどは、いままでもずっと粘土で
これからもずっと粘土のままだと思っていました。

093
するとある日、粘土はまあるくなって
大きな三角おにぎりになって、
ついには、大きなお鍋になりました。

じゃがいも、りんご、にんじん、たまねぎ・・・・・いっぱいいっぱいいれとくれ

入れて入れて、カレーライスが出来ました。
いっただっきまーす!
ムシャムシャムシャ
098
もうはいらないよ~

すると、カレーのお鍋はつぶれて、

101
出てきたのは、粘土マン。

「ぼくは、もっといろんなものになりたいよぉ、
 まるめてこねてつくっておくれ」

110
ということで粘土あそびがはじまりました。

糸をかけて、ひっぱって、ぱかッ

141
なんと、ベースケくんも真っ青の

本格コネコネがはじまりました^^^^

(このコネコネは、延々続き、最終的にピザになります)
021
こちらは大好きなマイクを作っています。

150
こちらは、女の子のお人形に、
ヘビだんごや ヘビたこやきを あげています^^。

172
消防ピザケーキを作り終えて、えんえん踊っている人もいます^^。

234
そうして、それぞれ大傑作を完成させました。

スバラシッ!

それから、美味しいお弁当を食べまして、
今日もとにかく外でよく遊びました。
047
ハンモックにのったり、

(ひとりが乗ったら、みんなが乗りました)

052
はしごにのぼったり、

(ひとりが上ったら、みんなが並びました)

210
お塩のかわりに力水をふりまいて
大相撲大会などなど・・・

(近所中に響くオタケビでした^^;)

そうそう
037
この前、みんなで拾ったスダジイを炒って

040
おやつでいただきましたょ。

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
木の実や草花あそびシリーズ
032
ブレスレットづくり

030
さしこんで

027
出来ました。

226
サザンカの花笛

012
妙に上手いどんぐりゴマ^^

196
ヨシの てるてるぼうず

(眼の前にあるもので、思いもよらないものを
どんどん作っていきます!!!)

197
かんむりリースに
ブレスレットに
指輪♪

(とめどもなく作っていました^^)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

さつまいもを掘って焼き芋大会

今日は、小さな畑のおうち園です。
016
畑ぼうずさんが お芋ほりをしています。

161
むくろじ小人さんもサツマイモを掘っていました。

すると、
005_2
朝のおはなし会に
ザクロぶたが現れて
「おいもをほりに行きましょう」
と言いました。

012
その前に
ザクロの赤い宝石のおやつをいただき、

025
どんぐり風車をつくってまわして出発です。

079
ごと~んごと~んごと~ん・・・・

いもづる電車でーす!

214
ゴトーンゴトーンゴトーン・・・

しっかりつかまってくださーい!

095
到着です、

今度は芋づる綱引きです。

うんとこしょーどっこいしょー

110
でてこい、でてこい、

090
でてこーい、でてこーい、


077
デテコ―ーイ、デテコ―ーイ、

212
でてきたーーー!


127
まだあるかー?

068
いっぱいほれたね~

267
アケビもとれたよ!


132
よいしょ、よいしょ、

145
お芋を洗って、、

あれ?お芋じゃないよ、それは足。

146
♪ああ、い~い湯だな~

136
掘り残しのお芋をほって、、、

あれ? イモ掘りじゃくて、それはアナ掘り^^。

143
「ねーこっちだよ、こっち」

うわ~~~、どって~ん!

落とし穴、大成功♪

223
いやいや、こんなことしている場合じゃありません、

火をおこして、

149
お芋をつつんで、

お弁当の時間に仕込みを頼んだので、
お口もぐもぐ、大忙し。
ありがとーねー。

244
たき火のなかへ。

190
そうして、美味しく焼けました。

今年は特にホクホク焼いもでしたよ♡

<おまけ>
001_2
はっぱぞうり

197
今日の料理~
めんつゆカラスウリ たでゴマ風味

164
子供たちだけで 創作あそび、
何をしているのかと覗いたら、

あれあれあれ、トンネルをくぐって、、、
168
みんなで、何やら縁側あそび。

173
みごと3人乗り♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

ユマニチュードゆまにちゅーど

今日は、小さな畑のおうち園です。
002
おいも掘って焼いも大会をしたいなと思っていたら、

ベースケ父さんが
連日の雨のなか
台風の準備やら片づけやらの最中、

歩けなくなってしまいました。
普段は1日でどうにか歩けるところを
3日かけても歩行困難で休園。

「ユマニチュード ゆまにちゅーど」
と唱えながら
それでも立っていました^^。

ユマニチュードは、フランス生まれの介護哲学で、
「見る 話す 触れる 立つ」
という4つの柱を基本とした介護なのですが、

例えば、最後の「立つ」ことは人間であることの尊厳を自覚すること等として
排泄や清拭や着衣などを立位で行います。
5分は立てなくても40秒くらいは立てるかもしれないと。
さらに、
「人は死を迎える日まで、立つことができる」
と言い切ります、ので、

