2020年10月21日 (水)

安行ねんどこねこね

今日は小さな畑のおうち園です。

毎朝、空気の質が微妙に変化していきますが、


今朝は冷たい空気が空まで到達したような聡明感があり、
そのせいか朝は雲ひとつない青空、
今季初の秋晴れの一日でした。

だからかな、
Img_7844
とちのきギツネさん、

が山から下りて来ました^^

Img_7850_20201022154301
朝からパフェの完成度も高く、

やまぼうし爆弾
かんとうよめなパラソル
おおばこスティック
いしみかわシード
あかつめくさ漬け
みぞそば粒々などなど・・・

の秋仕込みです♡
Img_7914_20201022154301
貝スープまで

おいしそ~~~♪



さらにコッコちゃんたちへも大サービス
Img_7855_20201022160001
残りご飯のまぶし混ぜごはん

アサは大好きでよく食べます。

また更には、
Img_7852
「ふんそうじするぅ」

と、鶏舎小屋を自発的に
せっせと掃除しはじめて

Img_7856
鶏舎小屋にすっぽり馴染んでしまった
達人まで現れましたッ‼



むくろじ小人さんも
今日は一段と活動的で

Img_7838
安行ねんどで

お山をつくり

山登りしていました^^。

 

さあ、わたしたちも朝の会です。

Img_7871
むかしあるところに
ねんどがありまして
ねんどはずーっとねんどで
これからもねんどのままだと思っていました。

ところが 
ある日ねんどは、
ごろんごろんと動き出し
ころころころと丸くなり、
旅にでました。

すると男の子がいて
小さな島に行きたいと言いました。
そこでねんどは舟になり、
海をわたって島につきました。

Img_7875
すると男の子が
暑いと言うので木になって
寒いというので家になり、
こんどはお姫さまに会いたいというので
翼竜になって空をとび、
お姫さまを見つけました。

さあ、
男の子とお姫さまの
結婚カレーパーティーです。
ねんどは大きなお鍋になり
おうち園の皆なに
じゃがいもやにんじんやたまねぎを
つくってもらって、
美味しいカレーになりました。
Img_7879
もぐもぐもぐ・・・

お鍋は残ったカレーを
ぜんぶきれいに食べてしまいました。


うまい、うまい、

お話しのろうそくをフーっと消して、
いざ、安行ねんどこねこねです。

Img_7887

はじめに、ねんどを切ります。

糸を二人でひっぱって、

Img_7897
「てに くっついたよ」

Img_7904
「とうこつ」

頭骨???

粘土から遺跡を掘り出しているような真剣さです。



Img_7907_20201022154301
「おはな」

いっぱいいっぱい♡

Img_7900_20201022154301
幻の「くしだんご」と「ねこ」


次に見たときは
跡形もなく消えていました。
幻の猫、いや犬、狼?です^^!

Img_7909
「きょうりゅう」?

完全にワープしています^^;

そうして最後まで
こねこねしていた二人は、
Img_7918_20201022154401
「もりのひと」?



Img_7919

「ブレスレット」

縄文遺跡を復刻再生しているかのような細かさです^^

その頃、
家の中では・・・
Img_7925
なんかロープの張られた謎のお城が光っていて

覗くと
Img_7926_20201022154401
ケラケラケラケラケラ・・・


モグラの巣? 
いや、お風呂かな?

「ねるへやだよ~」

一体、設定はどこなのか??

そしてすぐ後ろには
Img_7928
車を滑車にしているんでしょうか、
それとも吊り上げているのか、

車は走らせて遊ぶものとばかり
思っていました・・・


Img_7932
そして磁石な人は、

このふたつの予想外の動きを発見して
感心しているところです^^;;

そして外では
Img_7972
入口で
本格看板を作ろうと
永遠に試行錯誤の人が居ました^^^^

隣には
Img_7933_20201022154401
あまびえ?


なんだろ、
ものすごく妖怪っぽいヘアースタイルの粘土さんが誕生して
お出かけした先で

Img_7939
他の粘土仲間と遊んでいました^^


そしてまだ

Img_7955_20201022154401

中央空間には
縄文な亀を制作中の人が
時をこえて居ました^^!

それからようやくお昼となり、

昼食後もまた今日は
それぞれにそれぞれがそれぞれらしい事をして
お庭や家の中で過ごしていました。

単純に、
蚊が
一気に減ったせいもあるかもしれませんね。
Img_8007
わあ~あ~あ~あ~

Img_8011
キャハハハハ・・・

長くなった足が

ブランコからこぼれ落ちて

地面に着くものだから

冷たい足湯にはいって笑い転げたり、

Img_8025
「パンケーキ」を焼いて

シロップをつくったり、

Img_8032
赤い秘薬を時間をかけて煮詰めて

Img_8029
「じゅーすやさん」


の看板を出して、
それを飲んだべーすけさんは、

ゲコゲコゲコ

とカエルになってしまったり、

Img_8021
ほんとにカエルみたいな人が居たり、

Img_8054
とうとう看板も出来ましたッ

ただ微妙なバランスで立っていたので
この後くずれてしまったのですけど、
それでも素晴らしかったですね♪

Img_8073
ごと~んごと~んごと~んごと~ん

 

夢の国でんしゃに乗って
「ねんどの国」へ行きました。

 

今日は本当にたっぷりたっぷり遊んで
寝てしまいそうでした^^^^^^

おーしーまい

 

<おまけ>
Img_20201023_085328
2週間前にまいたダイコン。
本葉が伸びてきました。

夜な夜なダンゴムシの赤ちゃんたちに襲われて
葉っぱがかじられています^^;


Img_8081
出来た粘土の数々

Img_7961
「おにいちゃんのかお」

ぜんぶ一人で作りました。

Img_7966
「ぱんけーき」?と「エネルギーのゆびわ」

Img_8056
「あそびの足跡」

Img_7977-2
じゃーーーんぷ



帰りの会
<ねんどの国>のおはなし

むかしあるところに
ちいさなはたけがあって
ちいさなはたけには
1.2.3.4.5.6.7人の
こびとさんが遊んでいました

すると
森から声がしました
「なんにでも変身できる
ねんどの国へ来てください」
そこで
大きなふとんをばたんとしくと
夢の国でんしゃに乗ってしゅっぱつでーす

ごとーんごとーんごとーんごとーん
つぎは~おうちえん~おうちえん~
おりるひとは おきてくださーい

(子供たち全然起きないので)
ねんどの国では
ねんどの王さまと変身くらべをすることにしました
まずはころころころころ 丸い玉

おーうまいなぁ まるで本物のボールのようだ

それじゃあつぎは  にゃんにゃんにゃんにゃん ねこだ

うおーねこだ!

