2017年5月11日 (木)

川下りの活動が新聞掲載

コロボックルくらぶの綾瀬川下りの活動が、埼玉新聞に掲載されました。

Ccf20170516_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

「カヤックでのゴミ拾い」が新聞掲載

昨日の、綾瀬川をカヤックで下り、ゴミ拾いした活動が、
朝日新聞埼玉版に掲載されました。

Ccf20170430

また、朝日新聞デジタルで全国配信されました。
本社からプロカメラマンが来てくださり、きれいな写真です。

こちらから → カヤックでゴミ拾い


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

綾瀬川・ゴミ拾い川下り大冒険!

本日はコロボックルくらぶの活動で、カヤックで川を下りながらのゴミ拾い。

15年連続で日本一汚い川と呼ばれた綾瀬川もいろいろな人の努力できれいになってきますが、人の気持ちは川から離れたままです。

水上のゴミを拾いカヤックで冒険することで、ふたたび綾瀬川と友達になれたらいいです。

サブタイトルは、

~ゴミをひろって綾瀬川と友達になろう!~

Resize_028
始まりの会。いつもと違って、丸くなって、自己紹介。

参加メンバーは、2人乗カヤック10艇(親子)、1人乗カヤック2艇(伴走)の22名。

他に、自転車伴走2台、徒歩での伴走1名、さらに多くの協力者と、報道機関も3社来ていただきました。
ありがとうございました!

ゴールまでの距離は7km、がんばります~

Resize_023
綾瀬川を愛する会・幾島さんのお話し。
綾瀬川をきれいにしようと活動を始め、目標のひとつは川で子供たちが遊べる川にすること。今日、目標が叶います。」

Resize_044
ケガが無いように準備体操。

Resize_049
空気式のカヤックをそれぞれ組み立てます。
カヤック6艇は埼玉県水環境課でお借りし、4艇はサイサン環境基金で購入させていただきました。
ありがとうございました!

Resize_054
ポンプで空気を入れます。

Resize_061
ライフジャケットもしっかり装着。

Resize_063_2
一人乗りカヤック。大学生のお兄さんが伴走してくれます。

Resize_070
陸上でこぎ方の練習。

Resize_072
いよいよ、出発です。
「ゴミ拾いにいくぞ~」「オー!」

Resize_076
カヤックを川に運びます。

Resize_079
入水です。乗り降りが一番落ちやすいので、補助の手を借りて慎重に乗ります。

Resize_080
うまく乗れました!

Resize_016
本日は、草加パドラーズさんがドローンで撮影もしてくださいます。

Resize_170429
ドローンで上空から撮影した写真。いいですね!

Resize_098
みんな揃ってゴミ拾い開始です!

Resize_089
さっそくゴミを拾いました。タモアミですくいます。

Resize_006
川岸の草にたくさんのゴミが引っかかっています。土手からは見えないゴミがたくさんあります。

Resize_015
草加市に入り、新栄大橋をくぐりました。

Resize_107
土手は菜の花がきれいです。川の流れも引き潮で順調です。

Resize_122
すでにゴミでいっぱいです。

Resize_130
4号バイパスが見えてきました。もうすぐ半分です。

Resize_133
お母さん方もがんばっています。

Resize_155
スカイツリー線、通過します。

Resize_158
ところが、浅瀬に乗り上げてしまいました。カヤックを引っ張って脱出~下はヘドロではなく砂地だったようです。
この辺りが川幅が一番広く、水深が浅くなります。

Resize_162
護岸がコンクリートになり、都会の川の様相です。

Resize_166
外環付近。コンクリートジャングルになります。
南風の逆風になりなかなか進みません。体力的にもきつくなってきました。

Resize_189
外環を過ぎると松並木。ゴールはもうすぐです。

Resize_202
ゴール!無事、草加市左岸広場に到着です。

Resize_219
上空ではドローンで撮影。

Resize_221
たくさんのゴミを拾いました。

Resize_223
参加メンバーはメディアの取材を受けています。

Resize_228
最終組がゴール。全員完走です。

Resize_248
草加パドラーズさんが、看板でお迎えしてくださいました。
本当にありがとうございます。

本当は、草加こども祭りのステージで歓迎を受ける予定でしたが、
かなり時間が遅れステージが終わってしまいました・・・
関係者の皆さん、申し訳ありません。

Resize_231
ゴミを前にして終わりの会。ゴミ袋25袋分です!
みんなでゴミを調べると、ペットボトルがものすごく多いです。途中自転車もありました。
参加した子供たちが感想を言いました。

Resize_236
子供たちは、誇らしげに感想を言ってくれます。
「ゴミが多くて驚いた」「綾瀬川が好きになった」「風が吹いて漕ぐのが大変だった」
みんなで拍手で終了です。

Resize_170427
みんなで記念撮影。

Resize_170428
ドローンで上空から見たところ。

Resize_258
カヤックをきれいに掃除して、片づけ。
これで、すべて終了です。

朝日新聞の動画です。

7キロの行程、川下りの時間は、1時間半から2時間を予定していましたが、
この日は2時間半かかりました。
後半逆風にもなりかなりきつくなりました。
まさに、大冒険だったと言えます。

高度経済成長期、川に汚水を捨て川を犠牲にすることで、私たちの豊かさが作られました。
川のゴミを拾い、川下りの冒険することで、
川に感謝し、もう一度、川と友だちになることが出来たとおもえます。
仲直りかなあ・・・

綾瀬川と友だちになろう・・・まだまだ、続きます。

--------------------------

Resize_267
大学生のお兄さん、終了後も川遊び・・・

すごいね!