最近の私の
畑の神さま仏さまへの
朝のご挨拶と願いごとは
「じいやと ばあやが 死ぬその日まで 立つことができますように」
でした。

が、それを知る由もないベー助父さんが
「ユマニチュードゆまにちゅーど」
と唱えながら立っていたので
思わず深すぎる介護理念だと笑ってしまいました^^^^

実に、
立って歩けることの幸せをかみしめる日々です。
70まで おうち園をやりたいと夢見ていましたが、
迷わず60でも夢のよう良しとしました^^♪

【死ぬその日まで 立ってお山を見れますように】
         (ユマニチュードゆまにちゅーど)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

鬼胡桃ひろいとバナナボートで魚つり

今日は、小さな畑のおうち園です。
001
むくろじ小人さんが、
どんぐりタワーのシーソーで遊んでいました。

いやいや小人さんたち、
今日は おにぐるみ拾いの日ですよぉ~

それではまずは手品をひとつ
013

いいかい、よーく見ててよぉ

014_2
ぱッ!

これなーんだ?
「どんぐり」
ちがうちがう^^
「くるみ~」
「おにぐるみー!」
そのとおり

015_2
では、もーいっかい、ぱッ!

「あれ~?」
「どこいった?」
ケラケラケラ・・・


016
「ぼくもやる」

コロコロコロコロ

019
ぱッ! でた~

その後は、順番にひとりひとりの所へ回ったオニグルミ。
それぞれが、おにぐるみ手品を披露してくれたのはいうまでもありません。

たったひとつのオニグルミ、
ずぼんの下や
おへそや心臓、
みんなの服の下にもぐりこみました。

もっとないかなあ?

029
ここにあるよ、
ブランコをひっぱったら空から降ってくるよ。

050
でも、みんながひっぱったくらいでは落ちてきません。

「ぶらんこに乗ったら?」

そち後は、クルミのことなどすっかり忘れて
立ち乗り二人ぶらんこ雑技団となりました^^。

070
すると空からバナナの葉っぱが降ってきて

運んで運んで
082
どんどん運んで

179
「ガオ~~~~~~ッ!」

奥の方に得体の知れない海の怪物も出てくれば、

182
海賊の娘が魚つり♪

「海賊につかまったお姫さまでしょ?」
「うーうん、かいぞくの むすめーーー」

184
料理も出て屋形船になり、
いよいよもって最高潮ッ

♪うみはひろいな おおきいな~

そうだ
106_3
魚を一匹つりますと、
どんぐりいっこがもらえます。

099
できたあ~

マイクみたいだね。

112_2
「あのね、ふねが しまへつくと、
うたを うたうんだよ」

何曲も何曲も歌ってかなり長い
南の島のコンサートでした。

(手前には
おやつのオニグルミを洗っている人がいます)

しかも
110
間奏中は、
どんぐりマイクが水の中に浸され、
充電中^^!

200
ずっと裸足だった人から
たらい温泉につかり、

どんどん人が増えて大入り満員イモ洗い状態。

柿の実、果実入り温泉でした。

203
♪いーい湯だーな

つかりすぎで湯だっています^^

「さーそろそろお弁当の時間ですよ」
と足を洗い、
もりもり食べて、
絵本「どんぐりずもう」を読みましたら、

しまった、
お昼の休憩どころか
大相撲大会になり
子どもたちから何度も投げ飛ばされ、

またもや
215
<アマゾン川流域づくり>

今日は一段と川の水が溢れ出していました。

120
お魚も泳いでいます。

たいへん大きいッ

133
釣りあげました。

おみごと!

134
ちっちゃいお魚もいます。

233
なぜにか女の子もいます。

「お姫さまでしょ?」
「ちがーう、おんなのこ~♡」
(???

221
おー、こっちでは
おやつのクルミの用意です。

今日は、
何日も続く秋雨の
奇跡的な晴れ間で
信じられないほど遊び尽くした子供たちでした。

アチチチチ・・
お片付けも見事な連携プレーで終わったし、
胡桃が冷めるまで待ってましょう。
138
と思ったら<このひとは、だれでしょうクイズ>

またもや遊んでいます。

142
こんな人でした~

答えはわかっているのに。
なぜか大受けの子供たちです^^

152
<この歌はなんでしょうクイズ>

ものすごい大音量の振りつきで
何曲も出題されます。
自作のクイズです。

思わず耳をふさぐ人たち^^

何度も出てくる歌詞をいうと、
だいたい正解になります。
最後は全員の手があがり、
みんな大正解でした。

163
そして最後は<しっぺ大会>

165
アイテテテテテ・・・

大丈夫かなぁ、
今晩、興奮して眠れなくなるんじゃないかなぁ、
ちょっと笑いすぎの一日でした。

この後、一気に空気は冷たくなって
真夏の世の夢は終わります。

(うわッ、若干2名、まだ足湯温泉に入っていました)
(うそッ、ほんとは冷水)

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
231
いただきます。

012
赤ちゃんヤモリ

116
あそびの足跡

本当に夢のように消えていく子供たちの傑作、
あそびの足跡です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