2022年7月25日 (月)

小説の帯のような

「戦時中、強姦され続けた女性たち、
戦後、それを多額の献金と奉仕で償う敵国の女性、
メシアとなり、その仕組みを創り出した新興宗教の教祖、
日本を蔑視する教祖を支えたのは
日本の政財界トップ~国粋主義者たちだった。

人生を破壊された宗教2世が起こした銃撃事件で
その全貌が徐々に明らかにされていく・・・」


たとえば小説の帯みたいな昨今。
カトリック総本山のバチカンの闇と
それが明らかになっていく過程にも
驚きましたが、
昨今の旧統一教会の報道は
地味に同じくらいの衝撃です。

選挙でどうしても勝ちたかった安倍氏はともかく
祖父の岸氏は教祖を信じたのかも、
とふと思うのでした^^;;;

「今なら捜査できるんじゃないの」
       (空白の30年)

※続々と・・・
  国家公安委員長も協会のイベントに参加。
  警察の最高責任者も無知、無節操だとなると
  精神鑑定が必要なのは一体誰か。
  国家の闇を救ったのは結果として、
  山上容疑者だったという帯の結末か。

| コメント (0)

2022年7月15日 (金)

統一教会

統一教会(旧名称)といえば、
私たちが学生の頃も勧誘が盛んで、

ベースケさんは勧誘者に反論して
逆に見込みがあると思われ、
駅のホームまで追いかけられ、
慌てて柱に隠れ、
電車の扉が閉まる寸前に車内に乗り込み、
危機一髪、難を逃れたという話を
何度もサスペンスドラマのように
笑いながら聞きましたが、

ワタシはといえば、
その勧誘の講義を
好奇心いっぱいで聞きに行き、
(当時は対面マンツーマン)
何回目かの講義で
教祖が明かされたときには、
随分ガッカリしてしまい、
いや見た目にではなく、
その教理の詰めの最後の落ちにですが^^;;
とてもガッカリして
それ以来、
対面抗議を何度も居眠りして聞いていたら、
布教も睡魔には勝てなかったのか、
見込みがないと思われたのか、
そもそも学生だったので学校の守りもあったか
それこそ難なく終わりましたが、、、
(レクリエーションとかの甘いワナも
全然なかった。)

そういった30年以上前から
公然と怪しさいっぱいだった宗教団体に
元首相が
賛辞メッセージビデオを贈るなんて、
自ら墓穴を掘るようなもんですが、
本当に撃たれてしまった安倍さん、、

例えば収入源の怪しい
暴力団とかに賛辞を贈るのと
本質的には変わらないワケで、
よっぽど支援をもらうか、
よっぽど圧力を受けていたのか、
よっぽど浅はかか、
でなければ
あり得ないような賛辞メッセージです。


宗教2世や
銃撃事件の悲劇を
加害者も被害者もこえて
二度とくりかえしたくないなら、
権力寄りの国葬や警護不備より


大元の
宗教団体と政党との
甘い関係を
明らかにしていく必要がありそうです(合掌)

「国葬や 警護不備より 密な関係」
     (明らかにしてほしいもの♡)

| コメント (0)

2022年7月 3日 (日)

7/10参議院選挙~投票マッチ

毎日新聞ボートマッチ
 えらぼーと2022参院選」

「選挙ドットコム
  投票マッチング
   2022参議院選挙」

 

7月10日参議院選挙に向けて
お知り合いの方がシエアしてくださいました。

質問に答えて
自分の推しの政党がわかる
クイズのような気軽さ。
でも深い。
大まかに見通せる感じが助かります^^




| コメント (0)

2022年3月 1日 (火)

お母さん大学

元おうち園母さんが、
お母さん大学に寄稿された記事です。

軽やかに確実に~支援をはじめた隣国のお母さん~

急に身近に感じてきます。

| コメント (0)

2021年10月29日 (金)

不在者投票

たまたま子供たちが
家に居たので
全員で期日前投票。

川口市は
事実上の野党統一候補もあり、
選挙結果が楽しみです。

出馬予定のれいわの新人さんが
比例代表に回った結果も楽しみだし、

裁判官国民審査もあり、
夫婦別姓とか
一票の格差とか
辺野古サンゴ移植とか
自分の関心テーマで×を入れると
これも結果が楽しみになるし、

そして一番の楽しみというか、
ご褒美だったのは、
帰りのおやつ。


それぞれ好きなものを選んだのですが、
車内でウキウキ食べながら、

「あ、あそこのアイスクリーム屋さんで
買えば良かったね、、」
    (家人の一言)

