2022年9月12日 (月)

栗三昧~大豊作なら5年10年

今年は栗が大豊作

桃栗三年柿八年 ユズの大馬鹿18年
なぞと言うけれど、
Img_20220906_113108
これは10年前位に植えた利平(栗の品種)、
の枯れた台木の栗。

今年は
8/26の初採り3個以来、
9/4に収穫はピークに達し、


その後も
10年前位に植えた隣の
Img_20220912_104921
9/4国見(品種名)も初採り4個を迎え、
9/12に30個ほどのピークを迎え、


驚いたことに
更に隣の5年前位に植えた
Img_20220913_164044
ポロタン(品種名)も
Img_20220913_164133
9/12に目立ち始め、
ということは、
9/20頃にピークを迎える予想。
(実際は9/16だった)


クリって胴枯れ病になりやすいんだよ   
成長が早い若木や
栽培種は柔らかくて美味しいのか、
ノコギリクワガタ来てたんだよね。
  (ベースケさん曰く)

鉄道の枕木として
その丈夫な硬さに定評のある栗ですが、
若いうちは困難をともにするのですね。

そこで新たな標語、
「桃栗三年 大豊作なら5年10年
    枯れても根張れ台木の栗よ」
     (生きてたら一生楽しめる♪)   
Img_20220911_220357
左から
利平の台木、国見、ポロタン

大きさも
採れ初め4~5㎝のものは
旬になると5~6㎝の幅になります。
ポロタンも国見と同じ大きさに。


採れながら段々おおきくなるとは知らなかった^^

Img_20220909_082850
1個~数個の収穫のときは
「栗ご飯」

栗1個でも
栗が余分な水分を吸って
ほくほくとしたご飯になって
大変おいしく感じる。
栗自体は、
そんなに甘くないのに^^

Img_20220908_105748
数個以上になると冒険が出来て
「栗蒸しパン」

戸棚にあったバラバラの余りカップを
蒸し器に強引に詰めて作ったので
見た目はいまひとつ、でも
とても美味しい。
小麦粉200gと
ベーキングパウダーと
お砂糖大さじ3杯くらい。
そこに栗を乗せただけ^^

Img_20220906_202149
さらに大量になると
「栗の甘煮」

けっして作ったことはなかったけれど、
実は大大大好きなお正月にしか買わない栗の甘煮。
作ってみたらとても美味しく、
Img_20220915_124348
栗剥き器はかつてないほどに大活躍し、

力がなくても
水に浸けなくても
簡単に剥ける


Img_20220906_113008
戸棚に眠っていたクチナシの実も
砕いて1個いれて
黄色く染まるのも確認できたし、

使いかけの
てんさい糖や粉素精糖も半々ずつ使えたし、
大満足大感動(泣泣)

また
料理の実力を超えて採れたとしても
冷蔵1ヶ月で甘みが増すというし、
 (生栗 皮付き)
 (生栗 皮なしなら数日)
冷凍なら2~3ヶ月もつというし、
 (生栗 皮つき皮なし両方)
 (ゆで栗 皮つき皮なし両方)
これなら大層ゆとりが出来るしょう。


むろん、
おうち園のお友達と分けられるし、
Img_7109_20220915132801
忘れた頃にお弁当にもできるし、


Img_20220912_112538
ゆで栗や
焼き栗の
素朴なおやつにもなるし、

ちなみにこれはトースター15分焼き。
3㎝ほどの小さい実なら火が通って、

Img_20220912_112932
ポロっと渋皮から抜ける。

これがポロタンの名前の由来らしい。
ほんとに皮からポロッととれた。


ありがと~ありがと~~


<おまけ>
1646494_img
栗の雄花

6月頃に咲く花は
独特の香り。
クリの花が咲くと遠くからわかる、
という友人は、
「おしっこくさいよね~」
と言う^^;

