2017年11月11日 (土)

斜面林の稲刈りと竹細工

本日は、戸塚下台公園斜面林にて、コロボックルくらぶの活動がありました。

6月に植えたイネの刈り取りと、竹の間伐・竹細工を行い、親子40名の参加がありました。

今回の活動の目標は、自然の中からたくさんの恵みをもらって暮らしているのを感じることです。

004
始まる前に、虫の家の修理。今日の竹細工のクズ枝は、ここに積み上げます。

007
始まりの会で、絵本「たんぼレストラン」を見ました。私たちの水路田んぼは、生き物を育てるのが一番の目的です。

041
お父さんに稲刈りの見本を見せてもらいました。カマはノコギリのようにザクザク使います。

042
大人の人と一緒に稲刈りします。

046
うまく刈れました。

054
刈ったイネを、束にして結わきます。

052
イネの束を二つに開いて、竹の棒に掛けます。「はざかけ」という作業。

060
お米をの殻をむいて、食べてみるとおいしい!

057_2
続いて竹の間伐です。竹林は、傘を開いて通れるくらいの広さに、間伐します。
どれを切ろうかな?
竹細工には2年目以降の竹を使います。

063
背割りを入れて、

065
皆で交替でノコを挽きます。

067
倒れるぞ~

070
広場に竹を運びましょう。がんばれ~

075
竹の枝を切って弓矢づくり。

078
竹に糸を張ります。

077
こちらは、コップづくり。

084
弓矢の練習。矢はススキの穂。良く飛ぶね~

088
今日のおやつは、米菓の代表、おせんべい!七輪で炭火焼です。

098
こんがり焼けたら、しょうゆをぬって・・・

090_2
おいしい!!!

009
昨年冬に綾瀬の森のクヌギの木に駒打ちして、シイタケが生りました。
これも採って焼いちゃおう!

099
シイタケのいい香りが漂います。自然の恵みだ~

108
終わりの会、感想を言ってくれました。

113
最後は、たくさんの恵みをいただいた斜面林にお礼を言いました。
「ありがとうございました!」

---------------------------------

119_2
竹細工。竹の貯金箱を作った子もいました。

115
稲刈りの終わった水路は、みんなで歩いたことで、土の中に空気が入り、
土がまた呼吸できます。

人が、森に働き掛けることで、自然も元気になります。

PS.炭火焼のシイタケがあまりにおいしくて、帰りにスーパーに買いに行くと言う子がいました(笑)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

綾瀬川水上ゴミ拾い

本日は先週に引き続きコロボックルくらぶの活動がありました。

カヤックに乗って、綾瀬川の水上のゴミを拾いをします。
この活動は、埼玉県主催「綾瀬川グリーン大作戦」に協賛しています。

あいにくの小雨模様でしたが、8家族、サポートの方も含めて、
26名の方の参加がありました。

また本日は、カヤックを助成していただいた、サイサン環境保全基金の理事の皆さんが、
綾瀬の森を訪問、活動の見学があります。

始まりの会で、写真を見てもらいました。
Resize_005
死んだアホウドリの子供のお腹から出てきた小さなゴミ。
親鳥は海に浮いている小さなゴミをエサだと思い、子供に食べさせていました。
子どもは、消化できず餓死した写真です。

川のゴミを拾うことは、生き物たちの命を守ることにつながります。

Resize_009
まずは準備体操から。

Resize_013
カヤックを膨らませます。

Resize_018
ふくらんできたよ~

Resize_019
もちょっと。

Resize_033_2
安全第一、ライフジャケットの付け方を学び、しっかり装着。

Resize_037_2
陸上で、漕ぎ方の練習。1、2、1、2・・・後ろ前そろえると、スピードが速くなります。

Resize_039
「ゴミ拾いに行くぞー」「オーッ!」

Resize_045
水際までカヤックを運びます。

Resize_046
サイサン環境基金の理事の皆様がお越しになり、
活動のようすを見学していただきました。

Resize_051
いよいよカヤックに乗ります。ガイドのお父さんが助けてくれました。

Resize_055
出発!!