コロナ禍のなか堂々オープンしたばっかりの
お洒落な今どきのアイス屋さんが、
あ~あ~
目の前を通り過ぎていく・・・
今日を逃したら
来年か再来年か

貴重すぎて、
惑星の会合周期のよう。

だって
気分に体調に気温とか用事とか
それぞれの要件が一直線に並んだ時ですからね、
二十歳すぎた子供たちと
一緒に選挙に行くのと似てます、



 

| コメント (0)

2021年7月13日 (火)

「土がくる」

伊豆山の土砂崩れの映像は衝撃でしたが、

「土がくる」CBCテレビ
~規制なき負の産物の行方~

全国的な問題であり課題だったのですね。


うちも50年位前、
無償で残土を入れられた経験がありますが、
上記ドキュメンタリーのお宅と重なり、
最後の結末が気になり、
一気見でした。

 

これによると
日本で1年間に出る残土は
東京ドーム100個分。
その7割は、行き場を求めてさまよい、
山や空き地に捨てられるという。

 

①法規制
②生き方、暮らし方

 

この2点が問われていると思いました。
現在、
残土について国の法規制はなく、
市など地方公共団体の条例頼り。
しかも、
この条例は無い所もあり、
あれば良い方。
あっても、
その中身は市民の経済や環境意識しだい。

後半の映像は、
関東などの残土が
船やトラックで次々に運ばれて
三重県の山や海を埋め,
清流が汚染で濁っていきました。
それを空から見た映像は
森にポッカリ穴が開き、
まるでアマゾンの森。

アマゾンの森の消失は、
一日あたり東京ドーム650個分(2020年度)。
私たちの国でも
起こっていたのかと
はじめて知りました。


持続可能な経済活動を
えらんでいく必要性は、
伊豆山の土砂のなかにも
ありました、、、


これから引っ越し先の実家にも
突如、物流センター建設の話しが沸き、
土地区画整理事務所の方が何度も来られます。
本来は市街化調整区域であるため
開発は出来なくても
特区などの指定をされれば
生産性や経済効果の低い山や田畑は
企業も行政も市民も
真っ先に開発していくのですね。
そしてその開発には
最後の行き場を求める
たくさんの残土が運び込まれるのでしょう。

せめて私たちの代は、
斜面林と湧き水と大宮大地と低地の混じり合う
川口市の背骨であり尾てい骨ゾーンを
たいせつにしたいと思います。
未来の子供たちもどうか、
ホピの予言の守り人ならぬ
自然の守り人であってくれますように。

※注意:口頭説明は内容が変化していきます。
誤解も多いので、
どんなに面倒でも
疑問点等は文章に残してもらいましょう。

但し
いくら書面があっても
法規制がなければ意味がありません^^;

| コメント (0)

2021年5月18日 (火)

そこが知りたい

入管難民法改正案が事実上、

廃案になりました。

では採決の条件であったビデオ映像は

開示されないままでしょうか???

Img_20210516_190956
超党派の議員の皆さんで、

ビデオを観て、

入管の収容状況が一気に改善されますように。。。

| コメント (0)

2020年10月31日 (土)

映画「タネは誰のもの」

 

11月から衆議院で再審議入りする

種苗法改正案、

生産農家当事者の意見が対立してよくわかんなくなっちゃった、

ところにベストなタイミングです^^!

22の農業県を中心に政府の方針に反する動きが拡大しつつあるなか、

閣議決定で12月1日に施行が決められている拙速な審議、、、、!?!

