2021年9月22日 (水)

やまんばの子になって秋さがし

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_8025_20210923121901
やまんばの子になって
お山たんけん秋さがしです。


秋は見つかるかな?

Img_4593
ありました、ありました、

黄色い稲穂がゆらゆらゆら

Img_4597
「あ、クモ!」

ナガコガネグモが
田んぼを守っています。

「クモとって~」


Img_4598
「うわわわわーーー」

怖くなって後ずさり

 

033
あ、タヌキの足跡だよ

「え、ほんとにタヌキがいるの?」

いるよ、ほら、足跡あるでしょ。
Img_4614
「ポンポコポン」

あはは似てる^^

タヌキも
秋の美味しいものさがしかな。


Img_4628-2
「あ~~~~~こんなのあった」

ふり向くと
小さなジュズダマの実を発見!

Img_4633-2
とってくれ~

「よっしゃ」

柿の実もふってきました。

 

Img_4656
「こっちにもあるよ」

キウイも生っていました。
右に左に
上に下に生っています。
Img_8029_20210923121701
秋だね~^^


こおんなに採れたのに
実はこれから
Img_4665_20210923134801
朝の会です。

これからお山に行くから
誰が居るかお名前をよぶよ。
途中で誰か居なくなったら
教えてね。

「は~い」

出発前なのに
すでに大汗です^^

Img_4678_20210923121501
お山の神さまにも

おはようございまーーーす!

いざ出発。
Img_4672_20210923121501
モフモフモフ

さっそく
クレマチスの綿毛をみっけ

皆で染めたエコバッグに入れて行きます♪

Img_4671
「リュックにいれて~」

棒を発見しました。
そういえば
無数に落ちている小枝も
秋っぽいね~^^


Img_4680_20210923140901
「ここは あるけない」
「こっちは だいじょうぶ」


みんな試行錯誤しながら

Img_8031
どんどん進んでいきます。



Img_4692
と一本橋に夢中になる人


落っこちる人、
また挑戦する人、
すりむいたけど我慢する人、
ほんとうに山の子のようです!


心配して上方に
レスキュー隊も駆けつけてくれました。

Img_4704
しかし自力で挑戦し、
滑って滑って滑って
尚も諦めず挑戦中。

Img_4711
誰も居なくなってしまいました、
Img_4713
おーい、

あの景色の中にパパとママは居るかな?
Img_4715_20210923121601
「いた」

力強く応えて
Img_4716
また駆け出していきました、

「あ、いた!」
Img_4719
無事合流。


この後も
Img_4726_20210923121601
初めての道を通り
Img_4728
遅れても未知との遭遇を選び、

Img_4735_20210923121601
どんぐり拾いする人もやがて


Img_4745
シーソーで合流


量ったような見事なバランス♪

この後も休まず
水分補給だけして
ブランコ
かけっこ
はなく○ドリルごっこ

ものすごい体力です。

ようやく
Img_4774
お弁当タイム♡
お月団子を食べている人たちも居ました


「きのう中秋の名月だったね」
「おつきさまみたよ」
「まんまるだった」
「あのね、うさぎが いたよ」


そうだ、
今度は
白い布に、
まんまるお月さまを染めてみようかッ!
大きな大きなお月さまをつくれるかな?

そうして午後も
ずーっとずっと遊びつくしました。
Img_4776
秋のオータムれすとらん開店、

Img_4779_20210923121601
こちらは
サンドイッチ屋さん、
いやスナドイッチ屋さん?



Img_4789
すごろく屋さんまで!

「えびチャーハンたべる」
「1じかんやすみ」
「トラと たたかう」

などなど
こんなの見たことない
世界にひとつの手づくり双六語録で
4人で本気で戦って
さいご優勝したのは

Img_8045
なんと ねずこさん~~~~♪

おめでと~おめでと~~

更にまた探険へ出かけます。
Img_4819
そりゃ~

みんな前回より
体力ついたんじゃない?

Img_4830
どんどん

Img_4832_20210923121601
どんどん

けものみちを通って
Img_4858_20210923121701
最後は
時空間トンネルを吠えながら
帰ります

Img_4875
おうち園バッグに
秋の宝物もどっさり入りました。


今回は、
けっこう転びました、
全員ころんだり ぶつかったり。
泣きそうな怒りそうな笑いそうな
複雑な涙顔でぐっとこらえて
いたのが印象的でした。
やさしくて強くて逞しかったなぁ、、、

あれ、

もしかして、

もしかして、

もしかして、


みんなほんとうに
やまんばの子だったりして⁉!




帰りのお話会では、

(クモで 大騒ぎしていたので)

クモをこわがる山の子たちに
クモが言いました。
「わたしが田んぼのイネを守っているんですよ
みんなもクモになって田んぼを守ってください」

そこでみんなで
のっしのっしのっし
田んぼの周りを歩いていると
鬼がやって来ました。
「こめを たべるぞ~~~」
Img_4882
「きゃ~~~~」

 

(田んぼに落っこちそう~~~~)

でも大丈夫
「せーのせーっで わ~~~~~!」
山の子たちは
やまんばの子になって大きな声で
鬼を追い払いましたよ

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
Img_8032_20210923121701
お山の頂上にハトの羽根
お山の頂上はタカの餌場でもあったのですね!


Img_4869
「へとへとになった~」

お友だちのつぶやきに
そっと手をつないで
助け合う人たち

 

Img_4892_20210923121701
古屋の縁側でオルガンを弾く人たち

Img_4844_20210923121701
「どんぐりのぼうしだ」


Img_4807
「ほら」

次々と自力で秋を発見していきます!

クスノキの実でした。

Img_4812
クスノキは樟脳で虫よけになるんだよ

「じゃあさ、ぬってあげる」

それは思いつかなかった^^!!!

Img_4828_20210923121601
「もぐら、もぐらだって」

もぐら塚発見!

 

Img_4760
サンゴジュの実

Img_4599-2
野原の草で のはら染め。

「おれ、じっくり想像豊かな綺麗な遊びが好きなんだよね~」
(ベースケさん曰く)

さっきは
「はなく○ドリルごっこ」してましたけどね^^;










| コメント (0)

2021年9月15日 (水)

お百姓さんになろう!

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_7958
畑ぼうずさんは、
稲刈りに種まき、
それからおやつに
さるすべりポップコーンを作っています。

Img_20210915_093341
いっぽう
ムクロジ小人さんも
小枝クワや
クリスコップをもって
畑仕事に精を出しています。
稲刈りもしています。

お百姓さんって美味しいものをつくりますよね~
そうだ、
今日はみんなでお百姓さんになろう♪

ということで
今日の朝のお話会は
Img_4410
小人さんが遊んでいると
お空に
ふんわ ふんわ ふんわ
白い雲がながれてきて、

雲のなかから
ぽこん、
ひゃくしょう大王が出てきて言いました。

「これはなんでしょうクイズ~」
正解すると
お百姓さんになれるそうです。



「トマトー」
「かき~」
「くり~~~~~」
「ぴーまんッ!」
「なすび」

いろんな野菜や木の実が出てきて
皆な次々に当てていきました。
そうして最後は
「おこめ~~~~~」
みんなの大合唱で幕となりました。


Img_4416
いやいやいや・・・


まだ終わりではないぞ、

(息をのんで見守っています)


Img_4417
じゃじゃ~ん、

「やさいの お百姓さん」

かな^^


Img_4418
おらもやるぅ~

Img_4423
女の子?

