2017年9月13日 (水)

自然の森へ探険にいこう!

今日のおうち園は、
自然の森探険です。

久しぶりでドキドキでしたが、
みんな無事、森に到着しました。

さあ、朝の会をしてから出発です。
075
でも、
もう、どこに行ったかわかりません^^


059
「ねえ、みてみて!」
「ひこーきぐも!」

そう言っては、
子供たちが何度も何度も空を見あげます。

066
「そらに とどいちゃうよぉ~♪」

エノコログサの長い茎を伸ばして、
空を見上げる子供たち。

そうか、空に届きそうだと思って、
手も体もいっぱいに伸ばしていたんですね^^
057_2

朝の会でエノコログサのウサギを作ったら、
「めがね~」と言って、

<メヒシバのめがね>
を作ったお友達がいました。

090
「みてみてみてみてみてーーー」

と、セミのぬけがらを見つけておお喜びのお友達もいます。

089
すごい!
コバネイナゴだったかなぁ~

自分でつかまえたお友達もいますッ。

091
蛾の幼虫かな、

こんなんつかまえた人もいます^^

093
おっ、ショウリョウバッタもつかんでいます!


101
木の枝をつかまえて

「ほうちょう~」

と言っているお友達もいます♪

084
うわ~~~ッ、

頭に泥団子をふたつも乗っけているお友達まで居ました!?

012_2
と思ったら、
顔にべっとり泥をつけて
自分もザリガニになっている人も居ました^^^^

116
そうです、

ちいちゃすぎて、
なかなか釣れませんでしたが、

「あ、なにかいる」
「ザリガニだー」

というので、皆でザリガニ釣りもしました。

014
あんまり釣れないので、
自らザリガニに、、

いや人魚姫になる人たちです♡

136
丸一日、
丸ごとすっかり森に溶け込んでしまった子供たちでした。

いっぱい歩いて
お腹もすいて
お弁当をたべながらも・・・
150

<メヒシバの傘>あるいは<メヒシバの王冠>

「しゅっしゅっしゅっしゅ」
ひらいたり、とじたり。

145

<オオバコ相撲>

はっけよい、のこった!
うわ~つよいね、
7回連勝。


157
<びっくり弁当箱~中身はカラスウリ>

「えへへへへ」
何やらウヘヘヘしているので覗いてみたら、
いたずらが仕込んでありました^^。

170
<エノコログサのひげじいさん>

164
「あ、ここにも!」

174
「あーこわれちゃった、」
「つくってー」

真剣につくっている裸足のふたり。
森に棲んでるコロボックルのようです^^

178
<メヒシバのザリガニ>

「ほら、つくったよ、ざりがに~~~」

ほんとだ、確かにザリガニに見える!

永遠に遊べる子供たちでした。

182
さらに、午後はお山の上にあがり、
木漏れ日のなかで皆、木の妖精になっていました。

<おまけ>
034
帰りのお話し会は、
森のなかでお誕生日会でした。

187
全てが終わって帰りの道すがら、
カナヘビを素手でつかまえて
見せに来てくれました、ら、

まだ裸足でした^^^^

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

お蚕さんの繭の糸とり

おうち園は、今日から2学期です。
畑ぼうずさんは、何してるかな。
048
お蚕さんの繭で糸取りをしようと騒いでいます。
あれ? 一組、違うものを持っているペアがいますねー
それは、うりぼう、イノシシの赤ちゃんですよ。
いや違った、カラスウリの若い実ですよ。

012
早速、ウリボウ料理になりました。
ちっちゃいスイカのようでもあります^^

076
「きりた~いっ!」

包丁で切ってみると
とても硬かった・・・

085
朝の会が始まる前から
次々にお料理が出来上がっていきます。

007
いいでき、いいできっ!

015
さあ、朝のおはなし会ですよ。

「やあ、みんな久しぶりだね~」
「元気だった?」
『たぁのしみに してたんだよォ―――』
はちきれんばかりのうれしい答えが返ってきました。
すると、

「やあ、今日もいっぱい遊んでくれよ」
『ワー、ワ、ワワワ』
と、オオカマキリのおじさんもやって来ました^^

今日は、お蚕さんの糸取りです。
109_2
①繭の毛羽とり

もーいっこ、

皆で、ぜーんぶ綺麗にしてくれました。

020
②ハガキサイズのダンボール紙に
好きな色の折り紙を好きな形に切って貼っていきます

みんな特に考えていませんが天才的な配色。

023
③穴をあけて窓をつけました。

「しかくのちっちゃいのがいい」
「まるが いい!」
「こーいうのが いい」
125
世界の窓が開かれました。
何が見えるかな?

