2019年8月 7日 (水)

本日はイノコズチ風呂

<今年の夏は薬草風呂>

と勝手にテーマを決め、

同じ薬草に二日入り、

その植物名と主な薬効を

家族ラインで子供たちへ送ります。

そうでもしないと 20前後の子どもらへ

親から言って聞いてもらえることなんて

もうないからです^^;

 

「なんか、ちゃいろいのが はいってる」

と初めの不評のときは通り越し、今や諦めています。

そうして今日は、

Img_8134

<本日はイノコズチ風呂>

「猪の子の膝に似ている節があって

ヒザ痛 腰痛 リウマチ

腎臓に効く。」

 

草の茎の節がボコンとしていて、

猪や牛の膝に似ているという名前の由来です。

で、その薬効が膝や腰痛に効くというのですから

あまりに出来すぎです^^;

 

5日ほど軒下で乾燥させたものをザクザク切って、

Img_8135

かるく煎じて

(3つかみ程の草に水をひたひた適当にいれて、

沸騰したら弱火にして10分ほどくつくつしただけ)

濾しました。

この煎じ液を湯舟に入れます。

この煎じ液は、ほとんどは薬草茶として飲用できます。

 

お風呂には、薬草の持ち味により以下の3通りがあります。

①生葉をいれる

②ドライ葉をいれる

③ドライ葉(あるいは生葉)を煎じて入れる

 

我が家は給湯式ではないので

薬草を水から入れて沸かせば大半OKですが、

前もって煎じれば薬草茶としても楽しめるので

俄然、こちらの方が鮮烈な印象です。

 

毎日暑くて冷たいものを飲んで更に夏バテしていく悪循環を

この二日に一度のたった一杯の野草茶が

「おーあったまる」「わーくさっぽい」「へー、コーヒーいらないじゃない」

などと草の一種一種の個性で正気に戻してくれます。

Img_7980

で、この猪子槌、

あるところにはいっぱいあるのに

探すと見当たらない。

と思っていたら

庭でひょいと足元を見たらありました。

つるつる柔らかいし日陰に生えているし

ヒカゲイノコズチかなあ。

ヒナタイノコズチの根が、本来の漢方での薬効の高い部分のようですが、

趣味なので気にしません。

驚いたことにお風呂に入れた煎じカスの茎葉の袋を

プシューとつぶすと、

肌にピリピリピリっと

唐辛子風呂のような皮膚刺激がありました。

ほんとにその辺の野草の王様のような草なのに、

「え、あなた、ほんとにイノコズチだよね?」

知られざる秘めたる強烈な個性をみせつけてくれました。

老化の早い膝の悪い私と 家人の腰痛にガッチリあった 

ピリピリイノコズチでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月31日 (金)

今年はスギナ茶~とどけ野草の秘めたる思い

今年の番茶のブレンドパートナーは、スギナ。

トクサ科は日向くさい、

の言葉どおりの草っぽい印象だったけれど

4~5日乾燥させて

Img_6388   

(これは干して二日目)

数年ぶりに飲んでみたら

Img_6446 

ぜんぜん平気!

丸ごと10cm一茎分を 番茶の急須に入れても

草くさくない!

あれ? ほんとに年を重ねると植物の印象も

こんなに変わってしまう

のでしょうか。

これなら毎日飲めると、

Img_6182

ドクダミと

Img_6183

さらにヨモギまでブレンドして、

その日の気分で足したり引いたり。

 

※スギナ・・・利尿作用があるのでトイレ回数の多い人は、

1回分の量が増えて、全体の回数は減る効果。

必須栄養素のケイ酸はもとより、カルシウム、カリウムなどが

ヤサイよりはるかに含まれるというのは、すごい。

そうそう、家人が胆石を患っていたので

スギナを飲もうと思ったのが始まり!

