2021年4月28日 (水)

お山たんけん

Img_7292
チリンチリ~ン

お山のふもとに着きました。
Img_1733
お山の麓には田んぼがあって

中をのぞきますと、

なんとなんと

なんと!
Img_1734-2
最後のヒキガエルグループが上陸する寸前でしたッ!


まるで皆が来るのを待っていたかのようです。

006_20210430110301
アズマヒキガエルです。

 

しばらく水回りで過ごして

体も渇いてきて陸仕様になり、

そのうちお山にも登っていくことでしょう。

とすると、

また数年後どこかで会えるかもしれませんね。

一方、
Img_1724
オタマジャクシもいるね~

こちらはアカガエルです。

後ろ足も前足もはえてるオタマジャクシもいます。

「トカゲガエルだっ」

ほんとトカゲに似ていました。

すばらしいネーミング力です^^

Img_1730
ほら、



よく見つけたね~

こちらは

ちっちゃいちっちゃいカマキリさんでした。

卵から孵化したばっかりのカマキリさんです。

Img_1736_20210430105101
「ねーみて♡」

わ~~~、タンポポの綿毛が飛んだ跡ですね。

太陽の子みたい。

 

Img_1741
「あ~~~~~」

なんか大発見したもよう^^;

子供たちと一緒にいると

テントウムシやらカメムシやらキノコやら

いろんな生き物を次から次に見つけてくれます。

Img_5470_20210430105501
たくさん居たのはクビキリギス。

ジーーーーーーーーーー

さっきも鳴いていましたね。

緑色も褐色タイプも居ますが、

どちらも朱色のお口です。

「あかい口紅みたいね~」

「オレンジ色のマスクにも見えるね~」

このまま原っぱで延々と遊べそうですが、

朝の会をして

お山たんけんに出発です。
Img_7303_20210430115701
ヤツデの葉っぱがありました。

「よろしく~ブンブンブンブンブン」

握手をしました。

足元にはヤブミョウガの青い宝石(実)を発見。

そして上を見ると、

Img_7304
お山の神さま、大けやき。

「どうぞよろしくおねがいします」

ご挨拶をして

お山に入らせていただきます。


Img_7311
伸びた筍と背比べ

どっちが大きい?

「たけのこが ちょっと おおきい」

タケノコの先端が

緑のとんがり帽子になっていました。





それからお山に登ります。

でも、

Img_1779
どうやって

上にのぼろうか、、、

 

奥の人たちは助け合っています。

すると、
Img_1782
すごい力持ちの人たちが来て

助けてくれました^^

ビュ~~ン、、、

 

Img_7316
ふ~がんばったな

うん、

登頂成功!

 

と思ったら今度は、
Img_1805
「何してるの?」

くるくる回りながら下山していました。

「3かいてんしたよぉ♪」

いや、4回転はしていました^^^^

 

そうして

皆で歌ったり叫んだりコダマしながら

森の入口トンネルを抜けると

「ふ~~~ずいぶんあるいたね~」

初めてのお友だちが言いました。



たしかにゴールを知らないと

道って長く感じますよね、

よく歩きました、

もうすぐ着きますよ。

ところが、

さて着いたと思ったら

またすぐに遊びはじめた隊員たちでした。
Img_1830
「ほら」

カラスノエンドウのお豆を

ちいさな爪をつかって

自分でむいたり、



Img_1848
「やきそば」

桜の枝のお箸で

桜の花がら焼きそばをつかんだり。

 

おいしそ~~~そういえばお腹すいたねー

お弁当をたべようよ



あんまりにも美味しくて、

あっという間に食べ終わり、

皆でいっしょに夏みかんデザート。
Img_1867
口にはまりました。

「クビキリギスみたいだねー!」

くちべにだよ、

マスクだよ、

ねずこだよ、


いろんな説が飛びかいます。

それを見て

Img_1866
ごそごそ、ごそごそ、

何やら探して、

出てきたものは・・・


Img_1870
夏みかんマスクでした~~~^^

やっぱりクビキリギスかな。

 

そうして食べ終わってからも

ブランコ、シーソー、宇宙船、

皆なでかけっこ
Img_1884
走って、

Img_1887_20210430122901
走って

走ったにもかかわらず、

またたんけんに出かけました。

Img_1911
ここはどこ?

おやつの道だよ。

あった!

クサイチゴのいばらの森に着きました。
Img_1931_20210430105501
どこ?



ちょっと早かった、

クサイチゴが見つかりません。

でも諦めずに真剣に探しています。


Img_1915
あ、


Img_1926_20210430105501
あった♡

ちょうど1個づつありました。

お口の中にいれると

ぷちぷちぷち・・・

森の妖精のおやつのような味がしました。

そして森にお礼をいって帰ります。


Img_1957
ただいま~~~


Img_7329
く~す~く~す~

Img_1963
夢の国でんしゃに乗って

みんなも筍になりました。

 

お~し~まいまいまいまいまい





<おまけ>
Img_1968
古屋の縁側 

おみやげさくらんぼ



今年の夏には取り壊す予定ですが、

どうなるかなぁ。


<ひとこと注意>
オオムラサキツツジの花かざりと花らっぱで遊びましたが、
オレンジ色のレンゲツツジや
黄色のキレンゲは毒なので
それは舐めないでね。

涼しい所が好きで、この辺りには生えていませんが、
知らない場所や 区別がつかない場合は、
なんでも口に入れないようにしましょう。

知らないものを口に入れるときは 
聞いたり調べたりしてくださいね。






 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2021年4月21日 (水)

お花はがきと お花かんてん

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_1592_20210422162301
畑ぼうずさんはお花ゼリーを作っています。


Img_1552
これみたい♪

と温度計を眺めています。

何度だろうね~
目盛りを読むと26度。
しっかり夏日でした。

Img_7204
日射しまでいつもと違います。

お庭の地面が丸ごと明るく照り輝いています。

さっそく
Img_7202
日陰でせっせとお料理。

「ねぎらーめん」

ネギ役は、前回は手裏剣になったヤブカンゾウです。



Img_1549
冷たいお飲みものや

オリジナルパフェが次々と出来上がります。

Img_1541
ねーこれ、さわってみて、

ふわふわするでしょ、


ほんとだ、ほんとだ

「花水木もみじパフェ」

Img_1562_20210422162201
さあ、朝のお話会です。

春のお花たちが集まってきて言いました。
「みんなで おてがみを つくりましょう」
それを聞いた ちっちゃな小人さんたちは
「わたしたちもつくろう」
とお花つみに野原へ出かけたそうですよ。

確かこんなお話しでした。
ショートバージョンでした。
暑くて皆がバテてしまいそうだったので
短くしたのですね^^

でもその前に、
(とまた何か始まりました)
秘密をおしえてあげます。
これをこーやってこーすると、
(タンポポの茎をストローにする)
ぶくぶくぶくぶく・・・・

ええ~
きゃははははははは
ゲラゲラゲラ

ベースケさんのバブル芸に
急に元気になった子供たちでした。

Img_1566
わたしもやる~

ぶくぶく

Img_1576
でないよ、でないよ、

なにか混乱しています^^?

