2021年7月13日 (火)

「土がくる」

伊豆山の土砂崩れの映像は衝撃でしたが、

「土がくる」CBCテレビ
~規制なき負の産物の行方~

全国的な問題であり課題だったのですね。


うちも50年位前、
無償で残土を入れられた経験がありますが、
上記ドキュメンタリーのお宅と重なり、
最後の結末が気になり、
一気見でした。

 

これによると
日本で1年間に出る残土は
東京ドーム100個分。
その7割は、行き場を求めてさまよい、
山や空き地に捨てられるという。

 

①法規制
②生き方、暮らし方

 

この2点が問われていると思いました。
現在、
残土について国の法規制はなく、
市など地方公共団体の条例頼り。
しかも、
この条例は無い所もあり、
あれば良い方。
あっても、
その中身は市民の経済や環境意識しだい。

後半の映像は、
関東などの残土が
船やトラックで次々に運ばれて
三重県の山や海を埋め,
清流が汚染で濁っていきました。
それを空から見た映像は
森にポッカリ穴が開き、
まるでアマゾンの森。

アマゾンの森の消失は、
一日あたり東京ドーム650個分(2020年度)。
私たちの国でも
起こっていたのかと
はじめて知りました。


持続可能な経済活動を
えらんでいく必要性は、
伊豆山の土砂のなかにも
ありました、、、


これから引っ越し先の実家にも
突如、物流センター建設の話しが沸き、
土地区画整理事務所の方が何度も来られます。
本来は市街化調整区域であるため
開発は出来なくても
特区などの指定をされれば
生産性や経済効果の低い山や田畑は
企業も行政も市民も
真っ先に開発していくのですね。
そしてその開発には
最後の行き場を求める
たくさんの残土が運び込まれるのでしょう。

せめて私たちの代は、
斜面林と湧き水と大宮大地と低地の混じり合う
川口市の背骨であり尾てい骨ゾーンを
たいせつにしたいと思います。
未来の子供たちもどうか、
ホピの予言の守り人ならぬ
自然の守り人であってくれますように。

※注意:口頭説明は内容が変化していきます。
誤解も多いので、
どんなに面倒でも
疑問点等は文章に残してもらいましょう。

但し
いくら書面があっても
法規制がなければ意味がありません^^;

| コメント (0)

2021年5月18日 (火)

そこが知りたい

入管難民法改正案が事実上、

廃案になりました。

では採決の条件であったビデオ映像は

開示されないままでしょうか???

Img_20210516_190956
超党派の議員の皆さんで、

ビデオを観て、

入管の収容状況が一気に改善されますように。。。

| コメント (0)

2020年10月31日 (土)

映画「タネは誰のもの」

 

11月から衆議院で再審議入りする

種苗法改正案、

生産農家当事者の意見が対立してよくわかんなくなっちゃった、

ところにベストなタイミングです^^!

22の農業県を中心に政府の方針に反する動きが拡大しつつあるなか、

閣議決定で12月1日に施行が決められている拙速な審議、、、、!?!

「ビジネスジャーナル記事」

今度、お近くの方が、すぐ近くの公民館で

自主上映会を開いてくださいます、

暮らしている町のなかに

お店や図書館や川や公園の平行線上に

国会審議も並んでいるいるようなラフな感覚の距離が

なんとも新鮮です~♪

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年5月12日 (火)

検察庁法改正案の・・・

8日よりのツイッター抗議デモが
二日で500万という1位トレンド入りを知らず、
ようやく検索すると関連記事が
不謹慎にもおもしろすぎで、

20代前半までは政治なんて全く関心なかったのに
これは30年という年月のせいなのか
それとも垣根のない参加型の高速発信ツールのせいなのか
それともコロナ生活のもたらした非現実的な余裕のせいか…
コロナ前は確かに怒りと涙だったものが今や爆笑も有り‼
これっていったい?!
コロナの天岩戸的効果!?
《想像を はるかにこえる痛快さ》
       (ついったーでも)


