2017年9月 5日 (火)

綾瀬川クリーン大作戦

埼玉県主催の「綾瀬川クリーン大作戦」のポスターに、

今年も、コロボックルくらぶの写真が掲載されました。

Ayase_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

日経新聞・・・コロボックル写真掲載

本日の日本経済新聞埼玉版に、川の国応援団の紹介で、

コロボックルるくらぶの活動写真が掲載されました。

Ccf220170810_5


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

子ども未来環境会議&夜の森の生き物しらべ

本日は、コロボックルくらぶの恒例の夜の観察会で、綾瀬の森に、親子70名の参加がありました。

また、綾瀬川の土手に遊歩道を建設する話し合いが関係者間ではじまっており、
今回は市役所の担当の方に来ていただき、
子どもたちと市民の意見を聞いてもらえることになりました。
子どもたちが意見を言う「子ども未来環境会議」を開催しました。

子どもたちが、自分の暮らす街づくりに意見を言えるのは、とても貴重な体験と思います。

本日は朝日新聞も取材に来ていただけました。

Resize_005_4
埼玉県水環境課の方のごあいさつ。
コロボックルくらぶは、水環境課の「川の国応援団」に登録しています。
今回の活動は、県の「川ガキ」イベントにも登録しました。

まずはコロボックル表彰。

Resize_016_2

Resize_019_2
銅のステージ2人、銀のステージ1人、金のステージ1人が表彰されました。
金のステージをクリアするには、綾瀬の森の活動に30回参加したことになります。
これからも、たくさん参加してくださいね。

続いて、遊歩道の話し合いです。

Resize_007
川口市の河川課の担当の方にお越しいただきました。
まずは、簡単に概要を説明していただきました。

次に、子どもたちが質問や意見を言いました。
2_20170812_1334
元気な子は手をあげて、積極的に意見を言います。

3_20170812_1334

4_20170812_1336


5_20170812_1336
緊張しながら、一生懸命、意見を言ってくれる子もいます。

6_20170812_1337

土の道がいい、生き物がいる道がいいなどの意見が多くを占めました。
中には舗装したほうがいいという意見もありました。
どの意見も間違いではありません。
違う意見のようでも綾瀬の森の自然を大切にしたい、
という子供たちの熱い思いから生まれています。


最後は、小さな子まで、みんなが一言づつ意見を言ってくれました。

印象的だったのは、5才の子の、
「道路は人しか歩けないけど、
土の道は人も歩けるし、生き物もいる、
だから土がいい」
これは、環境問題で理念とされる、「自然との共生」の考え方ですね。
共生という言葉の核心的な意味合いを
これほどわかりやすく表現できることに驚きました。
「なら土を平らにしたらいい」などのアイデアも出されました。
子供たちの声は、どれもシンプルで核心をついています。
自分たちの問題として、体感しているんですね。

川口市の担当者方は、子どもたちや保護者の皆さんの意見を、
次の会議に活かしてくださるとのことです。
これからも、綾瀬川の自然を守り豊かにするために、力を合わせて行きましょう。

<これまでのまとめ>
前の活動において、実際に舗装道路と未舗装の歩き比べをしました。
今回の市の担当者の方の説明では、
「舗装道路は歩きやすい」という舗装理由のご説明でしたが、
実際に歩き比べをした方のこれまでの感想は以下でした。

・舗装道路は、土と比べて体験温度が高く、照り返しも激しく、とにかく熱い。
・草が温度を下げている。
・地割れ等の消耗も 土と比べて、凹凸が鋭利で 足への衝撃も強い。
・自転車が増えるので、歩行者に安全とはいえない。
・舗装の周りから草が生い茂って歩きづらい箇所も多い。
など

続いて、夜の生き物しらべ。

Resize_038
暗くなるまでの間、生態系ピラミッドを体験しました。

今回も、夜に活動する生き物、休んでいる生き物を、表に記入して調べます。

Resize_047
ナガコガネグモはエサを待っています。

Resize_050

Resize_074
カブトムシ。今回はクワガタがたくさん捕まり、合計22匹。スゴイね。

Resize_099
アブラゼミのバッチ

Resize_081
まとめの会。捕まえた生き物の発表

1_20170812_1906
葉っぱシアター「夜の森の大変身」

Resize_095
今日の感想

最後に森にみんなであいさつして終了です。
「おやすみなさい!」

今回も、たくさんの生き物の夜の暮らしが観察できました。

------------------------------------------------

Resize_097
終了後、セミの羽化を観察できました。

Resize__1_004
表は児童センターあすぱるに貼ってありますので、
夏休みの自由研究など、活用くださいね!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

