2018年11月 4日 (日)

稲刈りと偏西風と15度の扉

空の偏西風が
東へ東へ雲を吹き流し、
空気に湿気と冷たさをもたせるころ、

11月に入り、

サクラやイチョウやケヤキなど
紅葉がぐっと深まりました。

葉緑素はきえ、
元々の黄色はのこり
赤いアントシアニンがうまれ、
木々の冬支度です。
Img_1978_2
この時期、
葉っぱカルタを作るので
いつ紅葉がはじまるか、
いつ拾い時かと
はらはらしながら街路樹を見守ります。

ふと本を開けば、
二十四節気をさらに三つに分けた
七十二候でもちょうど

「楓蔦黄」(もみじつたきばむ)54候目
11/2~11/6頃

とありました。

そして下をむくと
昨日も今日も
アゲハの幼虫が歩いているのです。
そうして
Img_0558
前蛹になったものや
Img_20901
蛹になったものに
出会うのです。

エンマコオロギの声も
めっきり聞こえなくなり、
かろうじて台所のカネタタキが
チンチンと鳴いています。

毎夜、ながめる温度計は
夜12℃辺りまで下がるようになり
昼22℃辺り、

真ん中に15℃あたりを行き来するようになると、

・・・・・・

木々も虫も
ぴたりと
そのように色を変え形を変えるのかと
驚きます・・・・


15℃というのは、
覚えやすいので
感覚ですけどね^^;

「ねえ、いつ稲刈りしたらいい?」
「もうちょっとだな」
じいやに聞くと、
もうちょっとだったイネも
そろそろになり、
Img_0546
稲刈りをしました。

水深が深いので
コンテナ田舟に乗って稲刈りです^^

Img_0554
稲と古い家が似合います、、、

【空の偏西風がつれてくる
東へ東へ雲を吹き流し
紅葉と前蛹と稲刈りとを】
     (15℃の扉をたたいて)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

台風24号~大木が逝く

台風24号は、
関東でも記憶にないほどの強風でした。

夜は雨もふらず通過したのかと思う静けさでしたが、
午前零時ごろより どんどん風が強くなり、
午前3時ころまで強風が吹き荒れていました。


屋根のすぐ上
頭の上に
大男がビュービューと
大風を吹いているんじゃないかと思いました、

はじめて台風で恐怖のようなものを感じました。

吹けば飛びそうな我が家なので
オズの魔法使いになるかと思いましたが、

意外にも
朝、起きたときの被害は少なく、
葉っぱがいつもより多く散っているだけでした。

台風前は必ず、
ベー助くんが樹木の剪定など
家まわりを一巡しますが、
少しは功を奏しているのかもしれません。
Img_1225
翌日、
近くの斜面林では
クヌギの大木が道をふさいでいました。

Img_1226
根っこが、
ぱっかりもぎ取られています。

こんなの初めでだと言っていました。
別の場所でも
大エノキが倒れていました。

やはり斜面林です。
斜面に生える大木は
意外にも
強風に一番に倒れるのですね、、

自然災害の土砂崩れなどで
家などが一気に流されていくのを
ようやく納得した思いです。


【いつまでも生きていてくれると思っていた
おじいさん、おばあちゃんがぽっかりたおれる】
         (大木が逝く)

この頃、
Img_1371
ふと読んだ本です。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

平和祈念式典の朝より

8/6 広島原爆投下の日です。

朝のラジオと黙祷です。

平和祈念式典の

小学生のスピーチの

「平和をつくることは、難しいことではありません。
私たちは無力ではないのです。」

という言葉が心に残りました。

本当に、難しい、ことではないのかな?

本当に、ムヅカシイことではないのかな?

何度も心のなかで繰り返しました。

あんまり叶わないと、無気力や諦めで、心はいっぱいになりますが、

それでもムヅカシくないのかな?

そうベースケに尋ねると

「確か、つたえていくことで、
って言ってた気がするよ、
ひとりひとりが、、
そんなんじゃなかったかな」

そうだったっけ?
耳で聴いているだけなので
どんどん流れていきます^^;


核廃絶を最も求める人が多いだろう広島で
想像を絶する絶望を味わった人々の多い地で
たくさんの大人のチェックが入ったろう原稿で、
「むづかしくない」という勇気、、、

は、

これは、
理想や挫折や夢や実践の言葉ではなくて、
子供だから、大人だから言えるのでもなくて、

最後にのこった、

(祈り)

だったのではないかと思いました。

ムヅカシくない?
どうやって?
つたえることで?
つないでいくことで?