稲穂を髪の毛にしたのですねッ
さすがです、、

Img_4426_20210916114301
「ピエロみたい!」

ほんとだ~
確かにピエロみたい、
見事に急所をつくネーミングが
観客の中から飛び出します!

Img_4430_20210916114301
「うーん、これは」

かんがえる人、
いや、
ウインクしてほほ笑む人にも、
見えるじゃないの‼

Img_4432
おお~これは、

「でんしゃ」

カボチャの馬車もかなわないッ^^

Img_4435_20210916114301
「わからないやつ」

もはや顔の範疇を超えてきました^^;


さらには、
この七変化したお米をひとつぶ、
それぞれ皮をむいて
噛みしめて味わい・・・

さあコンテナ田んぼへ出発です。
Img_4446
ザックザックザック、

いい音です。

5/26に 皆で手植えした稲です。
黄金色に色づき頭をたれて
約3ヶ月半で収穫の時を迎えました。


Img_4450
おーい、こっちだよ~


Img_4454
うひ、


Img_4474
現る、

天穂日命アメノホヒノミコト


Img_4461
うしし、


きれいに並べて
かるくハカマをとって
束ねて

Img_4563
ホイヤ~、

ふたつに開いて、

Img_4569
バサン、

はざかけ完了。


11月にかまどご飯を炊いて、
みんなでいただきましょう♪




それから
Img_4485
最後の夏野菜も収穫です。
ちょうど4か月前に植え付けた小さな苗は
夏休みの間に伸びて
背丈や腰くらいに大きくなりました。
夏にぐんぐん大きくなるなんて、、
みんなと同じです!

Img_7980_20210916114501
よーーーーいしょ、

力持ち~~~

Img_7977
そうそう、
シャベルで穴を掘って
ダイコンの種も蒔きました。
畝は作らず自然農っぽく。
どうなるか楽しみ♡



お庭に戻りますと、
早速
枯れた稲わらで
Img_4578
かた焼きそば?を作る人。

お~いしそ~~~
鍋から爆発しています^^

Img_4501_20210916114401
おうちの中をのぞくと、
ドールハウスに打ち込んでいる人がいて

覗くと
ムクロジ小人さんがピアノをひいていました。
なんか気持ちよさげな
ソファーベッドも見えたり、
「おいしいおかゆ」が
ごぼごぼ出てきそうな
小さなお鍋もありました^^、

Img_4512
これは
電車です^^^^


それから
畑のポップコーンを
Img_4520
ムキムキして

Img_4525_20210916114401
オリーブオイルをいれて
一粒こめて、

Img_7992
火にかけて

はじけたら
一気に残りを流し込み、

ポンポンポンポンポンポン、
ポンポンポンポンポンポン、

Img_20210915_133411
岩塩をかけて

ポップコーン。

しかし、火力が強すぎたかな、
ちと硬かった、
ごめんなさい(泣)

でも苦手なのに
食べてくれた人もいました。
ありがと~ありがと~~(涙)

そして
Img_20210915_131053
絵や折り紙、
みんなの心づくしのプレゼントをもらって

5歳のお誕生日会もありました。

おめでと~おめでと~~♡


さて、
まるで穏やかな午後のひとときのようですが、
全然そんなことはなく、
バタバタ軌道のワンパクっ子たちが
エネルギーを逆噴射して遊んでいました。
いつも低血圧な私にはうらやましい限りです、
がしかし狭い場所では
リスクも増えていきますから、
こんどはお山に行って
山賊あるいは山姥の子どもになりましょうか。
大らかで優しく逞しいお山の大将になれるかな。
クマとお相撲するくらいの元気を
リュックに入れてしょってきてね♪

お~し~まいまいまいまいまい

<おまけ>
Img_7963
ハンモックざんぶらこ

いつ乗ってたんだろう???

Img_4584
ポップコーンな人たち

Img_4582
あたしがつくったの♪

さるすべりプリン?



Img_20210912_195038
ふんわ ふんわ ふんわ
黒板こびとさんも
青い空の海を
いるか雲にのって
泳いできました
とんぼ雲もとんで来ました
こがね色の穂波も
きらきらきらきら
ひかりの水玉と
およいでいますね~~~

| コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

海賊ごっこと柿渋づくり

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_20210908_094238
畑ぼうずさんは
久しぶりとあって
葉っぱの舟に乗ったり、
長いはしごを抱えたりして
大はしゃぎ


Img_20210908_094613
ムクロジ小人さんも
海賊船にのって
いがぐり島に渡っています。


みんな張り切っています。
本日の食材のお花たちさえ
Img_20210908_070655
クサギの花に 黒実のジュズダマ、
アイの花にレタスの花、
花水木やヤマボウシの赤い実に
ミズヒキやミソハギやフジバカマのお花等々、

わんさわんさとはしゃいでいます
Img_20210908_070634
フリルドレスなサルスベリに
線香花火みたいなカヤツリグサも
華やぎソワソワしています

すると
朝のお話会に
海賊のキャプテンが出てきて言いました。

「かいぞくになるには
三つの じょうけんがある

ひとつ くさばなうらないをする
ふたつ  イガイガの栗をだす
みっつ  かきしぶをつくる」

海賊の言うことですから
適当にいったのかと思いましたが、


占いや直感は
予想のつかない荒波を前にしたときは
必須かもしれませんし、
針の山を素手や素足でわたる勇気も
時には必要かもしれません、
それにやっぱり木で出来ている舟には
柿渋をぬって日頃のお手入れも必要でしょう、

海賊稼業にもノウハウがありそうです!
ということで
立派な海賊になるために

いわれたとおり
Img_7829_20210909130801
カヤツリグサの茎を

そーっと

Img_4274
そーーーっと

ひろげて

Img_7827
四角い蚊帳が張れましたッ

おみごと

8日ぶりの太陽も出て、
お天気との相性もすこぶる上々です♪

ヨーソロー

いやいやまだ早いぞ
(満足して解散しようとするお友だちを
呼び止めています^^)
イガ栗を出せるか、
Img_4275
いたい、

いたくない、

ほんとだ、そんなに痛くないね~

いやイタイよ、

なんて言いつつ、
Img_7834
足や道具を使って

Img_7832-2
慎重に出しました、

3つも入ってる!

これは2こ、
こっちは1こ、
うすいのもある、

なかなかやるな。
次は柿つぶしだ、
ムヅカシイぞ出来るかな、

Img_7845
もぎもぎ、

Img_7861
うんしょ、


Img_7869
こらしょ、

Img_7873
池や雨の水のなかへ
ドブン、ザブーーーーーン

10日程したら濾して
1~2年したら出来上がり
出来た柿渋でエコバッグにお絵描きしてもいいね♪


そんななか、
乗組員たちは
Img_4323
海賊料理にいそしんで

Img_7826_20210909141401
次から次に





Img_4324_20210909130701
不思議な

Img_7843
摩訶不思議なものを

大量につくって並べて

「したからみると きれいなの♡」

 

Img_4372
ハシゴを渡り

Img_7880-2
舟にのり

梶をきって
Img_4354_20210909130701
海賊島に着いたもよう

そ~りゃあ~~~~

Img_7890
旗もできましたよお~



Img_4369
ねえねえ、

お取込み中申し訳ありませんが、
おなかすいた、
ごはんたべない?