「ビジネスジャーナル記事」

今度、お近くの方が、すぐ近くの公民館で

自主上映会を開いてくださいます、

暮らしている町のなかに

お店や図書館や川や公園の平行線上に

国会審議も並んでいるいるようなラフな感覚の距離が

なんとも新鮮です~♪

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年5月12日 (火)

検察庁法改正案の・・・

8日よりのツイッター抗議デモが
二日で500万という1位トレンド入りを知らず、
ようやく検索すると関連記事が
不謹慎にもおもしろすぎで、

20代前半までは政治なんて全く関心なかったのに
これは30年という年月のせいなのか
それとも垣根のない参加型の高速発信ツールのせいなのか
それともコロナ生活のもたらした非現実的な余裕のせいか…
コロナ前は確かに怒りと涙だったものが今や爆笑も有り‼
これっていったい?!
コロナの天岩戸的効果!?
《想像を はるかにこえる痛快さ》
       (ついったーでも)


「強大な権力をもつと言われる検察の
これまでの箱のなかの人事に
民主的な流れが入り込むのは良しとしても
民主的な議論を受け付けない独裁的内閣が
定年延長そして人事に割り込むのは
何としても阻止したい‼」

真面目に、
ほんとそう、
ほんとそう、
ほんとそう、
ですが…

これまでの
天岩戸生活で
すっかり日常を記憶喪失していたため、
散り散りになった過去がまだ散らばったままなのに、
もう外に出て大丈夫なのかと内なる自己が言っており、
が、岩戸は少しづつ開けられようとしていて
そんななか、
外のニュースは多様な神々の宴の笑い声のように聞こえてきました、
浮世離れの余裕か、
世界を楽しめ、もっと自由に、
と言っているかのような爆笑加減です。


で、このあと岩戸から出たら鏡を見せられるんだっけ?
ということは、
鏡は、内なる自己の統合を象徴しているのでしょうか、
さらには、外界と内界の統合とか?

さらに言うなら
統合のあと、
荒々しいスサノオノミコト的自己が、
下界におりて
欠点を長所として開花覚醒させますが、
それはどういう風に日本社会に現出されるのかとか、
興味が尽きず、

妄想が迷走してきました(汗)


《ぞくぞくと 次の一手を待ちわびる》
     (妙手いや妙酒ヤマタノオロチ)

| コメント (0)

2020年4月24日 (金)

防災~すき間を見つけて種をまく

春と秋は種蒔きシーズンです。

まきたいけど、まけない、
まけそうだけど、まけないッ

そんなときは、ビニールをはがし、石をどけて、

すきま開拓!


ノゲシやハコベ、ハルジオンなど
春の草が伸びてきたビニールハウス東側。

野菜は西陽より朝日が好きでしょう、
いいところを見つけました。

Img_4674
ざっくりと地上の草を抜き、

Img_4675
地中の根っこや小石もざっくりと取り除きました。

自然農法や自然農なら
里山の木々の落ち葉が自然に降り積もった
ふかふかの土にそのまま種をまきたいところですが、

田んぼを残土で埋め立てたような土地では
蔓植物の根や 小石を取って
かちかちの地中に空気をいれて
ゼロ地点に戻してあげることが
先決かつ肝要となります、
野生種ではなく栽培種では尚更です、

Img_4677
お山の腐葉土と 手づくりぼかし肥を
混ぜ込み、

自家採種のポップコーンを蒔きました。

(3年前からでしょうか、
種子法や種苗法がどんどん改変されていっていますが、
コロナのようなパンデミックが起こると
種や苗を 一部の大企業に依存しつつある命の危険をさらに思います。

今や

政府や自治体や企業や農家に頼れない天変地異に自然災害のオンパレード、
種や苗は防災グッズに似ています。
各家庭で せめて数種類のタネや苗を庭やベランダや窓辺で常備して、
いざというとき隣近所とかけあわせていった方がいいかもしれません。
 

今の視点で 法律をまもる、ことも大切ですが、
未来の視点で 法律をふりかえる、ことも大切になってきました。。。)

Img_4684_20200424143101
水をあげました。

待つこと2週間、
Img_4784
芽が出ました。

Img_4679
種の残りは
アサにあげました。
とうもろこしは大好物です!

ヒルは悲しいかな、
気管支が弱そうで
よくゲコゲコしていましたが、
ある朝、天国に飛び立ってしまいました。

咽頭気管支系は私も丈夫でないので
ずっと気になっていましたが、
ニワトリも喉が弱かったり足が弱かったり、
さまざまで、
自分と重ね合わせるのか不器用さがたまらず
無条件に愛しさがこみあげてきます。
動物もまたそれぞれに生きた個性をもっているのですね、、

 

 

 

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