 

<おまけ>

Img_6259

ドクダミとショウブの混色混彩

美味しいだけではなく

あまりに美しすぎて息をのむ梅雨前の池際です。

自然探険のとき、3年生の女の子に

このドクダミのお茶とお通じの話しをすると

意外にも大変熱心に聞いてくれる一品です。

ドクダミやスギナは在来種ですが、

帰化種のシロツメクサにも便秘などの効能はあり、

在来、帰化に関わらず、

植物の秘めたる力を見い出し伝えてきた全世界の民衆の力には驚くばかりです。

 

「環境保護」や「自然保護」の視点では時に駆除も必要ですが、

駆除するときも その植物の特性を知ってなきゃもったいない、

なあ~という気が突如してきました。

ひいては その大もとで

在来の地域の植物が

日本人や地域の生活のなかで 

どんなふうに使われ人々に愛されてきたか、

子供たちに生活者の視点から伝えていくのは

もっとも楽しく大切だな~と改めて思いました。

自分ちの子供には出来ないですけどね^^;

 

それでも ふいに

ショウブやドクダミの混生の美しさに出会う喜びは

子供たちにとっては数十年後に訪れるかもしれないし、

今日か明日かもしれません。

 

【まちのあなたの空とおく とどけ野草の秘めたる思い】

    (今日か明日か数十年後)

 

解説:このまち武蔵野の地は古くから続いてきたけれど

これから先の 時の彼方の空とおくにも

この野草はあるでしょうか、

もしあるならば届いてください

野草の秘めたる力、美しさ

野草に秘めた私のあなたへの思い、よろこび 

今日か明日か数十年後、

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

新茶88

「これ、チャノキだよ」

え? ほんと

「そろそろ茶摘みだね」

うそ、ほんと!

 

お山の大木のムクノキの日陰に

お茶の木がありました。

あんまり青々と光り伸びて

1本だけ生えているので何かの陰樹かと思ったら、

チャノキというではありませんか、

しかも飲める!

♪なつもち~かづく はちじゅうはちや~

と歌って摘んだところ、

なんと、この日、ちょうど、八十八夜だったのでした。

翌日の新聞にあかねたすきの娘さんたちが茶摘みをしてようやく気付きました。

Img_5675_2 

小さなブーケほど摘んだものを

4~5日干してみました。

2~3枚手のひらで軽く砕くと

確かにお茶の香り♪

Img_5684 

単独では薄かったのですが、

番茶とブレンドしますと、

大変コクのある新茶の味と香り。

やはり野草ブレンド茶とは本質的に違う

お茶の中のお茶の味でした^^!

チャノキだけにね。

添えてあるのは、

赤カブ漬けとショウガ漬け。

食べて飲んで 飲んで食べて

ジンジャーとお茶が繰り返されて

「ジンチャバティーだね」

初めて心底、我が家のチャノキが欲しくなりました。

【しらずして やまのちゃつみの はちじゅうはちや】

          (いっぽんでもしんちゃ88)

★八十八夜・・・・立春を起算として88日目。

| コメント (0)

2019年4月15日 (月)

今年は、姫踊子草茶

姫踊子草、

ひめおどりこそう、

Img_5220 

写真は倒れていますが、

そうっとそうっとさわると

ふわふわしています。

似ている仏の座(ほとけのざ)とは、

目をつむって触っただけで区別がつきます。

もっとも見慣れると

まったく別物です。

Img_5176 

今年は、

いつになく姫踊子草が目につきました。

野の花にも豊作の年があるのか、

それとも体が必要としているのか、

前者にも後者にも後押しされて、

お茶にして飲んでいます。

初です。

物干しに小分けに干して、

急須のお茶にブレンドするだけ。

ハサミで2~3cm切ったものを3つほど入れます。

飲みなれて舌が慣れると、増やしても美味しくなります。

モーリス・メッセゲさん曰く

貧血に卓効あり。

その隣は、カキドオシ(垣通し)。

スッとします!

モーリス・メッセゲさん曰く

ビタミンCたっぷり。

あなたの衰弱がビタミンC欠乏なら特効あり。

咳はもちろん、

最近みなさん、糖尿病に効くといって人気者のカッキーです^^

 

| コメント (0)

2019年3月21日 (木)

