2020年7月 4日 (土)

マヤランと自然の森が 子供たちへ動画授業

貴重種マヤランの自生地の上に
遊具が出来てしまったのを
発見してしまった衝撃の夜から、

その夜から、

まさか、

まさか、

こんな日が来るとは、

想像だにしませんでした(感涙)。

安行小学校HP
安行原自然の森(平岡山)
貴重種「マヤラン

地元の子供たちへ動画映像授業7/4です。

植物の西川先生が
6年生の子供たちへ
マヤランや自然の森のことを
伝えてくださっています。

安行小学校の菊次先生が
地元の子供たちへと
つなげてくださいました。

現地撮影やインタビュー場面は
まるで報道ドキュメンタリー番組を見ているようで
おそらく遊び心満載です^^^^
これを受けた子供たちが
未来へどう森とマヤランを発芽させてくれるか
ワクワクすることしきりです。

今現在、生息している
地域の貴重な森と種の 
危機と価値を
学校の授業で子供たちへつなげていくという
大変稀有で高度な環境教育の実践となっています。

市民~専門家~行政~学校、
それぞれが それぞれらしさでつながりました。

元々、この地のマヤランは
バッタ選手権の日に、
バッタを草原に探すなかで発見されました。
子供たちとの活動や遊びがきっかけです。

また遊具設置を発見した夜は、
ヒキガエルの産卵を
おうち園の子供たちへ
伝えたいという強い衝動がきっかけです。

市民~専門家~行政~学校など
バラバラの存在をつないだのは
後にも先にも「こどもたちひとりひとり」の存在です。

子供たちと自然の森との交感が
科学技術をはるかに超えた偶然や奇跡や喜びを
社会へもたらすのかもしれません。


これからの宇宙時代の地球の未来の可能性を
予感しました。

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

県土整備事務所と ゴミの道の立ち合い

①6/26(金)土の道にゴミ残土を入れられたのを発見した後、

大ショックを受けたベースケくんは、

取り返しの着かなくなる前にと

すぐに

・川口市の河川課へメールをし、
・県知事へメールをし、
・県の水環境課へメールをし、
・埼玉新聞へTELをして、

それぞれがそれぞれに
情報をながしてくださり


②6/29(月) 
 河川課さんがすぐ見に来てくださり
 すばらしい記憶力とあたたかな人柄で、
 誠実な対応をしてくださいました。

 2021年3月まで土手の工事は、
 県の管轄なので
 すぐに県と連絡をつけてくださり、

③7/3(金)
 四者の立ち合いが叶いました。
Img_5882
・県土整備事務所 
  河川課部長と工事責任者ら3名
・川口市 河川課 1名
・綾瀬川を愛する会 8名
・埼玉新聞記者 1名

話し合いは
熱い思いやら事情説明や
今後の希望要望など
1時間にわたりました。

<要望>
●ゴミの土~全て取り除いてほしい
●工事の仕様書(過去と新規)を見せてほしい
●工事の新たなチェック機能を提示してほしい
<県土の回答>
●来週中7/10(金)までに回答します。

○こうした過失工事のやり直しは税金が使われますから、
○元々の業者へ発注したときの仕様書や
○今後繰り返さないためのチェック機能を
(取り決めの引継ぎが出来ていなかった)
(土手に入れる土の基準にも反していた)
(現場チェックに落とし穴があった)

 見える化や共有チェックすること。。。

<今回、感じたこと>
市民やマスメデイアや
各行政機関がお互いに
「見える化」して「共有チェック」していくこと

が大切かと思われました。
そういう意味でも
県「はつらつプロジェクト」担当の
水辺再生課にも出席してもらって
今後につなげてほしかったです。
次回、お願いします。

<世界では>
2018年 G7サミットでは
海洋プラスチック憲章が採択され、
署名しない日本も
2020 7/1ようやく日本もレジ袋有料化が始まりました。


「未来の子供たちへ
 きれいな川きれいな海をのこしていきたいのよ」
    (綾瀬川の幾島さん)