「強大な権力をもつと言われる検察の
これまでの箱のなかの人事に
民主的な流れが入り込むのは良しとしても
民主的な議論を受け付けない独裁的内閣が
定年延長そして人事に割り込むのは
何としても阻止したい‼」

真面目に、
ほんとそう、
ほんとそう、
ほんとそう、
ですが…

これまでの
天岩戸生活で
すっかり日常を記憶喪失していたため、
散り散りになった過去がまだ散らばったままなのに、
もう外に出て大丈夫なのかと内なる自己が言っており、
が、岩戸は少しづつ開けられようとしていて
そんななか、
外のニュースは多様な神々の宴の笑い声のように聞こえてきました、
浮世離れの余裕か、
世界を楽しめ、もっと自由に、
と言っているかのような爆笑加減です。


で、このあと岩戸から出たら鏡を見せられるんだっけ?
ということは、
鏡は、内なる自己の統合を象徴しているのでしょうか、
さらには、外界と内界の統合とか?

さらに言うなら
統合のあと、
荒々しいスサノオノミコト的自己が、
下界におりて
欠点を長所として開花覚醒させますが、
それはどういう風に日本社会に現出されるのかとか、
興味が尽きず、

妄想が迷走してきました(汗)


《ぞくぞくと 次の一手を待ちわびる》
     (妙手いや妙酒ヤマタノオロチ)

| コメント (0)

2020年4月24日 (金)

防災~すき間を見つけて種をまく

春と秋は種蒔きシーズンです。

まきたいけど、まけない、
まけそうだけど、まけないッ

そんなときは、ビニールをはがし、石をどけて、

すきま開拓!


ノゲシやハコベ、ハルジオンなど
春の草が伸びてきたビニールハウス東側。

野菜は西陽より朝日が好きでしょう、
いいところを見つけました。

Img_4674
ざっくりと地上の草を抜き、

Img_4675
地中の根っこや小石もざっくりと取り除きました。

自然農法や自然農なら
里山の木々の落ち葉が自然に降り積もった
ふかふかの土にそのまま種をまきたいところですが、

田んぼを残土で埋め立てたような土地では
蔓植物の根や 小石を取って
かちかちの地中に空気をいれて
ゼロ地点に戻してあげることが
先決かつ肝要となります、
野生種ではなく栽培種では尚更です、

Img_4677
お山の腐葉土と 手づくりぼかし肥を
混ぜ込み、

自家採種のポップコーンを蒔きました。

(3年前からでしょうか、
種子法や種苗法がどんどん改変されていっていますが、
コロナのようなパンデミックが起こると
種や苗を 一部の大企業に依存しつつある命の危険をさらに思います。

今や

政府や自治体や企業や農家に頼れない天変地異に自然災害のオンパレード、
種や苗は防災グッズに似ています。
各家庭で せめて数種類のタネや苗を庭やベランダや窓辺で常備して、
いざというとき隣近所とかけあわせていった方がいいかもしれません。
 

今の視点で 法律をまもる、ことも大切ですが、
未来の視点で 法律をふりかえる、ことも大切になってきました。。。)

Img_4684_20200424143101
水をあげました。

待つこと2週間、
Img_4784
芽が出ました。

Img_4679
種の残りは
アサにあげました。
とうもろこしは大好物です!