Img_1582
う~~~ん

懸命です。


吹くんだよ、
ぜったい吸っちゃだめだからね、
口を酸っぱくして言い続けた甲斐あってか

Img_1585
ぼこぼこぼこ・・・

できたぁ~~~


長いストローや ちっちゃいお口の人も
みごと泡だらけになりました^^。

そこで
きれいなお花が見つかりますように
ふ~~~
ロウソクの火を消して出発です。


Img_1602
あった、

黄色い小さなカタバミのお花です。

Img_1613
みつけた、

椅子の下にかくれんぼしていたのは、
のっぽのオニタビラコの黄色いお花。



Img_1606
こんなに見つけたよ、

うわ、いつの間に!

生垣のモッコウバラにも気づいたのですね。
黄色は香りが薄く、
白はほんのり甘い香りがします。
香りで気づいたのかしら。

Img_1599_20210422172101
ふ~~~~

ね、もういっかいとばしたら
よろこぶかな、だってあかちゃんなんでしょ、
たんぽぽになるんでしょ。

うん、
ありがと~ありがと~~って言ってる、
喜んでるね!

Img_1600-2
ぷ~~~~~~

どこからかいい音が聞こえてきます。
顔をあげると笛吹き名人が歩いていました^^^^

Img_1611
すると目の前でも

ぷ~~~~~~~~~

楽しい愉快な音色です^^!


あっという間に
ねっこぼっこならぬ
のはらぼっこになった人たちでした♪

さあ、
母屋に戻って
お花はがきを作りましょう。

Img_1627
草木で作りたいところですが
土台は紙パックにします。

一晩お湯に浸したパックをむいて、

(防水ビニールをはがすわけですが、
なかなかはがれず苦労していたら
小さな人たちが小さな指を器用に動かして
どんどんむいてくれました。
さらに水が気持ちよくてモミモミしていたので
余計にはがれやすくなっていました。
知らなかった裏技発見でした!)


(奥には忍者ごっこして体を鍛えている人たちが見えます^^)




Img_1635
ちいさくちぎって、



Img_1644
ミキサーにいれて

Img_1639
すいっちおん、

ゴ~~~~~~~

目がまわるぅ

Img_1646_20210422162301
どぼどぼどぼ・・・

 

Img_7281_20210422162301
たてよこうえ、

とリズミカルに梳きまして

Img_7239-2
摘んできたお花をのせて、

 

Img_1706
ぽんっと無造作に乗っけても素敵で

(奥に磁石のかたちを研究をしている人もいます^^)

 

Img_7246_20210422162301
ぎゅ~~~~

それをサンドイッチして水をしぼって

Img_7229_20210422162301
ぺたん、



Img_7248
とガラスに貼り付けます。

あっ、

なにが起こったのでしょうか
Img_7252
いろんなお顔で

はっ、

紙漉きをしていました。

Img_1679_20210422175901
そうしてお弁当の時間です。

本日はお天気も良く
全員お花ハガキを作ったうえに
他にもいろんな
いろんなことをして遊んでいましたね。

6歳のお誕生日会もありました。
いつの間にか大きく優しく頼もしく
しっかり者になっていましたね。
おめでと~おめでと~~

おーしーまいまいまいまいまい


<おまけ>
Img_1653_20210422162301
ハランの舟

「〇〇くんにあげたいんだ~」

Img_1664
この川に流すのかな?

「川づくり大好き」



Img_7211
♪たんぽぽ たんぽぽ

むーこうやーまへ とーんでけ~

Img_1687
お花かんてん

Img_7264
お花をのせて

Img_7265
かたまれ~~~~


Img_7288
フタは ユキノシタ


昨日 切ったばっかりの竹で
ちょっと竹の味が独特だけど、
いい思い出になりますように♡















 

 

| コメント (0)

2021年4月14日 (水)

はじまりの日

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_20210413_142359
むくろじ小人さんが

新年度の新しいお友だちと

名刺カードのこうかんこをしています。

どうぞよろしくね。

こちらこそよろしく。

 

朝から小雨が降っていました。

生き物たちの恵みの雨です。

草木や水の生き物は特に生き生きとして喜んでいます。

Img_1413
さっそくオタマジャクシを見つけました。

Img_1418
オタマでオタマすくい、

見事、すくいました!



さておうちの中では
Img_1427
手づくりめいしカードを配って

たくさんのお友だちカードをゲットしました。

カードを配った人からバッヂがもらえます。

今年は鳥バッヂでした。

みんなの胸やカバンには、

どんな鳥がとまったかな?

 

それから、朝のお話会。

むかしむかしあるところに小さな畑があって
小さな畑には小さなおうちがあって
1・2・3・4・5・6・7・8人の小人さんが遊んでいました。
するとそこへ どんどん どんどんどん
と扉をたたく音がしました。
扉をぎーーーっとあけると
おーん、おーん、
「おなかがすいたよ~たべるものがないよ~」
と旅人が泣いていました。

さあ、こまった、
小人たちが村へ行くと長老がおしえてくれました。
「よもぎだんごを作って食べるといい。
それを食べると体が丈夫になるそうだ」

そうか、わたしたちが
そのよもぎ団子を作ってあげよう。

ところが、
そのよもぎがどれだかわかりません。
すると、どこからか声がして
「だいじょうぶですよ
だいじょうぶですよ。
わたしがよもぎです」
と一枚の葉っぱがひらひら降ってきました。

あ~よかった、

ところが、

それを見ていたいたずら魔女が
「うっしっし、
どれがよもぎかわからなくしてしまえ」
と惑わしの葉っぱを降らせました。

さあ、たいへん、
葉っぱがたくさんあって
どれがよもぎかわかりません。

小人たちが困っていると
葉っぱたちが言いました。
「だいじょうぶですよ、
だいじょうぶですよ、
葉っぱの後ろが白くて
ぎざぎざしているのがよもぎです」

と葉っぱたちの声がきこえました。

Img_1434
ユキノシタや サンショウなど惑わせの葉っぱの中から選びます。

うーん、どれかな、
Img_1436
これだッ!

そうして
ひとりひとりヨモギを見つけることができました。
パチパチパチおめでと~おめでと~~~

そして最後に他の葉っぱたちも言いました。
「だいじょうぶですよ、
だいじょうぶですよ。
ここにある葉っぱは
みんな食べてもいい葉っぱですよ」

(たしかこんな話しだった)

 

さあ、

それでは、よもぎ摘みに出かけましょう。

 

Img_7155
これ?

