2022年9月 9日 (金)

アッサブじゃがいも

なんだろう、
1663029807994
北海道から荷物が届く、

檜山郡厚沢部町・・・

読めない、と思ったら
段ボールに書いてあった

「あっさぶ」

15分以上にわたるアイヌの昔話
「ススペチッチ ススペランラン」を
頼まれもしないのに覚えたくらいなので

このアッサブという響きだけで
ぞくぞくするほど嬉しい。

中身は
1663029835779
じゃがいもだったッ!

我が家の上等サイズのジャガイモの2倍はある^^

息子と娘が
北海道の自治体が行う
「免許取得講習&農業バイト体験」に
軽トラ二人旅、
一か月間出かけて、
音沙汰なしだったけれど、

じゃがいも農家で働いている、らしい!?

娘に聞くと
仕事先の農家さんが
送ってくださったそう。

やった~
Img_20220910_182923
我が家のインゲンとか玉ねぎとか人参とか入れて、

Img_20220910_190124
コロッケを作る♪

見栄えはいまひとつでも
ジャガイモほくほくネッチリ
インゲンコリコリで
大変美味しい。

1663209874264
シイタケと高野豆腐とニンジンで

あっさり煮物。
味付けは手作り八方だし。

| コメント (0)

2022年8月22日 (月)

草むら卵

「最近、卵うまなくなったねー」

と言われていた庭鳥おーちゃんだけど、


こういう時
大抵は草むらの中に産んでいたりする、

Img_20220822_110700_20220822131801
「あのヨモギの中が怪しいよねー」

右端を歩いているのは、
人間でいえば雰囲気が
高校1年生くらいになったぴよ子、
今回、関係なし。
生後、半年位で卵を産むはずなので
あと3ヶ月かな。

Img_20220822_110725
根元に獣道のように
ひっそりと開いていた穴を覗くと、

Img_20220822_110740_20220822131801
やっぱりあった!

枯草がまあるい巣の形になっていて、
5個もたまっていた、、

捜索する過程と
発見したときの喜びと
このひっそりまあるいぬくもり感が相まって


ボコボコしてるがレシピ通りの
Img_20220822_113906_20220822131801
   <だし巻き卵>となる

普段はあっさり塩とか砂糖だけ玉子焼きだけど、
今回はふんわりだし巻き卵。
コンブとカツブシでちゃんとダシをとった
贅沢な4個分の厚み、、、

もう二度と作らない気がするけど、
楽しかったよ、

おーちゃん、ありがと~ありがと~

<おまけ>
Img_20220715_084918
うなだれオーチャン

Img_20220715_084943
だいじょうぶか?

喉と肉垂(にくすい、にくだれ)を
コロコロすると動きが止まる


Img_20220715_084952
くちばしをカリカリ
綺麗にしてもらうのも好き

Img_20220715_084954
だんだんトロンとなる

まぶたの下はもちろん、

Img_20220715_084958
トサカのよしよしも好き

Img_20220715_085005
うひーーーーーーん













| コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

梅干し

梅雨が短く、

自生の赤紫蘇が20㎝程しか伸びず、

梅干しに入れても染まらないかと思ったら、
Img_20220803_103441
開けてビックリ、

Img_20220803_111026
いつもより染まっている
しかも1段目も2段目も3段目も均等に。

Img_20220803_111101
さらに

傷の多かった梅なのにまるで無傷。


魔法のコスメのよう、

たっぷりいつもより陽を浴びて
赤紫蘇さんのアントシアニンも
高濃度になったんでしょうか!

Img_20220803_111923
作業棟の屋根の上へ。
熱くて黒焼きになっちゃわないか心配^^;
今年は夜もそのまま夜露干しもいいかな♪


夏の土用期間は、

立秋前の18日間、

2022年は7/20~8/6。

ギリギリ土用干しに間に合いました。

4~6日干して瓶に保存します。

コロナと猛暑疲労は
もっぱら梅干しとシシトウガラシの辛さに
救けてもらっています。

<メモ>
2022.6.19 ウメ収穫 2.9㎏漬ける
      塩    290g
      ホワイトリカー1カップ



2022.7.20  アカジソ入れる 520g
      塩       31g

2022.8.3  梅を干す

2022.8.8   保存

Img_20220808_140959
Img_20220808_141049
梅干し染め

 

| コメント (0)