ヒルは悲しいかな、
気管支が弱そうで
よくゲコゲコしていましたが、
ある朝、天国に飛び立ってしまいました。

咽頭気管支系は私も丈夫でないので
ずっと気になっていましたが、
ニワトリも喉が弱かったり足が弱かったり、
さまざまで、
自分と重ね合わせるのか不器用さがたまらず
無条件に愛しさがこみあげてきます。
動物もまたそれぞれに生きた個性をもっているのですね、、

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

原爆投下の朝に

8/6 広島原爆投下の朝の黙祷を 逃してしまいました。

前の晩、ぴよこが アオダイショウにのまれました。

大変寝苦しく、さらに朝は寝坊です。

アオダイショウはお山へ連れていきました。

 

黙祷の補いお詫びのようにYOUTUBE大学で見つけました。

まだ解決していない「原発問題」

今まで何年もかけて虫食いのように得た知識を

ざーーーっと網羅してくれるので

大変わかりやすい、

テレビや学校では決して教われないけれど、

日本人なら誰もが知っておかなくてはいけないこと、

基礎のキソ、

歴史編と 真相追求編・・・

こんな重い内容を

しくじり先生テンポで駆けぬけてくれます。

選挙編や 消費税編 憲法問題編はほんの一部、

今まで補充できなかったレイヤーニーズに応えてくれます。

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年7月19日 (金)

参議院選挙2019.7.21 まだまだ生きていける?!

7/21 参議院選挙です、

忙しい娘と一緒に期日前投票へ行けました。

一票の格差問題で

埼玉県選挙区は3人から4人に議席数が増えました。

入れようが入れまいが当選するだろう3人にくわえて

あと一人の枠があるので、

受かってほしいけど危ないあの人へと自然に指が動きます。

いつもより一票に重みを感じました。

どう結果が出るか、

票の流れが楽しみです。

 

そして比例区は・・・?

いつもは大抵、

力を持ち過ぎた権力に対しての

現実的なリベラル勢力路線があれば幸いのところ、

今回は社会のしくみ自体を問える人たち

庶民派リアルの候補者の声もあり、

かすかな希望がまだまだ生きていけると感じました。

 

れいわ新鮮組のひとり、

やすとみ歩 街頭演説集190705新橋駅SL広場参院選

子供の前でも淡々と同じ調子で話す姿がユニークで

女装の東大教授です。

日本の教育制度や社会状況を勝ち抜いた人ながら

この国のエライ人たちが 何を基本に物事を決めていくか、

「えらい人はもっとえらい人に叱られるのが怖いんです」

と これ以上かみ砕けない易しいコトバで説きます。

子供の命や安全が、

さまざまな社会的良心的な組織を大切にするあまり、

逆に見過ごされてしまう、

という人間の心理的目くらましを

エリート層から市民の言葉で語れる人です。

タローちゃんでも300ないとダメらしいので

あゆみちゃんは、400万票です^^;

また、

今回よりの「特定枠」で優先的に当選する

木村英子さんも 

障碍者自身の彼女が語る言葉には

介護保険などの問題点が 超リアルに「生きて」います。

立憲民主のおしどりマコちゃんも見逃せませんし、

他も目白押しです。

 

今、受け皿はあります。

参院選、 

2020年代に向けて

私たちは何を

子供たちへ残すでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

「新聞記者」

Kimg0219

映画「新聞記者」観ました。

東京新聞の望月記者のベストセラー本が原案。

 

この映画の見どころは、

ずばりナイチョー。

 

内調(内閣情報調査室)、ナイチョーと言われても

国家機密というそのお仕事は、

あまりに遠すぎて

異世界ですが、

 

この映画を観れば、

ナイチョウに良くも悪くも親近感が湧くことこの上なし、

雲の上の人が、

隣に引っ越してきた現実の人のように近くなります。

近くなりすぎて

どうしたら主人公の若手エリート官僚が

良心に苛まれることなく大らかな選択が出来る世の中になるのかしら、

などと しばらく大きなお世話な話しが尽きません。

 

映画としての後味は各自のお好みに任せるとして、

内緒のナイチョーな感じは、

たっぷり味わえます。

自分が生きている国の中枢の闇を魅せてくれます。

 

ただもし社会派映画の続編を作ってくれるなら、

今度は、

前川喜平さんや望月衣塑子記者の漂わせている

類まれな 

あの

【ユーモラスなアナーキスト感を出して】

   (希望をちょーだい)