126
④お鍋に水と繭をいれます

わたしもいれるー
ぼくも~

沸騰したら火を消して
15分ほど浸けて柔らかくします。

柔らかすぎるとフニャフニャするし
硬すぎると糸が出づらい

036
⑤糸取りくるくる

そうそう同じ方に回すんだよぉ

030
くるくるくるくる・・・

あれ?行ったり来たり^^

038
くるくるくるくる

舟みたいだね~
「しゅ~~~」

148
⑥できあがり
続きは、おうちでも出来ますよ♪

「おなか すいた~」
「ほんとだ、もうお昼だったね!」
子供たちに教えてもらって
お弁当のじかんです。
132_2
おやつの巨峰も採りに行きました。

060
ついでに皆で植えたナスもまだ元気です。

どこ?
ここ
あったよ、
どこ?

こんな会話が延々と続きます^^

069
豊作でした。

せっせと洗っています^^

090
その後も
信じられないくらい黙々と遊ぶ人たちです。

099
と思ったら、突然、
出来上がった真っ赤なアマゾン川流域に
ベースケくんが引っ張りだされ、
川に落とされました^^!

「たすけてくれ~~~」
「キャホホホホ」
「うっひっひっひっひ」

ベースケ君の叫びと子供たちの歓声が広がります。
そうして帰りのお話し会も終わり、
今日も平和です。。。

<おまけ>
160

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

水色お空のアイ染めの日

今日のムクロジ小人さんは、
青い水色お空のプールで泳いでいました。
037

あんな水色お空で
わたしたちも泳ぎたいね~
049
さて、今日は1学期最後の朝の会です。

今日はカエルくんがどこかに消えてしまったので
恐竜くんが代わって みんなのお名前を呼んでくれました。
「はあい」
「はーい」
「はいっ」
「わん」
「にゃおーう」
恐竜くんに合わせて
イヌになったり猫になったり王子さまになったり
いろんな声でお返事する子供たちです。

056
「きょうは、どんなお話しかなあ」
というと、

アジサイのお花が出てきて
お話ししてくれました。
「わたしをぺろっと舐めて
お顔につけると
いろんなものが見つかるわよ」

ついたよー、
みて~!

そこで畑へ行ってみると
070
桃が
071
あったぁ~!

090
アイも収穫。

101
トマトも収穫。

103
こんなのも見っけ。

104
足みたいっ

自ら発掘していく子供たち。

085
こんなに採れたよ~

あれ、だれか青いトマトをもぎましたね。

113_3 「わたしも わすれないで~」
子供たちがピカピカに洗ってくれた大根お嬢さん。

なんだか暑くってきたね。
そうだ、プールに入ろう。
123
今日は、フニフニ体操をやってました^^;

フニフニフニフニ・・・

124
ホレホレホレホレ・・・

122
ウリウリウリウリ・・・

初めての体操なのに
先生よりはるかに上手な人がいますっ
125
アチョ、

119
この人たちには任せられないと
アキレス健を伸ばす人もいます^^

141
とにかく無事、プール入り。

水鉄砲やら何やら延々と遊泳した人たちです。
じっとりと汗が滲み出る大変暑い日でした。

しかし、
おっとアイ染め水色お空の日だったことを
決して忘れちゃいませんよ。
044
①もようをつけて輪ゴム絞り。

017
②アイジュースづくり

028
③そーっと流し込んで

010
④ぷにゅ~と絞って

035
⑤よいしょ、


033
よーいしょ、

021
うーんしょ、

025
どれどれ、、

148
ずらり干しています。

最初っから最後まで染めていた子たちは、
ベースケともども緑色のお手手になりました^^

そうして、
1学期最後の日は、
いつにもまして
あっという間にお弁当のじかんになり、
もう帰りのお話し会になりました。

161
今日は、
た~~~~っぷり長~い旅でした。

お庭で鳴いているニイニイゼミの声を聞きながら出発し、

いつしか舟は転覆。

みんな大変じょうずに泳いでいます。
カエル先生もびっくりですね!