Img_5885-3
立ち合い当日の前、
違法性を隠すように、
県土の指示で表面の瓦礫撤去作業が行われていました。
ものすごい量です^^;
たまたま早く来た会員が写真に撮りました。

本来、こうした瓦礫は土手にいれない規定になっています。
Img_5887
埼玉新聞社さんの取材

記事になるかなあ、

ひとつひとつの小さな改善が、
これからのの地球の未来に
つながることを願って

◎埼玉県 県土整備事務所は、
ずさんな工事過程の体質を続けていくか、
あるいは、
公共工事の品質、検査を回復向上させていくか、
重要な岐路に立っています。

Img_5756
ガラスやプラの破片が
あちこち出ているのに気づかず、
ハダシで歩く散歩の人たち。

ちょうど前回の立ち合いの日に。

 

 

 

| コメント (0)

2020年6月28日 (日)

「土の道」が「ゴミの道」に!!!!!

   これがそれだった!?

「遊歩道という名の自然破壊」

かつて聞いた言葉です、、

 

3年前「わたしたちは土の道がいい」
と皆で行政に提案して、
舗装をまぬがれ
土の道が残った

綾瀬川の綾瀬の森の約800mの土の道に、

昨日突然、

ゴミの道が敷かれていました。

27年間
ゴミを拾い続けてきた所です。
綾瀬川を愛する会の皆さんの
これまでの堤防と河畔の清掃作業は
一体何だったのでしょうか?????

大きなアスファルトやコンクリートの瓦礫、
尖った鉄パイプや アルミ缶、ビンやガラスの破片、
古びた衣類ストッキング等、
多数のビニール紐や袋類、たばこの吸い殻、
プラスチック製品プランターの残骸などなど、、、

すべて海洋プラスチックゴミの汚染物質となるものです。
2050年には魚よりも多くなり、
世界中でその対策と改善を求められているものです。

土手の道は、雨などに浸食され50㎝ほど低くなっていました。
そこに瓦礫を乗せるという暴挙です。

元々この土手の遊歩道づくりは、
埼玉県の水や生き物を育むきれいな川の再生を目指す「はつらつプロジェクト」です。
実際は、環境破壊、自然破壊になっている面も否めません。
知事への提言送信画面

川の国埼玉はつらつプロジェクト

埼玉県川口市 市長への手紙

<ゴミの道>
Img_5602_20200627144101

Img_5674_20200627145601

Img_5618_20200627145601



Img_5609_20200627145501 

Img_5678_20200627145601

Img_5679_20200627145601

Img_5680_20200627145601

Img_5681_20200627145601






Img_5675
Img_5620
Img_5619_20200627145601


Img_5676

Img_5586
Img_5592
Img_5591
Img_5595
Img_5590
Img_5615_20200627145601 


  Img_5616_20200627145601

Img_5617_20200627145601 



Img_5614_20200627145601

  Img_5604_20200627145501

Img_5603 
Img_5612_20200627145501
Img_5593_20200627145501

Img_5598_20200627145501

Img_5599_20200627145501

Img_5594_20200627145501

Img_5600_20200627145501
風にとんでゴミは下の川へ飛んでいきます
Img_5597_20200627145501
Img_5688
つまづくアスファルトの塊
Img_5683
Img_5684



Img_5612


Img_5693_20200627145601






Img_5694_20200627145601
タバコの吸い殻もいっぱい


Img_5695_20200627145701
あっちにも

Img_5696_20200627145701
こっちにも
Img_5694_20200627145601
 


Img_5691_20200627145601


Img_5697_20200627145701

埼玉県知事 大野様

 

いつも市民のための県政運営ありがとうございます。

 

綾瀬川の遊歩道工事について、緊急でお知らせがあります。

 