だからでしょう、
よくハチやハエが来ています。
匂いに誘われるのですね。

ということで虫媒花らしいのですが、
ブナ科(クヌギやスダジイ)なので
花穂のゴージャスな構造上
風媒花の性質もありそうです、

003_20220915132701
これは雌花

雄花の花穂の根元のほうに一つ咲いています。

ちなみにこれは丘の畑の実生栗。
園芸種のこぼれ種かなあ。
でも万が一野生種ならば
縄文時代よりのヤマグリ(シバグリ)だったりする!
本当のヤマグリは
かなり小っちゃく(2cm位)
何とも言えない美味しさだそう。

この実生栗は、
まだまだ青く更に遅い旬となります、
9月下旬位でしょうか、

栗三昧の9月つづく~~~~~

<追記>
9/15実生の栗(こぼれ種の栗)初採り6個
Img_20220915_173332
中間小ぶりな大きさ

ねっちりした肉質。

9/23頃~収穫ピーク予想


| コメント (0)

2022年7月 4日 (月)

植物もお引越し

6/6に梅雨入りして、
6/27に梅雨明け、
6月中に9日間の連続猛暑の記録を打ち立てましたが、

ほんの一月前の
5/20頃から
6月上旬ころは
植物のお引越しをしていました。

下の畑から
上の森(と呼ぶことにした)へ

Img_20220523_161724
 <和ハーブ~オンパレード>
ヨモギ、ドクダミ、丸葉アイ、ミツバ、
赤ジソ、青ジソ、ヘビイチゴ、ヤブヘビイチゴ、
フキ、ミソハギ、ニラ、などなど

お茶に
染色に、
お料理に、
草花あそびに、

大好きな野草たちを
隙あらば
集団移住なお引越し♪

 

Img_20220523_161724
お引越しは簡単、

スコップでざっくり掘った塊を


Img_20220523_161753
穴を掘って、


Img_20220523_162113
土を寄せて水をあげるだけ

Img_20220523_164303_20220704130201
ミツバも

左の黒いヒヨコはぴよ子。
まだちっちゃい^^



Img_20220523_181608
丸葉アイも

手前の黒いのもぴよ子


森のおうち園で
小さなお友達と染色をやりたくて植える。




Img_20220523_162623
ドクダミさえも愛してやまないので
お引越し

今年もたくさん干して
毎日、番茶とブレンドして
急須にいれて飲んでいるので
快速快便ッ


Img_20220524_130634
ミソハギ、

紫の花は
お盆の禊(みそぎ)に使われるミソハギ。


香りは印象ないが、
見た感じに愛着をもって、
東洋のラベンダーと呼んでいる。
是非咲いて欲しいッ


その他、ニラも引越したが、
日当たりが良すぎて枯れてしまう。
土は瓦礫でもいいので
日当たりより
湿地を優先すべきだったと
あとで気付く( ;∀;)

トイレも水道も小屋もなくとも、
おうち園は情熱だけで引越し実践中、
植物のお引越しも進行中。
まさに森は地球天国‼

ただし
人間のお引越しは迷宮入り。
仕事もボラも介護も猛暑も
何やかやと積み重なり一歩も進まず、
遊びに来てほしかった母も亡くなり、
どうでも良くなってしまった^^;;

























| コメント (0)

2022年6月 9日 (木)

