2021年7月16日 (金)

カブトムシが飛んできた

Img_20210601_090402
<カブトムシ幼虫の家>
~住居も食べものも落ち葉~

早朝4時、

父に起こされて何事かと思ったら、

神社の林へカブトムシ捕り。

虫なんて全然興味なかったので

逆に忘れられない贈り物^^+

小学校3年生くらいだったか。

その後、

生まれた子供が虫捕り好きだったので

このムダなカブトムシ経験は20余年を経て

ようやく生きることになります。

そこから更に

20余年、子供が成人しても

カブトムシはつい育ててしまう図^^;

Img_20210601_090500
2021.6.1 幼虫が巣室をつくりはじめる
  (2匹います)

2021.6.13  幼虫がガラス越しに飴色に変わる
      (ビンの際で中がかすかに見える)


Img_20210711_112221
2021.7.11 地面に出てきた
Img_20210711_112215
オスだ~

やった~~~
無事羽化しました。
毎日、覗いてみてましたからね、
この瞬間は
ドキドキのトキメキです♡



Img_20210711_125258
すぐに昔のふる~い昆虫ゼリーをあげる

Img_20210712_104150
ちょうど沖縄パイナップルをいただき、
おすそ分けすると、


Img_20210712_104406
昆虫ゼリーには見向きもせず。
食べる、食べる、食べる・・・

桃やバナナの年もあった。

Img_20210713_205838
二日後、もう1匹誕生

やった~~~メスだぁ!

部屋の中を
ブ~~~~~ン
と元気に飛び回ったあと、


虫かごでお食事。
Img_20210713_212349


しかし、お互いに気づかないのか無関心・・・


Img_20210713_224248
2時間後、交尾。



Img_20210715_124319_20210718131901
さらに二日後、

なんと、
2匹が4匹に増えていたッ、
えええ~
オスが2匹も増えているうううううう!

細胞分裂?
いや息子の仕業だ、
間違いない!

と思ったら娘の仕業でした。

夜中、
ガサゴソ騒がしいので
外に出たら、
カブトムシが
ケースに入りたがっていたという・・・

メスの存在がわかるのか、
それともパイナップル効果か?
オスが2匹も
自ら飛んできて
一気ににぎやかに^^;;;

Img_20210716_095724
2021.7.16 里帰り

元々、
おじいちゃんちの腐葉土の中で
生まれた幼虫だったので、
交尾すると
オスははやく力尽きてしまうというし、
おじいちゃんちへお返ししました。。。

後から来たカブトムシは
いったいどこから来たんだろう???
ナゾは残りますが、、、

元気でね~(涙)

 

 

 

 




 

| コメント (0)

2021年6月19日 (土)

噛み跡はだれ~トホシテントウ編

Img_20210618_074326498_hdr
うわ~芸術的かつ緻密!

 

だれだ~キュウリを食べたのはッ


Img_4356
いたいた、

見っけ!

この人
トホシテントウ
ウリ科系

肉食系の
ナミテントウや
ナナホシテントウと違って
全体の産毛が
いかにも草食な感じ。


でもニジュウヤホシテントウ(ナス科系)より
微毛で明色なので
齧ってても
しょーがないな~
なんてついゆるしちゃう^^;;

Img_20210619_074427
指に乗せても
けっこう大人しいし、

脇腹あたりの黒紋は見えないけれど

背中に黒い紋が10個の十星を背負い、
Img_20210619_075817
ウドンコ病の葉っぱを整理して
乗せてみますと、

背中の真ん中の主紋の黒が

微妙に♡型でしたッ

わりとこの微妙なハート型、多いですね。

憎めないちゃっかりキャラ、、

<おまけ>
Img_20210617_092334

ちゃっかり齧られたキュウリを

ぬか漬けや
塩漬けにして

Img_20210617_091648
毎朝、
畑のチマ・サンチュに包んで
菜摘みライスにして
食べているところ、

ここに
高級オリーブオイルを
いただいて
小さじ1杯を
かけたところ

この世のものとは思えない美味しさとなり、
食が細いどころか
2杯目のお代わりです。

キュウリと
菜っぱと
シラスと
紫蘇と
オリーブオイル

ありがと~ありがと~♪

Img_20210626_073408
空に手を伸ばすキュウリの蔓の先端

 

| コメント (0)