Resize_061_2
理事の皆さんに、コロボックルくらぶの説明。
理事長さんから、「子どもと一緒に環境活動をしているのがとても良い」とお話がありました。

Resize_064
今日の活動もJ.comテレビさんの取材がありました。
3艇のカヤックを交替で乗ります。

Resize_067
ゴミがあったよ~

Resize_086
泥だらけで、ゴミを拾って来てくれました。

Resize_100
雨で流れが強いですが、がんばって漕ぎました。

Resize_112
ゴミはペットボトル、缶が多いですね。

Resize_118
大学生のお兄さんが救助用のカヤックに乗ってくれました。ゴミ拾いもしてくれました~

Resize_119
本日回収したゴミ。4袋になりました。

終了して、みんなで片づけ。

Resize_120
カヤックを川で洗い、タオルで拭きます。

Resize_132
終わりの会で、どんなゴミが拾えたか、見てみました。

Resize_130_2
拾ったゴミを前に、記念撮影。

小雨のなか、泥だらけになって、ゴミ拾いをしてくれた皆さん、
本当にご苦労様でした。

活動の最後、綾瀬の森に「ありがとうございました!」の声を掛けました。

今日は綾瀬川からも、「ありがとう!」の声が聞こえて来るようでした・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

どんぐりゴマ選手権・第5回綾瀬の森大会

本日はコロボックルくらぶの活動で、

どんぐりゴマ選手権・第5回綾瀬の森大会を開催しました。

昨日の雨で順延しましたが、今日は幼稚園の運動会の集中日と重なってしまったようで、
参加者は少なくなりましたが、親子20名の参加がありました。

今年も、白熱した戦いとなりました!

人数が少なかったので、
始まりまで、子どもVS大人で、オナモミ合戦をしました~

Resize_011
始まりの会で、綾瀬の森の紙芝居「森も生きている」を見ました。

Resize_012
紙芝居に出てくる大エノキ。今日もみんなを見守ってくれています。

さあ、森にどんぐり拾いに出発。

いろいろな遊びもしました。

Resize_013
チカラシバで、栗のイガイガ

Resize_008
ヌスビトハギで顔のバッチ

Resize_017
オニグルミの実・・・おやつにします!

Resize_018
シラカシのドングリ。大人はこのちちゃなドングリで参戦します~

Resize_021
スズメガ幼虫の糞。葉っぱが土になっている!

Resize_022
ヨウシュヤマゴボウの実で、色ぬり

Resize_024
コバネイナゴもいたよ

Resize_035
特大ショウリョウバッタ!

さあ、どんぐりゴマづくり開始!

Resize_023
ドングリにドリルで穴を開けます。

Resize_025
ヨウジをさして、色を塗ります

Resize_027
たくさん出来ました!

Resize_026
対戦表を書きます

Resize_029
おやつのクルミをフライパンで炒ります

Resize_030
おいしそう~

さあ、競技開始です!

Resize_039

Resize_041

Resize_048
決勝戦!

表彰式です。

Resize_056
優勝おめでとう!

最後に、クルミのおやつを食べて、綾瀬の森にお礼を言って終了です。

「ありがとうございました!」

---------------------------

Resize_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

バッタ選手権~第6回戸塚大会

本日は、バッタ選手権発祥の地、戸塚大会。

第6回目の大会で、元気な子どもたち26名がエントリーしました。

001_2
虫かごの中に草を入れてきて、準備万端。

002_2
各会場の記録の紹介。
歴代1位は、クルマバッタモドキの46m50cm。

バッタ獲りに出発!

しかし、いろいろな生き物を捕まえます・・・

007_2
セスジスズメ幼虫

011_2
オオカマキリ

012_2
アレチヌスビトハギのくっ付き種で、お絵かき。

017_2
オオバコ相撲。

023
皆で植えたイネも見事に稔りました。ちょっと食べたら、甘かった~

025_2
鳥の巣もありました。

バッタ選手権開始。

026_2
捕まえたバッタから、1匹だけ飛ばします。

027_2
お父さん、お母さんの計測係チーム。みごとなチームワーク。

039_2
表彰式前に、絵本「とべバッタ」を読んでもらいました。

042_2
表彰式。小さな子は、緊張して前に出ます。

050_2
ジェーコムテレビさんの優勝者インタビュー。

054
優勝のメダルです。おめでとう!

これからもバッタ選手権を通して、生き物の変化を観察し、身近な自然を守っていきましょう。

003
全記録


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

綾瀬川クリーン大作戦

埼玉県主催の「綾瀬川クリーン大作戦」のポスターに、

今年も、コロボックルくらぶの写真が掲載されました。

Ayase_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

日経新聞・・・コロボックル写真掲載

本日の日本経済新聞埼玉版に、川の国応援団の紹介で、

コロボックルるくらぶの活動写真が掲載されました。

Ccf220170810_5


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

子ども未来環境会議&夜の森の生き物しらべ

本日は、コロボックルくらぶの恒例の夜の観察会で、綾瀬の森に、親子70名の参加がありました。

また、綾瀬川の土手に遊歩道を建設する話し合いが関係者間ではじまっており、
今回は市役所の担当の方に来ていただき、
子どもたちと市民の意見を聞いてもらえることになりました。
子どもたちが意見を言う「子ども未来環境会議」を開催しました。