ニンニク収穫~花輪編み

梅雨に入ってしまったので
急いでニンニク収穫。
Img_20220610_092857
青森ニンニクと
島ニンニク(琉球)だったはず。


保存ビンに入りきれない分は
編みます。
前回は三つ編みニンニクでしたが、
今回はシロツメクサの花冠で有名な花輪編みニンニクにします。

Img_20220610_093315
芯に

Img_20220610_093330
横に置いて、


Img_20220610_093351
くるりと

Img_20220610_093406
回す


シロツメクサの花冠は
同じ方向で繰り返していきますが、
両サイドに編んでいきます。
なので
反対側へ

Img_20220610_093429
置いて

Img_20220610_093444
くるりん


Img_20220610_093452
ぱっ


以下繰り返し
Img_20220610_093506
置いて


Img_20220610_093518
回す

Img_20220610_093529
反対側に置いて

Img_20220610_093541
回す


Img_20220610_094005
できました。

Img_20220610_094350_20220611134101
散髪



Img_20220610_094500
壁にかけておきます。


残りは
Img_20220610_100058
剥いて

Img_20220610_100749
荒みじん切り


Img_20220610_101206
ビンに入れてフタをして
冷蔵庫へ。


いつもはここへ
お醤油をひたひた注いで
醤油漬けにしますが、
醤油も
お塩なども入れず、
そのままにして
どのくらい保てるか
様子をみてみましょ~♪


<おまけ>
Img_20220610_101756
ニンニクの花の蕾。

1本だけ収穫せず、
ムラサキが綺麗なので
花を咲かせることにしました♡

ありがと~ありがと~









| コメント (0)

2022年3月31日 (木)

花笠音頭オドリコソウ

春分の日を過ぎて、
3月中、
里帰りをしていたら、

道すがら
坪井川の遊水地の土手に
Img_20220331_172241
オドリコソウを発見!

明治に渡来したと言われる
ヒメオドリコソウは
埼玉の川口市では
ホトケノザやナズナと並んで咲いて
あちこちに大繁茂していますが、

在来種といわれるけれど
近所では全く見たことのない
オドリコソウが
園芸種かと思われるほどの大輪で
群生しており、

大変に驚いて
走り寄り
かがんで、
Img_20220331_172322
横から見れば、
花笠をかぶったような踊り子たちが
垣間見えました。

関東と九州をともすれば
ヒコーキで行き返りするだけですが、
バス停まで30分も歩けば、
ネイティブの大地とグラウンディング。

♪めでためでたのヤッショーマカショ、
花笠音頭オドリコソウ全盛期、
初めての出会いでした。

ありがと~ありがと~♡


※3~6月全草をつんで日干しにして
浴湯に浮かべれば腰痛に良いという。




<おまけ>
Img_20220327_184303
玉名の石尾のおばさんが作ってくれた
「つばきまんじゅう」

ツバキの葉で包んであって
ちゃぶ台の上に
普通に置かれた感じに感動して
写真を撮る。

かすかにツバキの葉の香り♡


 

| コメント (0)

2022年3月 8日 (火)

黒翡翠~コクリュウ

Img_20220307_105103
あちこちに梅が咲けば、


Img_20220309_140828
田んぼにアカガエルの卵塊にオタマジャクシ、

それを狙うナマズ姫、

次に産卵待ち伏せ態勢に入るヒキガエルの親方たち、


と来ればもちろん
「そろそろ草取りおねがい~」
の声がかかり、

Img_20220309_150221
ハウスや露地栽培の草取りスタート。
今年は草取りまで妙に楽しくてしょうがない♪

毎年、
アジサイの新芽とか
ナギの伸び伸びした枝ぶりとか
元気を出してね柑橘類とか、
目をひき心にとまる植物があるのですが、
今年はこれ、

Img_20220309_145716
コクリュウ、


また新たな一年がはじまるね、
よろしくね~
とお掃除させてもらうと、

Img_20220309_150128
黒竜よ、

ほんとに黒い龍の髭のようです。
コクリュウはリュウノヒゲ(別名ジャノヒゲ)の園芸品種。
リュウノヒゲが青い宝石のような実(正しくは種子)をつけるなら
1646456_img
コクリュウは夏に淡い紫ピンクの妖精のような花を咲かせ、


1717113_img
冬に黒い竜眼のような実をつけます。


葉は幾筋もの縦筋がしなやかに強く、
黒い園芸用のビニール紐のよう。


漆黒の照りのある独特の存在感は、
黒翡翠のようで力強く
試練を乗り越える魔除けの力がありそうです♪







| コメント (0)