手をあらって
Img_4376
お弁当が回転椅子にのって回って


Img_4380
回転寿司ならぬ回転弁当になりました。

まわったお弁当は美味しいよぉ~
お弁当も船酔いしたかったのかな~

いっただっきま~~~す!


Img_4386
午後、ふと上を見ると、

ロフトの上に海賊が!

まるで幽霊船のようでした^^;;

Img_4388
アイの葉で
生葉すりすり染めも出来ました。

これは女の子かな?
それともお兄ちゃん?
もしや海賊???


さあ、お片付けをして
そろそろお迎えの時間ですから、
夢の国でんしゃに乗りましょう。
Img_4396_20210909130801
ゴト~ン ゴト~ン ゴト~~~~ン

つぎは海賊の島、海賊の島、
おりる人は起きてくださーい



おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
Img_4402
おやつは ゆで栗

せっかくたくさん採れたのに
お土産にするのを忘れてしまいました(泣)


Img_7903
お土産は みんなで漬けた梅干し

お腹が痛いときは
クスリにもなるよ!

Img_7902-2
栗のスプーン

Img_7897_20210909130801
栗のスプーン⁉ 

視力検査??


Img_20210907_115506
黒板こびとさんも

久しぶりの晴れ間で柿渋づくり♪





 

| コメント (0)

2021年7月14日 (水)

竹を割って流しそうめん

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_20210714_094026
畑ぼうずさんは、
ヤマノイモの蔓そうめんを食べています。
Img_20210714_094332
むくろじ小人さんは、
流しそうめんじゃなく
自ら滑り台の
流し小人さんになっていました^^;


ということは、
今日は大きな孟宗竹をわって
流しそうめんをするのかな。

ではまず、
竹の器を作らなくては食べられませんね。
Img_3973
ぎこぎこぎこ・・・

引けてる引けてる、
上手にノコギリを引いているのですね!


Img_3981-2
ぎこぎこぎこ・・・

真剣に手元を見つめています!

手元がぐらつくと切れないですから、


Img_3970-2
座って応援団が

Img_3956-2
かわりばんこに竹電車に乗って
抑えてくれて、

Img_3969_20210715150901
こおんなに切れましたッ、

あともうちょいです。


Img_3984
クギで自分の器にマークを書きましょうか。

Img_4027
食べているときに
器がわからなくなりますからね。


さあ、朝の会です。
Img_4013
おじいさんは山へしばかりに、
おばあさんは川へせんたくに、

何が流れてきたかなあ、

「ももッ!」
「きゅうり」
「とまと」

白くて細くて長いものも流れてきました。

「そーめん~~~~!」

最初に「もも」と出ると
その後の「そうめん」も
心なしか活き活きと流れだします^^;;

ということで、
竹の川をつくるのですね。
どうやって作るのでしょうか。
Img_4016
まずは、

カコーン、

Img_4018
カコン、カコン、

後ろでお姉さんのようすを
よっく見ていました!

次々と交替して
竹に割を入れていき、

Img_4030
さあ、行きますよぉ~

メキ、メキ、、

Img_4031
メキメキ、

Img_4033
メキーーーーン、

ベリベリベリベリベリ・・・

Img_4035_20210715144501
パカッ

おみごと~~~

竹の翁でなくても
小さな人たちと力を合わせて
みんなで割れました!

すると割った瞬間に、
Img_4039_20210715144501
「わたし、われるよ」

と驚いたことに
去年のことを覚えていて、
節抜きをしてくれる年長さんのお姉さん!


スコンスコンスコン、

それを見て
皆も一斉に並んで抜き始めました。
Img_4041
しかしよく見ると、
何やら違う動きの人がいて、

こうだよ、

と伝えますと、
その隣のお友だちに、
すぐさま技が伝えられました^^!

素晴らしい~、

でもおソーメンだけじゃ、
消化によくないですからね、
みんなが植えた
お野菜も採りにいきましょう。
Img_4064_20210715144801
ナスにトマトに、
キュウリにシシトウ、

Img_4066
籠いっぱいに収穫する
野菜農家さんみたいな二人もいて、


それぞれ皆の得意分野の連携プレーで、


お待ちかねのプールにも
入れますよ~



Img_4080_20210715144801
おいっちに、おいっちに、

第一陣、

Img_4093
フーッラ、フーッラ、フーッラ、

真剣真顔でベースケさん体操を踊る図^^;


Img_4100_20210715144901
ユーラ、ユーラ、ユーラ、

乗りに乗って踊る図^^;;

Img_4097_20210715144801
持参の水おもちゃで
満面の笑みになったのでした♪



Img_4113
その間、
お台所には
小さなお母さんがいて、

おナスを切り、

Img_4118
キュウリを切り、

Img_4121_20210715144901
竹輪も切り、

すべてすべて切ってくれました♪

ありがとう~ありがと~~
と喜んでいたら

「あ、お箸つくるの忘れていた!」

ベースケさんの焦る声。
Img_4127
すると今度は、

早めにプールから上がった人が、
お箸づくりを手伝ってくれて、
次々にお箸が出来ていきます。


(ほんとは真ん中、真ん中で
割っていった方が安定します)

Img_4135_20210715144901
と思ったら

ねずこになっていました^^!
Img_7781
と思ったら、

積み木になっていました、

Img_3996_20210715144401
外では、

モバイル鹿威しになっていました^^!



Img_4129_20210715144901
それから、
プールで存分に夏を運んでくれて、
お腹が空き空きになった人たちが
「いつたべる?」
「まだたべないの?」
と盛り上げてくれて、

片付けたら食べるよ、

と言った途端、

「おかたづけするよ~~~~」

と叫んで、
お部屋が一気に片付いたのでした。
信じられない早業でした。。。
Img_4148
お片付けする ねずこ。

色えんぴつケースを
片付けた途端に
バタンと倒れました^^;;

その隙に
そうめんも茹でて、
天ぷらもあげて、
Img_7789
いよいよ、


Img_4159
流しま~す。

Img_4161_20210715144901
お手本の人が左へ行き、
後ろの人も
先を読んでディフエンス態勢!

Img_4172
キャッチ、



Img_4183
おさえた、

しかし、するりと逃げられる

右利きなので
左手に回った方が良いか、

Img_4198
いや、節の堰を利用して、
掬い取り!

ふと見ると、
Img_4201
下流には山のような人だかり^^+



Img_4213
そんななか、
カツオの一本釣りならぬ
ソーメン一本釣りの妙技も
生まれました。

この後も
キュウリや
ちくわや
トマトも流れ、
みかんやパイナップルや、
天ぷらも登場し、
たらふくいただいていましたが、

実はもうすぐ、
お迎えの時間、

今日は1学期最後の日。

名残惜しいけど
帰りのお話会の時間です。

むかしあるところに
1.2.3.4.5.6.7にんのこびとさんがいて、
お腹のすいたおじいさんとおばあさんに
ソーメンを流してあげました。

Img_4240
みんな
おソーメンになって

つるつるつるっと

食べられました。
そうして
おじいさんとおばあさんから
御礼におやつの桃をもらいましたよ。

おーしーまいまいまいまいまい


※桃は、OBおうち園生からいただいた無農薬の桃でした
ごちそうさま~ごちそうさま~~~



<おまけ>
Img_7815
ちょうど朝、
水槽のオタマジャクシが
アマガエルになっていてビックリ

Img_3976
「かえるに みずあげる~」

虫かごに移して
せっせとお世話しています^^


Img_3989
「みてて♡」

ここからお友だち?
が出てきます。
毎週の日課^^


Img_4234
竹ソーメンの砂ぷりん

いつの間にか完璧ぷりんを
作っていました♪

竹の削り節がのっています。

Img_4026
なないろこねこ
Img_4251
みんなお絵描き大好き!