あった

Img_1446-2
いっぱい見つけたね~


Img_7164_20210415125001
洗いましょう、

じゃぶじゃぶ

じゃぶじゃぶ


それからお昼ご飯を食べまして、

食べ終わった人にお手伝いしてもらいます。


Img_7176
茹でたヨモギをすりつぶします。

すりすり、ごろごろ、

すりすりすり、ごろごろごろ、


Img_1474-2
だんご粉と混ぜて

もみもみこねこね

もみもみこねこね

 

ふと後ろをみると
Img_1473-2
エアー忍者ごっこの人たちがいました。

見えない手裏剣をかわしたり

くぐったり飛び越えたり、

動きが一段と軽やかになっています。

Img_1481
そこへタイミングよく

ヤブカンゾウを持ってくるお友だち、

これで手裏剣をつくろう!

ヤブカンゾウ手裏剣をたくさん作って遊んだ後は、


Img_1487
それをお庭に並べる人「しゅりけん川」


手裏剣川にはまったら滑って転ぶという忍者のワナにも見えます。

この後、川を渡ろうとして

すぐに滑ったベーコさんでした^^;

Img_1488_20210415125001
この後も部屋のなかで忍者修業が続きます。


ふと上を見ると
Img_1490
お姫さまとお殿さまが天守閣で遊んでいました。

もしや、忍者はこの城を守る、

いや狙う手練れでしょうか⁉

いろんな人がいます^^^^



いっぽう畑には
Img_1456
ぶろっこりーとりにいこう

だいこんもとりたい


と走って収穫にきて、

花になってしまったブロッコリーとダイコンの花に当惑?

しながら真剣な顔で収穫。



そうこうするうちに
Img_1503
着々とお団子を丸めてくれる人たち


ハランの葉っぱに乗せて

Img_1507
竹の皮をさいてヒモにして

Img_20210413_141906
包んで蒸しましょう。


信じられませんが

あっという間にお迎えの時間です。

お片付けをして

しばらくすると

お部屋から笑い声が聞こえてきました。

Img_1519
この人はだれでしょう~~~

お友だちがベールに包まれていました。


「このひとは だれでしょうゲーム」です^^;

 

Img_1515
初めてのお友だちもたくさん居ましたが、

大きなお友だちがズバリズバリと当てていました。

さすがですッ!

パチパチパチ・・・

 

それからみんなで
Img_1531
夢の国でんしゃに乗りました。


久しぶりだったり、初めての場所で、

ひとりで目をつむるって

とても勇気のいることだと思いますが、

ちゃんとひとりででんしゃに乗れたんですね!

しかも得体のしれない夢の国。

夢の国では

よもぎをつんで

あらってゆでて

すりすりつぶして

くるくる丸めてお団子にして

・・・・・

と、その時、

のっしのっしのっし、

と鬼がやってきました。

みんな本気で逃げようとドタバタしましたが、

石に変身して、

というアドバイスのもとに、

丸い石に変身しますと

鬼は、

忍法石変わりの術にすっかり騙されて

せーのせーの わ~~~~~

っで、びっくり逃げていきました。


おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>

Img_1535
畑ぼうずさんのお土産

ハランのよもぎ団子


Img_20210413_212340
皆が帰って開けてビックリ!

糖分を入れ忘れていました^^;;

きな粉やお砂糖をかけて食べてね。

Img_7148_20210415125001
雨の日のはじまりで

寂し気なお庭を明るくしようと

ハナミズキやモミジや


Img_7150
八重ヤマブキや ハルジオン、チェリーセージの

デザートを仕込むベーケカフェ♪

 

 

Img_20210415_123400_20210415142201
みんなの手づくり名刺カード

 

| コメント (0)

2021年3月 3日 (水)

第18回 そつえんしき・しゅうりょうしき

今日は2020年度(R2年度)

小さな畑のおうち園さいごの日です。

第17回と思っていましたが、

2003年度からスタートしていますので

第18回そつえんしき・しゅうりょうしきです。

Img_1218
畑ぼうずさんたちも心なしか

桜を囲んでしみじみとしています。


Img_1220
みんなも最後の仕上げをしています。

モノを作りあげる

というのは一体どんな側面があるのでしょうか、

心を形にして形を心にして

何か見えてくるもの聞こえてくるものが

あるのかもしれません。

Img_7057
まほうのラケットです。

今年はボールまで行きつけませんでした。

また来年度、いつか作れたらいいですね。


Img_7060
さあ、流し込みます。

手伝ってくれています。

Img_1231
チャラチャラチャラチャラチャラ・・・

え?

ねーお米が水のおとになったよ!

Img_1266
庭鳥のアサとオーチャンに

家庭菜園の小松菜や

Img_1221
お米を持ってきてくれました。

 

Img_1334_20210305113601
刻んで混ぜて


Img_1350
たべてね~



すると、
Img_1222-2
たまご になりました!

こちらは
Img_1246
卵が オタマジャクシになりました!

オタマでオタマすくいです。


こちらは
Img_1255
蕾が咲いて

サクラになりました!

そつえんしゅうりょう式の花束を作ってくれています。

春分の日にむかって

命が次々と花開いていきます。

こんなハガキも届きました。
Img_1267
(あけてみて)

Img_1268
「本ととりかえけん」

が入っていました!

大変凝っています^^

どんな本かは、後からのお楽しみ♪

Img_7066
さて、今日は大忙しです。

お菓子屋さんになって袋の用意をしています。

Img_1279
こんな素敵な世界にひとつの袋をつくり

Img_1290_20210305113601
みんなでおやつを袋詰めにして、

Img_7088_20210305113701
できあがり~~~

これを楽しみに、

いよいよ大掃除です。

おっとその前に・・・
Img_1294
<子供そつえんしき・しゅうりょうしき>

子供たち同士で、

お名前や 今度どこへ行くか、

そして今までありがとう、

のご挨拶をしました。

ベーすけと べーこも しましたが

毎年やっているのに大変ドキドキします^^。

何を言っていいかわからず

べーこなどは支離滅裂になってしまいます^^;;

べーすけさんは

「わ~緊張する~♡」

なんて言ってみんなゲラゲラ笑っていましたけどね。

Img_1316
ゴッシ ゴッシ ゴッシ ゴッシ

よくここで遊びましたね~


Img_1320-2
階段も ゴッシゴッシ ゴッシゴッシ

よく上りましたね~

Img_1328_20210305113601
柱も

よくしがみつきましたね~

Img_1314
縁側も

あったかい縁側だったね~~~


ゴッシゴッシ ゴッシゴッシ

働き者の一休さんみたいですね^^

 

そうしてあっという間にお昼になり
Img_1330
ゴザを敷いてピクニック弁当です。


あんまり皆な手際が良かったので

午後はゆとりがあって
Img_1365_20210305113701
おうちの人の座る席で

ひな壇ごっこ?