あ~ところが
嵐がやってきて怖い怖い雷さまが襲ってきました。
「うごいたやつは たべちゃうぞー」
164
でも大丈夫、
わたしたちには
水鉄砲があるからねー、

プシュー
プシューー、
プシューーーーーッ、

たすけてくれ~

さあ、みんなでおうちに帰ろう。
165
夢の国でんしゃに乗って、

ゴトーンゴトーンゴトンゴトン・・・

あれ? 歯をくいしばっています^^
と思ったら、


166
笑っています。

なぜか寝ながら
ひとり百面相をしていました!?

あ~今日もずいぶん遊んだね。
184
お誕生日会もありましたよ。

小人さんが持って来てくれた絵本、
「あれ、なんにも かいてないよ」
こうやって 火にあぶると
お話がでてくるんだよ。

おめでとう♪

おーしーまいまいまいまいまい・・・

<おまけ>
205
みんなで採ったおやつ

209
フタを開けたら、スープが入っていました。
子供たちが帰ったあとのお庭より、
あそびの足跡。

146
いかがですか~♪

おいしそ~♡

207
アイの生葉染め


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

七夕プールにアカガエル先生登場!

ここ数年、
気の早い台風の
上陸予報の翌日でしたので、
開園できても 庭はめちゃくちゃだろうと
気をもみましたが、
小さく通りすぎました。
一方、九州等で梅雨の大雨が激しく降りました。

今日のムクロジ小人さんは、
七夕プールに入っていました。
002

ならば私たちも
167
お飾りをつくって笹にかざりましょう。

小さいとき、
やはり、このくらいの大きなシノ竹を父が河原から切ってきて
短冊を飾りました。
7月7日の夜、雨がふると
織姫さまと彦星さまは会えないのだと
それは理不尽な思いがして悲しかったものです。
晴天の夜は、
願いごとが叶うように
織姫と彦星を見つけて手を合わせて祈りました。
見上げると、
満天の星のなかに天の川が白い帯となって見えました。
七夕を過ぎると、
この願いごとを吊るした笹は、
家のすぐ傍を流れる白川に流しました。
今はゴミになるため流しませんが
流れていく様を見ながら
いつか天の川に届くのだろうと思っていました。

「七夕って 何をするの?」
というベースケに幼いときの思い出を話すと

「じゃあ、今日は、自分のロウソクに火をともして、
天の川の星に願い事をするように、
部屋を暗くして
ロウソクの星にお願いごとをして自分の火を消そうかっ!」

とうことで・・・
177
まずは天の川へ行くために
朝の会で
クマザサの笹舟づくり。

018
「隈笹の笹舟ハーレー」


032
転覆解体する舟も出てきたところで、
恒例の
おうち園カエル先生が颯爽と登場っ、

見事な平泳ぎ!
035
スゴイね~♪

思わず見とれています。

でもアカガエル先生、陸地のカエルなので
039
ハフ~~~、

ちょっと休憩。
オリンピックで力を出し尽くした水泳選手の佇まいです。

043
たすかった~、

こちらは今春うまれたチビガエル先生。
自力でクマザザ舟に乗っていました^^


042
よっこらせ。

貫禄先生は、帆掛け舟を見つけて乗り込みました。
しかし、舟はちょっと心もとない。

みんな、先生にお礼をいって
助けてあげよう。

でもちょっと待って、
045
水着にきがえて
体操をしてから入ろうね。

今年の体操をベー助にお願いすると

「おたまじゃくし体操」をやっていました。

クニックニックニッ、


046
手がでて足がでて・・・

まだ続きます^^^^;