Img_4228
カブトムシにパイナップルをあげたら、


Img_20210715_124319
なんと翌日、
2匹から4匹に増えていましたッ

いただいた沖縄パイナップルの匂いにつられて、
オスが2匹も飛んできました。

ビックリ!

Img_20210711_202717-2
黒板小人さんは
流しそうめんといっしょに
流れて来ました^^

もうすぐ梅雨明けです。
暑い暑い夏が
はじまりますよぉ~~~

元気な夏休みを過ごして
また2学期にあいましょう~♪

| コメント (0)

2021年7月 7日 (水)

七夕さまと きっこうでん 乞巧奠

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_20210707_095011
ちょうど七夕さまの
お祭りをしているようです。

あれ、カジノキの葉に
炭で字を書こうとしていますね。

Img_20210707_084302
小人さんも!

これはもしや
中国の行事で七夕のルーツと言われる
乞巧奠 (きこうでん、きっこうでん)
ではありませんか。

天の牽牛・織女に
技巧(機織りや裁縫や書道など)
の上達を乞い願うお祭りで、
カジノキの葉に願い事を書き、
張った縄に下げて祭壇をつくり、
七本の針に糸を通したり、
五色の糸や布をお供えしたそうです。


ところで
Img_7713
前回のビワ染めが染まりました。

輪ゴムをはずしますと、
Img_7765_20210708140401
こんな模様でした。

今年はピンクベージュに染まりました。

Img_3800
「ふじさんみたい」

輪ゴム絞りをはずした後から
ビー玉をゲット!
ビー玉の出た後は
富士山のように膨らんでいたのですね。

天に昇れない大蛇の頭のなかにあるという
蛇骨石のように飛び出してきましたッ

身軽になった大蛇のように
野山を駆け巡って
なんでもお楽しみ袋にしてね♪

Img_3819
お飾りも作りました。

立体ちゅーりっぷ
うめぼし入りおにぎり、
ちょうちん望遠鏡、
パイケーキみたいなの、

果てしなく
いろんなものを
どんどん作っていきます、、
それを見て、

朝の会では
天の神さまが出てきて
ひとりひとりに笹竹をくださいました。
「きょうは何の日だか知っているか
織姫と彦星が
一年に一度だけ会える日だから
ふたりのために
作ったものをかざりなさい」

Img_7721
飾りますと
紙芝居の
小僧さんが
里芋の葉の露で
墨をすって字を書くと
手習いが上達すると
おばあさんから教わり、
そうして
七夕さまに3つのお願い事をしていました。

そこでお庭に出ますと
Img_7706
里芋の水玉みっけ!

昔の人は
水道なんてないですから
葉についた雫も大切にしたのでしょうね。
さらに、
里芋は葉の表面の凹凸のロータス効果で
朝露が宝石のように転がり輝いて
まさに天からの水、
天水に見えたでしょうね。

Img_7726
天水をそーっと

硯へいれて

Img_7728_20210708171201
そーーーーっと運んで

Img_3843
ちょうど
消壺の中に
焚火の消し炭がありましたので


Img_7730
すりすりすり

Img_7736
おれらも~

トポン

葉の雨水を硯に落として、
Img_7733
すりすりすり・・・


そして
Img_7738-3
梶の木~カジノキの葉を

一枚いただいて短冊にして

Img_7747
手づくり墨汁で綴ります。


Img_3872
葉っぱなんて書きづらいかと思ったら、

(きこうでんの葉は
深い5裂になる
対称の切れ込みが理想形で、
葉柄を上にして書くと
飾った時、字が逆さまになりません。
詳しくは調べてくださいね)


Img_3861
なんとなんと

カジノキの葉は肉厚で柔らかく
吸水も良く
なお滑りも良く

驚きの感触。

Img_3866_20210708172501
しかも皆、

なかなか表現できない
心の願い事を
どうしたことでしょう、
けなげに呟きながら
書いてくれますので、
これぞ
七夕さま、
梶の木きっこうでんの魔法か

ほんとうに天の神様に
即決で届き叶いそうで、、



あとはもうそっとして、
神さまにお任せです(祈)

でも
やっぱ、
Img_7753_20210708173201
祭壇をつくって

お供え物は
みんなが朝、
せっせとこしらえた
お砂場レストランの豪華料理ッ

Img_3896_20210708140201
ざ、七夕クイズ大会~~~♪

おそらに流れる川はなんでしょう?
ひこぼしさまが好きなひとはだれでしょう?
わたしのようちえんのせんせいはだれでしょう?
ぼくのともだちは だれでしょう?
ねずみのつくる りょうりはなんでしょう?

ひとりひとり
珍問珍答を繰り広げてくれました^^;;

この後は
はらぺこ弁当をたべて
虫とり、お料理、アイ染め、おやつ、
それぞれに遊び、
帰りの会で合流して、

夢の国電車に乗りました。
天の国へ行き
雨で天の川を渡れないと
泣いている彦星さまのために
傘をさしたり笹舟をつくったりして、
織姫さまと会わせてあげました。

「雨で会えなかったらどうする?」
「かさを さしたらいいんじゃない?」

ちいさなお友だちの名案でした♡

ありがと~ありがと~~

おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>
Img_3901
ダンゴムシをさがす二人

Img_3911_20210708140201
ダンゴムシの

「あかちゃんがいたよ」

Img_3900
「だんごむしが いた」

なんとネズミの齧ったオニグルミの殻を
住まいにしていました^^!



Img_7762_20210708140401
踏み台の枕木の下に

Img_7760-2
ハサミムシのお母さんと子だくさん


卵が孵化して
背中にもおんぶ。

 

Img_3916_20210708140301
たまごとり

せっかくたくさん採ってくれたのに
お土産にするのを忘れてしまいました。
トホホ・・・

Img_3922
卵をありがと~ありがと~~


Img_3903
みんなの植えたトマトやキュウリも
美味しかったね^^

Img_3937
おいしそ~もりそば
いただきま~す♡

食べようとしたら
「まだ」
Img_3939_20210708140301
「やくの」

焼きそばでした^^;;;

Img_7769_20210708140401
お供え物

ミズヒキやモミジが彩る
すばらしい手料理の数々です!

