2019年5月11日 (土)

見沼田んぼ~自然観察会

今年度の川口市環境総務課主催「親と子の自然環境調査」が始まりました。

奇数月の年6回開催し、見沼自然の家周辺で、生き物調べをします。

Img_1940

アライグマの足跡

Img_1942

アオダイショウの幼体

Img_1945

アオダイショウの抜け殻

Img_1943

本日の結果

 

| コメント (0)

2019年4月28日 (日)

斜面林のタケノコ掘り

本日は、戸塚南小・あすぱるエコクラブの活動で、斜面林にある竹林でタケノコ掘りをしました。

始まりの会で、お話しをしました。

村の飢饉を助けるために、森の奥深くにある竹林にタケノコを採りに行く、

男の子と女の子のお話しです・・・

いろいろな困難がありましたが、植物と村の秘宝に守られ、ようやくタケノコを採ることが出来ました。

そこへ、タケノコの匂いをかぎつけた大きな鬼がやって来て、タケノコを捕って行こうとしたときに、

大きなタケノコが声をかけてくれました。

「大丈夫ですよ、私をつかってください」

男の子は、言われたとおりに「変身!」というと、

Img_5614

たけのこの皮が、体について、タケノコマンに変身。

Img_5615

最後は、タケノコパンチ~で、鬼をやっつけました・・・おしまい。

| コメント (0)

2019年4月21日 (日)

見沼自然公園~春の野草の天ぷら~

本日は、NPO法人 エコ・エコさんと一緒に自然観察会です。

Img_1852 

春の野草の

見沼田んぼレストランメニューを作ります。

この場所では初めての作成なので

どんな野草が見つかるか大変楽しみです。

さあ、出発!

おっとその前に

ちいさな男の子と女の子が大冒険に出かけて

薬草を見つけるお話しです。

道すがら、

草花あそびをしながら

たくさん歩いて歩いて、

Img_1861 

メニュー完成。

どんな草があったかな?

薬草はなにかな?

メニューを見ながら食べたい草を

天ぷらにしていただきしょう。

 

Img_1870 

タンポポ、スギナ、ヒメオドリコソウなどなど

おいしそ~

今回初めて、ヤブジラミとヤブニンジンを食べ比べてみました。

ヤブジラミは、はびこる野草のイメージを覆しクセがなく、

ヤブニンジンは、ヤブという雑多な命名に反して薬草的な風味を感じました。

Img_1866 

今回、通常のおよそ30種をかるく超え、

いわゆる「おいしい野草」も「食べられる草」も「毒草」も豊富なメニューです。

食べられる野草 41種

毒草(使い方では薬になる) 5種

食べられるか不明な草(ハンカチノキ) 1種

| コメント (0)

2019年4月18日 (木)

河童の森で自然あそび

本日は、環境アドバイザーと川の国アシスタントとして、

さいたま市の「河童の森」で自然あそびをしました。

 Img_5324_1

さいたま市の保育園からの依頼で、園児さんたちと一緒に新緑と水の道を歩きました。

立ち上がってきた野の草には、

アブラムシやてんとう虫、アブ、モンシロチョウがいました。

タンポポ時計や、葦のラッパをして、

子供たちの元気な声が、森に響きました。

| コメント (0)

2019年4月14日 (日)

こども自然クラブ25周年~同窓会

本日は、見沼自然の家で

こども自然クラブ25周年同窓会でした。

一体何年ぶりでしょうか、

就学前から参加した子どもたちが

今や大学生と社会人になり、

家族4人そろって参加することが出来ました。

息子はいまだに自然クラブに通っていますが、

娘はすっかり自然自体から遠ざかって多忙の日々でしたから

もはやこんな日が再び訪れようとは夢にも思っていませんでした。

我が家の子供たちは、

この自然クラブで自然とあそぶ仲間と出会い、

親の私たちも一緒に育ててもらいました。

懐かしい野草の天ぷら同窓会です。

 

Img_5188 

奥は、息子たち小学生仲間だった集団です、

まさか彼らだけで揚げてくれるとは、

誰も思ってもいなかったはず!

あいつらが~~~

  Img_5190

タンポポの花、

揚げ方を教わっています。

以前は、中学生くらいだったのに

すっかりプロの料理人になっていました。

カマンベールチーズを自力で探し出し、

培養し、今も学校で引き継がれているとか^^

Img_5192 

ヤブカンゾウの葉、

パリパリとして美味でした。

Img_5187 

タンポポ、

サクラ、

スギナ、

アオキ(ちょい苦いけど健胃薬)

Img_5183 

ギシギシ、ヒメオドリコソウ、カラスノエンドウ

ドクダミ、ユキノシタ

 

Img_5184 

ヨメナ、カキドオシ、ツバキ

Img_5185 

フキ、ヨモギ、カラスノエンドウ

【ゆびごろも じゅじゅじゅとひらく たんぽんぽん】

       (すっかり食人)

 

 

| コメント (0)

2019年3月10日 (日)

アカガエルの産卵しらべ・2回目

昨日の午後、先週の土曜日に引き続き、

戸塚下台公園水路のアカガエルの卵の数をかぞえ、

水のなくなる可能性のある上流部の卵を救出しました。

 Img_1649

Img_1653

Img_1654

南小のビオトープに3卵塊、放しました。

Img_1766

合計46卵塊ありました。

 

| コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

親と子の自然環境調査~最終回

本年度、最後の親と子の自然環境調査となりました。

Img_1631

フキノトウ

Img_1636

産卵に集まっていたヒキガエル

Img_1640

アカガエルの卵もありました。

Img_1643

最後にみんなで見沼の生態系ピラミッドを完成させました。

| コメント (0)

2019年1月12日 (土)

見沼田んぼ自然観察会・冬編

本日は、見沼田んぼで開催している親と子の自然環境調査です。

非常に寒かったのですが、生きもの観察をしました。

Img_1048
クビキリギスがネームプレートの裏で越冬

Img_1049
ホトケノザが開花

Img_1050_1
ヨコズナサシガメの幼虫が固まって越冬。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

しめ縄づくりとお餅つき~安行小エコクラブ

本日は、安行小エコクラブの活動で、
子供たちに、しめ縄づくりを教えました。

Img_2532


Img_2596


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

土壌動物観察会~見沼田んぼ

本日は、見沼田んぼで行っている、親と子の自然環境調査。

11月は、土壌動物を観察しました。

グループで見つけた土壌動物を、

マイクロスコープで拡大、パソコン・スライドで投影して見ました。


P_20181124_111308
カニムシ

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