たとえば、
「平和をつくることはムヅカシイことではありません」

この「平和をつくること」のところに、

自分が一番苦手なことを当てはめてみると、

この言霊の威力が爆風のようです^^^;


【前半省略・・・

苦しみや憎しみを乗り越え、平和な未来をつくろうと懸命に生きてきた広島の人々。
その平和への思いをつないでいく私たち。
平和をつくることは、難しいことではありません。
私たちは無力ではないのです。
平和への思いを折り鶴に込めて、世界の人々へ届けます。
73年前の事実を、被爆者の思いを、
私たちが学んで心に感じたことを、伝える伝承者になります。】

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

カラスの巨峰

朝、ゴミを出しに行きますと、

家の前の道路に

誰が食べたか巨峰の皮が落ちていました。

Img_8697

そういえば今朝

「カラスがこのところ騒がしいねー、

もしかしてブドウが色づいたのかな」

と、ベースケがつぶやいていました。

急いで畑の巨峰を見にいってみると

Img_8700
たしかに!

色づいてる。

カラスさん、ありがとう♪
我が家の果実は
さくらんぼにしろ、桃にしろ、
すべて
食べごろをカラスが教えてくれます。

放っておくと声が不気味なうえに
実も全部食べられてしまいますが、
我が家では一分の狂いもなく採りごろを知らせる
豊穣の神の使いとして一目置かれています。

Img_8701

一斉に色づかないので
紫色になったものから収穫しました。
冷やして食べて生き返るよう、
この猛暑の渇きを潤してくれました。

しかし、
カラスって、
皮をむいて食べるのかなぁ!!!!!

口にいれて後から
ぺっと出したのか、

それとも電線の下だったので
止まって足で押さえて剥いて食べたのか!?

現場を見てみたいものです。

【どちらにしろキースな美食家】
     (カラスの巨峰)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

忘れられた巨人

7月は、袴田事件の再審棄却の落胆からはじまり、
西日本豪雨の猛威、
オウム真理教の大量死刑執行、
政治権力者の動向と
天も地もぐるぐる回るようだと思っていたら、
今は猛暑に打たれ
よくわからないくらい暑い日々が続いています。

ぐるぐる回っていたピークのころ、
「忘れられた巨人」
(カズオ・イシグロ著)(早川書房)
を読み終わりました。

闇の霧に包まれた状況設定で、
ハッピーエンドを期待して読み続けました。
読後の感想は、
「ふっきれない」のに、
数日経つと、
あり得ないほど「ふっきれて」いました。
不思議な体験でした。

暗示的体験のように思いますが、
人によって全然違う読後感になりそうなところが、
この本のおもしろいところなのかもしれません。

自分では捉えきれない心の闇を

「昔話は、

切り開いてみせ、
正体の無いものに形を与え、
道を暗示し、
希望をあたえて励ます」

これは誰が言ったか、
大好きな言葉ですが、
さいご、
「希望を与えて励まされなかった」
ところに逆に
猶予体験があり
熟成期間が与えられたようです。

どうしても晴れない霧が
いつの間にか晴れるような、、、
というか、
霧が気にならなくなるような、、、

ところで、「忘れられた巨人」ってなんだろう?
あれ? またもや霧に包まれています^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

うかたま 2018 夏号

うかたま (2018 vol.51 夏号)

Img_7279_2


今回は 96ページ 「庭にほしい木」

クワ、桑の木です。

この記事を読んで、
久しぶりに父からTELがあり、
お蚕さんを育てていたときの
思い出話をまたしてくれました。

「おとうさんの8つ年下の もとこがね~

はいはい、しながら かいこをたべただよ、

だから、もとこを ざんしつに 入れるなー、

って、みんな言ってただよ

おかいこさんの部屋を ざんしつって いってたからね~」

Img_7291
(これは、今、同居中のお蚕さん兄弟姉妹)
Img_7292
(6/11繭をつくりはじめた1号くん)