Img_7770
モミジ茶に  アジサイご飯♪

きれいに並べられていました^^

 

Img_20210707_094916-2
黒板小人さんも
笹舟にのって
今夜は天の川に昇ります。

 

 

 

| コメント (0)

2021年6月30日 (水)

ビワの葉でエコバッグを染めよう

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_7659
畑ぼうずさんの花手水に
今日はビワの葉も浮かんでいます。

Img_20210630_084451
むくろじ小人さんは、
ビワの葉を前に考え込んでいます。

「どうやってそめるのかなあ」

ほんとですね、
お花なら
小石ですりすりして色を写せましたけど、
葉っぱは、どうやったら色がもらえるのかしら。

あれ、ところで、なんだろ、
なんかいつもと違う、
変だな、、
Img_20210630_084503
よくよく見ると、
小人ぼうずさんのお顔に、
いつのまにか目と口が、
出来ているでは
ありませんかーーッ!

うふつ、

なんだか
笑っているようなんですけど^^;

この前、
エコバッグに名前を書いたときに、
柿渋を使いましたからね、
さては、その時でしょう。
かわい子ちゃんに変身したのは^^;

Img_20210630_084752
本日の食材です。
アジサイやギボウシが入荷しています♪
Img_20210630_084553
人参のお花も
こおんなに咲いています。

Img_3633_20210701144101
「おはなアイスつくった」

おいしそ~~~♡

早速とても美味しそうな
お花アイスを作ってくれました。

Img_3646-2
「ねーストローちょうだい」

ブクブクブクブク・・・

この前のライ麦のストロー(茎)を
覚えていたのですね、
洗って渡しますと、
ブクブクブしていました^^

そして
ふと後ろを見ますと、
Img_3632
ちゅーちゅーちゅー♪

ほんとうの食材になっていました。
テーブルの上のお花のダンスが
人気のほどを物語っています^^!



Img_3643
手前では

花形の押し寿司が
丁寧に詰められていますし、

Img_3639
デザートのお団子も
ぽったりお皿にもられています。

Img_3630
おうちのなかでは、
魚つりに 
紙ヒコーキ航空ショーも。

Img_20210630_100949-2
外へ飛び出したヒコーキを
梯子に登って
取りに行ってくれた警備隊も居てくれて、

「こわかった~」

ありがと~ありがと~
見事な救出でしたッ


と、そんなこんなで
もうお弁当の時間になって
しまいそうなくらい
遊んでいましたが、
そろそろ朝の会ですよ~~~

朝の会がまだでした^^;

エコバッグさんが
「きれいな色とすてきな模様を
つけてほしいの」
ということで、
Img_3674
ビー玉に輪ゴムを

ひねってかけて
ひねってかけて

Img_3672
ひねってかけて
ひねってかけて

Img_7667_20210701150301
できた


広げてみたら
どんな模様になるかしら、
楽しみですね♪

それから、
Img_3678-2
ビワの木から

ちょきん、

ちょきん、

Img_3689_20210701142201
とビワ葉もいただいて

大きな葉っぱです、
ビワの実も
今年はたくさん食べたね~


ついでに
Img_3695
トマトもいただいて

二個つかみワザ⁈

Img_3704
キュウリもいただいて

Img_7674_20210701142301
おナスもいただいて

Img_3710-2
小さな畑さん、

ありがと~ありがと~

さあ、
ビワ葉を切りますよぉ、
ここまで来るのに
もう随分経ちましたからね、
座ってチョキチョキなんて
やってくれないんではないかしら、
と思いましたが、

Img_7678
どっこいッ、

ちょっきんちょきちょき
ちょっきんちょきちょき
Img_7684
右でちょきちょき
左でちょきちょき
両手でちょきちょき
ちょっきんちょきちょき
Img_7688_20210701142301
ザリガニ族か
ハサミムシ族か
驚くばかりのちょきちょき名人でした!

さらに
どこにそんな余裕があったのか
Img_3739
だいこんも
なすも

Img_3742_20210701142201
ねぎも

とんとんとんと切ってくれて
Img_3746-2
お味噌汁も出来ました。

本日はベースケさんが味噌汁屋さん


Img_3745_20210701142201
いただきま~す♡


今日は
お味噌汁も
キュウリもいつもより
繁盛していたような!?
なんだか美味しかったね~


Img_3756
午後は
どこからともなく
はしゃぐ声がきこえて
見に行けばブランコ乗りな人たち、

ちゃんと順番待ちしているしッ^^!


Img_3763
まだまだ熱烈な狩猟採集の人もいて、

枝豆をもいでいますしッ、

Img_3768
別の人は
その枝豆で
「これ、もらっていい?」
「いいよ」

なんと枝豆だんご、
いや本家ずんだ餅を
こしらえていますしッ、

Img_3775
さらに延々と洗っていたりして、

Img_3777_20210701142201
一方その間に

「オラフだよ♪」

ずんだ餅は
オラフ餅になっていました^^;;



それからも
まだまだまだまだ
遊んでいましたが

「もうお片付けしないと
お迎えの時間だよ」

というベースケさんの声で
目が覚めました。

タイヘン大変、
Img_7690_20210701142301
だって、お誕生日会もまだですからね

♪ハッピーバースデーツーユー


みんなの心づくしのお誕生日プレゼントに
包まれました♡

Img_7703_20210701142301
ギリギリで

ビワ染めも出来ましたよッ

(間に合った^^)



おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>

Img_3798
あそびの足跡

どーゆーあそび?

Img_3791
帰りのお話会


チョキチョキチョキチョキ・・・

身も心もビワになった人がいました^^

 

 

Img_3794
おおくにぬしのみこと?




黒板の前で色付く
Img_3711
にこやかな
Img_7677_20210701142301
あやしいふたりを発見^^;



Img_20210621_195807
黒板小人さんたちも
ビワの木にのぼって
ビワの葉でエコバッグを染めていました。
大きな大きな布も染めて
ピクニックお屋根にしています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2021年6月23日 (水)

自然の森たんけん

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_3623
安行原自然の森は
川口市に残る貴重な自然地。


大宮台地の南端に位置し、
台地・斜面・低地とコンパクトにまとまり、
湧き水も流れ、
生き物の種類が多い
貴重な場所です。

朝の会では
Img_3360
フクロウ先生が出てきて言いました。

今日は曇りで雨もふって
森がひっそりしているから、
生きものをさがして起こしておくれ。

カ~カ~カ~

カラスは何十羽も居て
盛大に鳴いていましたが、
森は静かでひっそりしています。

リッリッリッリッリーーーーー
リッリッリッリッリリリーーーー

キンヒバリは
遠くの草むらで
きれいな高音の優しい声で鳴いています。

Img_3310
シロツメクサの冠と
指輪と
髪飾り。

森の入口に
緑の絨毯のように咲いています。
江戸時代にオランダから運ばれるガラスの器を
割れないように守るクッションとして
日本へ渡って来た
白い花の詰め草です。
子どもの頃、
四つ葉のクローバーをさがして遊びました。
蜜源植物でもあり食用にもなります。
ほどよいゾーンで咲いています。


人の歴史とともに
野の花にも その花の歴史があって
また、
花一輪一輪にも物語があって
人にも一人一人物語があって
そうして
これからも
幾重にも交わり重なっていくと思うと
くるくるくるくる
壮大な気持ちになります。
Img_7657_20210624120101
「ゆびわつくって」
「ぴったりのつくって」


さらに、
ひとつのお花は
さらに、
小さなマメ科のひとつひとつのお花で出来ていて、
これを
ずっとそのまま飾っておいたら
やがて、
ちいさなちいさなタネが出来るようすを見れるのかしら・・・