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

春を食べよう!が新聞掲載

4/15に綾瀬の森で行われました、野草の天ぷらの活動が、

朝日新聞に掲載されました。

Ccf20170424_0001_4

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

綾瀬の森の春を食べよう!2017

コロボックルくらぶも新年度になりました。

新年度は、60家族約200名のメンバーでスタートです。

春は、恒例活動、「綾瀬の森の春を食べよう!」・・・野草の天ぷら。親子125名の参加がありました。

Resize_142
始まりの会で、対岸の大エノキが切られてしまったお話しを聞きました。

Resize_017
対岸の大エノキの切り株。保護して再生します。

Resize_027
アカガエルを守るために、学校放送を実現したメンバーの報告。

さあ、先ずは、綾瀬の森レストランのメニューづくりに出発です!

Resize_039
途中、タンポポ笛を吹いたり、

Resize_052
サクラの花の蜜を吸ったり、野遊びしながら、野草しらべ。

Resize_033
だいぶ、食べられる植物が集まってきました。

Resize_056
メニューが完成しました。みんなで数えたら、
食べられる植物は、35種類ありました!スゴイね。

Resize_063
さあ、野草摘みに出発!!

Resize_078
お母さん方に、自分で摘んだ野草を天ぷらにしてもらいます。

Resize_068_2
メニューを見ながら、野草のチェック。

Resize_099
「なのはなあげてください」

Resize_074
「おいしい、おいしい」

Resize_086
セリ摘みかな?

Resize_094
おいしそう~

Resize_106
本日は、Jcomテレビさんと、朝日新聞さんの取材がありました。

Resize_109
終わりの会。おいしかった野草を聞きました。
フキは女の子に人気。一番人気はタンポポでした!!

115
感想「ツクシがおいしかった」

Resize_119
「てんぷらがおしかった」

Resize_129
最後に綾瀬の森にお礼を言いました。
「ごちそうさまでした!」

これからも、生活の中に、少しでも自然の恵みを取り入れてくださいね。

--------------------

Resize_069
綾瀬の森レストランメニュー


Ccf20170406
活動フォトコンテスト優秀賞受賞


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

アカガエルを守る看板づくり

子どもたちが決めた水路のアカガエルを守る活動の第2弾、看板づくりです!

あすぱるに集合。

005
それぞれ紙に絵やコメントを書き、パウチしました。


009
8枚のポスターが完成。


014
水路の脇に取り付けました。

みんなの行動力は、すばらしいです!

水路をのぞくと、卵がオタマジャクシになっていました。
これからも、成長を見守っていきましょう!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

「アカガエルの卵をまもろう!」学校放送

3/4自然観察会、斜面林での「アカガエルの産卵しらべ」の終わりの会で、

「斜面林の自然を守るために、みんなで出来ること」を話し合い、新年度の目標を決めました。

4年生の女の子からは、「学校放送でアカガエルの卵を守ることを呼びかける」との意見が出ました。

意見を出した女の子3人は、早速、その日の午後にあすぱるに集まり、作戦会議。

放送原稿を書きあげ、主任の先生にその原稿を持って行き、
学校放送をやらせてもらえるようにお願いする!ことになりました。

1490358767112

しばらく、日にちが経って、どうなったかなあ、と思っていましたが、
今日、小学校での放送が実現したとのことです!

お母さんから、お知らせがありました。

子供たちの、行動力は本当にすごいですね!

お母さんからのメールの一部を紹介させていただきます。

--------------------

原稿は先生がコンパクトにまとめてくれ、
短い放送となりましたが、言いたいことは伝えられたようです。
先生やクラスの皆から拍手をもらったり、
クラスメイトからアカガエルについての話しをされたりと、反応も感じられたようで、
春休み前に放送できて良かった、
春休み中に荒らす人がいなくなるといいなと達成感を味わっています。

小さな一歩ですが、知識を得るだけでなく、
実際に自然を守る活動のひとつができたというのは貴重な体験だったと思います。
受身でいるだけでなく、自分が動くことで何かが変わるかも、
何かを守れるかもということを学べた機会でもあったのでは…

----------------------

私自身も、子供たちから勇気をもらいました!