2022年2月23日 (水)

じゃがいも畑開墾2~ナチュラル地面

耕運機ポチで
初開墾をした畑は、

関東ローム層、
由緒正しき富士山の火山灰土。
遠い諸火山の灰が
ここまで降ってくるのかと
不思議ですが、
いったん堆積したものが
風で舞い上がってまた降ってくる
二次堆積物もあるそうで、
それは現在も毎年、
100年に1~2cmも積もっているんだとか。
じゃあ1m掘れば1万年前、
縄文時代にたどり着けるのかな、、

とにかく赤い土。
鉄分が風化して酸化しています。
九州の実家では
「黒い土は肥えとる」
みたいに言って、
土といえば黒。
赤い土イコール痩せた土のイメージでしたが、

この植木のまち安行では
その肥料分の少ない痩せた土の方が
植木には丁度いいそうで、
野菜とはまたちょっと違う、
世の中うまく出来ている、
捨てる神あれば拾う神あり
無駄なものはないんだと思いました。

ジャガイモは
排水に優れた土質が良さげですが、
赤土は粘土っぽい。


Img_20220212_160221
ので、お山の腐葉土を少し入れたり、

ほんとに肥料分がなさそうなので
Img_20220212_163046
堆肥も少しいれたり、
草木灰も入れたり、


Img_20220212_173341
ついでにクズの根も掘り出して、
じゃがいも畑がクズ畑にならないよう応援。


Img_20220218_101205
2/17には種じゃがいもを切り、

(半日陰の暖かい所に置いて
2週間ほど芽出しをすればよかったけど、
やってないですね~)


Img_20220223_115209
2/23には、

メイクイーンと男爵芋、
合計6㌔、100個の


Img_20220223_121334
断面がすっかり乾いていたので

(ちょっと乾きすぎかな、
2~3日のところ倍は干してますからね)



Img_20220223_112436
2/23畝づくり&植え付け

土がやわらかく
埋め立て地じゃない自然のナチュラル地面なので

ただただ
ただただ楽しい、
大地とつながる至福の感触です。



Img_20220223_121954
ちょっと早いけど、


Img_20220223_133001
植え付けすべて完了。

放任栽培なので
消えてしまわないように、
棒を立てて目印。

Img_20220223_133024
おはぎのように
土盛りして、
芽が出るのを待ちます♪

※この後は、
草丈10㎝ころ芽かき(1~2本立ちにする)して、
成長に合わせて
土寄せ追肥2回ほど(草木灰などカリ成分)へとつづく


おめでと~おめでと~~~




























| コメント (0)

2021年12月12日 (日)

トウネズミモチ丸薬

冬になると
縁側に陽が差さなくなるので
常緑樹を剪定します。

剪定の適期はありますが、
剪定ばさみで切れるくらいの太さなら
どの木もほぼ
いつでも散髪OK。


なかでもトウネズミモチは
その実を鳥が食べて
あちこちから芽が出て大きく育つので
放っておくと大変なこっちゃになるため、
いつも実がなる前に剪定するのが肝心です。
これは11月初めかな。
Img_20211129_084425
目隠しにもなるので
程々の透かし切り。

でもこの
トウネズミモチの実で丸薬が出来ると
教えていただいて、
あ~~忘れてた~切っちゃった~
と思っていたら、
Img_20211129_084535
「あったよ!」
と公園のトウネズの実をもらってきてくれました。

ところが
ガガ~~~ン
11/21に採取してしまい、
まだ実は苦く、
あと1ヶ月ほどなんでしょうか、
完熟して甘くなったものを使うんだそうで、
あちゃ~早すぎたー
花瓶に活けておいても追熟しないとのこと。