Img_3324-2
「ほら!」

全然気づきませんでしたが、
母子草(ハハコグサ)を
見つけてくれました。
春の七草のひとつです。
4~6月に咲く花の
最後の花かもしれません。
花が枯れると 
ほほけて綿毛になって
タネは風にのって飛んでいきます。

ぱっと顔をあげて叫びました。
Img_3326
「あ、Uのじだッ」

ほんとだ、
何事かと思ったら
アルファベットのUの字に見えるのですね!
そんなこと
頭をよぎったこともありませんでした。
イタヤカエデです。
なんだか
人間みたいに見えてきました^^


Img_3346-2
・・・

無言で大事に抱えています^^
ほんの少しですが、
タンポポも咲いていました。
Img_3333
「ダンゴムシにあげる」

と落ち葉拾いをしている人もいます^^



この後も数の少ない
ツユクサや
ネジバナに
ニワゼキショウ、

シオカラトンボ
ノシメトンボ
モンシロチョウ、
ヤマトシジミ、


「わ~くものす!」
「ちょうちょ」

といろんなものを
一歩あるくたびに
次々に発見していきました。

「ヘビもいたよ!」
数日前には
2メートル位のシマヘビも見たそうです^^



Img_3362_20210624120001
「おれも ほしい!」

アジサイお目々のフクロウ先生の
お目々を回しています。


Img_3369
「ちょうちょ・・・」

わ~ほんとだ、
紫陽花ちょうちょだッ!
何やら真剣に作っていると思ったら、
自分でオリジナルちょうちょを
産み出しました^^

そうか~
チョウチョは
元々お花の蜜を吸いたいから
お花に擬態していたのですね、
チョウチョの触覚も
メシベやオシベに似ていますもんねッ
またもや
今まで考えたことなかったなあ‼
ビックリ新感覚の連続です^^^^
Img_7653
「はじめて とったーーー!」

人生初のザリガニも
ゲットしました♪
Img_3398
脱皮したばかりなのか、
柔らかいザリガニでした。


あ~お腹すいたね~
Img_7648
ご飯たべる?

は~~~~~い、

皆の手が一斉に上がったので
湧き水に
皆の植えた畑のキュウリと
おじいさんちのブルーベリーを
冷やしましょう。

水道でも洗って、
Img_3413_20210624143501
いただきま~す!
キュウリを食べる人は1名のみでしたが、
ブルーベリーは大繁盛でした。
よかった、よかった^^



食後も
Img_3407
くつろぐのも忘れ、
食べるか食べないかのうちに
お相撲ごっこを始めたり、
踊りだす人も現れたので、

Img_3431_20210624120001
高台の森へ探険隊出発!

Img_3450_20210624120001
さっそく
根株のイスと
切り株ステージを発見。

次々とステージに上がり
入れ替わり
立ち替わり
いろんなひとが踊っていきます。

と思ったら、
Img_3482
すぐ後ろの
<木もれ陽の丘>で
(勝手に命名)

タケノコダンス?を踊る人や
カニカニダンス?を披露してくれる人や


Img_3494
とうとう大舞台にあがる人^^;

そのうち
Img_3524
決死の追いかけっこも繰り広げられ、


Img_3525_20210624120001
必死のたかたか鬼になりました^^;;

命の水を飲んでいます。

曇天ぽつぽつ雨で
誰も居ませんでしたから、
思う存分
はしゃいじゃいましたね♪


Img_3546
もうヘトヘトです。

ぶったおれました。

あれ、
Img_3545_20210624120001
すぐに復活して、


Img_3553
また探険です、

今度は森全体を駆け回り始めました。
年によっては
虫捕り三昧だったり
草花あそびに夢中になったり
いろいろですが、
今回は
踊って走って踊って走りました^^;;;

 

Img_3592
しまいに
ターザンブランコも発見してしまい、
遊具はチョー楽しいですからね、
また夢中になって遊びました^^;;

遊具の魅惑にはまると
自然の森が少しづつ減るのに気づかず、
森の生物の多様性の
微妙なバランスがくずれ、
湧き水も枯れてしまいます。

子どもたちと一緒に
いのちのめぐる環境を
大切にしていけたらと願います。
森はいのちの根幹ですからね♡


Img_3603-2
帰りの会では
またフクロウ先生が出てきて言いました。

どんないきものがいたかな?

ちょうちょ
ざりがに~
だんごむし
Img_3610
「ほら!」

んん⁈

だんご、だんご、だんご~~~~!!!

団子と聞いて
鬼が出てきました。

みんなは慌てて
ダンゴムシのように
丸くなりました。。。

おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>
Img_3621
ツユムシの幼体

あじさいの中に。
バッタ選手権では
40m以上のジャンプで
1位を獲得したこともある
身軽なバッタ目キリギリスの仲間。


Img_7633
桑の実も!

 

Img_7643
とにかく大地に寝てみよう♡

 

 

 

| コメント (0)

2021年6月16日 (水)

お花と葉っぱのエコバッグづくり

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_7586
畑ぼうずさんは、
葉っぱの傘をさしています。

そうです、
今日はお山探険の日でしたが、
朝から雷もなり大気不安定、

でしたので、
Img_20210616_091900
むくろじ小人さんと一緒に
お花と葉っぱのエコバッグを作りましょう。

 

でもみんなは
Img_3162
小雨まじりでも
朝からお砂場レストランで
パフェパフェパフェを制作中。

無言で真剣に
今日のお天気のように
しっとりしっとり泡立て中。

ふと後ろを見ると
Img_3165_20210617131001
こちらも
しっとりしっとり観察中、

なにを見ているのかな、

Img_3166
雨にしっとりしたダンゴムシでした^^



さあ、朝の会ですよ。
Img_3175
むかしむかしあるところに
ちいさな畑があって
ちいさな畑には
ちいさなおうちがあって
ちいさなおうちには
1・2・3・4・5・6にんの
こびとさんがあそんでいました。
こびとさんが原っぱにいくと
お花たちがあつまってダンスパーティーをしていました。

わたしはこんなに美しいの 
 ♪たららん らっらん(メリーポピンズ調)
わたしは こおんなに美しいわよ
 ♪つっきがーでったでった~(ぷっと笑う皆な)
あら、わたしなんて こ~んなにきれいよ
 ♪どんぐりころころ(しってる~)

ところが
とつぜん雨がふってきました
   (自分のもってるハンカチをかけてくれる子もいましたね)
だいじょうぶですよ、
だいじょうぶですよ、
と声がして竹の皮の傘がとどきました。
Img_3306-3
あ~よかった、

でもわたしたち、
あっという間にかれてなくなってしまうんです
とお花たちは泣きました。
そこで小人さんたちは
あななたちのきれいな色を
のこしてあげましょう、
と布に色をうつしてあげました。
Img_3178
みんなも
きれいな色を
お花からもらえますように

ふ~~~~~~(火を消す)

お話を活字にすると
ストーリーから
一字一句まで
元々あった
不変的なもののように感じます、
がベースケさんの
その日かぎりのお話は、
本来は
朝の景色から生まれて
お話が終わると同時に空気の中に
消えていきます、
ホントもナンセンスも
包み包まれ混ざり合って、
子どもたちと一緒にきいていると
キツネにつままれたような
タヌキにバカされたような
ふしぎな感覚に陥ります。
子供たちがお話しに
笑ったり乗ったりできるのは
妖精の羽が背中についているようで
ふと自分の背中をさわると
ゴツゴツしていました、、、

Img_3179_20210617131001
自分の袋に


Img_3189_20210617131001
葉っぱやお花をえらんで


Img_3187
のせて貼って

小石で すりすりすり・・・

※すべすべの小石が色が均等に出やすいですね

Img_7596_20210617131001
テープをはがして

Img_3201
できた!

