2018年11月10日 (土)

斜面林で稲刈りと竹細工

本日は、児童センターあすぱるさんの主催で、戸塚下台公園斜面林で、稲刈りと竹細工を行いました。
コロボックルくらぶなど、親子30人が参加しました。

イネは6月の活動で植えたもので、暑い夏を乗り越え良く成長してくれました。
ずいぶん遅い稲刈りのようですが、地元のおじいさんのお話では、昔はけっこう寒くなって来てから刈ったものだ・・・とのことです。

Img_2248
まずは、絵本「たんぼレストラン」を読んでもらいました。
生き物の命のつながりが描かれています。
私たちのイネは、昔の戸塚の風景と、生き物たちを取り戻すために植えたものです。

Img_2252
稲刈りカマの説明。普通のカマとどこが違うかな?稲刈りガマは刃がのこぎり状になっています。

Img_2254
刈り方の説明。

Img_2259
初めての稲刈り体験。

Img_2263
ザクザクと上手に刈っています。

Img_2260

Img_2266

Img_2270
刈り取ったイネは、きちんと並べて置きます。

Img_2273
ザリガニがいたぞ~

Img_2277
紐で束ねて、

Img_2278
二つに割って、はざかけ。

Img_2286
もみを取って、お米を食べてみたら、甘い!

Img_2287
スダジイのドングリも拾って食べました~おいしかったね!

Img_2284
記念撮影するよ。

Img_2290
次は竹の間伐。どの竹を切るか、皆で考えました。
竹は切って利用することで、過剰な繁殖を抑えます。

Img_2291
ギコギコ・・・・

Img_2296
もうちょっと、

Img_2303
倒れた!

Img_2306
えっちらほっちら、みんなで運びます。

Img_0602
竹の弓矢づくり

Img_2309
ビューンと飛んでいきました。

Img_2310_2
みんなで枝を切って使いました。

Img_2314
斜面に向かって練習です。

Img_2318
矢は、ススキを使いました。だんだん、上手になってきました。

Img_2319
竹のコップも作りました。

Img_2322
おやつのおせんべい焼き、七輪で炭火焼きです。

Img_2328
醤油をつけておいしそう~
「おせんべい、嫌いなんだけど、これは一番おいしい!」の声。

Img_2333
おわりの会。竹のコップで乾杯です!

Img_2338
最後は、斜面林の自然におれいです。「ありがとうございました!」

---------------------------------------------

その他の作品

Img_2341
帽子掛け

Img_2342
バンブータワー


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

どんぐりゴマ選手権~第6回綾瀬の森大会

本日は、コロボックルくらぶの活動があり、どんぐりゴマ選手権~第6回綾瀬の森大会が開催されました。

大人子ども合わせて55名の参加があり、競技には45名がエントリー、熱戦が繰り広げられました。

Img_1534
始まりの会で、幾島さんのお話を聞きました。

Img_1537
戸塚環境センターの建て替えがあり、調査の方が来られました。

Img_1540
コロボックル表彰、銅のステージをクリアしました!

Img_1545
森に、どんぐり拾いに出発です!いくぞ~、オーツ!!

Img_1548
木の実拾い

Img_1549
カナヘビもいました

Img_1550
アレチヌスビトハギのバッチ

Img_1556
木登りして、オニグルミ落とし

Img_1555
オニグルミ

Img_1560
見つけたものを発表してくれました、葉っぱのレース、きれい!

Img_1563
コブシの実から伸びた種のぶらぶら

Img_1566
お父さんが、どんぐりゴマの作り方を教えてくれました、
お父さんは、ドングリゴマ選手権の常連さんです

Img_1569
森でひろったドングリで、コマづくり開始!

Img_1554
ケガをしないように、慎重にハンドドリルを使います

Img_1570
色を塗って完成

Img_1575
対戦表。名前を書いて、大会にエントリーします

Img_1579
ドングリゴマ選手権、開会式

Img_1580
競技開始!

Img_1583_2
大人も、シラカシのドングリで参加します。


Img_1590


Img_1595
ちっちゃな子も参加


Img_1614
いよいよ、決勝戦です

Img_1620
おやつの時間、炒ったオニグルミを割って食べます

Img_1638
おいしそう!

Img_1622
表彰式、3位の景品は、ドングリやじろべえ

Img_1633
優勝は、4年生男子、どんぐりネックレスがカッコいい!