073
ほら、いたよ


065
こっちは おっきいの

どうもありがとう、
また来年も来てね~~~

184
「やかんシャワ~の滝打たれ」

189
プールを早々にでてトマト採り

115
このトマトは一旦、プールにぽっちゃんと投げ込まれ、
少しヒンヤリ「プールトマト」です。

ちょうど、このとき熊本から晩柑(ばんかん)が届き、
「プールばんかん」もヒンヤリ遊泳。
これは帰りのおやつになりました。

さあ、お弁当をたべて、
紙芝居や絵本やお相撲ごっこをしていたら、
あっという間に

127_2
帰りのお話し会の時間です。

むかしむかしあるところに小さな畑があって
小さな畑には小さなおうちがあって
ちいさなおうちには小さな小人さんが、、、
1.2.3.4.5.6、、、、
今日は6人の小人さんが遊んでいました。

いつものようにお話しがはじまると、
トントントン、
だれかな?
いつものように誰か戸をたたく人がいて、
ギーーーーッ
と扉を開けると、
今日は彦星さまが立っていました。

(この彦星さまは、小さなお友達が
七夕のお飾りで作って来てくれた折り紙彦星。
そのままお話しの主人公になりました^^)


「織姫さまに会いたいのです」

よおっし、わかった!
いつものようにバタンとお布団を敷くと、
夢の国でんしゃに乗って出発でーす。

ゴトンゴトンゴトンゴトンゴトン・・・

つぎはーおりひめさまの国~おりひめさまの国~
おりる人はおきてくださーい

145
「おりひめさま~」

「おりひめさま~」

小人さんになりきって、
子供たちは やさしい声で叫びました。
すると織姫さまは、天の川の向こうに居ました。
山をのぼり、
天の川を渡り、
大冒険をする子供たち。
しかし舟は嵐におそわれ転覆。

(ここで朝の笹舟ハーレーと重なりあい、
子供たちの一日が
丸ごと物語に生まれ変わります)

万事休す、
と思ったときカエル先生があらわれて
皆に平泳ぎを伝授します。

スーイスイ、スーイスイ・・・

ようやく織姫さまの所へ辿り着き、
彦星さまと織姫さまは
ぶじに会うことができました。

そうして、みんなも一人ひとり、
お願い事をいって
星ロウソクの火を消しました。

(今に生きる 年少さん年中さんの頃は、
願いごとを尋ねるのは愚問だと感じるほど、

「今を楽しむこと」
それ以上でもそれ以外にも
なにも求めてはいない。

願いごとを尋ねると、、きょとんとして、
そんな顔をしている子供たちです・・・)


おーしーまいまいまいまいまい・・・

<おまけ>
007
小さなお友達が見つけた
絶滅危惧種のコガネグモ。
おうち園ではお馴染みの住人です。

013
そーっと、そっと、、

015
「ギボウシと西洋ニンジンボクのぷりん」
「あわあわチェリーセージ」

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

雨の日のプールとたたき染め

今日のムクロジ小人さんは、
たたき染め・こすり染めをしていました。
004_2

たたき染めをする前に
そうそう先週のビワ染めを開いてみましょうか。
011
どーんな もよう?

015
こーんなもよう!


016
シルクは ちょっと渋い色です。

017
暑い夏は、このビワシャツ姿で走り回ってほしいですね^^


030
でもまだ、今は梅雨。
朝から小雨が降っています。

今日もアマゾン川ごっこ。
もっとふーれ、もっとふーれ。

前回、みんなで雨の風にのってビチャビチャ遊び、
ゴオゴオと木の葉を揺らして吹く雨の風音を聞いて以来、

すっかりカッパな雨一族です!

194
そのまんま野菜採りに行きました。

019
ほら!

029
みんなで こおんなに採ってきました。

040
どうせ濡れたし、
プールロードを初開き。

072
最初はみんな
そーっとそーっと
おっかなびっくりで入水していましたが、

じゃぼじゃぼ歩きや
カエル歩きや
水かけごっこをしているうちに、
どんどん水に慣れてきて、

小石やビー玉を
各自バーゲンセールのような
ものすごい勢いで拾い集め、

最後は水鉄砲大会!

