2019年6月 8日 (土)

川口キリギリス・プロジェクトと生物調査

本日はコロボックルくらぶの活動です。

それぞれの家庭で飼育したキリギリス幼虫をいよいよ赤山歴史自然公園に放虫します。その後、赤山歴史自然公園の生物調査を行います。

子供・大人合わせて、47名が参加しました。

Img_6638-1

それぞれの家庭で工夫して育てた虫かご。成育のようすを見ています。2cmくらいに成長したキリギリスは、産卵管が伸びてきて、雌が分かるようになりました。

歴史資料館にて始まりの会。

Img_6649-1

今回のキリギリスプロジェクトに協力いただきました川口自然保護対策室さんのごあいさつ。「私たちは自然と生き物の命を守る仕事です」

川口市のみどり課さん、自然公園準備室さんも参加していただきました。

  Img_6652

植物の会会長の西川先生。植物調査のご指導をお願いしました。

Img_6654-1

昆虫調査をご指導していただきました斎藤先生。昆虫調査がお仕事です。キリギリスの生態についてお話していただきました。「地域種を大切にしましょう」

Img_6665-1

放虫場所に向けて出発。

Img_6667

こんな場所です!

 Img_6675-1

順番にキリギリスを放すことにしました。

Img_6690-1 

優しく放しています。

Img_6677

「げんきでね~」

Img_2230

手乗りのキリギリス。

Img_2236 

Img_6696-1

最後にみんなで声を掛けました。「元気に育ってね!」

--------------------------------------------------

続いて赤山歴史自然公園の生物調査です。

Img_6701-1

植物チーム、昆虫チームに分かれて作業を開始しました。

Img_2237

工事ルートも探索。

Img_6713-1

種のふしぎ

Img_6717-1

森には樹液が出ているクヌギの木にたくさんの虫が集まっていました。

Img_6777

ノコギリクワガタがいたよ!

Img_2240

ウシガエルの死体がありました。森の中には、オオイトトンボも居ました。

Img_6721-1

未舗装の道を進みます。

Img_6733-1

池には、ウチワヤンマが止まっていました。

Img_6738-1

事前調査で保護された水辺の貴重種9種は、草に覆われ、生存が危ぶまれます。

Img_6746-1

終わりの会で、本日の結果を子供たちが発表してくれました。

 Img_6759-1

講師の先生からの講評

植物:丘の部分(陸地)は、外来種が多種繁茂しており、 水辺の貴重種は草刈りがされておらず生存が心配される…

昆虫:原っぱ、森、湿地、池と多様な空間がコンパクトにあり、 いろいろな生き物が見れた...

Img_6766-1

自然保護対策室さんから、記念品を頂きました。

Img_6772

ウチワでした~

最後にたくさんの生き物を見せてくれた自然にお礼を言いました

「ありがとうございました!」

------------------------------------------------

 

Img_6787

Img_6789

Img_2317

 

| コメント (0)

2019年5月26日 (日)

綾瀬の森で桑の実ジャムづくり

本日は、綾瀬の森でコロボックルくらぶの活動があり、子供大人合わせて、77名の参加がありました。

気温30度を超える暑い日でしたが、綾瀬の森は涼しいです~

埼玉県のクールスポットに指定されています。

Img_2082

綾瀬川を愛する会、幾島さんのお話し。海洋ゴミを食べてクジラが死んだお話しでした。

Img_6190

コロボックルくらぶでも、海洋ゴミを無くす取り組み「ごみゼロウィーク」に参加しています。今日は活動しながらゴミ拾いもします!

Img_6192

コロボックル表彰。ミッションカードをクリアした3人が表彰されました。

Img_6196

新しく始めた、川口市自生のキリギリスを守る「川口キリギリス・プロジェクト」。

すでにキリギリスを飼育してくれている子が飼育報告。エサの工夫や、生態のようすなどをお話ししてくれました。

キリギリスの幼虫に名前を付けてくれた子もいました!