「川の国埼玉はつらつプロジェクト」において、
綾瀬川(川口市部分)の土手の遊歩道工事が行わています。
ここは、行政・町会・学校・市民団体で、綾瀬川活用推進協議会を作り2年に渡る協議の結果、
遊歩道の下流800mは舗装を行わず土の道として、整備されることに決定しました。
現在、その土の道の部分で土盛り工事が行われていますが、その使用している土の中に、
アスファルト・コンクリート・ビン・ガラス・プラスチック・レジ袋・ストッキングなど多数入っており、愕然としました。
タバコの吸い殻も投げ捨てられています。

 

20年前くらいに行われた綾瀬川の改修工事後に流れ低くなった土手を元の高さに戻している工事ですが、
逆に言うと、これから20年かけて、埋め立てられた廃棄物が出てくることになります。

 

この土手は、綾瀬川を愛する会が24年に渡り毎月1回ゴミを拾い、川の美化に貢献してきた場所です。
水環境課とも協力して行っています。
その場所にゴミを埋めるのは、市民の努力を無駄にすることになります。

 

こどもエコクラブのコロボックルくらぶでは、ここで子供たちの自然体験・美化活動を行っていますが、
むき出しになっている廃棄物での子供たちの怪我、健康被害が心配です。

 

また、プラスチックごみが川を伝わり海に流れる海洋汚染が問題なっている中で、
行政が土手にプラスチックゴミを埋めるのは問題になって来ると思います。

 

綾瀬川活用推進協議会では、利用者の健康、自然環境への悪影響を考え、工事の残土は使わないと合意しております。
まだ工事途中ですので、至急土の入れ替えをお願いします。

 

よろしくお願いします。

 

埼玉県環境アドバイザー 横山隆

  
  
 









 

| コメント (0)

2020年6月20日 (土)

自然の森を 希少動植物保護区に!

安行原自然の森に

遊具に続き、

au無線局の設置の話しが入りました。

下請け会社の方へ市民として反対の意見を述べました。

Img_5207
湧き水のタンクとなる
表層の落ち葉や腐葉土や植物が削られ、
遊具ができたところです。


遊具はとてもいいものですが、
貴重な自然の森に
設置していくことは
また新たな次の工作物を生み出し
混乱と破壊を招きます。

それを避けて話し合いを持つことができたと
喜んでいましたが、
またすぐに電柱1本ならいいだろうと
無線局設置の話しが舞い込みました。


周辺すべてに断られたそうですが
その設置料金があまりに低すぎるのも
一因かもしれません。

川口市の奇跡とも言える
このような自然の森でさえ、
その保護は後回しになり、
企業や市民の都合が優先されますので、
気付いたら
あらゆる場所で森がなくなり
道路だらけになっていた、
というのも頷けます。

ここは、
湧き水と安行台地の斜面と湿地を土台として、
その骨格と水脈に腐葉土をたたえた希少な自然地です。

フクロウ、
アズマヒキガエル、
ウスイロオナガシジミ、
アオダイショウ、
ニホンカナヘビ、
マヤランなどなど
県のレッドデータブックに載る
希少動植物が暮らす森です。

県知事より希少動植物保護区などに指定されて、
この場所の特性を生かした
教育分野、
子育て支援、
健康福祉、
地球温暖化対策~炭素保持、
気候危機対策~森林保持、
自然災害における保水機能、
生物多様性の保護
などなど
その価値をみんなで再発見、
より再発掘していけたらと願います。

Img_5205
説明の終わったあと、
「おおお」


Img_4946
なんと

レッドデータブックに貴重すぎて
「情報不足」
としてしか載らなかったマヤランが
顔を出していました。

あーまた設置されてしまうのだろうかと
悲しい思いで歩いていましたが、

「わたしたちが おうえんしてますよ」

と、逆にマヤランからエールをもらいました(涙)。

これからの企業には環境への理解を望みます。

 

| コメント (0)

2020年5月27日 (水)

赤山歴史自然公園で思う都市公園の未来

 

