2018年4月20日 (金)

土の道が残った

埼玉新聞に、コロボックルくらぶの綾瀬川遊歩道の活動が掲載されました。

Inkedccf20180422_li


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

市長表敬訪問

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

野草の天ぷら、新聞掲載

4月14日綾瀬の森での野草の天ぷらの活動が、

埼玉新聞に掲載されました。

Ccf201804181


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

綾瀬の森の春を食べよう!

本日は、新年度1回目のコロボックルくらぶの活動です。

綾瀬の森で、恒例の野草の天ぷらを行いました。子供大人合わせて、90名の参加がありました。

Dsc01272
綾瀬川を愛する会・幾島さんのお話し
「外来種のセイタカアワダチソウを抜いています・・・」

Img_5737
高校生メンバーから、子供代表として、綾瀬川遊歩道の最終会議に出席したお話し
「みんなで力を合わせたおかげで、土の道は、200mから700mに延長されることになりました!」
拍手が沸き起こりました!

Img_5747
コロボックル表彰。10回参加で、ステージクリアです!
今回は、7人の子が銅のステージをクリアー、表彰されました。

さあ、野草調べに出発、「綾瀬の森レストラン」のメニューを作ります。

どんな食べられる野草があるかなあ~?

Img_5760
フキ

Img_5761
ヘビイチゴの花

Img_5735
キリギリスの仲間の幼虫がいました。

Img_5753
タンポポ笛

Img_5763
メニューができました。今年は、どれが一番人気かな?
季節の微妙な変化で、植物の成長も違い、毎年一番人気が変わります・・・

Dsc01279_2
綾瀬の森レストランメニュー

Img_5770
自分で食べたい野草を摘んできて、天ぷらに揚げてもらいます。

Img_5771
ノビルを摘んで、洗っています。

Dsc01276
菜の花の天ぷら、きれい!

Img_5775
カラスノエンドウ。

Img_5795

Img_5778

Dsc01278
ギシギシの超大盛り。たべられるのかなあ~

Img_5802
大学生2人も、天ぷら揚げ。

Img_5785
J:comテレビの取材がありました。

Img_5790
おいしーい!!

Dsc01284
幾島さんのお話しを聞いて、ぼくたちもセイタカアワダチソウ抜きました。
キク科のセイタカアワダチソウの芽を、天ぷらにして食べた子もいました。

終わりの会で、感想を言いました。
Img_5813
「タンポポがおいしかったです!」
「おそとでたべて、たのしかったです!」

今年の一番人気は、「タンポポ」でした👑

Img_5816
最後に綾瀬の森にみんなで御礼をいいました。
「ごちそうさまでした!」

-------------------------------------

終了後も子供たちは、森で遊んでいきます。
Img_5824
木登り、ブランコ

Img_5837
ライオンの家のご飯

Img_5834
大エノキに登った、大学生~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

日本自然保護大賞授賞式

本日は、日本自然保護協会主催の日本自然保護大賞・授賞式、記念シンポジウムに参加しました。

発表の子供たち8名と、大人9名と兄弟1名の18名で参加してきました。

コロボックルくらぶは、日本自然保護大賞・子ども学生部門を受賞しました。

東川口駅に集合、千代田区にあるYMCAアジア青少年センターに向かいました。

Img_5339
表彰式は、シンガーソングライターのイルカさんが、私たちの活動を紹介、
賞状と盾を手渡して頂きました。

Jtp180331_0268
イルカさん

【「自然との共生」に四苦八苦している今。
既に汚染された地球に生まれた子供ども達が一石を投じました。
「道路は人しか歩けないけど土の道は人も歩けるし虫もいる。だから土がいい」
5才の子どもの言葉です。
「綾瀬の森」遊歩道建設が決定した時「舗装しないで」と訴えたのも
蝉の幼虫が土から生まれるのを見て来た子ども達の意見でした。
高校生リーダーとも連携し、市の方針を覆しました。
積極的な子ども達の活動を知り、

未来からやって来る子ども達が自然再生への大きな鍵を沢山持っている!

そんな希望を抱き嬉しく思いました。】

Jtp180331_0073
記念撮影

Img_5355
国産の杉で作った盾

川口市長様、埼玉県環境政策課長様より祝電をいただき、
ありがとうございました。

Jtp180331_0331
テレビ局の取材も受けました。

お昼ご飯に、お弁当を食べて、午後は発表です。

Img_5391
お昼休みに、発表の練習をしました。

記念シンポジウムが始まりました。
Img_5392
保護実践部門、教育普及部門、子ども・学生部門、沼田眞賞、選考委員特別賞の順で、
活動発表がありました。

Jtp180331_0310
発表のようす

Jtp180331_0298
幼児さんも、元気に発表しました。

Jtp180331_0327
会場からは大きな拍手を受けました。

Jtp180331_0319
日本自然保護協会の理事長さんが、講評してくださいました。

シンポジウムも無事終了。

Img_5429
会場を後に、水道橋駅に向かいました~

参加してくれた皆さん、ご苦労様ですした!

受賞を機会に、これからも、自然の大切さを伝えていきましょう。

-------------------------------

Jtp180331_0162
コロボックルくらぶの参加者で、記念撮影。

Photo
受賞者、全員で記念撮影。

Img_5427
イルカさんのサイン


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

発表練習~日本自然保護大賞~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

市長が森へやって来た!

川口市長さんが、綾瀬の森に電撃訪問してくださいました。

コロボックルくらぶが、日本自然保護大賞を受賞したのがきっかけとなりました!