さあ、いよいよ、果実採りに出発です。

クワの実、ビワの実、ヘビイチゴの3グループに分かれて、収穫しました。

★クワの実チーム

Img_2095

クワの実は木によって大きさや味が違います。この木が、大実です!

Img_2084

まずは試食。「このままでも、おしいしいね~」

Img_2090

木をゆすると実が落ちて、シートにたまります。

Img_6209

大粒の実が、たくさん収穫出来ました。

★ビワの実チーム

Img_6205

大きなビワの木に木登りして収穫。

Img_6206

お猿さんみたいだ~

Img_6207

こちらも大収穫。

★ヘビイチゴチーム

Img_6221

Img_6217

イチゴツナギという植物に、ヘビイチゴを通して収穫。

Img_6223

こちらもたくさん収穫出来ました。

続いて、

ジャムづくり、虫捕り、キリギリスのグループに分かれての活動。

★ジャムづくり

Img_6225

中学生のリーダーが、ジャムの作り方を説明してくれました。果実には水分があるので、水は入れないのがポイント。

Img_6238

こちらはヘビイチゴジャム。

Img_6239

おいしそう~

Img_6240

クワの実を煮詰めています。

Img_6241

ビワの実を煮詰めています。

Img_2101

クラッカーにビワの実ジャムを乗せています。

★虫捕りグループ

Img_6230

森の中へ出発、虫探しに行きます。

★キリギリスグループ

Img_6235

虫かごの中にエサの花束を入れ、幼虫を放しました。

〇終わりの会

最後に、それぞれのグループの活動報告

Img_6244

虫捕りグループのリーダーと子供たちの報告。モンシロチョウ、テントウムシなど、捕まえました。「元気なうちに逃がしてあげましょう!」

すべての活動が終り、綾瀬の森にお礼を言って、

最後に、ジャムを食べました。

Img_6252

ビワジャム

Img_2107

クワの実ジャム

Img_2109

ヘビイチゴジャム

Img_2112

「おいしい~」

Img_2111

「ヘビイチゴジャムもおしいしいね!」

今回も自然とのつながりを、おいしく感じました☆彡

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月12日 (日)

川口キリギリス・プロジェクト、始動!

川口キリギリス・プロジェクトが始まりました。

今日は綾瀬の森で、川口市自生種のヒガシキリギリスの幼虫の受け渡しです。

飼育には、10家族が名乗りをあげてくれました。(本日は7家族が参加)

キリギリスの幼虫は、花粉や花びらを食べる草食です。大きくなるにつれ、肉食傾向も出て、雑食になります。

Img_1954

まずは綾瀬の森で、花を摘み、エサにする野の花の花束を作りました。

Img_1947

Img_1955

Img_1958

花束を輪ゴムで止めて、水に濡らしたティッシュでくるんで、アルミ箔でさらにくるんで、虫かごに入れます。

Img_5851

キリギリスの幼虫を自分で持ってきた虫カゴに移します。

Img_5858

ネットを張って完成。

Img_5861

脱皮中の幼虫もいました!

Img_5871

虫を放す日は、

・6/8 13:30~ 赤山歴史自然公園

それまで、自分の家で飼い、大きくします。

キリギリスを飼うのは難しいと言われていますが、それぞれが工夫して飼います。

がんばりましょう!

-----------------------------------------

「川口キリギリス・プロジェクト」概要

川口市に新しく出来た自然保護対策室の協力を得て、「川口キリギリス・プロジェクト」が始まります。

キリギリスは川口市内ではわずか一か所と思われる、道合地区に自生しているヒガシキリギリスがいます。
自生地では開発・絶滅の恐れがあるため、川口市に新しくできる赤山歴史自然公園に保護・自生させる目的で飼育・放虫します。

現在、種の移動は問題になるため、近距離の移動になる赤山歴史自然公園を選びました。

キリギリスは、昨年捕獲、産卵させ、この春に孵化しました。
このキリギリスの幼体を、2~3匹づつ飼育してもらいます。
幼体のエサは、野に咲く花(ヒメジョオン、タンポポなど)で、花粉や花びら、葉っぱを食べています。大きくなってくると肉食傾向もでて、キュウリ、リンゴの上に煮干しなどをあげます。