Img_1367
ただただ走ったり、

Img_1337
みんなで集まって

宇宙装置の使い方説明をしてくれたり、

Img_1270
お楽しみの手づくり絵本

「発見探検家」

を見ました^^

山あり谷あり瀧ありテントありの大冒険で

おもしろかったですよ~

柔軟体操を見せてくれるお友だちも居たり、

なぞなぞや 分解クイズを出してくれた人や

動物なきまねクイズも

ワンワン ニャンニャン 鳴きました^^



そしてとうとう

そつえんしき・しゅうりょうしきです。

Img_1390
ごとーんごとーんごとーん、



夢の国でんしゃに乗って

さくら姫をおこしに

春の国へ行きます。

みんなの作った魔法のラケットや

魔法のステイックや 魔法の椅子が

大活躍します。


今日は特別、

1年に一度の日、

おうちのひとも一緒に春の国へいきました。

Img_20210303_133751828_hdr
つぎは~おうちえん~おうちえん~

おりるひとは おきてくださーい

 

 

おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>
Img_20210306_081933
折り紙の<おひなさまとおだいりさま>

おうち園卒園生の小学生の
お姉さんが作ってくれました~♡

Img_1407
今日はみんなから畑ぼうずさんへ

おやつプレゼント♡



Img_1406
そうして みんなから

こんな素敵な絵葉書をいただきました。

 

 

<ふりかえり>

1年間、2年間、3年間、

たくさんたくさん遊びましたね。

小学校へあがるお友だちもたくさん居ます。

今年は、

コロナではじまり

みんなの本も出て、

いろんな事がありました。

暖かいお庭での式だったせいか、

皆さんの最後のことばが

お日さまの白くて金色の日差しといっしょになって

音になって降り注いでいるようでした。

こんなに今に溶けいるようなひとときを

共に過ごしていただけたことに

感謝いたします。

ありがと~ありがと~ありがと~~~~


 

 

 

 

 

| コメント (0)

2021年2月24日 (水)

制作仕上げと じゃがいもの植え付け 

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_20210224_090958
むくろじ小人さんは、

じゃがいもを切って、

畑に種じゃがいもを植えようとしています。

重そうです、

運べるかしら。

一方、

おうち園のみんなは、

来週に卒園や修了を控えて
Img_1097_20210226104101
切って調節したり、

のこぎりを使うのも手馴れて、

Img_1079
細い串を小さな穴に差し込むのも



Img_1077_20210226104001
それをトンカチでとんとんするのも

いい感じになってきました。

Img_1082-2
作業する背中もいつの間にか大人っぽくなって、

時折、お互いに協力している姿が眩しいです。

そんななか
Img_1081
何をしているのかナゾの人もいて、

幼い日の消えた記憶のかけらが急に蘇りそうになります。

Img_1096
これはやっぱりミシシッピ川だろうかと思います。


「ね、さかな およいでるぅ?」

なんて聞かれますからね^^^^

Img_1092
そうしてここでは、

手のひらに小さな命を掬っています。

 

「かたち、かわったね」

(うん、あったかいと どんどん変わるよ)



小さな黒い丸いオクラの種のようだった

アカガエルの卵は、

7日にしてソラマメの形になってきました。



細胞核を守っている透明ゼリーが、

野菜でいえばタネをふんわり守る土のお布団、

あるいは人間のお母さんのお腹のなかの

羊水ウオーターべッドに見えてきましたッ

 


すると、

やがてゼリーから出て、

オタマジャクシになって泳ぎだすのは

発芽のとき、出産のとき、と同じかしら^^!



するとすると、

ヤサイも人間も カエルと一緒で

光や熱とか宇宙にあまねくエネルギーを吸収して、

こんな風に日々、

外から見えないときも

全身全霊で成長していたのですね。




そのうちヒトは
Img_1110-2
徳の高いお坊さまとか、

Img_1111_20210226104101
高貴なお姫さまとか

Img_1114
メンバー募集中の 五人囃子とか、

に変身しちゃいますからね、

後戻りできなくなる前に朝の会をはじめましょう。

Img_1123-2
カエルちゃんが出てきて、

みんなのお名前を呼んでくれています。

「○○ちゃん」

「はーあーい」

Img_1127
カエルの卵にも こんにちは!

「これみーんな おたまじゃくしになるの?」

Img_1128_20210226104101
そうだよ~

でもほとんどは

鳥やヘビやヤゴに食べられてしまうでしょう。

別の命に引き継がれて巡っていきます。

すると、

ゴロゴロゴロゴロ・・・と音がしました。

これなんだ?

「じゃがいも~~~」

と、ジャガイモがゴロゴロ出てきました。

ここにも赤ちゃんがいるよ
(ジャガイモの芽を指して)

ここには、へその緒もあるよ
 (へその緒をさして)

お母さんジャガイモとつながっていたところだね。

「どこ?」

これだよ。

あれ、こっちかな。

でも、どうやったらジャガイモできるだろう?

「きって、うめるといいよ」

ということで

Img_1133-2
切って、

Img_1138_20210226104101
灰をまぶして、

Img_1153
お山の腐葉土をまいて



Img_1166
やさしく埋めてくれました。

Img_1157_20210226104201
お~カブトムシの幼虫も居ましたね!

Img_7052
それからお弁当を食べた後も


Img_7053
畑仕事をしてくれたお友だちです^^

ありがと~ありがと~

来年度のお友だちのおやつ

じゃがいもチップスになりますね♪




それから帰りの会では、

何故か椅子取りゲーム。
Img_1186
ものすごく集中しています。

♪ひーやふーやの やまみちを~

♪とーってあるくは はなこさ・・・
Img_1187
♪ん



誰かちょっと大きい人が椅子から

はみ出ていますよ!

あっはっはっは~~~~

そうして優勝者が決まり、

じゃがいもチップスを食べたそうですよ。

 

おーしーまいまいまいまいまい・・・・


<おまけ>
Img_1120
さわろうか、さわるまいか、

悩みどころ^^

Img_7048
カブトムシの幼虫

「かうんだ~~~」

ご飯は落ち葉。

いっぱい食べてね~。

 

Img_1146_20210226104201
森のかくれ家が進化して

「大黒柱」が建っていましたッ!!!

その土台も椅子を二つ
寝かせて合わせて固定してあり見事です。




Img_1180
「ねー、ねー、ねー、いいにおいするよ~~」

「どれ? ほんとだ!」


カリンがおシャレにお花と一緒に

パフエのように飾られて出てきました^^!

 

 

| コメント (0)

2021年2月17日 (水)

森のかくれ家づくり

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_20210216_135316
むくろじ小人さんが、

森のかくれ家をつくっています。

落葉樹が葉っぱを落としている間に

たくさんの枝葉を剪定して

散髪してあげましたから、

きっとその枝をみて

森のいえを作りたくなったんですね^^

それに、

神社でみんながあんまり上手に

秘密基地をつくっていたものだから

小人さんたちも作りたくなったんでしょうね。



そこで

今週も森のかくれ家をつくることにしました。

本格的な家でくりのスタートです。

Img_6991_20210218164301
壁や ゴザで床をつくり、

Img_0869_20210218161901
屋根をつけ、



Img_0864
玄関もつくり

Img_0874_20210218161901
「すいどうかん、つけたいんだ~」

と竹を割る人も現れ、




Img_0848
壁を 二部屋もつくって、


Img_0886
中は廊下もあり、

覗くと かなり複雑な構造になっていて

「ねるへやだよ~」


Img_0891
その寝間には、

外から見ると窓までありましたッ!