2021年5月 7日 (金)

日本ミツバチとキンリョウヘン

1週間ほど前、

いただいた日本ミツバチの分蜂球は、

畑の巣箱に入れて翌々日だったかな、

脱走。

 

 

、、、、、、

 

 

がっかりしていたら

2回目の分蜂のお知らせをいただき、

再チャレンジ。

今度は、

おじいさんちの緑被率の高い半日陰物件へご案内。

 

Img_20210506_163723
さあ、いくよ、

手前、右下に蜂球の入った段ボール箱、


Img_20210506_163743
巣箱のフタをあけて


ひっくり返して

 

ストン、パカパカ

 

Img_20210506_164719
入ったかな


Img_20210506_165056
うーん、どうかなぁ

 

 

Img_20210506_165042
あ、中に入っていってるね

 

Img_20210506_165254
巣箱の前のキンリョウヘンに

ちっちゃな蜂球が!

 

「女王蜂、出ちゃったかな」

「いや、居ないと思うよ、

居たら、もっとすごいからね」

 

蜂って

暗がりにシャッターをたくとか、

とつぜん驚かさないかぎり

さらに、

本人たちが何かに夢中になっているときは、

全くもっておとなしく、

Img_20210506_165318
さわっても平気で

指にのってくるし、


なんの違和感もなく、

 

愛くるしいとは
ミツバチの為にあるような言葉、、

Img_20210506_165515
これはキンリョウヘンに酔っていたのかも。

もしかしたら女王蜂の香りなんでしょうか。

 

※キンリョウヘン 

金稜辺
ラン科シュンラン属
虫媒花(昆虫に受粉してもらう花)
中国産

トウヨウミツバチの
分蜂群を引き寄せる集合フェロモン、
この作用の匂いを持つらしい。
なっとく。

<おまけ>
Img_20210416_114301128_hdr
ドアップ

「みつばちさん、いらっしゃ~い」

おかっぱの女の子が
(葯帽やくぼう~花粉塊を包む役割)
長い首を伸ばして
(ずい柱~おしべとめしべの合体構造~トンネル奥)
白桃色のまあるいバルーンスカートを着て
(唇弁、リップ~ミツバチの離着陸ゾーン)
お行儀よく両手を
(突起~受粉への滑走路~山の金色の稜線に見える~)
をそろえているように見えます^^

着目部分は唇弁リップ、
どのラン科も個性が究極にまで発揮されています。
被服科女子のよう♡

<おまけ2>
ニホンミツバチ集合フェロモン
Img_20210428_160350112_hdr
どんどん

Img_20210428_160428380
どんどん集まって

Img_20210429_093704807
美しすぎ


これは大変小さな蜂球ですね







 

 

| コメント (0)

2020年10月19日 (月)

アケビを食べるアケビコノハ

枯れ葉そっくりの

あまりに完璧な擬態能力に、

成虫の蛾を見てしまった人には

必ずの感動のアケビコノハですが、

今朝、朝日を拝んで

ふと横を見ると、

Img_20201019_080456
なんかいる・・・

白目に黒い眼玉模様が目を引きます、

(眼状紋)

よく見ると、

Img_20201019_080447
おお~

「アケビを食べるアケビコノハ」

ではありませんか。

少し紫がかった黒い肢体は闇色で、

そこに水色小さな水玉や

なぜか黄色い輪っかや、

白い網目な鎖模様まであるものだから、

どう見ても、

『夜空に輝く銀河と

惑星の軌道模様』


赤い所に座ってみたい!



成虫は 枯れ葉。
幼虫は いったい何に擬態したんでしょうか^^;

びっくりすると
眼状紋を誇張した
この姿になると言いますが、
ふつうに
この姿勢で居ました!?