 

| コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

「アカガエルの産卵しらべ」の活動が新聞掲載

本日の埼玉新聞に、コロボックルくらぶの活動、3/2「アカガエルの産卵しらべ」の活動が掲載されました。

メンバーの感想が書かれていますので、ご覧ください。

11120190407

| コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

綾瀬の森の春を食べよう~2019年~

本日はコロボックルくらぶの活動がありました。

毎年恒例となっている綾瀬の森での野草の天ぷら。ソメイヨシノの満開の穏やかな日で、子供大人合わせて、59名の参加ありました。

Img_5030

サクラ並木

Img_1721

綾瀬川を愛する会・幾島さんのお話し。

食べられる野草探しの出発。

Img_1723

満開のサクラの花で、桜蜜を吸いました!

Img_5005

子供たちが、草を貼ってメニュー(図鑑)を作ります

Img_1733

綾瀬の森レストランメニューが完成。

Img_5001

野草摘みに出発

Img_5006

おいしそうな、野草が採れました!

Img_5019 

 天ぷらにしてもらいます。

 Img_5018

菜の花の天ぷら 

Img_5021

タンポポとギシギシの天ぷら

Img_1726

おいしい~

Img_5038

終わりの会で今日の感想を言ってくれました

Img_5042

最後に、綾瀬の森にお礼を言います。「ごちそうさまでした!」

------------------------------------------------

Img_1731

絶滅危惧種のノウルシが見つかりました。

| コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

アカガエルの産卵しらべ

本日は、毎年3月の第1土曜日に行っています斜面林水路の「ニホンアカガエル産卵調査」です。

児童センターあすぱるさん主催で、コロボックルくらぶからも、たくさんの子供たちや保護者の方が参加していただき、総勢40名での調査となりました。

Img_4618
あすぱるの所長さん、本日担当の職員さんのお話し。

Img_4622
今までの記録を紹介しました。今年で10年目の取り組みとなります。
昨年は、かなり数が減り、アライグマの爪痕と思われるものが水路の底にありました。
今年は、どうなっているのでしょうか・・・

Img_4624
お母さんに、「ごとおべいがいく」という,、ヒキガエルの絵本を読んでもらいました。
アカガエルも同じような生態で、森の土の上で暮らし、水たまりに産卵することが分かりました。

さあ、斜面林水路に向け出発です!

Img_4629
学校の横を通ると・・・

Img_4633
オオカマキリの卵がありました。

水路について、数をかぞえました。
今年はかなり少ない様子です。

Img_4645
今日、卵の粒を数える卵塊をすくいました。

Img_4650
透明できれいです。

Img_4654
水路を歩いてアカガエルを探しながら、川上へ登ります。

Img_4666
途中、幹巻きしたコモを外して、冬の生き物の観察。

Img_4660
ここでは、3卵塊産まれていました。この場所は、水が干上がってしまうので、
救出して小学校のビオトープに移します。

Img_4671
小さなザリガニも活動を始めていました。

Img_4674
本日の結果を記録係の女の子が発表してくれました。
今年は、8卵塊。激減となってしまいました。

次に、1卵塊の数をみんなで数えて調べてみました。

Img_4684
1卵塊を小分けにして、カップに入れます。

Img_4689
何個あるかな?

Img_4691
数をかぞえます。

Img_4686
記録係の職員さんに報告

Img_4701
合計の発表。なんと、1卵塊で、2452粒もの卵の集まりでした!
みんなびっくり。

小分けにした卵は家で飼って、オタマジャクシやカエルになったら水路に放します。

Img_4702
経験豊富なリーダーから、飼い方の説明。

その後、今年卵塊が少なくなくなった原因や対策をみんなで考える作戦会議。

原因
・雨が少なく水不足 ・井戸が壊れた ・斜面林で工事があった ・アライグマの影響かも

対策
・水路を深く掘る ・アライグマを捕まえる ・ネットを張る

今日は早速、水路の中に更に深く溝を掘り、行動に移しました!