Img_1640
本日の結果

-------------------------------

おまけ

Img_1648
木登り

Img_1641
木渡りの術

Img_1652
ブランコ

Img_1654
台風で倒れたアカメヤナギの大木


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

バッタ選手権~第7回戸塚大会

本日は、戸塚下台公園にて、バッタ選手権・第7回戸塚大会が開催されました。

エントリーした子どもは26名、大人も含めると51名の参加でした。

Img_0948
始まりの会で、今までの記録の振り返り。

Img_0952
斜面林でバッタを捕まえます。

Img_0955
ショウリョウバッタ♂

Img_0974
競技開始!

Img_0971
計測係のお父さん方のみごとなチームワーク。

Img_0976
大記録・・・・クビキリギス 23m70㎝の大ジャンプ

Img_0192
高校生のリーダーの絵本「とべバッタ」の読み聞かせ

Img_0986
表彰式

Img_0993
チャンピオンが音頭をとって、森にお礼を言いました。
「ありがとうございました!」

-------------------------------------

Img_0995
Jcomテレビさんの優勝者インタビュー

Img_0997
バッタ選手権史上初ヒロバネカンタン

Img_0999
本日の特別賞のカマキリ。手乗りでなついています~

Img_0996
本日の記録


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

夜の森の生き物しらべ

本日は、コロボックルくらぶの活動がありました。

夏休み恒例、綾瀬の森で夜の生き物しらべです。

子供、大人52名の参加がありました。

Img_03861
綾瀬の森の母、いくしまさんのお話し。
「セミの幼虫は土の中で5年暮らしようやく羽化しますが、
私は3才の時、防空壕で土の中の生活を体験しました。
戦争のない、生まれてきた命を大切にする世の中にしましょう。」

暗くなるまでの時間、仲間たちの研究の発表です。

Img_87721
3月の活動でアカガエルの卵しらべをしましたが、
卵のピンチを、絵日記で先生に伝えてくれました。

Img_87741
卵が少なくなったのは、アライグマではないかと報告。
足跡があったとのことです。

Img_87781
次に昆虫の口の発表。
たくさんの昆虫を、グループ分けして、解説してくれました。

さあ、いよいよ出発です。
今年も、夜の生き物を、「うごいている」「やすんでいる」で表に書き込みます。

Img_87861
「いくぞー」「オーツ!」

Img_87671
コフキゾウムシ

Img_87871
クロコガネ、ニイニイゼミ

Img_03891
セミの幼虫があがってきたよ!

Img_87981
よいしょ、よいしょ

Img_87921
バッドディテクター(コオモリ探知機)で、鳴き声を聞きます。

Img_87881
表に記入

Img_87951
ゲジがいた~

Img_88021
キボシカミキリ

Img_88031
ハラビロカマキリ、木の上を、元気よく動いていました。

Img_88001
クロベンケイガニ

Img_88041
表にもたくさん書き込みました。

終わりの会

Img_88081
表を見ながら、生き物のようすを振り返りました。

Img_88111
つかまえた生き物の発表

Img_88191
葉っぱの影絵、「葉っぱシアター」

Img_88361
子供たちも影絵に参加です。

Img_88231
「これなーんだ?」

Img_88381
最後は森に感謝の気持ちを込めて、「おやすみなさい~」

-------------------------------------------

Img_88401


Img_88411
手づくりランタン掛け


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

安行探険

本日は、コロボックルくらぶの活動がありました。
川口市内の貴重な自然地を探検するシリーズの2回目。

場所は、安行原自然の森。大宮台地のへりにある斜面林です。
低地は草地に湧き水、台地と斜面は雑木林になっており、
自然環境の豊かな川口市の貴重な自然です。

35度を超える猛暑日でしたが、51名の参加がありました。

Img_8561
木陰で始まりの会

Img_8565
フクロウ先生が出てきて、40万年前からの森の歴史をお話しして下さいました。

Img_8569
探検開始。
生き物探しと、草花あそびで、森の姿を記録します。

Img_0328
オニヤンマがいました。

Img_8566
ヤツデのウサギ

Img_8570
湧き水の中には、ザリガニがいました。

Img_8573
草で看板作ったよ~

Img_8576
葉っぱの工作

終わりの会

Img_8580
ノコギリクワガタをつかまえました。

Img_8582
葉っぱの工作、紹介。

Img_8584
今日見つけた生き物記録紹介。

最後は、森にお礼を言って終了です。

---------------------------------------------

Img_8575


Img_0332


Img_8588


Img_8587


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

昆虫しらべと稲のうえつけ

本日は、児童センターあすぱるの自然観察会。

戸塚下台公園の斜面林で昆虫しらべをしました。

梅雨の不安定な天気でしたが、子供大人35名の参加がありました。

Img_7441
まずは虫捕り網のレクチャー。「虫を優しくとるための道具です。」

Dsc01755
絵本「とんぼしょうねん」。男の子が捕まえたトンボをたくさん持ちます~

出発です!