中に入らせてもらうと

Img_0916
葉っぱのおやつを出してくれます♡


さらに今回驚きだったのは、

お隣さんも居て、

こちらもおうちを建てていました!

Img_0836
まず床をはって、

広いです。

Img_0870_20210218165501
柱をたてて

Img_0875
途中、こんなことをしていると思ったら、

竹の節抜きですね⁉





なんと
Img_0984
ししおどしのような

水道でした。

今、本当に水が流れていて

手を洗っています^^


Img_0983_20210218162001
向こうのはなあに?

「これはねー、おりょうりして たべれるんだよ」


うーん、ほんとにたべたい^^

 

Img_7002_20210218162001
完成したもようです、

うつくしい~

そんな折、

北東の地では、
Img_0872_20210218171101
「ぴらみっど~~」

と磁石ハウスが出来ていて、

これはいつしか
Img_0906_20210218161901
むくろじ小人さんや

ねんど恐竜さんの遊ぶ

大豪邸になっていて、

向こうには空飛ぶ船もありました。

さらに
Img_0893
真逆の南西の果てには、

Img_0901
「ことりハウス」


もつきました。

シジュウカラさん、

ツツピーツツピーって

この前さえずっていましたから

巣作りしてくれるといいですね♪

 

それから
Img_0921-3
中央広間に


Img_0929_20210218161901
「シルクはうす」も出来ました。



そこに
Img_0994
せっせとカエルの卵を運んだ人

みんなの家なんですね^^

Img_0908
ノビルやクルミもキンカンも 運んでいましたし、

なんかもう とめどなく本格的です^^;

で、

本日は

そういった感じで大人も子供も夢中になりすぎて

Img_0939
朝の会をした頃は もうお昼で


あちこちの家は完成していました。

 

Img_0940
そのため、

今日のお話しはフキノトウが出てきて、

「ほら、わたしをみて、

いちまーい、にまーい、さんまーい、

葉っぱのおうちに私はかくれていたの。

みんなのおうちも見せてちょうだい」

っということで、

Img_0942_20210218162001
全員で「森のおうちめぐり」をしました。


巡りながら おうちに名前をつけました。

「ぷりんせすハウス」

「グリーンはうす」

「ことりハウス」

ここにもあるよ、と

「にわとりハウス」

「シルクはうす」

「おさかなハウス」もありましたね。
Img_0979_20210218162001
そうしてそれぞれの家でおいしいお弁当を食べました。

午後も
Img_0996_20210218162001
タクシーで森を巡っている人や

Img_0997
一斉に新生児のお世話をする人たちがいて、

静かな濃密な時間が流れていました。



もう帰りのお話会です。

「ねー、おうち、こわさないでね」

何か名残おしい空気が流れています。

すると、

Img_1050
鬼があらわれて、





森のかくれ家に

隠れた子どもたちでした。




ここに入ると鬼に見えなくなるんですって!

 

おーしーまい

 

 

<おまけ>
Img_1036

畑ぼうずさんのお土産

おーちゃん卵と ふきのとう

 

Img_1031
朴葉味噌でたべてね♪




Img_7009
黒板絵 フイボナッチ数列?



Img_0868_20210218161801
リュウノヒゲ相撲

 

 

 

 



| コメント (0)

2021年2月10日 (水)

お山の神さまにごあいさつ

今日は小さな畑のおうち園です。

お山の神さまに新年のご挨拶に行きましょう。

手づくり凧もあげますよぉ。

例年は冬の盛りの大寒の頃に行きますが、

今年は春一番も吹いて立春も過ぎましたから、

冬と春の両方に会えるかな。

Img_0600
「こおってる」

「ぶあついね~」

上に乗れるほどではありませんが

1㎝ほどの厚い氷もまだ残っています。

Img_0605
田んぼにはカエルの卵がありました。

興味津々で見つめていましたが、

とうとうやさしい目で手に取りました。

冬から春へと新しい命がうまれています。

Img_0593_20210211122001
「ねーくりひろいにいこうよ~」

秋に栗拾いをしたことを覚えていたのですね。

「てで さわれるよー」

中身はありませんが、

痛いはずの栗のイガをそーっと軽々と手で持っています。

秋の名残の草木も冬の寒さに打たれて土になじみ、

やがて春の土になっていく、

ちょうどその命の真ん中をつかまえましたッ!


Img_0597
「あ、ほら、みて」

氷の柱を見つけました。

「わー霜柱、まだあったんだ!」

喜んでいると

Img_0618_20210211122001
「ここにも」

「ここにもあるよ」

ザックザクという音とともに

たくさんの霜柱を発見!

あれ、もしや・・・
Img_0620_20210211122001
と土をめくってみると、

土が一枚板になって

力持ちの氷の柱たちに



うんとこしょ、



と持ち上げられていました^^

 

その後ろで・・・


Img_0628
「オオカマキリのたまご」

前の世代の積み上げてきたものが

卵になって次の世代に受け渡されます。

タイムカプセルのようです。


Img_0612
「カラスのはね、みつけた」

空を飛んだ羽根も新しい土になります。

 

Img_6939_20210211122101
ヤツデのまだ小さな青い実と

終わりのサザンカの花もみっけ!

交代でツバキの花も咲き始めていました。


Img_0614
「ねーこのきは なあに?」

なんだろうねー、

ピーカンナッツだよ、クルミの仲間だよ。

え、じゃあ冬の芽はヒツジのお顔かな?