Img_4704
溝を深く掘ります。みんな頑張って、掘ってくれました。

Img_4705
一つの溝はシートを張り、雨不足でも水が枯れないようにしました。

Img_4710
公園の水道から長い長い距離、バケツで水を運びました。

Img_4713
最後に、救出した卵を、1卵塊だけ放しました。
これからみんなで成長を見守っていきます。

終わりの会で子供たちの感想です。
・カエルの卵をまもれて良かった。
・穴掘りが楽しかった。

最後にみんなで、声を合わせて、森にお礼を言いました。
「元気に育ってね!」

-------------------------------------------

Img_4722


Img_4703


| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

ヒラタケの種駒打ちをしよう!

本日は、綾瀬の森でコロボックルくらぶの活動がありました。

ヒラタケの種駒の取り寄せに時間がかかり、3日前のお知らせでしたが、
子供大人合わせて、37名の人が集まってくれました。

Img_4367
始まりの会でコロボックル表彰。
銀のステージをクリアしました。おめでとう!


Img_4372_2
ムクロジの笛遊びの紹介。ピーっと、良い音が出ました。

綾瀬川を愛する会の幾島さんのお話し
Img_1504
綾瀬の森の昔の姿を教えてくださいました。

Img_4375
写真は、綾瀬の森が造成されて、木が植えられたばかりの時。

綾瀬の森も15年以上が立ち、森も成熟しました。
森に光を入れ草の種類を増やす目的で、高木になったハンノキの上部を伐採しました。
その幹と枝にヒラタケ菌の駒打ちをしました。

Img_4406
枝下ろしたハンノキ。ハンノキはミドリシジミの食草。

Img_4398
幹と枝をみんなで運びます。

Img_4380
ドリルで穴をあけて、

Img_4388
ヒラタケの種駒を打ちます。

Img_4386
これが、種駒。ヒラタケはハンノキなどの雑木向きです。

Img_4391
コンコン気持ちよく入ります。

Img_4393
みんなの作業風景

Img_4408
全部で18本打てました!安行の斜面林で、休ませ栽培します。
早ければ、今年の秋に収穫できます。

作業が終ったら自由遊び~

Img_4417
ムクロジの実を拾って、笛を作りました。

Img_4413_2
オニグルミの実を割って食べました。

Img_4458_2
クルミ、おしいね~

Img_4449
1月の活動でやったブランコづくり。

Img_4457_2
二人乗り

Img_4420
空中ブランコ、サーカスだ~

おやつの時間
Img_4427
七輪でお餅焼き

Img_4436
焼けたかな?
箸は土手に生えているアシを切って作りました!

Img_4435
おいしい!

Img_4441
終わりの会で、けん玉の技を見せてくれました。

最後は、森にお礼を言って終了です。
「ありがとうございました!」

-----------------------------

Img_4438
ぷっくりお餅。

Img_4405
綾瀬川にはヒドリガモ

Img_4411
ムクロジの木には、まだたくさんの実が着いていました。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

冬の生き物しらべと森のアスレチック

本日は綾瀬の森で、コロボックルくらぶの活動がありました。

風の強い寒い日でしたが、子供と大人合わせて66名の参加がありました。

Img_2808
始まりの会で、みんなの前にアオサギが登場、羽を広げてくれました!

Img_3617
はじめに、ボルネオ島の写真を見ました。
パームヤシ畑が広がり、オランウータンが住むジャングルは川沿いに残るだけとなっています。
この写真を見た時、まるで綾瀬の森と同じと思いました・・・
ヤシ油は、私たちが食べている、ポテトチップスなど菓子類、インスタント麺、化粧品、石鹸・洗剤類、燃料等、多岐に使われています。
私たちの消費生活は、熱帯林とそこに住む野生生物(アジアゾウ等)を絶滅寸前にしています。

Img_3622
今日は昔の道具を使いご飯を炊いて食べます。
子どもの頃の思い出と、道具の説明。

Img_3619
コロボックル表彰。銅のステージをクリアしました。おめでとう!

