2021年4月29日 (木)

独り活きるウド

ウド(独活)
Img_20210427_140431
2週間前はよちよち歩きの赤ちゃん程の背丈でしたのに、

今日は小学生中高学年くらいに伸びていました。

冬に地上部は枯れますが、

今年は年々育つ株も威風堂々と見え、

下から立ち上がる茎の本数も増えました。

仲良し家族のように固まっていますが

1本の草姿はまっすぐ堂々と末広がりで

たとえ独りになっても活き活きと生きていけそうな安定感です。

Img_20210413_173439568
新芽や若葉の天ぷらは

(展開した葉は刻んでかき揚げにしてもよく、

太い茎の皮をむいた部分も美味しい)

Img_20210413_173801026
香りや歯ごたえが唯一無二すぎて

「こんなにウマいものはない」

と口に入れた瞬間に家人が唸っていましたが、





Img_20210417_110459
若葉を干して番茶ブレンドにして飲めば

パリパリと気持ちよく乾燥して

さりげなく美味しく、



立ち上がった2本のうちの1本を残して
Img_20210427_140521
もう1本の茎をいただき、

Img_20210427_140719
皮をむいて生食すれば

筍のようなエグミも 

イタドリ系の酸っぱさも

セロリほどの筋もなく

でいてシャキシャキとした歯ごたえで、



 

Img_1828
夏ころに咲く散形花序の白い花も涼しく

この頃の茎葉を干してお風呂にいれると

鎮痛、補温、つまり肩こり腰痛冷え性に良しとされ、

素晴らしきウド。

 



では

ウドを「ウドの大木」といってしまった人間のほうが

ウドの大木なんではないか、

と思いますが、
Img_20210427_140407
ちょうど青々としたウドの足元に

昨年のウドが枯れ倒れていました。

大人の背丈ほどあり、

見れば茎の中味は見事に全身が中空のウロで、

スポンジ状のワタもなく空っぽで、

ウドの語源とされる「ウドロ、ウトロ(宇登呂)」でした、

昔はウツロ(空ろ)をウドロって言ってたんでしょうか。

大木として使おうとしたら

「なあんだ、中身がウドロじゃないか!」

って言ったかどうかは知りませんが、

確かに木として使いたいなら役に立たなかったことでしょう。

でもウドは木ではなく草(多年草)なので

ウドとしては

「そんなこと言われたってワタシ草だしっ」

って思ってるかも^^

(他の語源説もある)

 

しかし実はウドちゃん、

見た目とは裏腹にアクやエグ味はなく

なのに個性的は風味をもち、



天ぷらにも
生食サラダでも
お茶にも
お風呂にも
薬用でも
しかも漢字が独り活きるって!



山菜ウドパワーは果てしなく広がるのでした。

 

※ウド…セリ目ウコギ科タラノキ属
生息地 日本各地の山野に自生
生薬名 根茎を干して 和独活(わどっかつ)
効能 煎じて飲んで、
   頭痛、神経痛、とにかく鎮痛、
   風邪、めまい、
  
発汗や血液循環を促してくれるのですね

半日陰のお庭の隅っこに居て
しょぼんだときに励ましてくれそうです。

| コメント (0)

2021年4月17日 (土)

ハランのよもぎ団子

手にぶら下げて帰れる

お持ち帰り用よもぎ団子は出来まいか、、、


クマザサは香も味も無難だけど

そのまま持って帰れないし、

ハランはどうかな、

と挑戦してみました。

Img_20210413_135700
まずハランを収穫して洗って


Img_20210413_145649
一番長い竹の皮を水に浸けて柔らかくして

裂いてヒモを作って、

だんご粉で作ったヨモギ団子を丸めて乗せて

竹の皮のヒモは中に仕込んで、




Img_20210413_140626
下から折り上げて


Img_20210413_140724
左から畳んで 右も畳んで



Img_20210413_140808
ヒモも巻きあげて


Img_20210413_140903
上から顔を出していたヒモの端と結ぶ



Img_20210413_140909
ヒモの長さが足りず、

巻きが弱いのですが

なんとか結べました。


Img_20210413_141512
蒸し器に入れると

長すぎて入らない^^;