それではこんどは ぱたぱたちょうちょだ

うーむ、それでは リンリンリンリンじてんしゃだ

まいった、しかし、こんどはぜったいなれないだろう、だんごはどうだ

小人たちがだんごに変身すると、

そこへ鬼がやってきて

うまそうな団子だな~

けれども、なんかちがうな~

これはどうかな、これはどうかな、これもちがう、おかしいな~

せーのせーで わ~~~~~~~~

ねんどの国の鬼もおいはらって

また夢の国で大活躍をした小人さんたちは

ごとーんごとーんごとーんごとーんごとん・・・・

♪おおきなゆめのまくら たのしいゆめがみれますように
♪ちいさなゆめのまくら やさしいゆめがみれますように
♪ららららららら ららららら

おうちの人がもうすぐ迎えに来るおうち園へ帰って行ったのでした。

もうすぐおうちえん~おうちえん~

おりるひとは おきてくださあ~い

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年10月14日 (水)

糸車をまわそう!

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_7717
今朝はムクロジ小人さんが
糸をつむぎ、
毛糸で蜘蛛の巣を作っています。

というのは数週間前、
Img_7732_20201015161001
「ねーこれ、いとぐるまでしょう?」
「これ、やろうよ!」

と、おうち隊員の人が
部屋の隅の糸車を見つけて
「やってみたい」
と出してきたからでした。

今朝のお話会でも
おじいさんとおばあさんが出てきて言いました。


「朝晩さむくなって
もうすぐ冬が来るというのに、
ヘーックション、
わしらは寒くてしょうがない」

それでは気の毒とばかりに
おうち村の小人さんたちは
おじいさんとおばあさんのために
糸をつむぐことになりました。
糸があれば、それで
お布団や帽子やくつ下やマフラーを
編めますからね。

①まずハンドカーダーの上に、
Img_5686_20201015161001
好きな色の
ふわふわ羊毛、
ひつじさんの毛を選んで乗せて、

「これと これと これと…」

「ピンクはこの前、
ヨウシュヤマゴボウで染めた色だよ」

今朝もお庭の洋種山牛蒡の紫色の実で
遊んだばっかりです。

②しゅわっ、しゅわっ、
Img_5680_20201015160901
やさしく梳きます

③更にふわふわ、自分色になった羊毛を
Img_7737
ころころ棒に巻きまして

(巻かなくても梳毛糸として紡げますが、
楽しいので巻き巻きして紡毛糸にします)

Img_7742_20201015161101
すぽん、

抜きました♪



④このふわふわ毛虫(ローラッグ)を
Img_7744
糸車でつむぎましょう。

「まわるよ!」

糸車隊長が試運転をしてくれています^^


Img_7757_20201015161001
ころころカタカタ・・・・

ころころカタカタ・・・・

「自転車みたいだね~」
「〇ちゃんは、自転車のれる?」
「まだ」
「〇くんは?」
「のれるよ」

踏板をふんでいます。
羊毛がくるくる回転して
丈夫な糸になっていきます。

⑤紡いだ糸を
Img_7759
指に巻きました。

「ぬけない」

きつく巻き過ぎたお友達も居ます^^;

「もっと つくっていい?」
「いいよ」
「いっぱい つくる、お兄ちゃんのぶんも」



〇ふと見ると部屋の隅には
Img_7743
看板をつくる人

本日は「糸車工場」でした^^^^


〇またふと後ろを見ると、
小さなお友達が
小さなお友達に
羊毛の梳き方を教えてくれていました!!!!!

Img_5672
こーやってもつんだよ

Img_5673
そうそう、



Img_5674_20201015160901
できたぁ♡

本当に
信じられないことに本当に
一瞬で覚えてしまうのですね、、

方法はいろいろあると思います。
これからも
自分でいちばん良いやり方を
工夫して見つけていってね。

⑥さあ、紡いだ糸で作りましょう!
Img_7769
何が出来るかな?

糸を二つ折りにして
半分のところを持って、
手を離すと、、、
Img_7772_20201015161101  
くるくるくるくるくる・・・・・・

毛糸のそれぞれの撚りが戻る力で
お互いに巻き付き
2本の糸がより丈夫な1本の毛糸になりました。

Img_7778  
それをシンプルな首飾りにして
見せてくれました♪

選んだ色が似合っています。

水色はアイで染めた色
実色はコブナグサで染めた色です。

別のお友達は、
Img_7773  
「これにする」

おにぐるみや 
かしぐるみや
ひめぐるみを持ってきて、

穴をあけて
糸を通して
Img_7777  
三種のネックレスにしていましたね♡

Img_7764  
棒にまきつけて
Img_7780  
ドリームキャッチャー蜘蛛の巣を
熱心に作ったお友達も居ました♪

それから

「糸のままがいい」人や
「なが~い糸」を作った人や
「じぶんでやる」と自分だけで作った人、


こだわりのオリジナル毛糸が出来上がりました。

そうしてあっという間の一日が過ぎていきます・・・
Img_5682_20201015160901  
「糸車工場」の看板は、

いろんな色羊毛が描いてある
素敵なすてきな看板でしたね。

お弁当を食べた後も
糸車工場で働いた人も居ましたし、

おやつの
Img_5704
落花生堀りに行ってくれた人も居ました。
Img_7797  
掘って、
Img_5710  
洗って、
Img_7813_20201015161201  
おやつになりました。
Img_7816  
カリッ、


そうして最後は
Img_7802  
お誕生日会でした。
6歳のお誕生日のお友達が二人いましたから、
プレゼントがいっぱいでしたね。

おめでと~おめでと~

おーしーまい

<おまけ>
今日はいつになく真面目に働いて
手仕事感がたっぷりありましたが、

そんな日であっても
Img_5694_20201015161001  
庭鳥のアサとおーちゃんに
おやつの熟し柿をあげてくれたり、

Img_7719  
どうしたわけか、
真夜中のような暗~い絵になってしまった黒板絵に
青い色を塗って
せっせと空を明るくしてくれたり、

Img_5637  
ヨウシュヤマゴボウの実で
パフェのソースを調合してくれたり、

Img_5646  
美味しいスープを作ってくれたり、

Img_5713  
落花生にそっくりな石を発見して

「ピーナッツの化石だ」

と超真剣な笑わない遺跡発掘師も誕生したのでしたッ!?