●まずは冬の生き物しらべ。

Img_3637
幹に撒いていたコモを外します。

Img_3633
クモがたくさんいました。

Img_3639
ゴマダラチョウ

●お釜でご飯炊き。

Img_1231
お米を計って、15合、炊きます。1升5合です。

Img_3604
お米を水で研ぎました。冷たい~

Img_3653
かまどで炊きました。

●アスレチックづくり。
Img_3647_2
大エノキにロープを掛けます。お父さんがボールを投げて、ロープを掛けてくれました。

Img_3669
ロープに木を結んでブランコ完成。

Img_3670
「わー、きもちいい!!」

Img_3677
自分でもつくろう~

Img_3679
ブランコタイプ!

●ミノムシに変身!
Img_1235
布に葉っぱを着けて

Img_3688
ブランコに乗って、

Img_3694
ロープを引っ張って、

Img_3691
人間ミノムシだ~

●木登り
Img_3641
登れ、登れ~

Img_3682
ちっちゃな子も、のぼれのぼれ~

●ご飯を食べよう!
Img_3686
ちょっと焦げましたが、ご飯が炊けました。

Img_3708
お母さんについでもらいました。

Img_3714
おいしい~~!

終わりの会の時間となりました。

Img_3717
今日炊いたお米は、トキのお米。
佐渡のお米で、農薬を減らし生き物がたくさんいる田んぼにすることで、トキの餌場になります。
普通のスーパーに売っていたものですが、こうしたお米を食べることで、生き物を守り育てることができます。
ボルネオ島の問題とも重なり、私たちの暮らしは生き物たちの暮らしにつながっているのです。

Img_3716
観察できた生き物発表。

Img_3721
感想。「ごはんが、おいしかったです。」

Img_3726
最後に綾瀬の森にお礼を言って終了です。
「ありがとうございました!」

----------------------------------------

Img_3728_2
生き物調査

Photo_2
ボルネオ島キナバタンガン川。整然とした緑は、パームヤシ畑。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

綾瀬の森で冬の里山体験

本日は、コロボックルくらぶの活動です。

綾瀬の森で、冬の活動として里山体験を行い、子供大人合わせて70名が参加しました。

Img_0956
綾瀬川を愛する会幾島さんのお話し。「今年は災害が多い年でした、元気で暮らせることに感謝しましょう」

今日のテーマは、冬の里山体験。

昔、安行戸塚の人たちは、雑木がたくさん茂る場所を「山」と呼んでいました。「山」から、薪とったり、落ち葉で堆肥を作ったりして、暮らしに役立てていました。そして「山」では、人が手を入れることで、生き物たちも元気に暮らしていたのです。今日はそのプチ体験です!

Img_3098
高校生リーダーが、冬の生き物を紹介してくれました。

Img_3094
綾瀬の森の大エノキ

Img_3104
落ち葉をめくってみると・・・

Img_3087
ゴマダラチョウの幼虫が越冬していました。

Img_0958
私たちも、落ち葉を集めて、落ち葉の布団に入ってみました。
「あったかいね!」

次に、枯れ枝を集めて、焼き芋を焼きます。

Img_31171
お芋は、「お父さんのヤキイモタイム」さんから寄付していただきました。
毎年ありがとうございます!

Img_3107
マッチでの、火の着け方を教えてもらい、
2チームに分かれて、火をつけます。

Img_3112
小枝を組み上げるチーム。

Img_31101
こちらのチームは、枯れた竹の枝を入れています。

Img_31141
見事、つきました!