わ、マントヒヒみたい。

「どれ、ほんとだ~!」

進化成長の刻印のようですね。

 

Img_0634
「おれも とるよ」

みんなで夏ミカンを採りました。

5月頃に咲く花は、
秋に実を太らせ、
冬に色付き、
日射しが増して喉を潤したくなる3月ころ、
その酸味が美味しさに変わります。

夏ミカンは
美味しさ満載年越しカプセルです。

おっと忘れてしまいそうです。
Img_0647
お山の神さまに

Img_6941
ごあいさつ

「よろしくおねがいします」


とても元気ないい声の人たちです。


Img_0650
ケケ(犬)とニャン(猫)のお墓にも

あいさつしてくれました。

可愛がってもらいましたから、

ケケもニャンも皆が来てくれて大喜びですね、

Img_0661
そしてどんどん上り、

Img_0668
お山の小径を通り抜け、

Img_0690_20210211122001
タイムトンネルもくぐり抜け、

手に竹筒やら虫メガネやら木の棒やら

お宝を抱えつつ、、

前方と後方のしっかり者の交通指導員のおかげで

お山に到着。

Img_0710
さっそく凧あげ

協力して風に乗りました。

くるくるくるくる回る暴れ凧でしたが、

足を2本にしたら安定しましたね♪



Img_6953
風の強い日で

走らなくても飛んでいます。

逆に走らない方がよく飛びました^^

Img_0723
地上絵をかいて、

Img_0728-2
「ひまわり」の中で走っています。

花びらを走る子は、
中の子に押されて花びらから落ちると
オニになります。

なぜ、
ひまわりをしているかというと、
鬼ごっこで猛烈に走る子供たちを
まったく捕まえられなかったからです。
私がオニでしたからね^^;

あ~お腹すいた~
Img_0732
凧も一休み

Img_0736_20210211122101
デザートは皆でもいだ夏ミカンでしたが、

たくさん収穫したユズも

我慢できず齧っている人^^!



美味しい美味しいお弁当をたべると

Img_0754
シーソーが始まりました。

べーすけさんがシーソーに乗っている姿を初めて見ました。

おまけにブランコに乗っている姿も初めて見ました‼

子供たちも負けまいと
リュックや水筒を運んで応戦です。

Img_0766
その様子を余裕で眺める人たち


最後までしっかりお弁当を食べて
その分、重く強くなる作戦でもあります^^!

そのあとも
Img_0795
山茶花の木の下におうちをつくったり、

「さざんかの宿」ですね、



Img_0797_20210211122101
お砂ステーションをつくったり、

凧あげ以上に
自分たちでいろんな遊びを考え出していきました。

時おり上手くいかないことがあっても

まつ、きく、はなす、あそぶ、

を繰り返しながら、

また復活していく姿に励まされました。


Img_0813_20210211122101
「ねー、お参りしてないんじゃない」

と言われて

ちゃんと神社の神さまにも

新年のご挨拶ができました。



Img_0819
そうして、

またおうちの人がお迎えに来てくれる

古屋の縁側へと帰っていくのでした。

 

寒いといいつつ

日射しは大変クリアで

まばゆい早春の一日でした。



今日はほんとに、

おーしーまい


 

 

 

| コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

鬼はそと~福はうち~

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_0414_20210205112601
むくろじ小人さんは節分の豆まきの準備をしています。

あちちちち・・・

今年は124年ぶりの2/3立春なのですね!
鬼も早めに来て
小人さんも慌てています。

わたしたちも
Img_0417
魔除けの柊鰯(ひいらぎいわし)をつけました。

「やいかがしっていうんだよ」


小さなお友達が教えてくれました。

「たべたいな~」

煮干しが美味しそうです。
節分が終わったら、
庭のニワトリさんにあげましょう。
大喜びで食べますよ。

朝の会では、
Img_0419_20210205112601
お友だちが

ワシタカの凧を作って来てくれました、

と思いきや、

「はっぶる」

え? ハッブ?

ハッブル宇宙望遠鏡でした^^;

ハッブルは宇宙の膨張を発見した
エドウィン・ハッブルに因んでいるのですね!
小学生の時に膨張宇宙論を
休み時間の教室の後ろの席で
賢いお友達がお兄さんの影響で教えてくれましたが、
その時の不思議な感覚を思い出します。
決して私には説明できませんが、
光が、遠のいている、
予測より遥かに猛スピードで、
つまり宇宙は膨張していると、
三行で終わりそうな確かそんな内容で、
熱っぽい話でした。
その後、同世代の友人も我が子でさえ膨張宇宙論の話を
学校でもどこでも聞いたことがない、
というので もっと衝撃を受けました。
逆にいえば、
三行程でその後の人生の宇宙観がかたどられるというのは、
更に驚くことです。

そのハッブルは
アルミ箔を巻いたトイレットペーパーの芯で出来ていました。

次に
Img_0420_20210205112601
お友だちが見せてくれたのは、

自然の本でした。

お花や木の実が載っているなかに、

なんと、

節分の柊鰯の説明も載っていてビックリしました。

隣のお友だちが読んでくれました。
あまりのピッタリさに
「え~~~、やっぱりそうなんだ~」
と喜びました。

それから次に見せてくれたのは
Img_0423
緑のスタンプッ!

なんだろ、なんだろ、

「とり」

大人にはわかりませんでしたが、
見えない模様が見えているようでした。

そんな貴重な隊員たちの報告?
が終わると、
鬼がきて
小さな声で
そーっと、
ひみつのウサギのつくり方を教えてくれました。
Img_0428
魔除けウサギなんでしょうか?

さあ、鬼ウサギも来たし、
みんなで春を呼びましょう♪


Img_0433
まずは修了制作、竹切り

お友だちが当たり前のように手伝ってくれました。

2年目チームの竹仕事です。

切ったり、

穴をあけたり、

差しこんだり、

叩いたり、

流し込み、

そして最後には・・・・・・。



ものづくりの中では

この竹仕事がおうち園集大成といってもいいくらいの、

ダイジェストな作業がコンパクトに

全て入っています。

これを作りたいためにやっている、

といっても過言ではありません。

もう卒園のお友だちも居ます、

いっしょに時を共有できることに感謝します。

Img_0438_20210205112601
の横で、

せっせと走って往復して

庭のオニグルミを大量に集める人。

リスのようです^^!

Img_0459
その奥で

胡桃ブランコ立ち乗り、片足あげ、バッテンポーズの

サーカスみたいな人や

 

Img_0439
キリって捉えどころがなくて難しいのですが、

一体どうして、

手のひらの開き具合が、

狂いのない一点を捉えている人や


Img_0481
集中して、

Img_0476
愉しげに次々と打ち込んでいく人や


Img_6882
おうち園のさくらんぼの木を

Img_6893
一生懸命切った人。

同時進行で、
Img_0483_20210205112701
家の中では、

憩いの空間を創っていました。

大人が無断で入ると、

侵入罪で「たいほ」されてしまいますけどね^^

Img_0490
そうだ、

今年はせっかくニワトリのアサの

白い抜け毛のおかげで

追羽根を自分で作れたから、

Img_0498
厚紙の羽子板に




Img_0502_20210205112601
絵を描いて、


おうちで遊べるようにしたらどうかしら、

 

と思っていたら、
Img_0506_20210205112701
もう早速打ち始めて、

前回より

また一段と上手くなっていましたッ!