イイナパーク奥の池周りは、


市長の「子供たちの自然学習の場をつくりたい」

というコンセプトを受けて

わたしたちの夢もふくらみ、
北本市自然学習センターのミニ版をイメージしていましたが

最後の最後の砦であった小さな「自然林エリア」も


表層の地面をはぎとられ、
他所から運んできたバークチップが敷かれ
さらによそから運んできたコナラの倒木材が置かれてしまいました。

表層の地面は、
森にとって最も大切な急所のひとつです。

あの広大な敷地の0.数パーセントでしかなかったのに、、
残してくれたらと
ザンネンで仕方ありません。

希望や助言を伝えてはいましたが
どうしてこんな事になってしまったのか・・・・

これから、
どうすればいいのでしょうか、、、


①10年ごとの計画の植栽があり
数百種類の苗木を植栽する予定だと担当の方がおっしゃっていたので
「自然学習の場」と後付けで言われても
ちいさな現場の変更はもう届きにくいのかもしれません。
アドバイスをください、と
自然保護対策室の方に言っていただき
調査同行しましたが、
時すでに遅し、、、
出来たばかりの自然保護対策室ですが
これからも長く長く残って
川口市の自然調査をつづけデータを残し、
自然学習の場を望む市民の声をすくい
行政機関につなげていってくれることを望みます。


②たとえば公園の
緑被率(緑で覆われる土地の面積割合)のほかに、
保存率(時間軸をもつ自然の割合)みたいな指標を
盛り込めたらいいでしょうか。

考え方として、

自然を切り取り造成して植栽していく
植木伝統産業も川口市の一財産ですが、

一方で、地理歴史文化くらしの盛り込まれた時間軸をもつ自然を
残すことも川口市の貴重な財産かと思われます。

とりわけイイナパークは、大地と水の流れを読む天才であったろう伊奈家が
その拠点である城を築いた特異な地形です。
(谷戸やと…浸食の切れ込みの深い盆地や斜面)
谷戸に農家の暮らしが合わさり育てられてきた里山植栽と
森や水辺の動植物貴重種は、全国でも類を見ないものが残されているはずです。

③事実、
川口市植物の会 会長の西川先生の
長年の貴重なデータがあります。

水辺貴重種9種です。
・ヘラオモダカ
・ミズワラビ
・ウスゲチョウジタデ
・ヌマトラノオ
・カワヂシャ
・コジュズスゲ
・ヌマカヤツリ
・コアゼテンツキ
・ミゾコウジュ

3年前に救出したが今回も確認できませんでした。
こうした貴重種も 
皆の大好きなカブトムシやオニヤンマも
こうした命のつながりのバランスのなかで
森全体として多種多様多層な地域遺伝子を残してきました。
それを一瞬にして剥ぎ取ってしまうのはザンネンで仕方ありません。
キカラスウリ(在来種)でエイズ薬の研究もされているというのですから、
マジな話しコロナ薬だって あるかもしれません。

④これからの都市公園はより一層、
・自然学習の場
・環境保護
・人間の健康福祉
・防災
など多面的機能を

時間軸をもつ自然を残すことで
その地域らしさを輝かせていって欲しいと願います。

 

 

 

 

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">大変残念です!赤山歴史自然公園(イイナパーク川口)にて、現在工事が進んでいる自然公園内の雑木林の植物調査をしました。低木が切られ、土が削られバークチップが引かれていました。春芽吹いた草類は埋められて、川口在来の貴重種は確認出来なくなりました。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B7%9D%E5%8F%A3%E8%87%AA%E7%84%B6%E6%8E%A2%E6%A4%9C%E9%9A%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#川口自然探検隊</a> <a href="https://t.co/zixSwPII8Q">pic.twitter.com/zixSwPII8Q</a></p>&mdash; 野歩き日記 (@kusakiya) <a href="https://twitter.com/kusakiya/status/1265618693075001344?ref_src=twsrc%5Etfw">May 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>



 

 

 

| コメント (0)

2020年5月22日 (金)