綾瀬川遊歩道しらべ

本日は、コロボックルくらぶの活動があり、親子37の参加がありました。

綾瀬川土手に遊歩道の整備がされることになり、
実際に自分たちで歩いて、どんな土手が良いのか体験しながら考えました。

次回活動日の8/5に、川口市河川課の担当者の方が、
遊歩道建設の説明に来てくださいます。
そこで、自分たちの意見が体験にもとづいて言えたらよいです。
「こども未来環境会議」ですね。

Resize_003_2
本日は戸塚環境センターに集合。
気温35℃で、直射日光の非常に強い日でしたが、逆に非常に暑い日の貴重な体験となりました。
草加市側のすでに遊歩道整備が終わった舗装道路、
川口市側の建設予定の土の道を歩き、
生き物、気温調べをします。

Resize_002_2
陽ざしの強い猛暑日でしたが、多くの人が集まりました。

Resize_009
環境センターの周辺の公園の道、草加市遊歩道、川口市土の道、綾瀬の森、の
4ゾーンに分けてしらべました。


●環境センター周辺の公園の道●
Resize_010
たくさんのニイニイゼミの抜け殻がありました。

Resize_028
クモの巣のゆりかご


Resize_035
さあ、綾瀬川の土手に出ました。

●草加市遊歩道●
Resize_037
市境では、舗装と土にピッタリと別れています。

Resize_046
路面に手を当てて温度を感じています。

Resize_049
温度計で路面の接地温度を測りました。
この時は、47℃でしたが、きちんと接地しておらず、後でやり直したところ53℃でした!

Resize_044
大きな松ぼっくりがありました。

Resize_065
路面の照り返しで、まぶしいです。


●川口市土の道●
Resize_066
土の道。散歩している人が歩いて出来た、細い土の道があります。

Resize_070
土の接地面は53℃と高く驚きました。
しかし、あとで草の上の接地面の温度を測ったところ、48℃でした。
草の上は、温度が低い。

Resize_069
アカツメグサの指輪

●綾瀬の森●
Resize_086
綾瀬の森に到着

Resize_094
木陰の道は涼しい

Resize_096
接地面の温度は33℃。
木陰は、直射日光に当たらず、外気温よりわずかに2度低いだけでも、こんなに涼しいのですね!

Resize_090
ノコギリクワガタの頭部

Resize_093
ツチバチの巣の入り口。アマゾンの指輪みたい・・・

☆まとめの会☆
Resize_110_2_3
調べた結果を発表してくれました。

Resize_100_6
本日の調査結果

Resize_117_2
子供たちも、綾瀬川の土手はどんな道が良いか、感じたことを発表してくれました。

Resize_126_2
小さな子も、お父さんお母さんも、意見を言ってくれました。

・舗装すると、自転車の通行が多くなり危ない
・平らな道はあつかった
・土がいい
・土を平らにしたら歩きやすい
・綾瀬の森は土が良くて来ている
・土を踏まない生活をしている、土を踏ませたい
・土の方が生き物が多かった
・舗装していても、ぼこぼこしていた
・土だとセミやモグラが出てくるので良い
・土の上には卵が産める
・木を植えた方が良い
・綾瀬川自然保護区を作りたい

8/5の綾瀬の森の説明会でもたくさんの意見を言ってくださいね!

Resize_135
最後にいつものように、綾瀬川にお礼を言って終了です。
「ありがとうございました!」


----------------------

※後日、もう一度やり直した温度調べでは、
直射日光が当たる舗装路面は、53℃くらいまで上がることが分かりました。
乾燥したむき出しの土でも、同じく53℃の高温になりますました。
しかし、土の道の草の上で計ると、48℃で、5℃くらい温度が下がります。
体感的に、土の道の方が涼しいと感じたのは、草の影響と思われます。

草は体内に多くの水分を含んでいるので、
温度を下げているのでしょう。


Resize_062_2
たくさんのセミに抜け殻がとれました~


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

こどもエコクラブ活動フォトコンテスト

コロボックルくらぶの4月の活動写真が、

全国エコクラブの「クラブ活動フォトコンテスト」2017年度第1期で、

こどもエコクラブ賞を受賞しました。

こちらから

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

斜面林の生き物しらべと稲の植え付け

本日は、児童センターあすぱるの自然観察会がありました。

コロボックルくらぶはじめ、市内各地から参加があり、親子で70名となりました。

今日の予定は斜面林の生き物しらべと、水路に稲を植え付けます。

○はじめの会のようす
Resize_007_2
リーダーによる本日の見どころ紹介。

Resize_017_3
パネルを使った紙芝居「トンボのいっしょう」。

○斜面林に向かい出発
Resize_021_3
途中サクラの木の観察。アリがたくさん登って行きます。
ジェーコムテレビさんの取材がありました。

Resize_024_2
学校横のウマノスズクサも元気で、ジャコウアゲハの幼虫もいました。

Resize_044_1_2
水路で生き物さがし。

Resize_032
オオシオカラトンボもいました。持てるかな?