Img_7823
先週、まいた大根さん、
芽が出ました!

| コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

秋の宝物さがし

今日は小さな畑のおうち園です。
お山へ秋の宝物さがしに行きましょう!
Img_7488
秋雨前線と台風14号が来る前の
白い雲の一日でした。

赤とんぼは来ているかな。
どきどきしながら田んぼへ行くと、

Img_5559
居た!
アキアカネが交尾をしていました。
田んぼに刺した竹の棒に停まっています。

田んぼでヤゴから羽化した赤とんぼのうち、
ナツアカネは里に留まりますが、
アキアカネは遠い涼しい山へ避暑へ出かけてしまいます。

そして秋の風に乗って
また再び里へ下りてきます。

たくさんは居ませんでしたが、
とんだり とまったり
とんだり とまったり
楽しげに秋の深まりを告げていました。
Img_7490_20201008113201
つかまえたッ!
秋の風をキャッチしましたね^^

朝の会をして
Img_7495
ひとつぶのお米をいただきました。

田んぼから稲穂を採って、
玄米を噛みしめました。

あまい?
おいしい、
う~ん、

味はどうあれ
お山たんけんのパワーが充電されました。

なんと
Img_7502
まだ栗も落ちていました。

足で抑えて
そーっと
そーっと
皆それぞれ慎重にトゲと向き合い、
栗をゲット、

また少し進むと、
Img_7528
柿もみっけ、

お弁当のあとのデザートにしましょう♪

もすこし進むと、
Img_7515_20201008113301
キンモクセイの香りに
クレマチスのモフモフの種に
何やらわからぬ小ちゃい葉っぱ、

「これ、おふろのにおいでしょ」
「ね、これ、みて、」

Img_7507
サザンカの実やタネも、

Img_7512-3
カラスウリも、

朱色になる前の
まだ緑色のしましまカラスウリ

うり坊そっくりッ!

100m行かぬ間に
あちこちいっぱいの秋です。

ようやく
Img_7530
お山の神さまにご挨拶。
お山の神さまは大ケヤキの所です。

「こんにちは~」
「おはようございーす」
「あそびにきました」
「今日一日よろしくお願いします」

Img_7536
いっぽんばしをわたり、

おーとっと、

Img_7539
自力でのぼり、

よいしょ、
よいしょ、

Img_5576_20201008113201
たすけたり、
たすけられたりしながら進みます。

Img_7541
ちいさな親友?
の手をしっかと握り山頂を見上げます。

ともに高みへと昇ることを決意した後姿・・・

Img_7546_20201008113301
「これにつかまって~」
「おーい、はやく~」

ありがと~ありがと~

この後、無事、
登頂成功しましたが、
とつぜん

「たすけてー」

行ってみると
靴が泥にはまり、
脱げたまま75度はあろう急斜面に
ずるずる引っかかっていました^^;

そのようすは脳裏にのみ残し
救出へと向かいました。

そのころ、
Img_5578_20201008113201
先発隊は
蚊の猛攻撃に耐えつつ、

顔をはらい
肩をはらい、

先へと進み、

Img_5582_20201008113201
かぐや姫通りを南下し、

Img_5585_20201008113201
大きなカリンを拾ったりして
待っていてくれました。

おかげで
Img_7559
後発隊もぶじ
光のトンネルを通り、
覚醒への道を急ぎます。

「あれ、みんなのこえがする」
「ほんとだ!」

姿は見えませんでしたが、
その言葉どおり
Img_7561
出口では
先発隊が
セイタカアワダチソウや
イヌタデ(アカマンマ)の花束で
出迎えてくれました。

セイタカアワダチソウは虫媒花です。
花粉症の原因とされるオオブタクサは風媒花です。
よく混同されますが、
セイタカアワダチソウの花はハーブティーになります。

合流してさらに先へ
Img_7565
もう両手が
秋でいっぱいです^^

さらに先へ
 
すると、
Img_5586_20201008113201
銀杏みっけ、

ギンナンは
5歳以下の幼児さんは中毒があるので
食べないほうがいいとありました。
食べても1~2粒だそうです。
大人でも人によって違うようなので
自分の限界を意識するのは何事も大切ですね。

そしてとうとう
上の神社広場へ到着しました。
Img_7588
シーソーに

Img_7596
かけっこに

Img_7602
ブランコデュエットに

二人で大声で違う歌を同じ表情で歌っています^^;;

 

Img_7592
力尽きたカマキリを見つけ、

休憩どころか
まったく疲れ知らずの人たちでした。。。


お弁当を食べて
ゆっくりしたのも束の間、
また遊び出す人たち、
そこで

今回は
違う道をとおり探険の帰路につくと

Img_7658
はじめてのお寺が、、、

あんまり静かでひっそりとしていたので
Img_7660
ようやく

休憩させてもらい、

ほっと一息ついたのでした^^^^

実はこの裏は
いつものお山であったことが判明、
Img_7665
うれしくて

Img_7667
うれしくて

無謀にも
駆け降りていったのでした(汗)

もうすぐそこに
おうちの人が迎えに来てくれています。

ただいま~~~~~~~~~~

おーしーまい


<おまけ>
Img_7627_20201008113501
「これでね、こするんだよ」

蚊にさされたところを
マテバシイのどんぐり笛ネックレスで
こすって治す、
という技を編み出していました^^

今年の蚊は
コロナの毒消しかと思うくらい
数と痒さが半端なく・・・

Img_7632
サンゴジュの二人

味を確かめる探検隊、
強い毒はなさげですが
魚の漁に使用されたとか、
食べ過ぎは禁物ですね。   




 

| コメント (0)

2020年9月30日 (水)

稲刈り

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_7438
畑ぼうずさんが
「稲刈りをしようよ」
と言っています。

それから
「大根のタネもまきたいな~」
と言っています。

おっとその前に、
Img_5450
彼岸花の
ポキン、すいーっ、
ポキン、すいーっ、

ようやく彼岸花も咲きました。
田舎では曼殊沙華と言っていました。
その響きと姿に今でもこの花を見ると
魔法をかけられたような気になります。
球根の強い毒性は墓守りの役目となり、
飢饉のときには毒抜きをして食糧となり
生きている人も救ってくれるとか、
まさに彼岸から救いに来てくれたような花です^^
Img_7293_20201001141701
「せんこうはなびだよ」

Img_7297
こっちは「うちあげ花火」かな

茎をポキポキして「てんぷら」っても言ってましたね^^


Img_7306
途中で茎が折れても大丈夫、

「ブレスレット」になり、

Img_7303
ネックレスや お花カチューシャ

になりました♡

朝のお話会では、
おじいさんが
おにぎりをたべたいと泣きます。
おまけに、おにぎりは 何で出来ているかも忘れてしまったようです。

「おこめだよ」

とおうち村の小人さんたちが言いました。

そこで
Img_5461
ざっくざっくざっく、

小さなコンテナ田んぼへ行きました。


(少しなので手袋を忘れてしまいました、、、
手袋をはめると安全で作業がはかどります)

Img_7322
はこんで

Img_7324-2
結わいて、

荷台にのせて運びます。

ほぼ子供たちが刈り取ってくれましたッ!
おうち村のお百姓さんたちの頼もしい連携プレーでした。

Img_7372-2
はかまを落として

束にしたのは べーすけ爺さんでした^^

奥では数限りなく御馳走が並べられています。

Img_7440
はざかけしました。

例年軒下に干していると
雀につつかれて仕方ないので
移動式の鉄棒にしてみました^^

それから
Img_7327
これはなあに?