上達の速さにビックリです。

Img_0520
お昼をたべて、

Img_0512
さんぼうの準備もして

節分のお豆を炒りましょう
Img_6894_20210205112801
七輪で火をおこして

 

 


Img_6900_20210205112801
ぽっぽ~~~


七輪電車も走り、

 

出来た炭を火鉢に移して、
Img_6912
お豆をいれて

Img_6909_20210205112701
しゃかしゃかしゃか・・・


♪まめっちょ まめっちょ

いったまめ ぼーりぼり

いんねーまーめ なーまぐせ

すーずめらも まわっから

おれらも まわっぺ

Img_0516
準備万端です。

そうして

絵本「かえるをのんだととさん」を

読み終わってゲラゲラ笑ったそのとき、

Img_0556
ぐわぁ~お~~~

鬼がやってきました‼

どこかへ逃げていく人、
奥に追い詰められた人、
おどろいて泣いちゃった人、
ただただびっくりした人、

いろんな人が居ます。

あ、手前をすり抜けて逃げていく人も居ます。

すばしっこい、

と思ったら、

廊下に準備していたお豆を

私より先に気づいて

取りに行ったのでした。

すごい修羅場の冷静な判断力ですッ!

Img_0561
おには~そと~

おには~そと~~~

子供たち大活躍です。

鬼も降参して、

仲直りの印に

♪鬼のパンツを一緒に踊りました。

Img_0578
これは鬼土産です。

春を呼ぶヤツデの葉うちわですね、

それから、

あ、鬼ウサギだ、

鬼ウサギの包みを開けると、

大豆が入っていて、

みんなで年の数だけ食べて、

強くなったそうですよ。

おーしーまいまいまいまいまい・・・

 

<おまけ>
Img_0415
アサとオーチャンに 玄米のお土産


「コケ~、ありがと~~~」

 

Img_0527
「(卒園まで)あと4かいだね」

の賑やかな木漏れ日のひととき

 

Img_0546_20210205112701
ニューふあっしょん

この帽子とワンピースの組あわせは初めて見ました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2021年1月27日 (水)

畑ぼうずさんからの手紙

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_0280
畑ぼうずさんは、ちいさなお友達に

お手紙を出そうと相談しています。


雨だったら寒いね、

そしたら薪ストーブを焚こう、

と薪の準備をしていましたが、

寒いどころかセーターを脱ぐほど暑い日になりました。

朝の会では

いたずら大王が出てきて言いました。

「おまえたちは動物園にいったことないだろう、

どうぶつを しっているかあ」

しってるよ!

きりん、ぞう、ちーたー、うさぎ、へび、らいおん、

次々に名前が上がりました。

「でもここには居ないだろう」

すると、大丈夫ですよ、大丈夫ですよ、

と空から声がして

クルミの枝がおりてきました。
Img_0292
その枝をよく見ると、

動物のお顔がついています。

「シカみたいだねー」
「おさるにも にてる」
「ひつじは?」
「20いた」

数えてみたらたくさん居ました^^

「さすがだな」

いたずら大王は消えて今度は別の声が聞こえてきました。

「あたらしい年があけて 
みんな大きくなりましたね。
もうすぐ卒園する人もいますね、
わたしは畑ぼうずです。
大きくなったみんなへ 
おてがみがあります。
さがしてみてください。」

Img_0304_20210128144501
ありました、ありました、

みんなでお手紙をならべて
ひとりひとり開けてみますと、
ナゾの絵が描かれています。

あー、これはね、こうやって こーすると ザザザーっていうのだよ。

記憶をたどって教えてくれる

お兄さんお姉さんも居ます。

それでは、それを さがしに行きましょう。

Img_0311
あったー!

Img_0315
あったー!


Img_6831_20210128140401
みつけた~~~

 

Img_0328
お手紙設計図をみながら

「あーおもいだした、これはね、こうするのだ!」

3年前の記憶を思い出せるのですね、、

はじめてのお友だちに教えてくれています。

Img_0333
くるくるくる、すいーーーーー

ぐるぐるぐる、すいーーーーー

 

ひとりでチャレンジ^^

Img_6835_20210128140401
ぎこぎこぎこ

いろんな工具を勢いよく抱えてきましたが、
設計図を見直して
ノコギリで竹を切っています。

Img_0339_20210128140401
ひとりで最初っから全部切ってしまいましたッ!

お尻で竹を抑えてくれている人もいます。

Img_0334
切った穴に ぴったり合うコルクを探します。

これは?
こっちは?
ひっくりかえしたら どうかな、、

たくさんのコルクはワイン好きのお父さんにいただきました^^

この数あれば、どれか1個は必ずぴったりきますッ

Img_0346
雑巾を見事に絞って、

Img_0353
ゴッシ、ゴッシ、ゴッシ、ゴッシ・・・


表面の汚れをきれいに拭きました。

ふいた!
ここ汚れてるよ、
まだやるの?
そうだよ、
やったよ、
ここもここも、
しょうがないなーやるよ、

大変素直な人たちです^^^^

奥では小さなお友達の修了制作を手伝ってくれています♡

ありがと~ありがと~~~


Img_0357
カーンカーンカーン

竹の節も抜きました。

いてえー、
いてえよ~、

体重で竹を抑えてくれていますが、

お尻が振動で響くようです^^

Img_6833
3年目組の人たちも

スリスリスリスリ・・・

今までの蓄積でしょうか、
三人だけで作業しています。

さて、どれも似通った板ですが、

組み立てられるでしょうか。

Img_6843
とんとんとんとんとん・・・

おてがみ設計図と

今、使っている現物の椅子を見ながら

組み立てていきました。

とっても丁寧です。

「たかくするんだ~」

たぶんどんなに高くしても
ほんの1年で、
いえ数か月で
皆はどんどん大きくなっていきますね。
椅子は瞬く間に小さくなってしまうでしょうけれど、
ほんの一瞬だけでも
幼い日のひとときを楽しんでもらえたらと思います。

Img_6849_20210128140401
真剣です。

クギは1本のみですが

小さな大工さんのようです、

他はビス止めなので

ドリルで解体して

また別のものも作れますね。

Img_0373
いちばんたかくしたんだ~~~~

今度はここ自然木を取り付けます。

気に入った手ざわりや形の木があるといいですね。

Img_0386
お弁当も食べまして、

 

Img_0378
チーズになっちゃうくらい走っている二人

 

Img_0390
こちらは羽突きの羽根を作っている人

三色の羽根を選んで

Img_0397
ムクロジの種の穴に挿します。

Img_20210127_125159
コーン、

コーン、

あれ、

当たらないときもあります^^

棒に糸を垂らして羽根玉を結んで、羽根役の人もいますが、

結構むづかしい。

いつか羽根だけで 突ける日が来るかもしれません♪



Img_0408_20210128140401
お片付けにプロフェッショナルな二人

大きな布をたたんだり

長いロープを腕に巻いてまとめたり、

Img_0403
♪ゆすらんかすらん


きれいにたためた~~!