2022年4月22日 (金)

懐かしのインドジューサーでネーブルジュース

物置にしていた廃車の中を片付けていたら
Img_20220422_143702
インドで購入した手回しジューサーが出てきた。

子供が生まれる前、
インドへ行ったとき、
ナンの薄っぺらいの何だっけ、
チャパティだっけ、
あれに砂が入ったようなジャリジャリ感があって
露店の食べ物が食べられず、
おまけに下痢になって
外国人用ホテルとかに泊まらないものだから
食べられるものといえば
チャーイと
果物ジュースのみ。
丈夫だった私の胃がはじめて
翳りを見せ、
それ以来太る心配が出来なくなったという
因縁のインドですが、

お~~
その苦しみの反動で買った
救いの女神インドジューサー、
こんなところにあったとは!
今までほっといてゴメン。
帰ったらケロリと手放してしまった、、

どうやって組み立てるのかな、
そもそも使えるのかな。

Img_20220402_161432
こうかな、

Img_20220402_161451
試しにネーブル入れてみよう


Img_20220402_161934
上の大きな穴に入れて、


Img_20220402_162044
ハンドルを回してみる



Img_20220402_162109
こっからジュースが出るはず


Img_20220402_162415
網も二重になってて
下のボトルにピタリとはまり、
結構じょうぶ、

Img_20220402_162421
どれ、
こし網を開けてみると
ちゃんと溜まってる!

Img_20220402_162518
古い日本の手押しジューサー持ってるけど、
断然はやいし性能いい、
さすがインド!

Img_20220402_162537
ネーブル1個分、
しぼり切って無駄ゼロ


って感じ。

Img_20220402_162352
だってほら
絞りかすさえ
どこに消えたか
全然見えない!!!

Img_20220402_162611
お見事あっぱれ
インドジューサーでした、

ありがと~ありがと~
ごちそうさま~ごちそうさま~~~



<おまけ>
Img_20220421_180621
インドジューサーのジュースで
寒天つくった!


Img_20220402_163957
ひっくり返して
絞りかす探したら
Img_20220402_164139
この穴から出る仕組みだった

Img_20220421_123242
じゃじゃーん

















| コメント (0)

2022年4月18日 (月)

サンショウの飴煮

1週間居ない間にモフモフ伸びていた
  Img_20220418_105415_20220420111801
サンショウの新芽

柔らかそうな極上の点芽のところだけ
摘まむ


Img_20220418_110343
このカゴあんまり使ってなかったけど
持ちやすいやん♪

Img_20220418_112405
でも結局
お鍋にはもっともっと入りそうだと
剪定をかねて硬そう奥の葉も
摘んで洗って


Img_20220418_113403
くつくつくつ


山椒の葉  ボール1~2杯
砂糖    50g
醤油    50㏄
みりん   50㏄
酒     50㏄


Img_20220418_114134
5分もしないうちに
こーなって


Img_20220418_120305
葉っぱ多かったかな、
汁がもうなくなっちゃった、


Img_20220418_120639
いつもより
葉に緑が残ってるけど、
どうかな、、、


と思ったけど、
意外にいつもより
3日経っても柔らかさが長持ちして

めちゃ美味しい♡

葉は茹でずにそのまま煮るので
パリパリとしたままの食感が、
温かいご飯と口の中で
とろけます。
佃煮って言ってたけど
飴煮って言った方がしっくりくるかな♪

























| コメント (0)

2022年4月17日 (日)

お土産ヒトモジ

埼玉に帰るとき、
父がヒトモジを持たせてくれました。

ヒトモジはワケギの一種らしい。
関東ではワケギという。
全くの同種ではない気がする、
なぜなら父のはビッグだから。


道路の脇の三角コーナーに
ちゃっかり作った家庭菜園で
ヒトモジという可愛い名前に反して
堆肥と固形肥料はあげてるらしいが
ぐんぐん育って、

大量に持たせてくれるので
前回、
一重のビニール袋で包んで持って帰ったときは、
匂いがぷんぷんして
電車のなかで
あちゃ、しまった!
となり、

今回は二重三重にして
持ち帰りました。
Img_20220416_130719
この3倍の量はあった。

Img_20220416_131328
ので
姉がやっていたのをマネて
洗って
水分とばして
刻んで
Img_20220416_134618
ジッパーに入れて
冷凍室へ。
いつでもお味噌汁等に♪