Img_7451
ウマノスズクサに付いたジャコウアゲハの卵。

Img_7456
エサキモンキツノカメムシ。背中のハートマークがカワイイ!

Img_7459
タラの葉はトゲがスゴイ!

Img_7463
ハムシダマシ

Img_7469
大学生のお兄さんが虫を捕まえてくれました。

Img_7471
ヤマトタマムシがいました。虹色に輝いています。

Img_7476
おじいちゃんにもらった図鑑で調べよう!

Img_7480
ノコギリカミキリ。

Img_7482
記録します~

Img_7496
終わりの会。見つけた生き物の発表。

Img_7503
森にお礼を言って終了です。

Img_7511
残った人で、水路にイネの植えつけ。
生きものを増やすための米づくりです。

Img_7506
初めての田植え。

Img_7515
ナナフシモドキがいました!

Img_7516
本日の結果


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

桑の実ジャムづくり、新聞掲載

5月25日付読売新聞に、

コロボックルくらぶの綾瀬の森で行った、

「桑の実ジャムづくり」の活動が掲載されました。

Img_6987_5

220180527_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

桑の実ジャムづくり

本日は、綾瀬の森で、コロボックルくらぶの活動がありました。

テーマは、桑の実ジャムづくりですが、なかなか、桑の実の稔りの時期にドンピシャと合うのは難しいのですが、
今回は、一番良い時期とうまく重なりました。

子供と大人、66名の参加がありました。

Dsc01532_2
綾瀬川を愛する会、幾島さんのお話し。

Img_6681
桑の実の遊びの紹介

Img_6682
イチゴツナギという植物を使った、ヘビイチゴ摘みの紹介。
今回も、ヘビイチゴジャムを作ります!

Img_6686
上流、下流の桑の木を目指して、2グループに分かれて出発です。
「いくぞー」「おーッ!」

Dsc01539
上流チーム、シートを使って収穫です。

Dsc01541
ビックサイズ!!

Dsc01555
あれれ、、口のまわりが、真っ黒だ~

Img_6692
下流チーム、高枝切りばさみで収穫。

Img_6695
木登りで収穫、お猿さんみたい。。

Img_6705
手の届くところもありました。

道すがら、色々な遊びをしました。

Img_6706
アカツメグサの指輪

Img_6723
かんむり

Img_6779
ヘビイチゴの指輪

Img_6709
たくさん収穫できました!

Img_6719
桑の実ジャムの作り方の説明

後半は、ジャムづくりと、昆虫調査に分かれて活動です。

ジャムづくり

Img_6724
桑の実の柄をハサミで切って、

Img_6729
鍋で煮込みます。

Img_6725
ヘビイチゴジャム、銅鍋で煮詰めます。

Img_6738
桑の実ジャム。

Dsc01551
虫取りチーム、鳥の巣を見つけました。

Img_6696
トビズムカデ

Img_6734
カイコに桑の葉をあげました。

Img_6739
ナナホシテントウ

Img_6742
こちら、ひたすら木登りチーム。と思ったら・・・ビワの実を採って食べていました~

Img_6748
終わりの会で、捕れた昆虫の紹介

Img_6757
今日の感想を言ってくれました。
「クワのみ採り、楽しかったです!」

Img_6763
綾瀬の森に御礼を言いました。

Img_6764
最後にお待ちかね、手作りジャムを食べました。

Img_6768
あまくて、おいしい~

Img_6775
おかわり~

Img_6766
読売新聞の取材を受けました。

自然からの恵みをたくさんいただきました。

森には、小さな生き物も暮らしているのが分かりました。

そうした自然と仲良く暮らせたらいいですね!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

日本自然保護大賞、市長表敬訪問の記事

4/23の埼玉新聞に、コロボックルくらぶが取り組んだ、土の道、日本自然保護大賞受賞、川口市長表敬訪問の記事が

掲載されました。

Img_61241_3

Ccf20180423
Ccf20180423_0002

大変に大きい記事でした。

しかも、今回いちばん大事にしていたフレーズが
大きく載っていて感無量です。

「人や虫のために」

「土の道 保全働き掛け」

そうです、虫のためだけではなく、
この都市化の進む川口市では
未来の子どもたちのためにも散歩の年配の方にも
土の道の保全は最重要課題のひとつと感じています。
それが草や木を育む生態系を重んじるものならば尚更良いです。