だいこんのタネだよ
寒い冬のお味噌汁に入れて食べたいね~!

Img_7351
ぽとん、ぽとん、ぽとん、

どうやってまくの?
小指の頭くらいづつ離して蒔こうか。

「4~5つぶまいてねー、
あとから 1こにしてもいいよ」

「1せんちはなして まくんだよ」

点まきや 筋まきの方法を教えてくれたお友達も居ましたね^^

Img_7356
やさしく土のお布団をとんとんとかけてくれまして、

Img_7358
そのとても初めてとは思えない後姿を
よおっく見ているお友達も居まして、

Img_7363
何も言わないのに
お水をかけてくれるお友達も居ました。。。

その横では
Img_7334
茄子ジャングルのなかを
器用に探し回って

Img_7348
みんなで こおんなに収穫しましたッ!

赤ちゃん茄子も混じっていますが、
すごい、すごいッ

Img_7370
洗って切って、

早速お味噌汁を作ってくれているところ。

Img_7366
外があんまり賑やかだからでしょうか、

エンマコオロギが穴から覗いていました、、

Img_7373_20201001141501
「つかまえてー」

茄子のヘタで釣ったら、

ということになり、
釣り人が釣り竿に茄子をくくりつけはじめました。

小さなお友達の分も作ってくれています。

Img_7378
しかし、どこにか消えてしまい、

Img_7381
靴おき場ごと持ちあげました^^

あともう一歩でつかまりそうなところを
逃がしてしまい残念がっていたら

ちょうど「昆虫図鑑」を持ってきたお友達がいて、

靴置き場の下にいた
ハサミムシやら エンマコオロギやらを
調べることが出来たのでした。

世の中、
すべてカンペキなタイミングで回っているようです^^!

Img_7399-3
そうこうしているうちに
お味噌汁も出来ました。

暑い日で大人二人しか飲まないかと思われましたが、
Img_5490
約1名、お代わりをして飲んでくれた人です。

今日は農作業の日でしたが、
その合間にも

Img_7409_20201001141501
何でも売ってある魔法のような
お店ができたり、

奥は病院です。

Img_7388
黒板に
お星さまがいっぱいいっぱい光ったり、

Img_7286-2
「ぐらぐら相撲」や

Img_7394
お山をつくって
トンネルをほって
水を流したり、

Img_7423_20201001141501
上から下界を眺めたり、


Img_7420
閉店のお片付けも
皆でちゃんとやりました。

そうして
本当に久しぶりに、
というか
今年度は初めて
Img_7426
帰りのお話会をフルコースでしました。

夢の国でんしゃに乗りましたからね。

ごとーんごとーんごとーんごとーん、

つぎは~おうちえん~おうちえん~

おりるひとは起きてください

うーん、懐かしいフレーズです。

おーしーまいまいまいまいまい・・・・

<おまけ>
Img_7442
皆が帰った後、

アサと オーチャンに 新米をプレゼント♡

アサは穀物、種子食系ですが
オーチャンは意外に昆虫食系です。
動きの速いオンブバッタや蚊まで良く食べます。

チャボや烏骨鶏以下の大きさの庭鳥は、
ニワトリの餌を買わなくても賄えたのは
それも一因だったのかもしれません。。。

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年9月23日 (水)

くるみ工場

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_5345
栗やクルミの季節になりました。
畑ぼうずさんも大喜びです。

Img_7116_20200924132301
本日の食材は
ムラサキシキブや シロシキブ、
ヒヨドリバナや フウリンガマズミ、
それからイガイガ付きの栗坊主。


Img_5346
来た人から足でつぶして、

Img_7120_20200924132301
そーっと栗のとんがり頭をつまみ出します。

何しろトゲがささると大変痛いですからね、

朝の会では
おじいさんおばあさんが出てきて言いました。
「むかし小人が くるみをひろって
くるみ工場をやっていた、
と聞いたことがある
それを見たいもんだな~」

それをきいたおうち隊員の人たちは
おじいさんおばあさんを驚かせようと
くるみ工場をひらくことにしました。

Img_7143_20200924132401
まずは、落ちているクルミをひろって
足でつぶします。

知ってか知らずか、
ブランコにのってクルミの木をゆらし
実をふるい落とします。

「もっと、つぶす~」

クルミがなくなると
もっと欲しいと叫んでいましたが、
いつしか二人でブランコの技を
伝授し合っていました^^
Img_7145
それを洗います。

じょぼじょぼじょぼじょぼ・・・

水が流れるのが楽しくて
何のために出しているのか
忘れているところです^^

Img_7148_20200924132301
大きなお兄ちゃんが乗ると、
クルミぶらんこの枝が大揺れに揺れて
実がボコんぼこん落ちてきました。

あたまに当たると痛いよ~

どかーん、ゴロゴロゴロゴロ・・・
屋根に当たってクルミ爆弾です。

Img_7134
どんどん運んで洗って、

Img_5367
炒って

Img_5372
割って、

Img_7167
スバラシイッ!
看板まで書くのですねッ、

しかも持参のスケッチブックです^^

Img_7179_20200924132401
工場どころか店舗もかまえて

Img_7180
中をのぞくと

Img_7182
看板娘がおもろい顔で迎えてくれました^^;

Img_7195
栗や胡桃が大量に店先にならび、

竹とんぼや
だるま落としも並んでいました。
Img_7205
これはくるみ工場のおもちゃ部門でしょうか、、
踊る体操選手がいろんなフォームを作るので
げらげら受けています^^^^

Img_7189
「くるみ工場」

くるみ工場の看板も
いつの間にか貼られていました。

作業手順が絵で示されています。、
いったい、どういうワケでしょう
どこで見たのか何気に漢字で書かれています^^;;;