薬草風呂~アオキ~

年中、青々しているアオキは、
日向、半日陰、日陰にも強い庭木として、
またいつも瑞々しいため熱や火から家を守ってくれる守り木として
また葉が柔らかいので葉っぱ雛や 実飛ばしなど草花あそびの遊び木として
またお山によく生えているので
突如、用を足してしまったときのトイレットペーパーにもなる用足し木として
前々から尊敬しきりだったのですが、
薬草風呂の本によると
生葉を10~20枚ほどよくもんで
湧いたお風呂に入れて
原因不明の腹痛、健胃、皮膚疾患、痔、脱肛などに良いという薬木ッ!
Img_4864
そこで
初のアオキ風呂に入りました。
元々柔らかい葉なので肌触りもやさしく、
沸かし湯で二日続けて入った二日目の葉は、
とろりと一層やわらかくなり葉のゼラチン質が溶け出してきたかのよう。
これが青葉アルデヒドなんでしょうか?
消炎、殺菌作用があるので、患部に当てて安らげます。
Img_4899
さらに飲めるというので
5枚ほど刻んで15分ほど煮だして飲んでみますと
Img_4902
熱いうちは桜餅のような甘い香りで美味。
お~これはスギ茶に続くヒットかと思われましたが、
冷めるとムリ。
いくら健胃、解毒、膀胱炎に良いといわれても、、
もういいなか^^
だからキハダとブレンドして「陀羅尼助」にするんでしょうか。
昔からのお墨付きブレンドには、効能を高めるとともに
飲みやすくする効果も多分にあるのかもしれません。
飲めなかったお茶は、お風呂に入れればいいので
薬草は転んでも使える有難さですね。
Img_4901
さらに新芽を食用にできるというので食べてみました。
まだ葉に包まれた新芽は(右側)
以前、天ぷらにしても苦かったので疑わしかったのですが、、
やっぱり苦かった。
ところが葉から出て立ち上がってきた蕾は(左側)
苦くない。
かつぶしと醤油で あっさり美味しい。
な~んだ、美味しいのは開く前の蕾だったんですねッ!
Img_4859
Img_4862
つまり上の まだ葉に包まれた新芽ではなく、下の写真の 葉から出てきた新芽です。
雌雄異株なので雄木の雄花になるところですね。
【守り木 遊び木 用足し木 
  お茶木 浴木 食べる僕】
     (アオキくん)

| コメント (0)

2019年3月13日 (水)

杉の葉茶

Img_1679
数年前から
3月に入ると、
くしゃみ、鼻水、目の痛がゆみ、
顔全体が花粉に襲われるようになりました、つらい、
杉花粉でしょうか。
ある日、
スギの葉を煎じた杉茶が効くと聞き、
Img_1683_1
煮だしています。
半量にするのに
大体1~2時間かかりました。
Img_4837_1
大変おいしい。
杉の葉のイメージをくつがえす
カンポウな味。
桂皮など月桂樹系の爽やかさ。
ちょっと病みつき感があります。
杉はもともと
樹皮や若葉を
焼いたり、生ですったり、黒焼きにして
きりきず、やけど、虫さされ、ひょうそ等に効く
民間療法の生薬だったそうですから、
お茶にして服用してもありなんでしょう、きっと。
花粉症でなくても
花粉症に効かなくても
ホメオパシー的な好感もあり、
水筒にいれて持ち歩いて飲みたいです。
花粉症にならなきゃ出会えなかったと思うと、
【花粉症になって良かった杉の葉茶】
    (杉の木をさがす日々)

| コメント (0)

2018年10月26日 (金)

セイタカアワダチソウ茶~安田さんの教え~

とうとう大好きなドクダミ茶がきれてしまい、

番茶オンリーの毎日でしたが、

そんなある日、

セイタカアワダチソウが軒下に干されていました。


「ちょっと急須に入れて」と言われて
久しぶりに飲んでみると
どうしたことか
大変おいしいではありませんかッ!

あれ?

セイタカアワダチソウってこんなに美味しかったっけ・・・


Img_2073

ちょっと泡が立っているのは、
これにもサポニンが入っているからでしょう。
   
【美味しいお茶が飲めれば
不健康ながらも幸せに生きることができる】
      (安田純平さんの教え)


としみじみ思いました。

シリア拘束から
解放された帰り、朝日の記者のインタビューに応えていた
安田さんのつぶやきは、
極限状態に追い込まれたときの心理をかたっていて、、
ジャーナリスト以上に
現代の闇を闇に落ちて切り開く仏法僧のようで、、
それ以来、不健康であえぐ日々に何気ない幸せを感じると、
安田さんのおしえ、とかならず語尾にくっついて出てくるのでした。

眼球が痛いベー助に
お友達からいただいた米ぬかアイマスクを
電子レンジで
1分半あっためて乗せてあげたら
病院の目薬より効くようすで、
朝の痛みが良くなったと言っても

「不健康ながらもありがたきしあわせ」
      (安田さんのおしえ)
 