とかく大人社会は利便性が重視され、
協議会でも何度も利便性という言葉が出ました。
子供社会にあっても
遊びが利便性で溢れています。
一方で自然は不便で貧しいという感覚を
大人は無意識のうちに子供たちに植え付けているようです。
けれども、

縄跳びがないときは クズの蔓で跳び、
ゲームがないときは 木登りと隠れ家づくり、

一見、何もない不便な森は、しかし宝の山、智慧の山です。
たくさんの子どもたちに
森や里山は
生きる喜びや力や遊びを教えてくれます。

元々、この市長表敬訪問を
思い立ったのは
この綾瀬の森に来てくれる家族の駐車場の確保が万策尽きてしまい、
近くの未開通道路や環境センターに再度お願いできないかと思ったからです。
が、
それもムリらしいとなり、

訪問は辞めようと思ったところ
ずっと駐車場の確保に骨身を削ってくださった市の方が
熱心に計らってくださり、後戻りしづらくなり、
でも子供たちが居なければ
行ってもムダだから辞めようと思ったところ
なんとたくさん来てくれることになり、
それでは、
何かお願いをしようと無い頭を巡らせた結果、

「川口市にも自然学習センターが欲しい」

と思いつき、

「どうせなら子供たちが主体的に運営に関わる自然学習センターになるといい」

と思い馳せ、

「だったら、火葬場のめぐりの森に そういうのが出来たらいいね」

と思い巡らせ、

「そういえば、そのイイナパークが4年後開園するらしいから、それまで生き物調査をやらせてもらうのはどう?」

と焦点が絞れてきたところで訪問に至ったワケです。

市長にそれ(子供たちと生き物調査希望)をどうにか伝えますと、

一瞬淀みはありましたが、

「会議に代表が出るといい」

という希望につながるお答えでした。

う~ん、どうなるかなぁ・・・
少なくともイイナパークが
ただの「緑化」公園でなく「自然」公園の方向性であるのは夢のようです。
それまでの検討委員会に出席された方々の成果ですね。

市長は噂にたがわず大変な虫好きで
今、オニヤンマのヤゴを飼っているとおっしゃっていました。
子供時代は、今やアスフアルトジャングルの西川口で
虫三昧の少年時代だったそうです。
自然保護対策室という構想はここから湧いてくるのでしょうか。
子ども時代に溢れ尽きぬ自然体験をした最後の市長になるかもしれないな~
とふと思いました。
ある意味、そういった人間が絶滅危惧種になってきました。

自然地が聖域と化しては、末期症状です。
緑化公園ではなく自然公園を増やしていく意味は、
虫三昧で育つ子供たちを絶滅危惧種にしないためでもあります。

川口市には、
「川口市みどりの基本計画」がありますが、
この「みどり」が、生態系を重んじる方向に向かっていきますように。

一つの政党はコロボックルとしては
全く応援していませんし、
個人的には譲れない国の政策は山ほどあります。
その基本線に立ちながら、

年々失われていく都市近郊の自然地を残していけるよう
答えはまとめずアイデアを出しながら、
様々な立場の人と息長くつながっていきたいと思いました。

「わたしたちは土の道がいい」の一連シリーズは、、

ひとまず今記事にて ようやく修了の感!

どうもありがとうございました(合掌)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

土の道が残った

埼玉新聞に、コロボックルくらぶの綾瀬川遊歩道の活動が掲載されました。

Inkedccf20180422_li

この記事、大変に好きです。

「コロボックルの子どもたちも声をあげた」

「高齢者にも悪いという独自の調査をやり・・・」

「・・・による協議会が・・・5回開かれた」

「未来の大人の意見が尊重された・・・」

タイトルから
冒頭から締めまで

自分ではどうにもまとめきれなかった一連の流れを
こんなにコンパクトにダイレクトに伝えてくださって感謝です。

この綾瀬川周辺に住んでいるお友達に
伝えたいけれど
意外に
自分の友達には
うまく伝えられません。
でも、この記事を
そっと手渡せば
私なぞの話では到底伝えきれない思いも伝わりそうです。
大抵は最初に声をあげた少数派の人間は、
不器用なために孤立し路頭に迷い見放され切れた凧のように彷徨うばかりですが、
ここでは
仲間が支えたのです。

すべての意見は間違っていない

少しづつ少しづつ対話と奇跡を重ね歩み寄りながら・・・


| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