Img_7190
裏口の格子窓にも看板が貼ってある念の入れようです。

Img_7199
本当に美味しそうな看板メニューで
私もつい買ってみたくなって覗いていますと、

呼び止められました、、
大人は入れないのかと思ったら、
Img_7196
「けんおんで~す」

本格的な
検温装置が待ち構えていました。

「36.5どです」

え? うそ、
なんでわかったの?
実際値もそうなので一瞬焦りました。。

さらに店頭販売の他にも
コロナ対応でしょうか、、
Img_7218
真剣に
Img_7220
それぞれ真剣に


Img_7222
配送用の袋詰めの袋に絵を描いて

Img_7223-2
仕分け作業です。

奥で束の間くつろいでいたベースケさんも
仕分けの時には平等に入るようにと
気合が入る豹変ぶり、

というのも

今年はクルミの未熟果が多く数が少なかったのと
その代わり栗が入ったせいによります。


Img_7226
それぞれにステキな袋は
それぞれに閉じられて、

本物の商品のように
丁寧に折りたたむ人の手が
ちらりと見えるのでした。。

あれ、そういえばお弁当は
いつ食べたんだっけ?
思い出せません、、

一日があっという間に過ぎ、
Img_7245_20200924132501
今日の帰りの会は、お誕生日会です。

空の上の元気な天使さんのお話に
笑い転げる人もいます^^

Img_7253_20200924132501
おやつも器用に食べまして

おーしーまいまいまいまいまい



<おまけ>
ごはんですよ、
Img_7159
おーちゃんに

Img_7163
アサも来ました!

Img_7164
次の瞬間、
とつぜん餌をもって逃げ出しました^^

アサ「え、どこ行くん?」

皿は置いていって欲しいと思うアサでした^^

Img_7186
葉っぱの舟工場の人たち

水を流して船運を営んでいます。
が、なかなか流れません^^

Img_7232_20200924132501
もめごとにインタビューが入りました。

「おおあばれするんです」
どう対処しましたか?
「なにもしていません」
どうすればいいか考えてきてください
「はい」

視聴者からのコメントも受付け、
番組は終了しました⁉

Img_7169
お庭で貝をひろって、

お弁当箱のビワ染めの色といっしょだと
お洋服の色といっしょだと
土に埋もれていく貝の
うすいうすいピンク色を見つけたのでした。。



Img_7192
皆が帰った後、
ふと見ると
ムクロジ小人さんが
栗のイガベッドで大の字になって寝ていました。

豪快!

Img_7118
バブパフェ♡















 

 

| コメント (0)

2020年9月16日 (水)

お山たんけん秋のはじまり

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_6862
お山たんけん秋さがしです。
原っぱの全面草刈りの後で
虫たちは姿を消していましたが、
もふもふの草で鳥の巣や卵が出来ました。
Img_6868
そんななか
もうオンブバッタをつかまえました。

足が折れないように
やさしくふんわり包んでいるのですね^^
Img_6877
桃色のハギの花が咲いていました。

小さなお友達は
この後、
ずっとずっと、
このお花を手に持っていて
お母さんに見せるためでしょうか、
帰るときまで忘れませんでした^^

Img_6881
自ら隊長を名乗り出てくれたお友達は
ヤブガラシのお花の蜜を舐めています。

たくさんのアゲハチョウや虫たちに人気の
ヤブガラシレストランのお味を
隊長自ら確かめています^^


Img_6885
「あ、てんとうむし!」

Img_6888
それを小さなお友達が
目を細めて見ています。

すべてに全神経が注がれています^^

Img_5298_20200918113401
ミズキの実を見つけました。
指ぱっちんで、実を飛ばします。
「もっと ほしいー」

大切に大切に飛ばして
最後の最後まで熱中していました!
もうきっと
この技の達人でしょう^^

Img_6896
どんどん道を進んでいき、
原っぱの終点の広場では、

助け合って虫を捕まえています。
Img_6900
慎重に慎重に、、、

息をのむ一瞬です。

モンシロチョウです。
少し翅はこぼれてしまいました。
蝶の翅にふれる時ほど命のやわらかさを感じる瞬間はありません。
そっと手に抱きました。

Img_6904_20200917162201
虫とりアミに虫捕りカゴを
天秤棒のように並べています。

後に
この光景は
じょじょに進化していきます!

Img_6909
隅っこに里芋の葉っぱを発見、

水筒のお水を
葉っぱに飲ませてあげると
Img_6913
ころころ水の玉が転がりました。

水玉はオシロイバナの花色です。

Img_6929
「これは薬草なんだ!」

たんけん隊長がツユクサを発見。
未踏の地をゆく博識のドリトル先生のようです^^

Img_6930_20200917173401
その横では

「いくよ、こーやると とぶよ」

やり投げの技を生み出していました。
原始の記憶が突如よみがえったようです!

Img_6924
どーやるの?
「こーだよ」
指ぱっちんの技を見せてくれました。


Img_6937
なにこれ?
「しょうどくえきだよ」

身の回りの草や花が詰められ
薬草ウオーターになっていました^^

手を洗わせてもらい
お弁当を食べた後は、
Img_6944
それぞれの午後です。
Img_6946-2
水路にはまったり、

Img_6952
ずっとずっと走ってたり、

Img_6957_20200918103201
山登りしていたり、

Img_6974
助け合い
どんどん手馴れて

Img_6981
アカボシゴマダラをつかまえたり、

Img_6986_20200917162301
ムラサキシキブのおやつを集めたり

Img_6959
湧き水にひんやりしたり、


Img_6991
すべてをなげだし
大空と大地とひとつになっていたり、

Img_6995
いつのまにか自由を愛する旅人スナプキンになって
ザリガニを釣っていたり、
Img_7015
ヤブガラシの
ピンクやオレンジの金平糖のような花の蜜をなめて
おやつブーケを作ったり、

Img_7005_20200917162301
「てっきょう」のうえで
ずっとずっとずっと、
ザリガニ釣りをしていたり、



Img_7001
こんどはシオカラトンボをつかまえ
次から次に飛ぶ生き物と心を通わせていたり、


Img_7030
そうして
♪あぶくたったをしましたら、

走って走って
また走るものだから
大人は完全にヘロヘロになってしまったのでした。

あっという間に一日は終わり、
Img_7026-2
もうお片付けの時間です。

今年はスズメバチが元気に飛び回っていたので
上の森はちょっとだけ歩き、
下の原っぱでずっと過ごしました。

草花あそびの草も少なく
虫たちも少なめでしたが、
花の蜜をなめて木の実をたべて虫を追いかけて
ただただ走って走って走っただけでも
やっぱり楽しかったのでした。。。

Img_7049_20200917162401
最後は森の王様からの問題です。

もりにすんでいてー
きのうえにいてー
ないているもの
な~んだ

つくつくぼーし
つくつくぼーし
つくつくぼーし

すると、
森の木の上から
ツクツクボウシの声が
一段と降り注いてきました。
その瞬間、

みんな口々に
「つくつくぼーしーーー!」

大正解です。
森の王様から
草バッタや草キリギリスが
みんなへ贈られました。

おーしーまい

<おまけ>
Img_7042
さいごのさいごまで遊び、
釣り竿を大切に洗う人と 手伝う人

※お山に散歩するときは、
常にポイズンリムーバーを常備しています。
蜂に刺されたとき、すぐに対応することで
大事に至らずに済む優れものです。
千円程度で購入できます。















































 

 

 

| コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

色あそび

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_6773
むくろじ小人さんが、
色あそびをしています。

あれ、でも洋種やまごぼうの実を置いたのは私ではありません!?
小人さん、自分たちで実を摘んで持って来たんでしょうか?!