どっちにしろ難しそうで
今年は作るつもりは全然なかったのすが、

12/4 ふっと手が空いて魔が差し
Img_20211204_213228
夜の電灯のもと、

Img_20211204_214442
眺める

あ~なんて美味しそうな深青色、
2週間たっても活き活きしてる、
さすが女貞子(じょていし)
強心、強壮、強精、胃腸、五臓、あらゆる病気、
そんな記載の木で、


確かに、どんどん芽が出てきそうで
畑に置いておくわけにもいかず、
生態系被害防止外来種の指定に違わぬ生命力。

それに実を齧ると
この苦味、
ナンテンの葉にそっくり!
とくれば
胃腸に良いこと間違いなし、
の確信も走り、

ならばいっそのこと、
熟していようがいまいが
その生命力に敬意を払い、
作ってしまえ~丸薬ッ

検索すると
その作り方は2~3出てきて
それを参考に以下挑戦♪

ありがと~ありがと~~

Img_20211204_215101
実をはずす

ほんの二枝ほどなので
あっという間。

Img_20211204_215309
土鍋にお水と入れて

Img_20211204_232038
約1時間~1時間半

ストーブのある生活っていいですね~
こういう時間のかかるコトコトが
ラクに出来て♪

Img_20211205_101054
冷めてミキサーにかける

少量なので全く苦にならない

Img_20211205_101903
ドロドロになったら、

Img_20211205_103027
水を足して
また火にかける

Img_20211205_103640
水分をとばして火をとめる


Img_20211205_103830
黒砂糖が合いそうだと思い、
最後のひと匙に
黒砂糖を混ぜてみた、

Img_20211205_104118
溶かして舐めたら
クラクラするほど
美味しい。
もう、ぜ~んぶこの味にして
水飴みたいに食べたくなったけど、
もう二度とやらないかもしれないから
ちゃんとした作り方もやってみようと
思い直し、


Img_20211205_105805
まずは、
皮や種のゴロゴロを濾すバージョン

茶漉しで濾してみたら、
茶漉しが壊れそうな予感、、
今度はちゃんと裏ごし器で濾そう。

Img_20211205_110240
日に干す。

左は濾したもの。
右上は濾してないもの(黒砂糖入り)
右下は濾したもの(黒砂糖入り)

Img_20211205_131426
翌日


Img_20211205_132355
翌々日。

約二日干す。

待ちきれなくなり、
丸めてみる。
うす~く伸ばしたところは
カチカチに見えたけれど、
スプーンでこさぎながら
いい感じで丸まり、


Img_20211206_204337
他のも全部丸くする。

他のサイトに載っていた通り、
シナモンをかける。
実はこれがやりたかった、
生八つ橋とか、
とにかくとにかくシナモンが好きなので


Img_20211206_205418
出来たものも
どんなに種や皮がモフモフと
口に残ろうが、
美味しい、、

そして、
この時点になると
黒砂糖が入っていても
いなくても変わらないくらい
高級チョコな味がする。

やっぱちゃんと濾したのは
柔らかくてマイルドな舌触り。

濾さずにザラつく方は、
黒砂糖入ってるせいか、
噛みしめて美味しいし、

だったら
完熟の実で
丸薬作ったら
いったいどれだけ美味しいんでしょう。

いえいっそ、
クロガネモチとか
青梅や
シュロの実でも
つくりたくなってしまった
丸薬紀行でした。。。

<おまけ>トウネズと ネズミモチ
Img_0350_20211213151401
トウネズミモチの花

一面の花。
その分、実もたわわ。
Img_5592_20211213151401
トウネズミモチの実(中国原産)


実の形は丸い。
葉は光に透かすと葉脈支脈も浮き出る。
脈が見えづらいのもある。


そしてこちらは、
在来種の
1636313_img
ネズミモチの花

トウネズミモチより花房が小さい。
その分、実も少ない。
Img_6486
ネズミモチの実

実の形がネズミの糞に似ている。
名前の由来。
葉は厚めで光に透かしても支脈は出ない。
薬草として
トウネズミモチと同様に使えると書いてある。
ネズミモチがある所は、
その土地の木で作れたら最高ですね^^
























































 

| コメント (0)

2021年10月26日 (火)

さつまいもの蔓の長さってどのくらい?