毎年、最初に渡した10本のマッチでは足りないのですが、
今年はすぐ火が点きました。
こんな冬は、乾燥で火事が起こりやすいともいえますね。

Img_3119_2
薪を足して、おき火をたくさん作り、お芋を入れます。

こちらでは、しめ縄づくり。
戸塚下台公園で作った稲わらを使い、私たちの思いを締め込みます。

Img_0961_2
しめ縄の作り方を教わりました。

Img_0966
皆で協力して長いしめ縄を作ります。

Img_0971
親子で頑張りました。

Img_0975
つなげると、こんなに長くなりました。

Img_3123
御幣も手づくりして、

Img_3127
大エノキにしめ縄を掛け、御幣も着けました。

Img_0970
杭を打ち込んで、

Img_3130
松と竹も飾ります。

Img_3131
その頃、お芋も焼けてきて・・・

Img_3134
大学生さんが、焼けたかどうか、チェックしてくれています。

Img_3138
おわりの会で、感想を言ってくれました。

Img_3141
「落ち葉が楽しかった」

Img_3146
お家に飾る輪飾りを作ったお母さんもいました。上手ですね。

綾瀬川では、洪水対策で川幅の拡張工事が行われ、たくさんの木が切られました。
今回、大エノキにしめ縄を掛けることで、もう一度、自然と人の絆を取り戻そうとお話ししました。

Img_3149
みんなで、綾瀬の森に1年間の御礼を込めて、
「良いお年をお迎えください!」

Img_3152
最後に焼き芋を食べて解散です~


-----------------------------------------------

Img_3156
片づけは、いつも、落ち葉合戦になります~

Img_3161
残り火で焼きおにぎり。。

Img_3164
焚き火に籾を投げ込んで、ポップライス!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

斜面林で稲刈りと竹細工

本日は、児童センターあすぱるさんの主催で、戸塚下台公園斜面林で、稲刈りと竹細工を行いました。
コロボックルくらぶなど、親子30人が参加しました。

イネは6月の活動で植えたもので、暑い夏を乗り越え良く成長してくれました。
ずいぶん遅い稲刈りのようですが、地元のおじいさんのお話では、昔はけっこう寒くなって来てから刈ったものだ・・・とのことです。

Img_2248
まずは、絵本「たんぼレストラン」を読んでもらいました。
生き物の命のつながりが描かれています。
私たちのイネは、昔の戸塚の風景と、生き物たちを取り戻すために植えたものです。

Img_2252
稲刈りカマの説明。普通のカマとどこが違うかな?稲刈りガマは刃がのこぎり状になっています。

Img_2254
刈り方の説明。

Img_2259
初めての稲刈り体験。

Img_2263
ザクザクと上手に刈っています。

Img_2260

Img_2266

Img_2270
刈り取ったイネは、きちんと並べて置きます。

Img_2273
ザリガニがいたぞ~

Img_2277
紐で束ねて、

Img_2278
二つに割って、はざかけ。

Img_2286
もみを取って、お米を食べてみたら、甘い!

Img_2287
スダジイのドングリも拾って食べました~おいしかったね!

Img_2284
記念撮影するよ。

Img_2290
次は竹の間伐。どの竹を切るか、皆で考えました。
竹は切って利用することで、過剰な繁殖を抑えます。

Img_2291
ギコギコ・・・・

Img_2296
もうちょっと、

Img_2303
倒れた!

Img_2306
えっちらほっちら、みんなで運びます。

Img_0602
竹の弓矢づくり

Img_2309
ビューンと飛んでいきました。

Img_2310_2
みんなで枝を切って使いました。

Img_2314
斜面に向かって練習です。

Img_2318
矢は、ススキを使いました。だんだん、上手になってきました。

Img_2319
竹のコップも作りました。

Img_2322
おやつのおせんべい焼き、七輪で炭火焼きです。

Img_2328
醤油をつけておいしそう~
「おせんべい、嫌いなんだけど、これは一番おいしい!」の声。

Img_2333
おわりの会。竹のコップで乾杯です!

Img_2338
最後は、斜面林の自然におれいです。「ありがとうございました!」

---------------------------------------------

その他の作品

Img_2341
帽子掛け

Img_2342
バンブータワー


| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