そういえば
ツユクサを摘んで来てくれたお友達や
庭鳥にカボチャやヒマワリの種を持って来てくれたお友達も居ましたね。
Img_6625-2
コンコン、コンコン、

「あげたら たべたよ~」

御礼に庭鳥さんも卵を産んでくれました。
ありがと~ありがと~
Img_5241_20200910144001
それでは久しぶりに
ソーラークッカーでゆで卵をつくりましょう~

卵を入れて、
水をいれて、
Img_5243_20200910144001
フタをしました。

食べられるかな~(ワクワクドキドキ)

Img_6626
ふと空を見上げると
トチノキの裏側に、
セミの抜け殻が三つも!

猛暑の続く夏で
まだアブラゼミやツクツクボウシが
盛んに鳴いています。

そのため、
Img_6635
9月第2週ともなるのに
プールが出され、
アマガエル先生も来てくれました。

見事な平泳ぎですッ!

あんまりにも ちっちゃな先生で
皆んな、糸のような後ろ足の開脚が見えたかどうかは不明ですが^^;

Img_6639
さあ、朝の会です。

今日はどんなお話かな。

むかしあるところに王子様とお姫様がいました。
でも、本物の王子様とお姫様かわかりません。
本物なら 旗を描ける、ということになり・・・

というわけで、
旗を描くことになりました。

みんな、旗は描けるかしら?
みんなの旗は、どんな旗かな?
Img_6643
草の実の汁をつぶして、

半紙をじぶんで折って、

草の汁にちょいっと浸けました。
Img_6657
「ア~ッ、」

Img_6656_20200910161201
「(色が)のびてる~」


Img_6644
すご~い、自分で貼り付けてる~

しかもノリが入っていなくて
なかなか出ませんでしたけどね^^

Img_6665
筆でぬりこめる人、
看板を書く人も現れました。

その後ろで
Img_6661
「しかの つの~」

と、スゴ技を出す人も居ました^^
これは本日の食材ムラサキシキブです。
隅っこに置いてあった普段ない木の実を自力で発見したもようです。
ムラサキシキブの実は本当に食べられます。
ぷちぷちしておいしいです。

Img_5252
またこちらでは
水の精がアマガエル先生を救出してくれています。

ありがと~ありがと~

Img_6672
さらにこちらでは
海賊会議も始まりました。

なぜ海賊会議かというと
Img_5290
「かいぞくえき」

ほらね^^

Img_5266
お、ピーマンスタンプも登場です。

大仏さまのような絵がステキです。
「なんて かいてあるでしょ」
(まよけ)
「ちがーう!」
おかあさん、ありがとう
ってかいてあるのッ」

大仏さまではなくお母さんでした^^
Img_6698
「あのね、これはおはな
これはくさ、これは木なの」

ほんとだ、ほんとだ!

Img_5273
おぉ、こちらも走っています。

「はやぶさ」と「きょうりゅう」です。

するとピーマンは駅かな?

Img_6681
それから、
くるくる針金を作って、
穴に通して、
Img_6731-2
できたぁ~♪

「ねーこれ、ふたつあわせると バッグになるね」

ほんとだね~~~

Img_5265
合間、合間に
ザリガニの面倒を見ている人たちです^^

Img_6734
おおおー、海賊がロープを張っています。

Img_6733
海賊のお部屋をのぞくと
こんな素敵なお部屋になっていました♡

Img_6749
寿司桶に御馳走まで!

(わ~おいしそ~)
「そのね、のってるヒモはね、」
(うん、錦糸卵かな?)
「へび」

うわーーーッ、

やっぱり海賊の娘たちでした^^;


Img_6690
外では、海賊が走り回っていました^^;;


Img_5274
そんなこんなで
たくさん自分の旗を作った人も
一品だけ作った人も
並べると輝ける名旗になったのでした。

めでたし、めでたし、

ところで
お腹すいたね~、
Img_6707
と、お弁当の時間です。

Img_6706
ゆで卵も出来ました。

料理人が剥いてくれています。

Img_6713
が、またもや水の入れすぎで
半熟温泉卵になっていました^^;

ので、
おうち園初の「ゆで卵焼き」です。
なんか美味しそ~、
このまま一呑みにしたいところですが
Img_6722
九つに分けてもらって、

Img_6725
みんなで一口ずつ
いただきました。
 
おいしかった?
と聞いたら
Img_6723
「うん、こ~んな」

だそうです。
想像にお任せします^^

それからまた午後も延々と
我が道をいく人たちです。
Img_6732
これはなに?

「ぶどうみそしるだよ」

ほんとだ~
ぶどう味噌汁にしか見えない~

Img_6741_20200910143801
これは?

「貝のすーぷなんだぁ~」

うーん、確かに確かに^^

Img_6746
何してるのかと思ったら、
じっとニワトリのアサを見る人。

「ここにいる」

うん、そうだね、

ニワトリがそんなに好きなのかなと思いましたが、
もしかしてお砂場で遊びたいけど、
アサのせいで近くに寄れなかったのかな?
ナゾです^^

そうして最後の夏と思われる一日も終わり、
お片付けをして、
本日は絵本を読みますと、
Img_5285
リクエストは「むしたちのさくせん」

虫たちが かくれんぼ作戦や
へんしん作戦や おどかし作戦で
ちいさな身を自ら守り
懸命に生きているお話でした。

読み終わると、
「ガオーーーッ」
Img_6755
突如、べーすけさん鬼が現れました。
皆、とっさに石に変身しました。

「おかしいぞ、おかしいぞ、
これも石か、これも石か、、、」

せーの、せーで、
「わーーーーー!」

子供たちの大声に驚いて鬼は逃げていきました。
へんしん作戦と おどかし作戦大成功でしたね♪

あれ、でも一人なんか足りませんよ、
Img_6758
なんと、カーテンの後ろに
小さな足がふたっつ。

いちばん小さいお友達は、
おおかみと七ひきのこやぎを
知ってか知らずか、
柱時計の下のカーテンの後ろに隠れていました^^^^^^

長い夏にあやかって
長い日記もこれにて

おーしーまいまいまいまいまい・・・・

<おまけ>
Img_6709
おうち園うめぼし 

「おいしいんだ~♡」

よく作ったもんね~^^

Img_6674
川をつくってミミズ釣り^^;

Img_6682
迫力^^
Img_6683
吸い込まれそうです、、

Img_6763
畑ぼうずさんのお土産を見に行くと、

びっくり、

畑の入口が美術館になっていました!