さつまいもの蔓の長さってどのくらいなんだろう?

って秋の収穫の時期になると
いつも思います。

どうしてかっていうと
サツマイモって
どんどん伸びていく蔓を
ひっくり返すんですよ。
Img_20211019_113920
それでこんもりしてる図


途中の茎から根っこが生えて
地面に根付かないようにすると、

大元のサツマイモが太るし、
収穫するときも抜きやすいし、

っていうんで
お芋を掘るときは、
長い蔓がひっくり返って絡まって
全体像がなかなか見えない、
しかも
Img_20211019_115041
お芋の立ち上がりって
こおんなに細いから
すぐポキッって折れるし、


でも
 

そおっと

そおっと

そおっと

素直に引っ張ったら、

Img_20211019_115732
意外に簡単に抜けた!

左は6~7m

右は3mほど。

芋掘りのとき
子供たちと一緒にする
「お芋と綱引き大会」が
なぜかやたら好きなんですが、
この枝分かれして伸びる長い長い蔓あってこその
競技だったんですね!

ありがと~ありがと~~(涙)


<おまけ>

Img_20211019_121025
こおんなに健やかに伸びた先端や


Img_5665
合体化した茎もあり、


あんまりもったいないので
子供たちとは
Img_1373
草花あそびして、


以前はよく
Img_8113_20211031124701
食べました^^

少量ならけっこう好き。



「もう食べたくないだよ」

って昭和8年生まれの父は言いましたけどね^^
Img_20211031_120327
やっぱり大学いも♪

| コメント (0)

2021年9月25日 (土)

本日の収穫

今年はナスが全然ならない

と思っていたら
秋分の日が過ぎて
ようやくたわわに生り出しました。

秋まき野菜のタネマキ時期ですから、
もう切ってしまおうかと思っていた矢先、
切らないで良かった、良かった、、

すぐに終わりそうですが、
昨今の気象状況は
極端すぎてどうなるか
予測できないし、
昨年は12月まで枝が生き生きとしていましたから、
もうしばらく
このままなことを願いましょう♪

Img_20210925_092502
本日の収穫

 

蒔いたのが遅すぎて、
太らない太らないと思っていたエダマメも
ほんのり膨らんだのもあり、
茹でてみれば、

なんと薄っぺらーーーーいのも
美味しかった!
家庭菜園は
こうあるべき、
こんなはず
から脱却すると
思わぬ発見いつも最高♪


ありがと~ありがと~~

| コメント (0)

2021年9月18日 (土)

秋本格スタートはどんぐり拾い

「風がふいたよ
どんぐり拾いにいこう」

「いいね~、
ツバキの実もひろえるかなぁ」

バッタ選手権が
台風で順延になったので
どんぐり拾いに行きました。
Img_20210919_082324
<風が吹いたらどんぐり拾い>

秋は栗ももちろんですが、
マテバシイのどんぐり拾いで
本格スタートします。
目安は秋分の日前後の
雨風の日の翌日です。


雨後の筍ならぬ風後のどんぐり



Img_20210918_175001
クヌギも!


これは次回10月
コロボックルくらぶの
どんぐりゴマ選手権の
優勝者賞品のどんぐりネックレスと
なります。

22個だったか33個だったか
つなげるんで
けっこう重量あって
首にかけると王者の風格と重みを
実際に感じます^^

Img_20210918_174809
くぬぎの森

<おまけ>
Img_20210919_082314
大体、同時期なんですね~
椿の実もありました。

つばき油もいつか絞りましょう♪


Img_20210917_112101
キウイフルーツもいつの間にか生っていました。

クロマツに絡みついています。


| コメント (0)

より以前の記事一覧