「パシュ~~~ン」

073
最初っから最後まで笑いどおしです^^

お腹もすっかりペコペコです。
110
「トマトきりたーい」

と、ミニトマトを半分にしてくれる人たち。
けっこうムヅカシイ。
でもとっても美味しそうに切れたので
これは、
お誕生日会のおやつにしました。

113
好きな葉っぱやお花をのせて
「たたき染め・こすり染め」をしました。

小石で トントンたたいたり、すりすりしていると
生葉の色素が布に移ります。

「きいろー、なんでー、きいろー」
と布に移った花の色を何度も指さして
ふしぎそうにしている子も居ました^^


134
できたぁ~

146
できたよ~


そうしてたっぷりたっぷり遊んでいるうちに
夢の国でんしゃに乗るのを忘れて、
176
お誕生日会になりました。

おーしーまいまいまいまいまい・・・

<おまけ>
102
草むら たまごみっけ!

077
最初に入って最後まで入っている人たち。

142
お料理しながら
お鍋も掃除している人


088_2
ビワ染めの麻のハンカチに
布クレヨンでお絵かき。
みんなから 産まれたばっかりの赤ちゃんへ。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

雨の日のビワ染め

090
今日のムクロジ小人さんはビワ染めをしていました。

081
ならば、ぼくたちも ビワ染めをしよう!

082
いや、それはドクダミだよ、畑ぼうずさん。

しかし、
外は雨。

しとしとしとしと・・・

009
うーうん、へっちゃら、

フキのひしゃくで 水汲みしちゃうもんね~

119
よいしょ、こらしょ、

あーいそがし、いそがし、

116
川のゴミそうじしてまーす!

落ち葉をひろって流れるようにしました^^

114
さっさかさっさか、

今日はホウキに夢中!

118
笹舟も流しました。

雨のアマゾン川アマゾン号、、いざ出航。

108
ジョボジョボジョボ・・・アマゾン川貫通しました!

今日はいくらやっても叱られません^^

109
あーふねが・・・

転覆して泥だらけになった舟を救出していました。
こんなに長生きした笹舟をいまだかつて見たことがありません^^

011
思う存分遊んだ気がしますが、
朝の会が まだでした。
しかし べーこは、もう既に
一日が終わったかのように乱れています^^

てぶくろ白ちゃんが 桃色になりたいと言っています。

022
そっか、それじゃあ、

みんなの布も 染めちゃおう。

026
ゴムをはめて

(かけてくるっ、かけてくるっ、かけてくるっ・・・もうマスターしました!)

023
くるくるくるくるくる・・・

017
あれ、てるてるぼうずに なったよ。

038
こっちは、めっちゃなが~~~~~い!


041
あれ? こっちはめっちゃ長いセンタクバサミ。

134
①ビワ葉切りもスタート。

みんながおやつに食べた枇杷の木は、
草木染めにも使えます。
ビワの木さん、ありがとう♪

135
②煮込みます。

すごいです、
皆、ハサミを使うのがとっても上手で
お鍋いっぱい切ってくれました。

075
③煮汁をこしました。

沸騰して弱火にして15~20分。

147
④布を入れます。

布は呉汁染めなし、染液は媒染剤もなしです。

152
泳ぐように かきまぜます。

076
⑤煮染めスタート

沸騰したら弱火にして15~20分して消火。

さあ、どんな色に染まるかな?

帰りのお話し会では、真っ黒いカラスが出てきて
ビワ葉風呂に入り、
ビワ葉染めして、

「何色になった?」と聞くと、

「なないろ」と答えた子が居ましたね♡

さあ、どんな色に染まるかな?

おーしーまいまいまいまいまい・・・・

<おまけ>

001_3
⑥一晩おいて翌朝の色。

001_2
⑦もう一回煮て、もう一晩おいた翌朝の色。

002
これは、1回煮染めの麻のハンカチーフ。

004
これは、2回煮染めの 着古しのシャツや 新品の布。

どれもよく染まりました。
こんなにイメージ通りのビワ葉色になったのも初めてかも!!!!!
乾くと、また違う落ち着いた色合いになりますけどね。

123
ちなみに これは 泥の水玉染め♪

094
ちなみに これは 畑ぼうずさんのおみやげの
「たぬきの傘」


048
ヤモリさん、

054
おいで、

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

うめのみとり

今日のむくろじ小人さんは、梅の実とりをしていました。
003

この日は珍しく絵本をはじめに読みました。
その名も「うめのみとり」
005

そこで、
152
みんなも「うめのみとり」♪

157
おーあったね!