もちろん根っこつきでもらって
畑にも植え付けました。
もっともらってくれば
丘っぱたけにも増やせたのに残念。
気づいた時には
きれいに根をとり泥をとり外皮をむき
食べるだけにしてくれていました^^;
Img_20220410_115218



1週間おきに帰省しているので
また次回に期待しましょ~~~♪


<おまけ>
熊本郷土料理ぐるぐる
Img_20220418_173205
2~3分茹でて

Img_20220418_174001
ぐるぐる巻いて


最期は結んだりしなくていい
ほんとに巻いてるだけ

Img_20220418_174134
酢味噌かけて召し上がれ♡


青いところは噛み切れないようで
もぐもぐしていると消化されていく、
白いところは大きいのに柔らかで
ネギ甘の絶妙歯ごたえ、
好きな人には堪らないかも。


一番人気はベーコン炒め。

| コメント (0)

2021年11月13日 (土)

秋のシシトウ大活躍

地上は当然、
とうとう
ビニールハウスの上にまで
舞い飛んでエサを探す
ようになってしまったオーチャン(鶏)


なのでヤサイ畑には
Img_20211112_112541
こんな植木ポットトレイが
Img_20211112_132410
あちこちに

あちこちに柵代わりに
立てられているけれど、


いつまで
この低さでもつだろうか?

けれども実際のところ
ダイコンの葉をつまみ食いして
スカスカにしているのは
オーチャンではなく、
カブラハバチの1㎝くらいの真っ黒幼虫。

夜の気温が13度をきるようになり
一気に野菜を食べる虫たちは

ナガメとか
ダンゴムシとか
モンシロチョウの幼虫とか
居なくなりましたが、

最後までがんばる
カブラハバチも
11月になり今は勢いを失い

それにつれて
勢力を盛り返すダイコン葉を
Img_20211112_111951
<油揚げと大根葉の煮びたし>

赤くなったシシトウガラシ入り♪

間引きダイコンは
柔らかくて美味しい~♡


今秋はこの
シシトウガラシが夏よりも大活躍しました。
赤唐辛子の代わりに
炒め物に煮物に2本~3本いれて
ちょっと辛くして
秋の冷え性に貢献してくれるのです。
Img_20211112_112510
ナスは終わりになりましたが、
立冬すぎても
ピーマン、シシトウまだまだ健在!

シシトウがこおんなに使えるって
ぜんぜん知らなかったなあ~~~~



ありがと~ありがと~~♥

 

| コメント (0)

2021年11月 9日 (火)

ちっちゃいサツマイモは、

小さかったり、
大きくても傷ありサツマイモは、

大事にとっといても
Img_20211109_102943
乾燥しやすくて シワシワにしぼんだり、
冷えきって 硬くなったり黒ずんだり、
しやすくて、

結局食べないで
終わることも多いのですが、


早目早目に
おやつにすれば
この小さいのを活かせて
秋らしいおやつに早変わり♪

ちーっちゃく切って
Img_20211106_103706
<コロコロ蒸しパン>

・小麦粉400g
・ふくらし粉 適量
・卵  1個
・牛乳 ホットケーキより固めの量
・砂糖 大匙さくさく6~7杯

この材料を
蒸し器で蒸すときの
フタをしめる前に
コロコロコロと
一気に入れると、

ちっちゃいサツマイモが
だ~いすきになります^^

 

あるいは斜めに薄~~~~く切って
Img_20211109_102950
これは大きめだけど、

油であげると
見る間にどんどん
キツネ色になってきて
パリッとするんで
Img_20211109_105633
どんどん

どんどん

揚げちゃう

うろこ状に並べてもいいし


Img_20211109_105652
<さつまいも大皿チップ>


ドサッと大皿にあげるのも
肝っ玉かーちゃん
になったみたいで楽しい♪


お芋の端っこまで美味しいし、
薄く切ったのはクルン、パリッ、
茶色になったのはカリカリボリボリ、
厚めなのはモフッ、
均一にならない歯ごたえが存分に味わえて、

傷ありサツマイモもどんと来い♡

ごちそうさま~ごちそうさま~~


<おまけ>
サツマイモの黒ずみ

はじめから奥まで黒いのは低温障害、
寒いのが苦手なサツマイモらしく、
残念ながら切り落としてしまうのですが、
残りの変色していない部分は大丈夫、
少しでもいただきましょ~~~
切ってから黒ずんでくるのはポリフェノール、
豊富な栄養が酸化したそうなので、
これも切ってすぐに調理するか、
水に浸けたりして酸化をふせげば、
確かに、
食べても味は大丈夫。