綾瀬の森の草刈り

綾瀬の森の草刈りを行いました。

前面の草刈りは行わず、草原に人の通れる道を作ります。

Img_4870
草刈り前

Img_4872
ハンマーナイフで草原に道を入れます。

Img_4881
人と生き物が共存した自然地を作ります。

| コメント (0)

2020年3月28日 (土)

オタマジャクシの救出

戸塚下台公園水路にはアカガエルのオタマジャクシ、安行原自然の森のカキツバタ池にはヒキガエルのオタマジャクシが
今、成育しています。

このところの晴れで、水量が減り、危険な状態に・・・

今夜は雨で水が溜まるので、その前に、水路の補修をしました。

 

戸塚下台公園の水路
P_20200328_095658
堰を作って、水が溜まるようにしました。

 

安行原自然公園のカキツバタ池
P_20200328_114317
穴を掘って、水が減ったときの水溜まりを作りました。

 

ヒキガエルは、5月の連休明けくらいに上陸、

アカガエルは5月半ばくらいに上陸します。

| コメント (0)

2020年3月17日 (火)

マヤラン話し合い

Img_4538_20200320185101
2020・3.17 AM10:00~
<マヤラン生息場所に遊具建設された件について>

川口市の自然保護対策課へ連絡したところ尽力してくださり
公園課や指定管理者、専門家や自然団体や学校等が
現地で顔を合わせ、
以下2点を話し合うことが出来ました。
Img_4537

☆自然の森の方向性の確認

・単発の強い申し出があり遊具を設置した
・先生より地域の方の意見、紹介配布
・今後はこのような事はしない
・公園というより「自然の森」として生かしていく
・市の管理と 地域の自然活動(学校やエコクラブ)を連携していく

☆建設場所生息地をどうするか

・遊具の脇に残った草地を守る
・杭と自然木の丸太で柵をする
・地域の子供たちに対策案を考えてもらい作業する
・遊具の上の雑木は落下回避で伐採しなければいけない
・そのため暗い林縁を好むマヤランと森は更に減少する

☆その他の意見

・斜面に大量園芸植栽されたヤマブキの数を減らし、
・失われた100種の植物を復活させる
・古くなった雑木を伐採更新して、
・どんぐりプロジェクトを子供たちと行う
・伐採した木を活用する(シイタケ菌うち等)

★最後に全員で森を一巡り

・マヤランの生息地の確認共有
・湧き水や草地や池に棲む動植物の知識共有
 (オニヤンマ・アズマヒキガエル・ケンポナシ・モグラ・フクロウ等)
・自然と子供たちの触れ合いエピソード等

Img_4548
ケンポナシ…川口市に2本のみ
      果柄が甘い梨の味
Img_4549
アズマヒキガエル…多数の蛙合戦が見られるのもココだけに
   池の水は森がタンクとなって湧きでる水
       

Img_4546
マヤラン…落ち葉降り積もる林縁に生える
 降り積もる落ち葉はスポンジとなり雨を吸いこみ湧き水となる
 湧き水は生物の多様性を生み出している
   

Img_4542
遊具設置で剥き肌となった森の土

せめて端の土手は守れないかと線引き。
たとえマヤランは生えてこなくとも
子供たちへ 
湧き水をつくりだす
落ち葉ふりつもる豊かな森の土を残したい。
 
 

☆最後にあらためて驚いたこと

・西川先生の川口市全域にわたる長年の植物調査
・K先生の素早い保護者児童アンケート印刷配布
・市職員の少年のような感性
  Q「(複雑なマヤランに)どのように守っていけばいいのか」
  A「生息地の森を全体として守っていくかんじです」
・対策室の包容力
・管理業者の森に沿う姿勢
・消滅後すぐのベー助の言葉
  「ムクロジみたいに、いい方向になるかもしれないよ」
  「虫とりとか自然あそびを提案していこう」