158_2

と思ったら
「ウメエダシャク」をつかまえました^^

ウメエダシャクはシャク蛾で、
小さい頃はシャクトリムシです。
154

梅の実の黄色くなる
まさにそのとき、
「もう梅干しを漬けるころですよ」
とわざわざ庭先まで来てくれ知らせてくれます。
さらに梅林の下を数十匹で乱舞する姿は
酔いそうになるほど幻想的です。

161
お、こちらは
「かたつむり、かたつむり、、、」
とかたつむり坊やです。

梅も拾いますがカタツムリも拾います^^

170
「あそこ!」
「え? どこ」
子供たちが教えてくれます。
目がいいですね。

長い竹の棒で
実をつついて落とします。
いよいよ本格的になってきました。

こおんなに
189
拾いましたよ。

じゃぶじゃぶじゃぶ、、、

182
これは「へそのゴマとり」

こちょこちょこちょ、、、

068
そうそう田植えもしたり、

226
ナスもとったり、
キュウリもとったり、

なんだか今日は皆、大活躍!???

230
なんてったって
全員、言われもしないのに
「きりたーい♪」とキュウリを切りだし、
あまりの早業にカメラに収まらない子も居ましたし、

241
初めは指を切りそうに見えたのに、
トントントントン・・・・・調子よく1本丸ごと
キュウリを切ってくれました。

245
その甲斐あってか、
お弁当のじかん、
キュウリはあっという間に売り切れ。
ナスの0味噌汁も見事な飲みっぷり!

「おかわり~」
「もう3ばいめだよ」

196
とすっかり働き者のようですが、
おうちの中ではがむしゃらに遊んでいます。

「おてだま羽子板」です。

いったい子供たちは
いつ休むんでしょう???

081
梅の実をはかって

100
しゃかしゃかしゃか、、、

「むくろじの泡だて」
梅仕事には特にカンケーありません^^

115
梅の実漬けて、

お塩は、いつも梅の重量の10%にしています。

119_2
できあがり~

この後、畑に自生する赤紫蘇の大きく育つ7/5頃、
アカジソを漬けこんで色をつけ、
梅雨明けの7/20ころ、3~4日、土用干しをして
完成です。

128
帰りのおはなし会では
夢の国でんしゃにのって、
「うめぼしの国」へいきました。

みんな梅の実になって
ころんころん
でんぐり返りして
カメの中に入っているところ。

ベースケのお話しはいつも即興なせいか、
実にヘンテコ、
しかし全体的にツジツマが合ってます・・・

133
重石をされているところ。

とにもかくにも めでたしめでたし

おーしーまいまいまいまいまいまい・・・・

<おまけ>
134
初めて全員そろって食べたおやつ

いただきものです^^

ミショウカンかなあ?

249
これも実においしい畑のおやつ

「メドゥ―セージの花の蜜」


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

じゃがいも掘り

104_2
今日のムクロジ小人さんは、

103
じゃがいもを掘っていました。


すると朝のおはなし会に
じゃがいもくんが出てきて言いました。
001_2
「ぼくのなまえは おはなちゃん」


108
「えー! ちがうよ、ちがうよ、
おはなちゃんは、わたしよ!」

「じゃあ、ぼくのなまえは はっぱくん」

「えー! ちがうよ、ちがうよ、
はっぱくんは、ぼくだよ!」

どうもじゃがいもくんは
自分の名前を忘れてしまったようです。
すると
110
じゃがいも君にそっくりな石のお父さんが出てきて言いました。

「きみは、じゃがいもだよ」

001_3
「そうか、ぼくはじゃがいもか!

ぼくの仲間はどこに居るんだろう?

空かな?

水の中かな?

土の中じゃない?

ということで
じゃがいもくんの仲間をさがしに行くことになりました。
025_2
じゃがいもくんは、ここだよ。

うんしょ、

034
こらしょ、

119
どっこいしょ、

「できなーい」
てつだってあげて
「うん」
たのもしいお兄さんになってます^^

013
ぬけッ

047
たぁーーーッ


015
ちっちゃい あかちゃんジャガイモもある・・・・

076
よ!

よよよ、あれれ、これは、コガネムシだぁ!