Img_20210413_141610
せっかくの持ち手の茎ですが、

短く切って折り曲げて

やっと入りましたので


Img_20210413_141906_20210418151601
余ったお団子も

そのまま入れちゃって、






Img_20210413_143126
蒸し器で10分蒸しました。




Img_20210413_144039
下はきな粉かけ。


上は包んでいなかった団子を乗せてお皿替わりに。

 

ヨモギやハランの葉っぱ臭さが多少あるので
苦手な人は食べられないかも。
でも光沢があり繊維も丈夫で厚みのある葉なので
開いたときに敗れる心配な脆さはなく、

Img_20210413_212340_20210418151601
こんな感じで
葉の葉脈の筋が縦に入って模様になるのが
とても嬉しい。

 

<おまけ>
ヒモを中に入れこまず、
Img_20210413_141406
普通にぐるぐる巻いた
Img_20210413_141422
後ろ側、

この巻き方でも充分
事は足りる

 

これは
Img_20210413_141251
お砂糖をふりかけて
巻いて蒸してみたもの。

蒸しあがったときに
ぽたぽた溶けた砂糖が
落ちてくるので
テイクアウトには向かない。

教訓・・・糖分は団子生地の中に入れる。
または蒸してから
お好みのきな粉やお砂糖をかけて食べる。


っていうのは、
試作でも本番でも
お砂糖を入れ忘れちゃいましたからね^^!

※ハラン  葉蘭 キジカクシ科
お弁当や折詰や刺身のプラスチックリーフは
ハランの葉がモデル。
料亭やお寿司屋さんで細工飾りや仕切りに使われるハラン。
抗菌作用、防臭、防食中毒作用など。
根茎は煎じて民間療法で利尿、強心、肺結核、喘息など。
実も黒焼きを煎じて肺病など。
花は春、地際に紫の花。
005
つぼみ


006


Img_5614_20210418160301
草姿

科名だけど、
確かに雉(キジ)を隠せそう。

Img_4201-2
ハランの舟


 

| コメント (0)

2021年4月15日 (木)

今年は、

4月になってすぐから

モッコウバラもフジの花も

GWを待たずして一月前から咲き誇り、

その為、

もちろん街路樹のハナミズキも

次々と咲きともり、

白やピンクの明滅するランプのように

「筍のきせつだよ~~~」

と言ってるように見えて、



そっか、

筍もあっという間に終わってしまうかもね、と

お山に行けば、

Img_20210411_121803801_hdr
あ~かろうじて間に合った感。


さっそく穂先を切り落とし、

大鍋にたっぷりの米ぬかを3すくい

と赤唐辛子を4~5本もポキポキいれて、

食べるぞという意気込みいっぱいに、

 


沸騰したら40分弱火、

火を消して一晩ねかせて

1618274376811
断面。

なんか綺麗、

あんまりこういう切り方しなかったな~

今年はみ~んな細長く断面に切って保存、

意外に収まり良く、

Img_20210412_185225488
すぐに筍ご飯、

翌日は筍みそ汁。

ちょうど畑にお初の絹さやえんどうも!


※筍っていえば、栄養あるんかいな?
ですが、食物繊維やカリウムや亜鉛パワーで

便通促進や
腸内細菌のエサになったり
塩分取りすぎ調整や
味蕾の成長保護とか
なかなかにディフェンス感あり。

また断面によく見える白カビのような粒々、
どうもあれはチロシン栄養素で、
成長、代謝、集中力のホルモンの材料にもなる。

<おまけ>
Img_20210415_184503
筍ノビルの炒め物


うまッ!


<さらにおまけ>
Img_20210418_121156
定番フキと油揚げの煮物

に竹輪と一緒に入って四重奏



| コメント (0)

2021年4月13日 (火)

スミレサラダとすみれ相撲

春先に咲くスミレ、

一度姿を消して


Img_20210411_085002
また咲きました。





特攻隊で明日は旅立つ若い兵士が

すみれ相撲をするお話がありましたが、

草花あそびでは、

あまりにも悲しげでやったことはなく、、

しかし、

朝のサラダに紫色のスミレをいただきたくなり、


 

そうだ、すみれ相撲、今日ならと
Img_20210411_091111520_20210411134201
みあって、みあって~





 