Resize_045
ショウリョウバッタ。

Resize_051
セアカヒラタゴミムシ。

Resize_060
つかまえた~

Resize_062
チョウがいたよ。

○終わりの会のようす
Resize_072
捕まえた虫の発表

Resize_093
感想を言いました。

Resize_103
本日の結果

○残った人でイネの植え付け
Resize_105

Resize_109

Resize_110_2

たくさんの生き物が暮らせるようになったらいいなあ。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

川と森の生き物しらべ

本日は綾瀬の森で、コロボックルくらぶの活動があり、親子78名の参加がありました。

テーマは「魚・昆虫・植物しらべ」です。

コロボックルくらぶの前進「子ども生き物しらべ隊」は、綾瀬の森の昆虫調査から始まりました。
久しぶりの生き物しらべがメインの活動です。

Resize_022
始まりの会、生き物好きのメンバーが集まりました。

まずは「魚しらべ」。

Resize_030
綾瀬川に仕掛けた定置網3本を引き上げます。

Resize_041
何がとれたかな?

Resize_042
環境省指定絶滅危惧種のニホンウナギが入っていました!

Resize_204
ニホンウナギ

Resize_059
ミシシッピーアカミミガメ(特定外来生物)

Resize_071
テナガエビ

Resize_068
ナマズの髭は何本?

Resize_009_2
調査結果

次に、昆虫グループ、植物グループに分かれて観察会です。

「昆虫グループ」です。

Resize_080
講師の先生から、写真で全体説明、その後、虫とり開始です。

Resize_120
モンキチョウ

Resize_138
クロアゲハ

Resize_144
ヨツボシケシキスイ

Resize_154
昆虫グループのまとめ

Resize_164
調査結果

「植物グループ」です。

Resize_188_2
ビワの実採り

Resize_101
植物イチゴツナギの茎にヘビイチゴの実を通して、ヘビイチゴつなぎです。

Resize_103
ナツグミも成っていました。甘いけど、少しエグイ~

Resize_008
ナツグミもつないじゃいました!

Resize_061
最後に桑の実を採りました。

そして・・・

Resize_159
昆虫グループに桑の実のおやつのプレゼント!

Resize_158
大人気!

今日は、カイコも配りました。

Resize_019
カイコはクワの葉を食べます。綾瀬の森に採りに来てね。

Resize_167
カイコ大好き

Resize_146
こちらは、魚に釘付けだ~

終わりの会です。

Resize_175
子供たちが感想を言ってくれました。

Resize_177

最後は、綾瀬川と綾瀬の森にお礼を言って終了です。
「ありがとうございました!」

-------------------------------------------------

終了後、捕まえた魚を放しました。

Resize_195
クサガメさん、さようなら~

たくさんの生き物にふれあい、子供たちの笑顔がすてきでした。

これからも身近な自然を大切にしていきたいです。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

川下りの活動が新聞掲載

コロボックルくらぶの綾瀬川下りの活動が、埼玉新聞に掲載されました。

Ccf20170516_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

「カヤックでのゴミ拾い」が新聞掲載

昨日の、綾瀬川をカヤックで下り、ゴミ拾いした活動が、
朝日新聞埼玉版に掲載されました。

Ccf20170430

また、朝日新聞デジタルで全国配信されました。
本社からプロカメラマンが来てくださり、きれいな写真です。

こちらから → カヤックでゴミ拾い


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

綾瀬川・ゴミ拾い川下り大冒険!

本日はコロボックルくらぶの活動で、カヤックで川を下りながらのゴミ拾い。

15年連続で日本一汚い川と呼ばれた綾瀬川もいろいろな人の努力できれいになってきますが、人の気持ちは川から離れたままです。

水上のゴミを拾いカヤックで冒険することで、ふたたび綾瀬川と友達になれたらいいです。

サブタイトルは、

~ゴミをひろって綾瀬川と友達になろう!~

Resize_028
始まりの会。いつもと違って、丸くなって、自己紹介。

参加メンバーは、2人乗カヤック10艇(親子)、1人乗カヤック2艇(伴走)の22名。

他に、自転車伴走2台、徒歩での伴走1名、さらに多くの協力者と、報道機関も3社来ていただきました。
ありがとうございました!