Img_20201019_132010
お昼に行くと、葉を食べはじめました。
昼食です^^

このアケビは三つ葉ではなく五葉なのですが、
夕方みると3枚になっていました。

2枚食べたもよう。

次の日は、
別の葉柄に移って、
やはり2枚食べました。

3日目は居なくなりました(悲)。

成虫になったら果樹を吸う害虫ですが、
どちらにしても
会えると得をした気になるアケビコノハ。

まさか我が家で会えるとは!
Img_20201019_080548
憎めないキャラ顔(模様)です。


さらに、その奥に、

Img_20201019_132043
なんと、

このアケビは白実アケビだったのですが、

今年はじめて実がなりました♡

で、これを二日後のおうち園のおやつにしようと
ウキウキしていたのに、
当日、すっかり忘れて
柿をむいて食べてしまいました・・・

| コメント (0)

2020年7月24日 (金)

カブトムシ逃亡

毎年1/4にお山の腐葉土の中から
100匹にもなろうかというカブトムシの幼虫を掘り出し、
大半は元に戻し、
数匹だけ持ち帰り、
おうちで飼いますが、

Img_4559
3月下旬ころ、
今夏はビンに2匹入れました。

そうすると、
ビンの壁面を利用して繭を作るので
蛹化の様子が見られるというものです。

狭くて申し訳ないなと思いつつ
黒い画用紙を筒にしてかぶせ、

期待半分の半信半疑でしたが、
6/14本当に端っこに繭をつくってくれました。

10日後の

6/25には 白い体がようやく茶色になり角も見え始めましたッ!

そうしてとうとう
Img_6161
7/24 羽化し成虫になりました。
おそいなおそいな、と
毎朝のぞいていましたが
ある朝6じ、ビンのなかでもぞもぞしていました、


しかも雄と雌のペアでした♡

十数年前のたまたま持っていた昆虫ゼリーをあげると
9時間食べ続け、おかわりもして、
そのあと
Img_6168

交尾もしてくれて
Img_6177
お疲れ様のバナナもあげました^^。

2~3日は一緒にいましたが、

さあ、卵を安心して埋める場所を作ろうと
お母さんカブトムシに別室のケースを準備した直後、

なんとお母さんはお父さんを残して脱走してしまいました。

またどこか縁の下あたりで会えるかなぁ・・・(泣)

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年5月23日 (土)

キリギリス発見

本当に不思議なのですが、
4/22、ダイコンの間引き土寄せをしていたら
Img_4779
ここでいきなり

キリギリスをいっぴき発見しました。

目の前に1匹だけ

突然あらわれたのです。
Img_4775
太ももの直径といい、
背中の茶色の滑り台ラインといい、
これは確かに
ヤブキリではなくキリギリスッ!

これは昨年の飼育経験の感覚ですが、
孵化したてサイズの柔らかさです。

仲間はおらず、
なぜに1匹だけ?
そのナゾは未解明ですが、

昨年の飼育記録とピタリと一致する4/20穀雨すぎ、

あ~キリギリスは
四月穀雨の野草にふりそそぐ慈愛の雨に刺激され、
土の中で卵から孵化し
地表の明るい世界へと顔を出すのですね、

それをベースケに伝えると
Img_4806
川口市キリギリス最後の生息地(と呼んでいる)空地へ
「いこう!」
ということになり4日後、


いるわ、いるわ、
キリギリス、ヤブキリ、
孵化したての一令幼虫がピョンピョンピョンピョン・・・

川口市では絶滅危惧種なので
すぐ近くのおじいちゃんの畑へ
つれてきました。

Img_4935
全部、放してしまうのは悲しいので
横幅30cmの虫ケースに3匹だけ今も
飼っています。

1カ月たちました、
体長1.5㎝くらいです。
葉や花などからアブラムシなど
草食から肉食もするようになる頃合いです。
3齢幼虫から4齢幼虫くらいかな、
産卵管も伸びてくるでしょう、
おかあさんキリギリスいるかなぁ

 

 

 

| コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

腐葉土づくり

今年も恒例の腐葉土づくり。

去年は35匹のカブトムシの幼虫がいましたが、
Img_3026
今年は80匹でした。
落ち葉や枯れ枝を食べて
たくさんの俵型のフンをして、
最高級の
いい腐葉土をたくさん作ってくれます。