Img_3209
なんだか

とても お洒落ではありませんかっ♡

葉っぱを契って乗せたのですね^^

Img_3225_20210617155001
わ~葉っぱのオバケがいる~ッ!

全体をバランスよく
丁寧にこすらないと
葉っぱの穴は
なかなか浮かび上がりません。


Img_3207
こちらは
剥がしたテープを
胸に貼り付けていました^^

Img_3237
さらにこちらは、

モミジの切れ端を

ゾウさんの頭に貼り付けて

ちょうど王冠のよう♪

ベッドに寝せられて
ゾウの国のプリンスになっていました!!!

捨てる方の葉っぱまで
宝物になりました^^^^^^

Img_3277
そうだ、
袋に名前を書こうか。

「かく~あれ? みえないよ、」


柿渋だから
お日さまに当たったら
見えるようになるよ。
忍者文字みたいだね。



おなかすいた~
みんなでキュウリを取りに行こうか!
Img_3245
あったー!

皆で植えたキュウリが
次々になりはじめて
ひとり1本づつありました。

キュウリは
すぐに終わっちゃうから
今食べておかないともったいないからね~

Img_3267
キョウリュウさんも
キュウリを食べに来ています。

採れたて新鮮の
みずみずしいキュウリですからね!
おいしいですよ~~~
Img_3275
いただきま~す!

しかし
ここで判明しましたが、
キュウリを食べられる人は3名、
残りの3名は
ノーサンキューでした^^;

でも
お誕生日会では
お花のプリンセスから
お花バッグが配られて
それぞれエコバッグに
Img_3301_20210617131001
キュウリを袋詰めしました。

じゃんけん大会で
買った人から選びましたが
食べない人は
勝っても
ちっちゃいキュウリを選んでいました^^

今日は
小雨のお天気のように
ちょっと薄暗いなか
もめてもはしゃいでも
しっとりしずかで、

こころあたたまる一日でした。

 


おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>
Img_7613
てへっ

4歳のおたんじょうびかい♪

Img_7614_20210617131101
♪はっぴば~すで~つ~ゆ~

まってましたッ

Img_3290
プレゼント♡

○○ちゃんと クマの絵
でんしゃと やさいの絵
メダルと わからないの
ぴんくの りぼん
とびだす えほん
おねえちゃんの絵

みんなのすてきすてきなプレゼントは
お花バッグの中に
い~っぱい詰められました。
Img_3232
お花ゆびわ

竹の皮のリングに
「ゆびわ つくって~」
自分でえらんだお花指輪でした♪

Img_3168_20210617151701
足じゃんけん

パーできるよ!
グーも。
チョキだ!


Img_7606_20210617131001
たまごとり

「とれないよ~とれないよ~」
相棒の必死のうったえに
おさんぽ探険隊員、
すっと
潜りましたッ

Img_7609_20210617131101
ありがと~ありがと~

しろいのがいい!
しろいの はじめてだから!

アサ姉さんの卵です、
よっく見てるんですね^^

Img_20210615_142407-3
黒板小人さんも
キュウリのなかで大はしゃぎ
つられて
キュウリくんも
蔓のうんていを渡って
遊びに来ましたっ♪


 

| コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

梅干しづくり

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_2932_20210610111801
畑ぼうずさんが
水に紫陽花と梅を浮かべて涼んでいます。
花手水はなちょうずのようです^^


今日は朝から暑くて
35度を超えそうです。

ならば
Img_2938
最近、
オーチャンだけでなく
アサ姉さんも
卵を産んでくれていますし、

卵をもらって、
Img_2933_20210610111801
ソーラークッカーで
ゆで卵をつくりましょうか!

卵をいれて
お水をひたひたに注いで

Img_2937_20210610111801
蓋をかぶせて
準備完了!

お昼に開けてみようね。

Img_2968
朝の会では
梅干しばあさんが出てきました。

口から葉っぱのベロが

ベロ~ん

あはははは・・・
うしししし・・・

Img_2972
わたしもつくる!

木の枝で穴をあけて
お花を差し込んで


できたッ
Img_2977


うわ、かわいー♡

小次郎って名前にしたいな^^

そんな
梅干しばあさんや
梅干し小次郎に

「おくすりになる
うめぼしをつくっておくれ~」

と背中を押されながら

Img_2992
梅落としにやって来ました。

長い竹の棒で
枝をこんこん叩いて
梅の実を落とします。

Img_2998
やってみる~~~

いや、持ちあがんないでしょ、
と思いきや、

う~~~ん、

と、こんなに持ち上がりましたッ‼

Img_3007
すると、
仲間も助けてくれて

コンコンコーーーン


ざららん、
ざららん、

ぼたぼたぼたぼた・・・・

と梅の実が落ちてきて
Img_3008
みんなで
夢中になって拾いました。


Img_3030
おかげで
た~くさん採れました。


梅の木さん
ありがと~ありがと~

お風呂にいれてジャブジャブジャブ
へそのゴマを

Img_3028
こりこりこり
Img_3035
とれた・・・

と、、、
Img_3015
水の中で

梅の実が
銀色の宇宙服を着ていましたッ

「わっ、みて、ほらあ~!」

お友だちの大発見です。

驚いていたら

たらいやバケツの色を見て
考えながら言いました。

「そうだ、
ギンイロだからカガミみたいに
うつるんじゃない♡」


魔法学校の
賢い女の子みたいに
呟くのでした^^

Img_3071-2
しばらく水風呂に入った梅の実さんは、
ザルにあがって
体を拭いてもらい、

Img_3082
きれいなお手々で


Img_3086
大きなカメに入って

お塩のお布団をかけてもらい、

長い長い眠りに就きました。

40日ほど眠ります。
Img_3099_20210610111901
ホワイトリカーを
落とし蓋や縁に塗って

虫よけと
カビよけに
化粧水のごとくヒタヒタヒタ

小ざっぱり気持ちよく消毒してあげました♪
Img_3153
ありがと~ありがと~完成です。

後は重石をのせて
水が上がってきますから
毎日ころころ回して様子をみてあげましょう。

7/20梅雨が開けたころに
カメから出して
お日さまの光に当てて
目を覚ましてあげますね。
土用干しです。


今日は
とてもいい仕事をしました。
Img_3105
いただきま~~す♪

待ちきれなくて
お弁当箱を開けていた人も居ましたから、
さぞかし美味しいことでしょう。


そういえば、
ソーラークッカーのゆで卵は
どうなったかしら、、
Img_3115
わってみよう、

ぼくがやる~

コンコン  コンッ

Img_3117_20210610131701
あれあれあれ、、、

まだ温泉ゆるゆる玉子でした^^+


食べたい人~?