前日に訪問のお知らせがあり、急きょ、あつまりました。

Img_5140_2
市長さんと一緒に土手を歩きました。

Img_5146_2
暖かなのどかな日でしたが、子ども達が遊ぶ姿を見て頂いたのも良かったと思います。

Img_5161
ツクシのプレゼント!「卵とじ、おいしいです。」

子ども達が意見を言いました。

Dsc01003
「土の道がいいです」


Dsc01004
「土は自然でできている だから自然をまもってくれる
人間も自然だから 人間もまもってくれる」

Img_5168


Img_5173


Img_5195
「つくし、とれたの。おいしいよ。」


Dsc01022
捕った昆虫も見てもらいました。

Img_5158
集合写真

市長さんに自分の気持ちを伝えたいと、集まってくれた子供たちは、たくましかったです!

Img_5203
モズも私たちのようすを、見守ってくれていました~


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

アカガエルの卵しらべ~戸塚下台公園~

本日は、毎年恒例の戸塚下台公園斜面林水路のアカガエルの産卵しらべです。

例年、3月の第1土曜日に行っていますが、
今年は寒波の影響で、産卵が遅れ、1週間延ばして開催となりました。

あすぱる主催で、コロボックルくらぶはじめ、42名の親子が参加してくれました。

Img_4884
始まりの会で、ヒキガエルの産卵の絵本を読んでもらいました。

Img_4887
過去の記録の紹介

Img_4889
いつものように掛け声をかけて出発です。

Img_4893
まずは、戸塚南小の学校ビオトープを見ました。
ここでは、産卵はありませんでした。

Img_4895
校庭で、ホトケノザの花笛で遊びました。

Img_4903
斜面林の水路です。卵がありました!

Img_4906
橋の下を調べています。スゴイ!

Img_4909
アカガエルの卵。透明のつぶつぶ。

Img_4916
記録係の子が、地図に産卵場所と個数を書き込みます。

Img_4920
アカガエルがいました。

Img_4915
下の大池。

ここで終了ですが、今年は、卵の激減です。

次に、1卵塊の卵の数をかぞえました。

Img_4923
1卵塊をすくいあげました。

Img_4928
小分けにして、

Img_4925
数をかぞえます。

Img_4930
集計。

Img_4935
結果、発表です。

昨年、206卵塊ありましたが、今年は34卵塊に減りました。

Img_4939
1卵塊は、2,868個でした。

Img_4945
結果をもとに、今年の作戦会議。

なぜ、卵が減ったのでしょう?

・子どものいたずら
・大雨で流された
・アライグマに食べられた

が、考えられました。

Img_4956
水路にあったアライグマの足跡

そして、各小学校で、卵が減っていること、大切にすることを、
呼びかけてみる事が決まりました。

Img_4951
今年も、少し持ち帰って、家で飼って、また水路に戻すことにしました。

-----------------------------------------

Img_4962_2

Img_4968_2

----------------------------------------

その後、子供たちが、今日の出来事を伝えてくれました。

Dsc_0098

Dsc_10091


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

見沼探検が埼玉新聞に掲載

2月18日に行ったコロボックルくらぶの見沼探検の活動が、
埼玉新聞に掲載されました。

Ccf20180225_2


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

見沼探険と 「ZAN」映画上映会

本日は、見沼自然の家で、コロボックルくらぶの活動がありました。

見沼自然の家周辺の自然は、川口市内では、貴重な自然の残る場所です。
北風の冷たい日でしたが、53名の参加がありました。

午前中は見沼探検。

P2180005
お庭で絵本「ふゆめがしょうだん」を見ています。
今日は、冬芽の顔も見つかるかな~

012
掛け声をかけて出発です。後ろが自然の家。築120年くらいになります。

014
ネームプレートの裏では、クモが冬眠中。

044
ツバキの葉のぞうり。

022
オオイヌノフグリが咲いていました。

033
ヒイラギモクセイの風車。

035
冬芽の観察。

041
ハクウンボクの種。ラグビーボールみたい!

063
ミズキの大木に木登り。

049
お猿さんみたい~

053
木にロープをかけて・・・

058
ブランコ~

055
秘密基地

066
オニグルミの葉痕はヒツジの顔!

072
枝の切り口からしたたり落ちる水滴を飲んでいます。
木の中は、もう春、水を吸い上げています。

074
あまい~

088
田んぼの水路では、絶滅危惧種のジュズカケハゼ。

086
おっと、おっこちゃいました~

097
たくさんとれた魚。モツゴにタモロコ。

午後は、
「ZAN」映画上映会と昔遊び。

環境映画「ZAN~ジュゴンが姿を見せるとき~」
ZAN(ザン)は沖縄の言葉でジュゴンのこと。基地移転で揺れる辺野古の沖は、絶滅危惧種262種にもおよぶ貴重な自然地。ジュゴンも暮らすこの海の中で、今どんなことが起きているのでしょうか。
綾瀬の森の遊歩道は、生き物たちの声を代弁して土の道に出来ました。
日本自然保護協会が製作協力したこの映画を見ながら、私たちはどんな未来を選択するのか考えるきっかけとなればと思います。

Img_4422
まずは、写真で午前中の活動を振り返り。

Img_4435
大人は「ZAN」を見ました。最後まで見れた、子供もいました。

013
子供たちはお庭で昔遊び。

Img_4425
ベーゴマに、竹馬。竹馬が乗れるようになった子もいました!

Img_4430
冬芽の観察。

川口にはまだ残された貴重な自然があるのが分かりました。

これからも、市内の各地の自然、みんなで探検してみましょう!

-------------------------------------------------

096
Jcomテレビさんの取材です~

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