Img_6764

あったー!



Img_5281
神々しいです(涙)

せかいよ、宇宙よ、みずからの創造主たれ、

 

※ヨウシュヤマゴボウはスイセン等と同じく
毒性は強いとのことですが、
触れるだけなら楽しく遊べる草です。
まず かぶれる心配はありません。
もし肌に合わない症状が出たときは、
他の植物同様、すぐに水で洗い流して対処します。

わたしは実を一粒、口に入れてしまったことがありますが、
即、どうにかなってしまうことはなく、
すぐに吐き出してうがいしました。

 

| コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

水あそび~めだかすくい

小さな畑のおうち園も
今日から2学期です。
Img_6487
畑ぼうずさんたちは、
さるすべりザリガニを 金魚すくいで
すくおうとしています。
Img_6492
朝のお話会では、
エノコログサが登場して、
「カバのうんち」
のお話を聞きました。

なんでも食べるカバが
おにぎりや
ボールや
自転車や
トラックなど
転がってきたものを
パックンパックン、
食べてしまうお話です。

すると眠そうに?聞いていたお友達が、
「おなか いたくなる」
と言いました。

「いたたたたたた・・・」
食べすぎ!


という次に続くお話の展開を
なんで知ってるのかと大変驚きましたが、
ふと思えば、
カバになりきって聞いていたのかもしれませんね、

さらに隣のお友達は、
Img_6495
「こんなにたべちゃった♡」

と、エノコログサの食べかすがを見せてくれました。

また横のお友達は、
エノコログサの小さな種を
メダカやオタマへ
「あげていい?」と
熱心に聞いてきます。

もう次のお話が始まっているので
気持ち半分で聞いていましたが、
よくよく振り返ると、
子どもたちのささやきは、
お話の中に体ごとすっぽり入って、
おもてに涌いて出てきた言葉だったのですね^^

エノコログサは、
そのあとウサギになり
・プールあそび
・ザリガニつり
・メガカすくい
・おやつづくり

と好きな道へ別れていきました。

①木の枝の釣り竿でザリガニ釣り
Img_5210
その辺の棒をひろって
タコ糸をむすんで
スルメをつけてっと・・・

つれるかな、
たべてるたべてる、
つれないね~

Img_6496
ところで、ひな鳥のオーチャンへ

あげようと持って来たひからびたミミズを

Img_5205_20200903154401
ニワトリでなくてザリガニへあげていました^^;

しかもあっさり釣れていました!

スルメや豚肉よりも
パワーがありそうなミミズでした。

Img_5214
釣った人のお顔もザリガニでした^^

②プール
Img_5209
さらに同時進行で
プールへの道を選んだ人たちは、

いつの間にか忍者のように着替え、
カエルのように飛び込んでいました。

水浴びする天女のもとへ
いたずら者の天狗が乱入したようです^^
 

③巨峰をつんでシャーベットづくり
Img_6510
はたまた同時進行で、巨峰を積んで
シャーベットをつくる隊員です。
同じ人物があちこちに現れますので
並行世界のようです。

Img_6522-2
洗って 皮をむいて りんごジュースを
注ぎ入れました。
1時間後が、食べごろです。
30分で一度出して かき混ぜたり、
出したり しまったり、
みんなそれぞれに手伝ってくれた
愛情たっぷりおやつです。


その合間にも
Img_6549
バナナ娘が表れて
バナナの日傘をさしたり、

Img_6501
バナナのお花から
赤ちゃんバナナを発見したり、

ぐるぐるぐるぐるブランコで回っていたり、

ニワトリたちにご飯を無数にあげたり、
Img_6555
バナナ土俵のバナナ軍配で
お庭ずもうをとったり、


Img_6541
金魚すくいならぬ「めだかすくい」をして、
Img_6532
「あなが あいた~」

ので、
Img_6536
自ら「めだかすくい」の
紙を貼り、と、

永遠に遊べそうでしたが、

Img_6544_20200903154501
あっという間にお昼になり、

Img_5224
午後もまた
延々と遊ぶ人たちでした。

きゃっきゃ、きゃっきゃと
さらしを腰に巻いている人は、
短いエプロンをつけています。

Img_6562
らーめん屋さん?

「ちがうよ、おもちゃやさんだよ」

「ねーおかいものにきて!」

お買い物に行くと、
品物がすばらしく綺麗に棚に並べられていました^^

さあ、そろそろお片付けの時間です。
Img_6578
すご~い、

二人で端と端をもって
きれいに畳んでくれています。
皆、それぞれに片付けてくれていました。


お部屋がきれいになりましたので
絵本を一冊読みますと、

お化けの真夏日、
という今夏にぴったりの絵本でしたので、
なんと、
Img_6566
絵本を閉じると

一つ目小僧が現れました、、

あな、おそろしや・・・^;

Img_6568
すると次に
きょりゅうのおおきさのわかる絵本を
読んでくれるお友達。

皆、食い入るように見ています。

最後は恐竜がシダの葉を食べているシーンでしたが、
ちょうど1億年以上前のシダの化石の現物「を
別のお友達が持ってきてくれていて、
あまりにぴったりの内容に驚きました。

それからお誕生日会もありましね。
Img_6582
おたんじょうび おめでと~~~♪

おーしーまい

<おまけ>
Img_6595
おやつを食べるウソみたいに静かな人たち


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

竹を割って流しそうめん

今日は1学期最後の
小さな畑のおうち園です。
Img_6079
畑ぼうずさんが
「そーめん たべたいよぉ~」
と待ちかまえています。

 

けれどもまずは

Img_5919_20200709123901
お花料理からでした。
この妖精の台所みたいなシェフは、
Img_5918
この人でしょう、
あの人でしょう、
と想像がつくようになりました。
歌うように作っています♪

Img_5908
ところでカメを見つけました。

アカミミガメは1950後半からミドリガメの通称で
ペットとして輸入されたものが野外でも増えて、
在来生物を浸食してしまうことから
緊急対策外来種に位置付けられ、
終生飼養の象徴的な存在になりました。

しかし、
ある日突然家に居ました^^;

Img_5929
カメの水の家づくりは、
岩場に水草も植えられて
本格的でしたが、
Img_5954
しばらくすると、
なんかすごい空中都市
みたいになっていました^^;;

そんなこんなで
そろそろ朝の会をしようと思いますが、
まだ居ない人も・・・
Img_5934
あ~いたいた、

お~い、

Img_5944
ケラケラケラ、

夢中です。
Img_5940
お~ゲット!