〇感想
さまざまな人が自身の基点をもち
話し合いに向かう姿に
森の未来が重なり続いていくようでした。
帰宅後、
話し合いには居なくても
森をひとつの地域の宝として
大切に思ってくださっていたお母さんの声を読み、
初めて共感のうれしさを覚え安堵し、
さらに
遊具を作ってしまった人にも森の生き物にも
やさしい気持ちを忘れなかった子どもの声に
広大な宇宙を観た思いでした。
そうして
夜に飛び交うフクロウは
森をひとつの生命体として
空から見るのでしょうか
いちはやく森の異変に気付くとき
棲む場所の少なくなった彼らは
何を肌にかんじているのでしょうか

参考図書「かわぐちの自然」「かわぐちの自然2」
  (川口市都市計画部公園緑地課)など

 

 

 

| コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

アカガエルの産卵しらべ

戸塚下台公園にてアカガエルの産卵しらべをしました。

本日は、コロボックルくらぶの活動予定でしたが、
コロナウイルスで活動は中止です。

毎年3月の第1土曜日に行っている定期調査なので、
卵塊の数をかぞえ記録しました。

Img_4453
25卵塊が見つかりました。

例年に比べて少ないですが
悲観するほどの数ではありません。

アライグマの足跡もなくホッとしました。

Img_4729

| コメント (0)

2020年2月29日 (土)

ヒキガエルの産卵と 貴重種マヤラン消滅⁉

どうしても行きたい、
見に行きたい、
見に行かなければいけない気がして、

例年より1週間ほど早い
Img_4282
ヒキガエルの産卵を見に行きました。
近くの安行原自然の森です。

もう池にはホース状の卵もたくさん産まれており
産卵のピークは越えたもよう
もみあいへしあいの蛙合戦も一塊のみ、
あとはペアが5組ほど池に浸かっていました。
このペアは池に入る前におんぶされて
途中で立ち止まっています。
間に合った、
今年も会えた!

しかし、
強い衝動で呼ばれていたのはヒキガエルではなく
全国でも貴重種マヤラン自生地の消滅でした。
Img_4285_20200303140901
「なんだろ、あれ」

森が消え、
土盛りのはげ土が
暗闇の中に浮かび上がっています、

ベースケの違和感の声に
よくよく見ると
遊具を建設中でした(泣)。

自然の森のなかに
遊具を作ってしまったのですね。

マヤランは貴重すぎて県のレッドリストでは
「情報不足」になっているほど。
全国でも絶滅危惧Ⅱ種です。

看板をつけると
盗掘があるため無表示でした。
しかし菌栄養従属植物のため
株だけ掘り取っても栽培は出来ません。
なんと二重に愚かな結末。

●行政と委託業者、
●専門家と関係自然団体
●市民や町会や学校
三者の情報の共有が不可欠であることを痛感しました。

すぐにベースケは市長への手紙を出し、
市の自然保護対策室に知らせて
専門家の植物の先生に伝えたところ、

市公園課よりすぐに連絡をいただきました。
先生は市から図面をもらい資料作成にとりかかられ、
それが出来次第、皆さんと現場で今後の対策を話し合うことになりました。

関係者の方々の迅速な対応に感謝しています。
以下のようなことが必要でしょうか。

①貴重動植物の情報共有
②それらを有する森全体としての意味価値役割
③今後の対策や仕組みづくり

大宮安行台地に今も湧き水が流れ
貴重な動植物が生きているのは、
「水」の原点である「土」があり
土をつくる生命の循環する「森」があるからです。

自然の森はいわゆる「公園」ではありません。
自然の森をひとつの生命体として守り切れるかは、
川口市民全体が森の役割、
森を守っていく人の役割を
(自然災害の緩和、環境汚染歯止め、酸素供給、すべての生命維持、環境学習、多様性の表明、身近な森の重要性などなど)
どこまで正しく評価できるかにかかっています。

017
消えた自然地と在りし日のマヤラン

Img_5070

「森林を失った文明はほろびる」

森をうしなうことは
土をうしなうこと
水をうしなうこと
命をうしなうこと

参考「川は生きている」(富山和子/講談社)など

 

 

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