 

こつこつ片付けてくれる人
外で遊びたかったけれど部屋の中まで入れた人
体は外で 顔だけ入れた人

今日もいろんな人が居ました^^

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
Img_0284_20210128140301
なんか怪しいヒモと鈴がぶらさがっています。

危険な罠の匂いがします^^;;;


Img_20210127_131921
お誕生日会

赤いカエルくんが出てきてお話してくれました。

「ちっちゃな島に天使さんがうまれました。

天使さんは旅に出ました。

ある島でワニと ちからくらべをしました。

がおーっと大きな口を開けたワニ、

天使さんは、そのワニの口をわしっとつかまえて、

ぐおぐおぐお・・・

ぐおぐおぐお・・・

と開いて、

シャカシャカシャカシャカシャカ・・・

と歯ブラシをしてあげました。

お礼にワニは、天使さんを大きな島へと連れていってくれました。

そこでは大きなクマと食べくらべ。

たべてたべて、

あたたたたたた・・・と

お腹が痛くなったみんなはひとねむり。


そして目がさめるととても強くなって

ちっちゃな島にうまれた天使さんは

○○くんになりました。」

おしまい

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2021年1月20日 (水)

今年もよろしく凧づくり

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_0260_20210122223601
むくろじ小人さんは、

たこあげ、竹馬、独楽まわし

等をして遊んでいます。

今冬は大きな寒波に九州市街にも雪がふり

東北など北の地域は大雪に見舞われています。

関東は雪は降らずとも

水鉢に分厚い氷が張りました。
Img_0073
氷のついたてパーテーション、

あるいはスリガラスの窓のようです。

前夜は寒かったのですが朝から春のように暖かく
Img_0095
竹馬に乗ったり、

Img_0128
お弁当箱に松葉やお花の氷を仕込んだり、

 

ニワトリ小屋へ行くと
Img_0108_20210122223301
卵がいっぱい!

大人はもぐれませんが、

みんなは もぐって、



Img_0113
毎日1個づつ産んでくれているオーチャンの卵とりをしたり、

Img_0119
そのお礼にお水をあげたり、

稲わらお布団を敷いてあげたり、


Img_0134
笑い声が遠くでさざめいています。

一体何が楽しくてそんなに笑うのか不思議でなりません^^?

そうしてようやく朝の会です。

いたずら大王が出てきて言いました。

「丸くて小さくてゴムみたいに跳ねるものは なんだ?」

「スーパーボール」

「そうだ、おまえたちはスーパーボールを持っているか」

「もってない」
「いえに もってる」
「いまは もってない」

そこで大丈夫ですよ、大丈夫ですよ、

と登場したのが
Img_0201_20210122223101
リュウノヒゲ。

竜の髭のような葉をもつリュウノヒゲの

もふもふの葉を両手でかき分けると、

この青い竜眼のようなタネが出てきます。

Img_0143
この青い種皮をぷりっと剥いて、

Img_6811
ぽーーーーん、ぽん、ぽん、ぽん、



皆なで跳ばしました。

見かけは青い宝石サファイア、

あるいはラピスラズリなのに、

スーパーボールのようによく弾みます。

超びっくりな意外性、

本物のスーパーボールでした^^。

するとまた いじわる大王が言いました。

「おまえたちは 匂いを出せるか」

「におい?」「おなら?」

皆が困っていると

大丈夫ですよ、大丈夫ですよ、と

Img_0155
ロウバイが登場しました。

花の香りを嗅ぐと、

甘くて爽やかな春の香りがしました。

この香は小鳥たちも大好きなようで

満開に咲いていたお花は鳥たちに

ほとんど食べられてしまいましたけどね。

するとまた大王が言いました。

「おまえたちは空を飛べるか」

「凧をつくったら飛べるよ」

ということで、

凧づくりが始まりました。

Img_0159_20210122223101
組み立てて、

Img_0163_20210122223101
大きなテーブルが出来ました。


「キャンピングテーブルみたいだねー」

ほんとだ、ほんとだ^^

なんだかワクワク楽しくなってきました。

Img_0166
大変真剣な人たち

Img_0174
大好きなママのほっぺに

サザンカの赤い花びらで

頬紅を入れたところ♡


Img_0183
どれもこれも

一生大切にして壁に貼っておきたいような絵、

をハサミでチョキチョキ切って、

Img_0189
ピアニストのような指でやさしく

ボンドをつけて、

Img_0200_20210122223101
竹ひごを付けまして、

その後ろで、
Img_0199_20210122223101
どんぐりジュースを作る人。

とても薬効が高そう^^

それから、
Img_0211
バンソーコーのような押さえ紙を

形をヒントに探して貼って、


前半終了。

あとはゆっくり乾かします。

お弁当タイム。

食べ終わりますと、

Img_0212
卵の詰め込み作業。

おうち園カンパニー、テイクアウト部門⁉

瓶にワラを敷いたり、

卵を入れたり、フタを閉めたり

「あ、ぴったり」

「あれ、はいらない」

「どうしよう」

頭も手もフル回転です^^

その向こうでは、
Img_0217
「ねーどうして おさかな すくなくなったの?」

2学期中のいろいろな出来事を覚えていて

こちらもフル回転‼

メダカの餌をあげてくれました。

 

そうして、

お部屋で遊んだりしているうちに

あっという間にお帰りの時間になっていきます。

もっともっと遊びたい人も居ましたが、

凧づくりの大切な仕上げもして

お片付けもして、

やる事ちゃんとやりましたから、

さあ、お帰りの会は おたのしみ会ですよ♪

シーンと全集中ではじまった最初のプログラムは、
Img_0221
「なぞなぞタ~イム」

答えが「はな」になるものや、

「ワンピース」になるものや

「恐竜クイズ」など、出題者も次々に登場。

Img_6824_20210122223201
絵本「リュウノヒゲ」

読み終わると

「こんど、おやまでさがしてみようよ」

誰かがいいました。

ほんとだ、凧あげの日の楽しみが出来ましたッ。

Img_0235_20210122223101
「はねつき」

カーン、コーン、

いい音が響きます。
Img_0236
コン、カン、

コン、カン、


新年のお祓いのような清々しさです。


Img_0241
「あやとり」

とうきょうタワー

いつも持ち歩いていたのですね、

リュックから取り出して技を見せてくれました。

Img_0244
「たけうま」

いきなりの振りですが、

練習を積み重ねていたかのように乗っています。

Img_0249_20210122223201
おー高い、


高たけうまですッ


Img_0257
「コマ回し」


次々と

Img_0254_20210122223201
「手品なわぬけ」


繰り広げられる技を

手前で

「わ~~すごい」

と観てくれる人たちもいて、

大変盛り上がったのでした。。。

 

♪天と地と ひとつになって

♪わたしのこころに とけあいまーす

♪いのちを ごちそうさまでした

 

「ね、まだ、ごちそうさま、してなかったよね」

お友達が教えてくれて

皆で一緒にごちそうさまの唄をうたって

お迎えの時間になりました。

ありがと~ありがと~~~

 

おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>
Img_20210122_092350
ハサミの跡も 涙の跡も 

みな素敵な思い出になって

空に飛んでいきますように


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