ゆうくり、ゆうくり、茎がからまり、

スミレの墨入れの墨ツボが

しっかりとお互いに組み合い


Img_20210411_091135514
はっけよい、のこった、

のこったのこった、


ポンっと上手投げ、

 





して、

Img_20210411_091748
ありがと~ありがと~~~(涙)



※スミレの花と葉のサラダ、
外用の薬効~不眠症、腫れ物、関節炎

 

| コメント (1)

2021年4月12日 (月)

ノビルのお好み焼き

ノビルを大切にして、

土の中の塊茎は食べず、

地上の葉だけを食べていたら、

一昨年あたりから

畑のノビルがあちこちで伸びる伸びる、

で、きっと

ノビルっていう名前になったのかしら

と思うほど。

(ビルとはネギ、ニンニクの総称、野のビル)

Img_20210408_190531
そこで心置きなく遠慮なく

ちっちゃな塊茎も

いただいたセロリの葉っぱとふんだんに混ぜて、

 

Img_20210408_193533
ノビルお好み焼き♪

もっぱら辛子醤油で。

※干してお茶にもいそうですよ。
やっぱネギ系なので
食欲増進、健胃、保温。


<おまけ>
Img_20210411_093205
お茶用。

Img_20210419_202849_20210427131601
1週間ほどして


Img_20210419_203402_20210427131501
刻んで番茶ブレンドにして飲んでみますと、


風邪のひき初めに効く

味噌とネギにお湯を注いだ

即席みそ汁を思い出す味でした。

これは味噌ではなく番茶ベースなので

ご飯の前とか、味噌汁も飲めない時とかの

胃にやさしい目覚まし効果の微量栄養摂取に

なるかもしれません。





 

| コメント (0)

2021年4月11日 (日)

カラスノエンドウの味噌汁とチャーハン

庭のカラスノエンドウは

庭鳥オーチャンがすっかり食べ尽くして

どこにも見かけず、

どこに、

どこに、

いずこにおわすと探していたら

Img_20210409_160919
わりと身近なおじいさんちで発見!

カラスノエンドウは春先の新芽は柔らかく

クセがなく、

しかしすぐに筋張って固くなり、

そのうちアブラムシも大繁殖するので

Img_20210410_082850
とりあえずコップにさして、

Img_20210409_183518
今日は味噌汁、


Img_20210410_135655
翌日は焼きそばチャーハンの

もやしの代わり。

蔓のプチッとした歯ごたえが美味。

 

これぞ、そこらへんの草料理感満載なカラスノエンドウです。

※カラスノエンドウっていえば、豆科。
豆科っていえば栄養豊富。
干してお茶に。血行、胃腸。

ただし豆科種子の生食は毒性に注意。


<おまけ>
Img_20210419_202357_20210427132501
1週間ほど干して

Img_20210419_202806_20210427132501
お茶用に刻んで

番茶ブレンドで飲みますと

「カラスノエンドウっぽい~」

キヌサヤインゲンみたいな味でした。

マメ科の草っぽい、

草草した味ですね^^^^




| コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

サンショウの佃煮

ソメイヨシノが散って、

ああ、あぁ、

とガッカリする間もなく

サンショウの葉が日に日に大きくなって、

Img_20210407_100554
佃煮にしていいよ~

はやくしないと固くなっちゃうよぉ、

と急かされるようで、

Img_20210407_103542
ボール1杯分ほど摘んで

Img_20210407_111314
毎朝ご飯のお供に。



サンショウ50gくらいかな

砂糖 50g
醤油 50㏄
みりん50㏄
酒  50㏄

みんなまとめてくつくつ

飴状に固まってしまうのですが、
口の中に入れると
その体温でとろけるように溶けて
毎年
毎年
毎年
いただきます。

※サンショウっていえば、
七味唐辛子とか夏の土用のうなぎ。
胃腸の働きを活発にする
芳香性、辛味性健胃薬。
スタミナ切れしやすい胃袋には
春の土用(4/17~)にもいいかもしれませんね。

| コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

たんぽぽサラダ~はちみつかけ

畑のチマ・サンチュを
Img_20210408_084711
野の花タンポポで増量して


Img_20210408_085639
今朝はたんぽぽサラダ

はちみつかけ

 

 