077
ナベにいれて、

たいりょう、たいりょう~♪

(この後、道の途中でひっくり返しますが
にっこにこで拾い集めるふたり)

163
はこびまーす♡

えっさほいさ、えっさほいさ、

そうして今日のおやつは
236
蒸した「ちびじゃがいもくん」でした。

いのちをいただきます。

おーしーまいまいまいまいまい・・・・

<おまけ>
180
カシワバアジサイ「ハーモニーぱふぇ」

181
ジャガイモ掘ったあと、
「落とし穴づくり」にいそしむ人たち


195
たまたま畑を通りかかり
「だいこんぬき」「きゅうりとり」

(このあと、ダイコンをせっせと洗います^^)


200
きゅうり切りたいと走ってきた調理人

(このキュウリは 
お弁当のじかん、あっという間に完食されました。
皆が植えたキュウリです。)

206
だいこん切りたいと 次に来た調理人

(この大根は辛くて辛くてしょうがないのですが
生で食べられる強者もいて
醤油をつけると辛味がやわらぎ、
見事、まさかの完食!)

084
草むらに産んでいたコッコちゃんの卵

庭で野生化しています^^。

093
その卵をひろった人

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

呉汁染めの日

今日のムクロジ小人さんは、
白い布を
大豆で呉汁染め。
草木染の下準備をしていました。
035

そこで、
006
大豆に水をいれて
ミキサーにかけて呉汁をつくり、

007
呉汁を布でこして、

047
布を入れて

009
ぐじゅぐじゅぐじゅ

088
しぼって干しました。

と、ここまで
あっさり終わっているようですが、
全くそんなことはありません^^

まず、ミキサーを回して
ゴーゴー呉汁を作っているときに、
皆なもお庭のなかをゴーゴー回って、
なんとなく住みついてくれたらしいミツバチ家族の巣箱まで
走っていきましたし、

041
こんなお料理や

045
こんなお料理が

「大豆ちゃわんむし」?

077
こんな人の手によって
作られていきました^^
し、

061
みんなでビワの実とりをして、

073
ビワ洗いもしましたね。

それから
おべんとうを食べて
けんか祭り(もみくちゃお相撲ごっこ)もやって

そうして
「おおかみと七ひきのこやぎ」を読んで
七ひきのこやぎかくれんぼごっこもしました。

あーこわかった!

そうして最後は
やっぱり、
夢の国でんしゃに乗りましたよ。
080

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
039
ミツバチの巣箱の奥に生えている
桜の木の 高い所のさくらんぼの実を 
「あ、あそこ!」と
自ら見つけて、

「ほらー!」
と汁を見せてくれました。

前回やった
さくらんぼの実のお絵かきを覚えていたんですね、
そこで
紙をわたしてあげますと、
040
「おにんぎょ~~♡」

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

どくだみ茶づくり

004
今日の畑ぼうずさんは、
ドクダミのお花を抱えています。

朝のおはなし会では
お花の国にドクダミの花が咲きました。
ドクダミの花は、
皆から「くさい、くさい」と嫌われていましたが、
あるとき、みんなが、お腹が痛くなったり痒くなったときに
「わたしをお茶にして飲んでください」
と言いました。
いわれたとおり
お茶にして飲んでみると、
皆すっかり良くなりました。

そこで、みんなで輪になって どくだみ茶づくりをしました。
015
シャカシャカシャカ・・・
079
袋にいれます。


それから
084
大根を

094
ぬきまして

024
切りまして、
017
抜きまして

028
切りまして、
093
抜きまして、
041
どんどん切りまして

大根サラダにしましたよ。

135
ちなみに、これは「お花のてんぷら」

007
ちなみにこれは「ヘビイチゴのつぶつぶ水中遊泳」

105
ちなみにこれは「おやつ採り」
クワとカジイチゴです。

035
ちなみにこれは「木のぼり隊」

ところで今日は、みんなで
そのお蚕さんの家づくりをするつもりでしたが、
いつもながら一日はあっという間で
そこまで行きつけませんでした^^

143
でも帰りのおはなし会では、

149
みずから繭に変身して
スッポーンとぬかれましたよ。

おーしーまいまいまいまいまい・・・


<おまけ>
160
今日のおやつ「クワとカジイチゴ」

141
こちらは
そのクワの葉を食べて大きくなったお蚕さん。
002
もう繭になったお蚕さんも居ます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