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

<よもぎクコ桜ちゃ>

今年、我が家の八重桜は数輪咲きました。

でも桜の塩漬けをつくるには少なすぎました。

ので、今年は植物の先生のお宅で偶然見つけて、

いただきまして桜の塩漬けを作りました。
Img_5626
何しろ私たちにとっては とにかく大先生なので
とても賢くなりそうな気がしてきました
Img_6119

花をいただいた後の葉っぱまでも
輝いて見える始末、

Img_6108
そこで捨てるに忍びなく乾燥させて
葉はお茶にしました。

左からヨモギ、クコ、八重桜

Img_6109
題して<よもぎクコ桜ちゃ>

今年の野草茶、初オリジナルブレンドです^^

早速お茶にしていただきました。

Img_6120
これも初ユニット、

<野草茶ブレンド紅茶 & 桜の塩漬けパウンドケーキ>

Img_6121

塩甘加減がなんとも言えません。。。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

春の野草茶スギナ・クコ

冬の間は、
野草茶を作っていませんでしたが、
春になりますと、

あちこちで新芽が吹いて

ある日、
クコの葉と
スギナと
剪定したビワの葉を
003_3
干して刻んで

001_2
1週間ほどしてお茶のビンに詰めて、

009
いつでも飲める態勢です。

しっかりドライにならずとも
干している最中にも
どんどん飲んでいきます。

【スギナ・クコ
春茶野草茶
生(ナマ)あるいは生ドライでも!】
            (番茶ベース)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

決明子のお茶

今年の中くらいの学校のクリスマス会は、
外食忘年会になりました。

食べて食べてモリモリ食べていましたが、
翌日みんな大丈夫だったかなぁ。

行ったお店は、
S君ちの目の前でした。
「えー、ここが家だったの~!」
つきあって20年ばかり経って
初めて明かされる新事実でした。

「あれ? なかなかK君こないね」
「さっき、来たのにね」
待ち合わせ場所になかなか現れないK君。
迎えに行ったはずの息子も帰ってこない。
翌日わかったことには
「自転車のカギをかけたかどうか確かめていた」そう。
すべてに於いて3回以上確かめるクセのあるK君は、
自転車の施錠も念入りでした。
前タイヤにチェーンのカギをかけるのですが、
変える番号まで決まっていて、
その番号カギを置く場所も決めてある。
後ろタイヤのカギももちろん施錠するので、
それぞれ3回確かめ、
終わったらもう一度、
いちばん初めに戻って確かめるため、

「だから、いっじょうに時間がかかるんだよ、」
と息子が解説してくれました。
ベースケはずっとトイレでしゃがんでいると思っていましたから、
これまた、つき合って20年ばかり経って、
初めて明かされる新事実でした!

校長先生にいたっては、
今回のお店、寸前まで納得していなかったけど、
食べ終わった後の車中では
「また新年会もここでやりましょう♪」
と別人になっていました。
しかし、よく考えてみると、
初めて皆で行ったボーリング場も
最初は大反対でした。
高い敷居も越えてしまえば通い続けるタイプでした。
これは、付き合って20年ばかり経っても
変わらないとわかった新事実でした^^

で、前置きが長くなりましたが、
忘年会で
普段食べないものを食べて、
胃腸がおかしくなる前に

いただいた活力茶(ケツメイシと ゲンノショウコ)を
(特に胃腸に効くといわれる)
寝る前に飲みました。
味も飲みやすい!!!
そのせいでしょうか、
今までの人生で最長のう○こと
翌朝、出会いました。

野草茶好きの私は、
飲む前に
パックから中味を出してみました。
一目みて、
「ケツメイシ10グラム」と思いました。
「ゲンノショウコと およそ半々」
ピンセットで取り出して量ってみたら、

なんと、ケツメイシ11g
ゲンノショウコは7グラム。
かなりいい線きてました^^!
所要時間およそ30分。
素話3つ分。

087
薬草の本によれば
10グラムのケツメイシを
300ccの水で
半量に煮詰めます。
土鍋はいつぞや焦がしてしまいました^^。

ちょっとクセのある味で
なかなか使いこなせないでいました。
この日は、
はちみつを入れて
ようやく飲みましたが、、

096
けれども、
活力茶を参考に、
ケツメイシ11g。
大好きな野草7gを
(ドクダミ、クマザザ、セイタカアワダチソウ等)
基本にアレンジ調合して飲めば、

長年使いこなせなかったケツメイシを
美味しく飲める日がくるやもしれません・・・

089
今年、豊作だったエビス草(ケツメイシ)。

を差し上げた方に
活力茶をおしえていただきました^^
活力茶は小さかったのでハブ草の種なのかな。
ハブ草の種のほうが、飲みやすいのかもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (0)