他のドレッシングは一切なし

果物やレーズンやトウモロコシの甘みで

朝の胃袋は充分なご様子。

Img_20210408_131556
あたしたちは

たんぽぽベッドよぉ~♡

 

Img_20210408_131546
お、いいね~♪

 

※タンポポっていえば白い液、
健胃、ぜんそく、婦人病、肝臓、母乳不足


<おまけ>

Img_20210418_120533
たんぽぽ葉の黒ゴマ醤油おひたし

口の中でじゅ~~~~っと
タンポポの春苦味、
やっぱりタンポポはうまい、

って言いたくなる一品。

ちなみに
右のゴマ醤油おひたしは、ヤブガラシの蔓の芽先。
つるん、として美味しい~
と思って3秒後に広がる口の奥のイガイガ。
茹でて水にさらしましたがもう一工夫必要、
決してお勧めしません^^;

| コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

ユキノシタの明太子炒め

ふと見ればユキノシタが美しく、

Img_20210401_120645
この葉脈に沿って走る白い線が

雪の結晶のようで鋭く、しかし柔らかく溶けいりそうで、

中国の虎耳草(こじそう)という名前も

岩場に横たわる静かな威厳と丸い耳をなでたくなるようで

グッドネーミング賞をあげたくなるユキノシタを

3枚ほど葉柄ごといただいて

洗って重ねてくるくる巻いて

Img_20210405_091430
刻んで


Img_20210405_092033
明太子と一緒に油で炒めますと、

これはちょっと明太子多めに見えますが、

茎や葉の厚めの歯ごたえが佃煮のようで

けれどもクセは全く感じず、

おいしい虎の耳よ。

Img_20210401_120709
ユキノシタとたんぽぽ

 

Img_4901_20210406131301
ニワトリにのられる虎の耳

 

ちなみに5月頃に咲く
Img_0009_20210406131201
ユキノシタの花

 

今年はなんでも1週間~1ヶ月早く咲いてますから

もうすぐ咲くかしら。



10本のオシベと

黄色い花盤から寄り添って立ち上がる2柱あるメシベが見えます。

でもこれは1本のメシベとのこと、

ユキノシタ目ユキノシタ科、どーゆーことよ、、、

おまけ
Img_4897
かつぶしゴマ和え雪の下

 

Img_20210408_090907
お茶用ユキノシタ

 

 

ともかく日陰の庭石の傍に

必ず居てほしい雪の下です。

 

※膀胱の石を砕く効果から石割草の学名も!
石が出来やすい人にいいかもですね。
解熱、解毒、むくみ、腎臓病などの薬草。
乾燥した葉はお茶に。
炙って柔らかくした葉は消炎に。
葉のしばり汁は虫刺され、耳垂れ中耳炎、ひきつけに。

 

※後日、
番茶ブレンドにして飲みましたら、
意外にも
ユキノシタのけばけば感はなく、
何も押し付けることのない柔らかい存在感、
ふつうに飲めるし、
何も知らずに夕飯前にいただいたときには

「う~~~うまい」

って虎のように唸る美味しさだったりもして、
さすがユキノシタだな~と。




| コメント (0)

2021年3月28日 (日)

アケビこりこり

ソメイヨシノが満開になった週、

芽吹きのゆっくりなグループの木々も

うごき始めました。

クルミや
クサギや
キジュや
クワの芽が

ゆっくりゆっくり日々膨らんでいきます。

その下でとっくに目を覚まして

ぐんぐんと手を伸ばしているアケビ。

Img_20210327_081441
蔓の芽先は何度支柱に巻き付けても

翌朝には必ずはずれて

通路を歩く私の腕に毎朝巻きつこうとします。

Img_20210327_081502
これは白実アケビの白い花。

薄紫の花を咲かせるアケビも同じく旺盛で

ならばならばと

Img_20210327_091923
花も少しいただいて

Img_20210327_093522
茹でてコリコリいただきました。

食感も味も 

醤油などの調味料なしで

ただそれだけを味わいたくなるような独特の食味があります。

タラの芽とかコシアブラとか

山菜の王様や女王がすでにあるならば、


実も香りも芳しく美しいそなたは山菜のプリンセス

って言いたくなるアケビ姫でしょうか。






| コメント (0)

より以前の記事一覧