これからも、みんなで自然と仲良く暮らす街を作って行きましょう・・・


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

アカガエルの産卵しらべ2017

本日は、戸塚下台公園の斜面林水路に自生したアカガエルの産卵調べです。

コロボックルくらぶや戸塚南小エコクラブの、子供たちと保護者の皆さん、60名が参加しました。

もともと、ここの水路にはアカガエルは住んでいませんでした。
今から7年前に、安行に細々と生息していた地域種のニホンアカガエルの卵を育てた「アカガルプロジェクト」が
活動の始まりです。

Resize_053
数字を見ながら、活動を振り返りました。毎年、同じ時期に調査を続けています。

Resize_049
メンバーが、捨て犬を保護した話をしてくれました。
生き物を放すことも自然破壊につながります。命を大切に!
放流して自生したアカガエルも責任を持って育てていきましょう。

Resize_056
次に、テントウムシの発表。生き物つながりが、自然の豊かさになることが分かりました。

さあ、斜面林に向かい出発です。

Resize_045
安行桜が咲いていました。

Resize_061
桜の蜜は、あまい~

Resize_009
昨日は3月3日ひな祭り。アオキの葉っぱでお雛さまを作りました。

Resize_062
水路に着きました。ていねいに卵塊の数を数えます。

Resize_071
今年は雨が少なく、産卵が送れましたが、このところ雨が降り出し、産卵も進んだようです。

Resize_068
水路をさかのぼって、数をかぞえます。

Resize_074
記録係の子が、記載中。

Resize_080
次に、1卵塊の卵の数をかぞえます。

Resize_005
小分けにした粒をかぞえています。

Resize_007
何度も繰り返し数えてくれています。

Resize_003
集計中。

結果が出ました・・・

Resize_012
卵塊の数は、206個!

Resize_017
1卵塊は、粒(卵)の数は、2,375個!

計算すると、

Resize_022
489,250個!!

わずか100mくらいの長さですが、川口市民と同じくらいの命が産まれています。

終わりの会で、斜面林が豊かになるために、今年も話し合いをし、
今年の目標を決めました。
Resize_025

☆アカガエルの卵を守るために
・戸塚南小の学校放送で、いたずらしないように呼び掛ける
・あすぱるの活動で、看板を作って取り付ける

☆斜面林の生き物を増やすために
・斜面で遊ぶ子が多くなり崩れているので、斜面に虫の家を作り、斜面であそべない区域を作る。

Resize_028
子供たちが感想を発表

Resize_031
最後に森にお礼を言って終了です。「ありがとうございました」

Resize_033_2
リーダが作ったオタマジャクシの飼い方のパンフレット。

Resize__1_002


-------------

その後、希望者で、昨年作った虫の家の生き物しらべをしました。

Resize_035

Resize_041
ヤスデ。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

森のかくれがづくり

本日は、綾瀬の森で、コロボックルくらぶの活動がありました。

冬の綾瀬の森では珍しく風のない暖かな日で、親子83名の参加でした。

冬は木の剪定にとても良い時期です。

その木の剪定枝を利用して、かくれが作りをします。

そして、おやつにお餅を焼いて、お汁粉にして、隠れ家に隠れて食べます~

Resize_159
綾瀬川を愛する会さんからのお話しを聞きました。
「自然を大切にしましょう」

Resize_017
いろいろな生き物の巣を見ました。これはコガタスズメバチの巣。

Resize_020
お話しを聞いている間に、小さな隠れ家を作っていました・・・

Resize_162
おかあさんに絵本「ふゆめがっしょうだん」を読んでもらいました。

Resize_027
オニグルミの枝には、たくさんのヒツジの顔がありました!

Resize_034
隠れ家づくりの開始です。

Resize_036
太い枝を運んでいます。何つくるのかなあ?

Resize_039
こちらは斜面に作っています。

043
2階建ての隠れ家。

044
枯草を使っています。

Resize_057
女の子2人でツリーハウスづくり。

Resize_041
七輪でお餅を焼きます。準備をしてくれています。

Resize_048
外にベンチ付きの隠れ家。

Resize_042
たくさんの隠れ家が出来ました。まるで原住民の村のようです。

Resize_169
お餅を焼いて・・・

Resize_062
あんこをかけて・・・

Resize_054
かくれがに隠れて食べます!

Resize_177
おいしい~

Resize_171
バッタがいました。成虫越冬するクビキリギス。

Resize_068_2
みんなで「お宅訪問」。それぞれの隠れ家を自慢してもらいます。
いろいろ工夫しています。

Resize_083
かくれがの中に木彫のイスがありました!

Resize_094
大エノキにロープをかけてブランコを作ります。

Resize_190
気持ちいい!

Resize_136
小さなブランコ。

Resize_141
たのしいね。

Resize_100
終わりの会で感想を言ってくれています。

Resize_103
「おうちづくりが、たのしかった」

Resize_115
最後は綾瀬の森に声をそろえて、「ありがとうございました!」

--------------------------------------

Resize_091


Resize_139


Resize_200

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

カヤックの活動が新聞掲載

コロボックルくらぶの「カヤックの水上ゴミ拾い」の活動が、

1月25日付け埼玉新聞に掲載されました!

Saitama20171251_2
Saitama20171253
Saitama20171254

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