子どもたちが、自分の暮らす街づくりに意見を言えるのは、とても貴重な体験と思います。

本日は朝日新聞も取材に来ていただけました。

Resize_005_4
埼玉県水環境課の方のごあいさつ。
コロボックルくらぶは、水環境課の「川の国応援団」に登録しています。
今回の活動は、県の「川ガキ」イベントにも登録しました。

まずはコロボックル表彰。

Resize_016_2

Resize_019_2
銅のステージ2人、銀のステージ1人、金のステージ1人が表彰されました。
金のステージをクリアするには、綾瀬の森の活動に30回参加したことになります。
これからも、たくさん参加してくださいね。

続いて、遊歩道の話し合いです。

Resize_007
川口市の河川課の担当の方にお越しいただきました。
まずは、簡単に概要を説明していただきました。

次に、子どもたちが質問や意見を言いました。
2_20170812_1334
元気な子は手をあげて、積極的に意見を言います。

3_20170812_1334

4_20170812_1336


5_20170812_1336
緊張しながら、一生懸命、意見を言ってくれる子もいます。

6_20170812_1337

土の道がいい、生き物がいる道がいいなどの意見が多くを占めました。
中には舗装したほうがいいという意見もありました。
どの意見も間違いではありません。
違う意見のようでも綾瀬の森の自然を大切にしたい、
という子供たちの熱い思いから生まれています。


最後は、小さな子まで、みんなが一言づつ意見を言ってくれました。

印象的だったのは、5才の子の、
「道路は人しか歩けないけど、
土の道は人も歩けるし、生き物もいる、
だから土がいい」
これは、環境問題で理念とされる、「自然との共生」の考え方ですね。
共生という言葉の核心的な意味合いを
これほどわかりやすく表現できることに驚きました。
「なら土を平らにしたらいい」などのアイデアも出されました。
子供たちの声は、どれもシンプルで核心をついています。
自分たちの問題として、体感しているんですね。

川口市の担当者方は、子どもたちや保護者の皆さんの意見を、
次の会議に活かしてくださるとのことです。
これからも、綾瀬川の自然を守り豊かにするために、力を合わせて行きましょう。

<これまでのまとめ>
前の活動において、実際に舗装道路と未舗装の歩き比べをしました。
今回の市の担当者の方の説明では、
「舗装道路は歩きやすい」という舗装理由のご説明でしたが、
実際に歩き比べをした方のこれまでの感想は以下でした。

・舗装道路は、土と比べて体験温度が高く、照り返しも激しく、とにかく熱い。
・草が温度を下げている。
・地割れ等の消耗も 土と比べて、凹凸が鋭利で 足への衝撃も強い。
・自転車が増えるので、歩行者に安全とはいえない。
・舗装の周りから草が生い茂って歩きづらい箇所も多い。
など

続いて、夜の生き物しらべ。

Resize_038
暗くなるまでの間、生態系ピラミッドを体験しました。

今回も、夜に活動する生き物、休んでいる生き物を、表に記入して調べます。

Resize_047
ナガコガネグモはエサを待っています。

Resize_050

Resize_074
カブトムシ。今回はクワガタがたくさん捕まり、合計22匹。スゴイね。

Resize_099
アブラゼミのバッチ

Resize_081
まとめの会。捕まえた生き物の発表

1_20170812_1906
葉っぱシアター「夜の森の大変身」

Resize_095
今日の感想

最後に森にみんなであいさつして終了です。
「おやすみなさい!」

今回も、たくさんの生き物の夜の暮らしが観察できました。

------------------------------------------------

Resize_097
終了後、セミの羽化を観察できました。

Resize__1_004
表は児童センターあすぱるに貼ってありますので、
夏休みの自由研究など、活用くださいね!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

綾瀬川遊歩道しらべ

本日は、コロボックルくらぶの活動があり、親子37の参加がありました。

綾瀬川土手に遊歩道の整備がされることになり、
実際に自分たちで歩いて、どんな土手が良いのか体験しながら考えました。

次回活動日の8/5に、川口市河川課の担当者の方が、
遊歩道建設の説明に来てくださいます。
そこで、自分たちの意見が体験にもとづいて言えたらよいです。
「こども未来環境会議」ですね。

Resize_003_2
本日は戸塚環境センターに集合。
気温35℃で、直射日光の非常に強い日でしたが、逆に非常に暑い日の貴重な体験となりました。
草加市側のすでに遊歩道整備が終わった舗装道路、
川口市側の建設予定の土の道を歩き、
生き物、気温調べをします。