黒ずんでも見極めて
ありがと~ありがと~~♡

| コメント (0)

2021年11月 1日 (月)

海藻料理

佐渡の海藻類をいただいたのですが、
Img_20211026_115431
初めて見るもの多数すぎて

お料理上手ならまだしも

使いこなせない^^;


Img_20211026_115443
って思ってたのに、

これ「アラメ」だったのかな?

美味い、

美味すぎるんだけど・・・(ぅうう)

作り方
ゆらゆらのたっぷりの水に戻してあげて
う~~~んって伸び切ったら10分位かな、
ごま油でじゅ~って炒めて
そうだ赤唐辛子も1本いれて、
さいごに醤油をジュジュ。
そうそう鬼ぐるみも入れようっと♪

Img_20211030_122740
これも。

なんだろ、何とかコンブ?

全然わかんないけど美味しい(涙)


作り方
ゆらゆらのた~っぷりの水に戻してあげて
(旨味の出た水は汁物に)
あるいは(私は上手くできないけど)いきなり
四角くらいの幅に切って
酢と水でことこと柔らかくして、
酒や砂糖や醤油やみりんとかを鍋に適当にいれて
そうだ辛いシシトウガラシも2本いれちゃお♪
甘辛くしてコトコトくつくつ・・・


って、こんなんじゃ仕方ないから、

 

これは
海藻お料理本とかあって、
食材もお手頃セットになってたら
もうあるのかもしれないけど、
そのうち誰でも知ってる
「わにかずら」とか
なぜか女性に大受け
「あらめ」とかって、
猛烈なファンが各地に大量発生しそう、
わにかずらはまだ上手く使えてないですけどね。


日本にもまだまだ全然知らなくて
泣きたくなるくらい美味しい食材が
あって未知なる海の道よ、
海流が呼んでいる、、、


ごちそうさま~ごちそうさま~~

| コメント (1)

2021年10月28日 (木)

アケビのひき肉詰め

子供たちと収穫して
一緒に食べたい
Img_20211028_165449
紫色の鮮やかなミツバアケビですが、


ちょうどの食べごろに忘れていたり、
散歩にいったりすると
食べそこなうわけで、

「じゃあ今晩、
アケビの皮の天ぷらにしようか!」


でも、

いざ材料を眺めてみれば
Img_20211028_170303
くり抜いて、

小麦粉はたいて、

(ちょっと収穫が遅いので
皮が茶色くなり始めている)

Img_20211028_170330
ひき肉に

手づくり味噌に 塩こうじ、
玉ねぎに レンコン、
お砂糖もちょいっと


あるもの適当に入れちゃって

混ぜて詰めたら
Img_20211028_173645
「アケビのひき肉詰め」



余って
コロコロハンバーグ付き

かなりしっかり分厚い皮(1㎝くらい)で
ヒモで縛ったり、
串でさしたりしなくても
ビクともせず、

Img_20211028_174738
そのまま焼く

じゅ~じゅ~じゅ~~~

芋掘りのちっちゃいお芋も
すかさずスライスして
一緒に焼いちゃう、
万が一メインが食べられなかったときの保険焼き。

生のままの肉詰めだし、
皮は厚いし、
5分ごとにひっくり返すを
×6回くらい
フタをしてじっくり焼き。

Img_20211028_180731
中まで火が通ってる~♪

誰がどう見てもイカの姿焼きっ!
いや違った、
イカめしッ!!

長さ10㎝位あって
形がプリプリしてますからね。


それに、
ただ炒めた時より苦くないし食べやすく、
ほぼ2本分の皮を一人で食べてしまったくらい。
但しワタシ意外の人は
中身だけ食べてましたけどね^^;;

 

<おまけ>
Img_20211028_165500
アケビの背中

赤紫もきれい♡

Img_20211028_182452
果肉はデザート

「タネとっといてね、蒔くから」
     

今年はアケビ三昧、
ちょっと茶色いけど
味はあの独特の甘さで美味しい~






 








| コメント (0)

より以前の記事一覧