ゴールまでの距離は7km、がんばります~

Resize_023
綾瀬川を愛する会・幾島さんのお話し。
綾瀬川をきれいにしようと活動を始め、目標のひとつは川で子供たちが遊べる川にすること。今日、目標が叶います。」

Resize_044
ケガが無いように準備体操。

Resize_049
空気式のカヤックをそれぞれ組み立てます。
カヤック6艇は埼玉県水環境課でお借りし、4艇はサイサン環境基金で購入させていただきました。
ありがとうございました!

Resize_054
ポンプで空気を入れます。

Resize_061
ライフジャケットもしっかり装着。

Resize_063_2
一人乗りカヤック。大学生のお兄さんが伴走してくれます。

Resize_070
陸上でこぎ方の練習。

Resize_072
いよいよ、出発です。
「ゴミ拾いにいくぞ~」「オー!」

Resize_076
カヤックを川に運びます。

Resize_079
入水です。乗り降りが一番落ちやすいので、補助の手を借りて慎重に乗ります。

Resize_080
うまく乗れました!

Resize_016
本日は、草加パドラーズさんがドローンで撮影もしてくださいます。

Resize_170429
ドローンで上空から撮影した写真。いいですね!

Resize_098
みんな揃ってゴミ拾い開始です!

Resize_089
さっそくゴミを拾いました。タモアミですくいます。

Resize_006
川岸の草にたくさんのゴミが引っかかっています。土手からは見えないゴミがたくさんあります。

Resize_015
草加市に入り、新栄大橋をくぐりました。

Resize_107
土手は菜の花がきれいです。川の流れも引き潮で順調です。

Resize_122
すでにゴミでいっぱいです。

Resize_130
4号バイパスが見えてきました。もうすぐ半分です。

Resize_133
お母さん方もがんばっています。

Resize_155
スカイツリー線、通過します。

Resize_158
ところが、浅瀬に乗り上げてしまいました。カヤックを引っ張って脱出~下はヘドロではなく砂地だったようです。
この辺りが川幅が一番広く、水深が浅くなります。

Resize_162
護岸がコンクリートになり、都会の川の様相です。

Resize_166
外環付近。コンクリートジャングルになります。
南風の逆風になりなかなか進みません。体力的にもきつくなってきました。

Resize_189
外環を過ぎると松並木。ゴールはもうすぐです。

Resize_202
ゴール!無事、草加市左岸広場に到着です。

Resize_219
上空ではドローンで撮影。

Resize_221
たくさんのゴミを拾いました。

Resize_223
参加メンバーはメディアの取材を受けています。

Resize_228
最終組がゴール。全員完走です。

Resize_248
草加パドラーズさんが、看板でお迎えしてくださいました。
本当にありがとうございます。

本当は、草加こども祭りのステージで歓迎を受ける予定でしたが、
かなり時間が遅れステージが終わってしまいました・・・
関係者の皆さん、申し訳ありません。

Resize_231
ゴミを前にして終わりの会。ゴミ袋25袋分です!
みんなでゴミを調べると、ペットボトルがものすごく多いです。途中自転車もありました。
参加した子供たちが感想を言いました。

Resize_236
子供たちは、誇らしげに感想を言ってくれます。
「ゴミが多くて驚いた」「綾瀬川が好きになった」「風が吹いて漕ぐのが大変だった」
みんなで拍手で終了です。

Resize_170427
みんなで記念撮影。

Resize_170428
ドローンで上空から見たところ。

Resize_258
カヤックをきれいに掃除して、片づけ。
これで、すべて終了です。

朝日新聞の動画です。

7キロの行程、川下りの時間は、1時間半から2時間を予定していましたが、
この日は2時間半かかりました。
後半逆風にもなりかなりきつくなりました。
まさに、大冒険だったと言えます。

高度経済成長期、川に汚水を捨て川を犠牲にすることで、私たちの豊かさが作られました。
川のゴミを拾い、川下りの冒険することで、
川に感謝し、もう一度、川と友だちになることが出来たとおもえます。
仲直りかなあ・・・

綾瀬川と友だちになろう・・・まだまだ、続きます。

--------------------------

Resize_267
大学生のお兄さん、終了後も川遊び・・・

すごいね!


| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