Resize_002_2
陽ざしの強い猛暑日でしたが、多くの人が集まりました。

Resize_009
環境センターの周辺の公園の道、草加市遊歩道、川口市土の道、綾瀬の森、の
4ゾーンに分けてしらべました。


●環境センター周辺の公園の道●
Resize_010
たくさんのニイニイゼミの抜け殻がありました。

Resize_028
クモの巣のゆりかご


Resize_035
さあ、綾瀬川の土手に出ました。

●草加市遊歩道●
Resize_037
市境では、舗装と土にピッタリと別れています。

Resize_046
路面に手を当てて温度を感じています。

Resize_049
温度計で路面の接地温度を測りました。
この時は、47℃でしたが、きちんと接地しておらず、後でやり直したところ53℃でした!

Resize_044
大きな松ぼっくりがありました。

Resize_065
路面の照り返しで、まぶしいです。


●川口市土の道●
Resize_066
土の道。散歩している人が歩いて出来た、細い土の道があります。

Resize_070
土の接地面は53℃と高く驚きました。
しかし、あとで草の上の接地面の温度を測ったところ、48℃でした。
草の上は、温度が低い。

Resize_069
アカツメグサの指輪

●綾瀬の森●
Resize_086
綾瀬の森に到着

Resize_094
木陰の道は涼しい

Resize_096
接地面の温度は33℃。
木陰は、直射日光に当たらず、外気温よりわずかに2度低いだけでも、こんなに涼しいのですね!

Resize_090
ノコギリクワガタの頭部

Resize_093
ツチバチの巣の入り口。アマゾンの指輪みたい・・・

☆まとめの会☆
Resize_110_2_3
調べた結果を発表してくれました。

Resize_100_6
本日の調査結果

Resize_117_2
子供たちも、綾瀬川の土手はどんな道が良いか、感じたことを発表してくれました。

Resize_126_2
小さな子も、お父さんお母さんも、意見を言ってくれました。

・舗装すると、自転車の通行が多くなり危ない
・平らな道はあつかった
・土がいい
・土を平らにしたら歩きやすい
・綾瀬の森は土が良くて来ている
・土を踏まない生活をしている、土を踏ませたい
・土の方が生き物が多かった
・舗装していても、ぼこぼこしていた
・土だとセミやモグラが出てくるので良い
・土の上には卵が産める
・木を植えた方が良い
・綾瀬川自然保護区を作りたい

8/5の綾瀬の森の説明会でもたくさんの意見を言ってくださいね!

Resize_135
最後にいつものように、綾瀬川にお礼を言って終了です。
「ありがとうございました!」


----------------------

※後日、もう一度やり直した温度調べでは、
直射日光が当たる舗装路面は、53℃くらいまで上がることが分かりました。
乾燥したむき出しの土でも、同じく53℃の高温になりますました。
しかし、土の道の草の上で計ると、48℃で、5℃くらい温度が下がります。
体感的に、土の道の方が涼しいと感じたのは、草の影響と思われます。

草は体内に多くの水分を含んでいるので、
温度を下げているのでしょう。


Resize_062_2
たくさんのセミに抜け殻がとれました~


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

こどもエコクラブ活動フォトコンテスト

コロボックルくらぶの4月の活動写真が、

全国エコクラブの「クラブ活動フォトコンテスト」2017年度第1期で、

こどもエコクラブ賞を受賞しました。

こちらから

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

斜面林の生き物しらべと稲の植え付け

本日は、児童センターあすぱるの自然観察会がありました。

コロボックルくらぶはじめ、市内各地から参加があり、親子で70名となりました。

今日の予定は斜面林の生き物しらべと、水路に稲を植え付けます。

○はじめの会のようす
Resize_007_2
リーダーによる本日の見どころ紹介。

Resize_017_3
パネルを使った紙芝居「トンボのいっしょう」。

○斜面林に向かい出発
Resize_021_3
途中サクラの木の観察。アリがたくさん登って行きます。
ジェーコムテレビさんの取材がありました。

Resize_024_2
学校横のウマノスズクサも元気で、ジャコウアゲハの幼虫もいました。

Resize_044_1_2
水路で生き物さがし。

Resize_032
オオシオカラトンボもいました。持てるかな?

Resize_045
ショウリョウバッタ。

Resize_051
セアカヒラタゴミムシ。

Resize_060
つかまえた~

Resize_062
チョウがいたよ。

○終わりの会のようす
Resize_072
捕まえた虫の発表

Resize_093
感想を言いました。

Resize_103
本日の結果

○残った人でイネの植え付け
Resize_105

Resize_109

Resize_110_2

たくさんの生き物が暮らせるようになったらいいなあ。


| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