 

雨の多い梅雨で、

不意に突然、映画館へ行けて夢のよう。

新聞記者は、見たくて観たわけではなく、

それくらいしかなかったのですが、

やっぱ、観れてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年6月22日 (土)

夏至に田植え~投げ植え農法とアカガエル上陸

ようやく田植え。

本日は夏至です。

Img_2451

今年は、投げ植えにしました。

元々湿地の水深が深いので

中に入ってしまうと足が太ももまで埋まって抜けなくなってしまう為、

昨年は、たらい型のポットを田舟にして乗って手植えしたのですが、

今年は、さらに進化して陸上に居たままの投げ植え農法を考案!

Img_2447

そのために苗床にまいて発芽したイネを

さらにポット上げすること60ポット。

投げても崩れないくらい根は回ってきましたが、

「6月半ばすぎちゃって遅くなったね~」

と用事や天候でどんどん遅れるのが心配です。

七十二候によれば

昔は半夏生(7/2)までに

田植えを終わらせるのが目安だったとのこと。

けっこうゆっくりです。

昔って、いったいいつかと思いますが、

安行のお爺さんも田植えは、

「むかしは6月、今くらいだった」

とのこと。50年も経ってない昔です、、

 

何でもどんどんスピード化していますが

田植えも この50年で1ヶ月以上早くなったんですね。

今このあたりの田植えは5月GW頃になっています。

Img_2457

完了。

手前のイネが見えないのは

水深が奥より深いからです。

「イネって すごいよね、

水中に沈んでも腐らないで

出て来ちゃうんだからね」

その水中のイネの合間を

オハギのような形をしたアカガエルおたまじゃくしが

ときおり息継ぎに顔を出しました。

隣には、一足はやくカエルになったアカガエルが

去年の稲株につかまって休憩中。

6月の田植えはニホンアカガエルの上陸と重なるんですね!

Img_7227

そして我が家のお砂場グラタン鍋で泳いで大きくなったアカガエル

おたまじゃくしも産卵から4か月でようやく手足が出てきました。

エサは市販のものは全くあげず、

水草や とろとろの水中のコケや 枯れ落ち葉など。

手足が出る前ころに なんか栄養のあるもの食べたい、

みたいな動きをしだしたので

カツブシや 煮干しを あげました。

水は雨水など、取り換えは濁ってきたら、1週間くらいで。

鍋のなかでも ちゃんと自然界と呼応しています。

 

 

【早い田植えはヒキガエル、遅い田植えはアカガエル】

  (イネはカエルのベンチ)

 

 

| コメント (0)

2019年3月26日 (火)

みんなの学校

東京の公立の 麹町中学校の校長先生の取り組みに
公立でこんなことが出来るのかと
実行力の高さと説得力に感嘆しきりでしたが、

大阪の公立 大空小学校の元校長先生のお話しも更にパワフル。
地域の子供たち、みんな、みんなが学ぶ権利を保障する「みんなの学校」です。

https://www.youtube.com/watch?v=Z42B-N6703k

現在、特別支援学校や学級がありなら、
こんな「みんなの学校」も もっともっとほしいッ!

「みんなの税金、パブリックだから何でもできる」


「担任制なし 子供、保護者、地域、先生の4者でつくるみんなの学校」

「教師である前に ひとりの人間である」

「きまりを見るか、こどもを見るか」

「学力より大切なのは 人の命」

「(児童虐待、いじめ)核は、地域の学校」

「じぶんの学校を自分でつくる」

「じぶんの子供の通う学校を自分でつくる」

力強い言葉言霊のオンパレードです。

ちっちゃくなっていた自分をコロコロ転がされるよう^^;

子供たちクラスの危険な状況にも
地域や学校の顔色をうかがい、
つぶされるのを恐れる保護者や学校ボラの話しがウソのよう。

 

 

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