はーい。

若干2名、手が上がりました。
Img_3125
あお~ん

と硬めの所を二口ほどお味見。

どう?
Img_3119
こんなかんじ♡

え? どんなかんじ?

後ろの人も興味津々。


こうだよ、
Img_3121
振り向くと

ものすごく大受けなのでした^^^^



ごちそうさまの後も
Img_7561_20210610111901
枇杷採りに燃えたり、

Img_3138_20210610111901
この前
仕込んだ梅ジュースを


Img_3142_20210610111901
作ったり、

そうして最後には

Img_3150_20210610132601
お誕生日会にて

暑い一日の最後のおやつに
飲みました。


ライ麦の茎(ストロー)で
チュ~チュ~チュ~♡

梅ジュースが苦手な人も
つい吸っちゃったのでした。。。

おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>

Img_3081
霧吹きで虹づくり


暑いせいか、
ずーーーっと虹づくりをしていました。


Img_3051
小人さんのおうち

ちいさなお椅子に座って
折り紙ピアノを弾いてます♪

ポロンポロンポロン

Img_3054_20210610111901
その後ろでは

ビー玉が勢いよく流れていました。

Img_3128
葉っぱのパン

まあるい穴を作って
クズの葉をのせて

パンッ

なった!

何度かチャレンジしていたら
澄んだ高い音がしました。

Img_2950
だるま落とし

何度も何度もやっていたら
こちらも

すこん、

すこん、

と見事ダルマが落とされましたッ!


Img_7580_20210610111901
お庭のさんぽ組は、
こんなお宝を発見。

これなあに?

「はさみむし」

虫はかせが居ました^^

もう何年振りかで見る
ハサミムシのお母さんと卵です。
ハサミムシのお母さんはやさしくて
卵の傍で卵がカビたり
敵に襲われないように、
やさしく面倒を見ています。

石の下にいました。
またこんどもちょっとだけ
のぞかせてね♡

Img_20210606_132756
黒板の小人さんたちも
みんなに加勢しようと
梅干しづくりに励んでいました^^^^


| コメント (0)

2021年6月 2日 (水)

じゃがいも掘り

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_7529
畑ぼうずさんはジャガイモ掘りをしています。
あれ、ウメやビワも混じってますね、
気づいてるかな、畑ぼうずさん。


朝の会ではカエルちゃんが出てきて
Img_2724
ジャガイモどれかな?

ジャガイモを探しています。


Img_2721
これかな?

ちがうよぉ

間違えて大きな石を選んでしまいました。


だって、そっくりなんだもん。

これ? ちがう
これ? ちがーう
これ? ちが~~う

どれかしら?

Img_2728
これーーーーー!

 

おみごとッ

 

じゃがいも名人のみんなと
じゃがいも掘りに出かけました。
Img_2754
根元を両手でもって


Img_2757
うんしょ、


Img_2775_20210603163201
うーんしょ、

なかなか抜けないので
手伝ってくれています。


Img_2783
すぽん、

ぬけた~♪

Img_2740
なんと最初に出てきたのは

♡型のじゃがいもでしたッ



Img_7546_20210603161001
こちらは

イモからイモ、

ニワトリのような形をしていました^^

Img_2799
ダンゴムシや

ハサミムシや

ミミズも居ました。

 

今年はハサミムシが多かったね~。
年によって 
ミミズが山ほど居た年もありました。

Img_2803
ニワトリにあげる。

とハナムグリの幼虫と
ダンゴムシを抱えて
ニワトリ小屋へ来た人も居ます。

こわくて
扉が開けられなくても
アサちゃんとオーチャンは
何かもらえるとわかったんでしょうか、
喜びに打ち震えて
コーコーッコーッ
と盛んに鳴いています。
余計にこわくなって
止まっているところ^^

でも、
あげたら喜んで食べましたね!

ありがと~ありがと~
命をありがとう。

Img_2825
折よく卵採り名人が
卵をとってくれました。


2個持ち両手で出来るんだあ!!

オーチャンが生んでくれたのかな。
ありがと~ありがと~

そうして
最後まで掘りつづけた人、
お庭に戻った人、
しばらく遊んでいますと

Img_2838
お腹の空いた人が
「おべんとうですよ~」
とたんぽぽ時計を見て
お昼を知らせに来てくれました。

Img_7549
よし、はこぶぞーー

ものすごく気合が入っています^^

しかしあんまり重たかったので
ふたつに分けて、

Img_2842-2
それでは
わたしたちが運びましょう。

みんな力持ちですね。

 

Img_2814_20210603160901
こちらは虫かご力持ち。


最後までジャガイモ掘りを
手伝ってくれていましたが、
ジャガイモよりも
次から次に出てくる虫を掘っていたのかもしれません、、
虫かごを懸命に運んでいます^^;

 

そうして縁側に帰ってきますと
Img_2828_20210603170701
ぅわ~~~~ッ!


カエルちゃんが美人子ちゃんになってるぅ~~~

Img_2853_20210603170801
後ろを振り向くと、
ヒイラギナンテンの
紫色の液果メイクアップアーティストが居ました。

サロン開店中ッ!

あーびっくりしたっ、

Img_2856_20210603171701
ジャガイモの土を落とすために
しばらく干しましょう。

「じゃがいもの海みたいだね~」
Img_2861_20210603171701
と言って、
姿勢よくクルクル回りはじめました。

Img_2863
泳いでいます、泳いでいます^^


午後は、
Img_2872-2
枇杷採りもして


Img_2888_20210603161001
豊作です。



Img_2892
袋に絵も描いて

今日もあっという間にお迎えの時間です。


帰りのお話し会では、
じゃがいもの国へいきました。
じゃがいもをたくさん掘って、
まちへ売りに行こうと
袋に詰めようとすると、
いたずら魔女が出てきて
ジャガイモにそっくりな石を入れました。
「どれだか わからないだろう、ウッシッシ」
Img_2912
ひとつ、ひとつ、
皆で順番に袋詰めしましたが、
だれも騙されませんでした。

くやし~くやし~
いたずら魔女は逃げていきました
あ~よかった、
そして美味しいジャガイモで
いろんな料理をつくりました。
ポテトサラダ
コロッケ、
肉じゃが、
シチュー、
フライドポテト、
じゃがバター、
ポテトチップス、
すると、

くんくんくん、
いい匂いがするぞ、

Img_2920_20210603161001
これはなにかな?

 

オニがやって来ました。

変わり身の術、
石化けの技で応戦です。



おーしーまいまいまいまいまい

 

<おまけ>
Img_2818_20210603160901
これなあに?

わ、もう生ってたんだぁ!
サンショウの実です。
気づかなかったなぁ。

Img_7556
絵本「じゃがいも」


Img_20210603_154118_20210603180001
ジャガイモのお花の妖精も飛んできましたッ

Img_7532-3
こちらは
ヤマノイモの妖精

ずーっと大切に持っていましたね^^


Img_2915
ちっちゃいのがいい!

あえて小さいジャガイモだけを
選んで袋詰め⁉
小人さんが喜びそうですね^^

Img_20210601_185830
親株から伸びた白い地下茎の先に
子ジャガイモが育っていました。
お母さん株と
へその緒でつながっているように見えます。
まだ緑の葉の時に収穫したジャガイモは
長期保存に向かないそうですが、
毎年6月第1週目に掘っています。

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