とうとうアメリカザリガニをすくいましたッ

このアメザリもS2年頃、
ウシガエルの餌として輸入されて
野外で増えた侵略的外来種です。
が、よもやある夜、
とつぜんウジャウジャと我が家に居ました^^;;;
大体、事の犯人は検討つきますので
どうにかしてくれと訴えましたが、、、
こうした
小さなお友達の驚きと熱中ぶりをみると、

あのハサミを振り上げる姿や
甲冑のカシャカシャ感、、、

ザリガニ類の魅力をあらためて再確認しました。
さらに以前、
自然クラブでいただきましたが、
茹でて食べると大変美味しい。
食糧難のときには超人気食材になるやもしれません!?

Img_5947
ようやく朝の会です。

川から桃やトマトやキュウリやナスや
レモンやミカンが流れてきて、
ももたろうや
きゅうりたろうや
なすたろうが
出てきました。
一堂に会した彼らは、
「おなかすいた~」

すると
川から流れてきたのは・・・・

「そーめん!」

すごい!
お友達が言いました。
今日のテーマをくんで
おはなしの流れが読めるのですねッ

Img_5093
①竹割り

お山で伐った長い長い竹を
ふたつに割ります。
翁のように一気に割りたいところですが、
今回もナタで少しづつ割を入れ、

Img_5970_20200709124001
②割く


皆で力を合わせて割きました。

メリメリメリメリ・・・・

パッカーーーン、

Img_5980
③節ぬき


横からトンカチでトントン割っていきます。
トンカチ使いの名人が
やり方を見せてくれています。

「あのね、こーやって やるんだよ」

Img_5986
④器づくり

いつの間にか年長さんの貫禄が出ています。

Img_5990
⑤お箸づくり

丸い竹を半分、
そのまた半分に割って、
どんどん細くなって
あっという間に
お箸になりました♪

竹のゴツゴツした引っ掛かりが
意外にも掬いやすく、
小刀で太さを調整すれば、
長く使えるお箸です。

Img_5103
⑥お野菜の収穫


トマトにナスに収穫上手です^^

Img_5996
⑦衣づくり

天ぷらもあげましょう。

畑で採れた
ナスとジャガイモとインゲンです。

Img_6005
⑧野菜切り

ぜ~んぶ切ってくれました!
Img_6005-2
がんばれ~~

お友達がハンカチでつくった
女の子も見守っています♡

 

Img_6035_20200709154801
⑨流しそうめん

ベテラン年長さんによる
ひとりひとりのパフォーマンスを終えて、
いよいよ順番が回ってきました。

すくえるかな?
Img_6044
よいしょ、

Img_6042
⑩いただきま~す!



そうして
また遊び、
お片づけもしまして
お誕生日会もありましたね。

2学期、また会いましょう。

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>

Img_6067_20200709124001
いっただっきま~す

皆の帰った後、
畑ぼうずさんも
待ちに待った御馳走です。

Img_5113
アサも そうめんを食べました。

ちゅるるるるるるる・・・・



Img_6076
縄文貝のネックレス


お友達が1学期最後のプレゼントをくれました。
毛糸と たぶんお山で拾った縄文貝、
説明書のないナゾのプレゼントでしたが、
これは、
ネックレスを作ってね、
というメッセージかと思い、
作ってみました。
合ってるかな・・・

PS、九州熊本から岐阜や長野まで
梅雨の線状降水帯が甚大な被害をもたらしている最中の
曇り空の一日でした。
コロナではじまり水害で幕を閉じた1学期でした。
多くの人が岐路に立ち
人生の新たな価値や住まいを模索し続ける
嵐のような1学期でした。つづく

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

七夕さまと アイのたたき染め

今日は少し早めのたなばたまつり。
Img_5766
小さな畑のおうち園では
お飾りをつくって吊るしています。


Img_5759
あれ、
むくろじ小人さんは、
大きな葉っぱに
何か描こうとしています。

Img_5762
はは~ん、
これを描きたいのかな。

お願いごとは宇宙旅行♪

タラヨウの葉は、
葉書の由来になった葉です。
Img_5862
切手をはって
住所をかけば
Img_5080
おかあさんにも届きます♡

Img_5775
朝の会では
前回のビワ染めのもようはずし。

輪ゴムをはずすと
宝石のようなビー玉が転がり出ます。


Img_5782
どーんなもよう?
こ~んなもよう?

「ブラックホールだ」
の模様もありました。


ここにアイの葉をたたき染めして
世界にひとつの天の川の舟をつくろう!

Img_5805
ということで畑に来たら、

シシトウもあり、
ピーマンもナスもトマトもあり、
Img_5798
トウモロコシもありました!
Img_5811
大収穫で興味津々^^

あ、いや、そうだ、
Img_5069
アイ染めでした。

「もっとやるぅ」

Img_5808
「ドクダミのはっぱは」

ドクダミのたたき染めの人や

Img_5812
花染めの人も居ました。

きょうは雨予報を吹き飛ばす強風で、
本物の夏越の大祓でした。

真っ赤な花びらも吹雪いています^^

Img_5822
Tシャツにたたき染め。

着古した感じが出て素晴らしいッ

Img_5826
お腹すいたね、
今日はトウモロコシを食べようか。

Img_5841_20200703144701
卵はあるかな?

見に行ったら
アサが閉じ込められていました。
ごめんごめん、

そうして
ビワとアイで染めた布を
ランチョンマットにして
お弁当をいただき、
Img_5835
ごちそう、

Img_5076_20200703144601
さまでした~♪

またどんどん好きなもの染めていっても
楽しいね^^

Img_5864
お昼の後は
魔法の城の人、、、

Img_5861_20200703155401
メカメカなひとに、、

Img_5856
踊る人に、、

 

Img_5863
転んでも転んでも何度も立ち上がる人、、、

かっこい~泥染めです^^!

Img_5866
そうしてしずかなじかん、

絵本をよんでくれる人♡

Img_5874
帰りの会では、

天の川が流れて
熊笹の笹舟が
向こう岸へと渡っていきました。

おりひめさまとひこぼしさま、
合えるかな、、

おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>
Img_5880
光と雨をうけイネが育っています。

Img_5877_20200703144701
夜空へと階段がのびて
だれかさんが昇っています。

Img_5768
カブトムシ でてこい でてこい








| コメント (0)

より以前の記事一覧