あんまりかわいいので
Img_3037
今年はグラドル並みに

Img_3032
いやルノワール風に♡

豊満な自然体、
見事です。

背中は細かい毛が生えていて
お腹は、信じられないくらい すべっすべです。
Img_3040
新しい落ち葉をいれて
戻してあげました。


生き物たちは、
意外にも
人の里山の暮らしと
共存し合って暮らしています♪

| コメント (0)

2015年8月12日 (水)

アブラゼミのオスとメス

アブラゼミのオス(左)とメス(右)です。

004_2
よく見ると、
腹膜(ふくまく)や生殖器のあたりのつくりが、
微妙に違います。

ならばと、
幼虫の抜け殻も見てみると、
008_2

ダブルクリックして
拡大してみてくださいね。

抜け殻もつくりが微妙に違いました^^
でも成虫のオスで目立っている腹膜(ふくまく)は、
幼虫のときには、見えないのですね。

人間は思春期からではなくて、
幼児のときから
男の子と女の子の体のラインが違うのだと
いつぞや驚きましたが、

セミの幼虫(ぬけがら)も、
オスは、引き締まった感があり、
メスのお腹のラインは丸みを帯びてふくよかなのですね。

『手のなかで、
セミも人も
ちいさなときから似ていると、
胸がいとしく、
くるしくなり、、、、、』一句

008_2_2


| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

ホシホウジャク

11月7日は、立冬です。

3か月前の8月7日の 立秋あたりから、
エンマコオロギなど 秋の鳴く虫の声が聞こえはじめ、、、
それ以来、
寝る前に聞こえてくる甘いささやくようなエンマ君の声に、
うっとりと寝入ったものですが、

今は、
11月に入り、
その声も聞こえなくなってきました。
夜、お散歩していると、
カネタタキやヒロバネカンタン、マダラスズの声は
まだ聞こえましたが、

おそらく立冬あたりで、
その声も聞こえなくなってくるのでしょうか。
また今年も
鳴く虫の最後の声を確かめたいと思います。

ところで、これは、
032
ホシホウジャク。

鳴く虫は、なんとなく話題にのぼりますが、
スズメガ系の蛾などは、
その最後に気づくことは、
まずありません。

が、
今年は、10月下旬、
家の窓の下に
よく息絶えている姿を発見しました。、
たぶん、
あたたかい日に部屋の中へ入ってきて、
外に出られないまま、
ガラス戸の下へと落ちて倒れたのでしょう。

031
お庭の花瓶に生けたサザンカの花の蜜を
「ホバリング(空中静止状態で飛んでいる)しながら、
よく蜜を吸いに来てたね~」
などと ベースケが言うので、

ただの蛾だと思っていたのに、
「あ~、あのちょっとウグイス色でオレンジと黄色がかった
まあるいふくよかな
花の蜜が大好きなホウジャク夫人であったか」
と、

急に愛着がわいてきて、
手にのせてみました。
033
お~前から見ると、
鳥のよう。
どっかの国に住んでいる
手乗り型の小鳥だと言っても
信じてしまいそう^^

しかし、
彼らも 晩秋にかけて
その最期をむかえるそうです。
たとえば、
007
ジョロウグモの巣の中へ。


003
そうして、
ジョロウグモのメスが、
大きな蛾へ向かって早足で近づき、
そうして、その後ろにいたオスが、
食事中の雌のお腹に
ピタリと身を寄せました。

ホウジャク夫人の命は、
小さなクモの子供たちに引き継がれていきます。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

ニホンアカガエルの産卵

安行のお山で、セリ摘みをしていたら、ニホンアカガエルが飛び出してきました。先日降った雪をどかした下草の中から出てきたので、ちょっとビックリしました・・・

Aimg_6855

産卵のために水辺にやってきていたのですね。カレンダーを見ると、昨年は2月9日に、おうちの小さなため池で卵を見ています。昼間暖かな日の夜は、産卵観察のチャンスです!

なぜこんな寒い時期に産卵するのかというと、早くオタマジャクシになって、外敵が少ない時期に成育できるためと聞いたことがあります・・・なるほど。。

| コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