「きれこみの 多い葉を ねずみがえしって 言って

丸い葉は ろそって 言ってたな~」

父は、地元熊本の人と話すときは、
完璧に解読不明の熊本弁だったけれども、
娘たちと話すときは、
文字化すると、
かなり標準語っぽい。

ベースケくんが原稿を書く前に
父にももちろん取材していますが、
何度聞いても楽しい^^


母からも反響がありました。
116ページの 「ぬけ漬け」を 作ったと。

「ふつうは、いりぬかって書いてあるけど、
これは 生ぬかって 書いてあったからね~」

と。
で、そういえば、冷蔵庫に
米ぬかアイピロウを作ったときの残りが
ちょうどあったのを思い出し、
そんなに簡単ならばと作ったら、

簡単だけではなく、
とっても美味しかった!
なんでだろ?
シンプルだからかな?

Img_72771
水と塩と 米ぬかだけ。

しかも容器がなかったので、
入っていたビニール袋を二重にして
そんままぬか床に。

こんなんでいいのかと思いましたが、
Img_7278
発酵途中のパンのようで、
香りもなかなかに良いし、
ちょっとわくわく・・・

Img_7281
さらに翌日には、
捨て漬けのつもりだった
キャベツの芯や外葉が
大根とともに
美味しく漬かっていました♪

実は、このページ、30分さがしても見つかりませんでしたが
目次をみて ようやく発見。
母に感謝♡]

家も狭いし、地震がでいろんなもの倒れてたし、
これ以上、モノが増えるのは悪いと思っていましたが、、、

【これからも実家に送ってあげんといかんね】
(うかたま家族)

と思いました^^

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

中くらいの学校 よもぎ餅の日

今日は、中くらいの学校です。

お母さんたちが1年に一度、

「よもぎもち」と「トン汁」を作ってくださる日です。

私たちも年月を重ねましたが、

お母さん方はさらに大先輩です。

70,80代へと大台に上がられ

いつも以上に同窓会のような雰囲気でした。

今回はベースケの腰痛などもあり、

中くらいの学校を今のまま存続するかの瀬戸際の会でもありましたので

なおさら生きてこうして集えることの喜びを初めて感じた

貴重な会でした。


Img_6388
お土産もいただき、

行けなかった娘や息子の分まで、、、(感謝)

翌日になっても柔らかく、
Img_6391
トースターで焼いて食べました。

本当においしいおいしいお餅でした♡


Img_6390
校長先生が

恒例の

「自分でいってらっしゃい」のチラシを配布してくれました。

今回は趣向がこらされ、
、ひとりひとり違うチラシでした。

本物の割引のついているチラシまでありました^^^^

というわけで、

私たち家族がなかなか今は毎週行けなくても、

これからもこんな感じで続けていこうと

なんなく決まりました。

涙、涙、涙・・・・・

みんなみんな、いつもいつもありがとうございます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

春朧月・・・

空の
満月が霞み、
いよいよ冬の冴えわたった月が、
春のおぼろ月となりました。

こうなると誰も止められません。
ソメイヨシノがそよ風に散り、

初キチョウがとび、
初ナミアゲハ(春型)がとび、
初シオカラトンボがとび、

芽吹きの遅い
クワや
クルミや
キジュも芽吹き、
サンショウは食べごろです。
佃煮が待っています♪

毎日が
今春はじめて顔を合わす生き物たちで
溢れています。

もう外に出ると
くらくらと眩暈(めまい)がしそうです。

「あまがえるの 初鳴きを 聞いたよ」

なんていう会話が
日々繰り返されます。

「いいな~
もうアマガエル?
声、きいたの?」

と、うらやましがっていたら、
Img_5295
アマガエルくん!

草取りしていましたら、
手元をぴょんっと跳んでいきました。

Img_5299
『だれも知らない小さな国』です。

アマガエルに会うと、
いつでも
どこでも
無条件パスポートのように、
あちらの世界へ行ってしまいます。

お初ガエルでした^^

<おまけ>
桜が咲き、また散るころ、
ツクシは出始めの頃より、
さらにうんと大きくなり、
Img_5301
帰りに摘んで、

Img_5446
「ツクシと セリの お味噌汁」

冷めても
シャキシャキとして美味しいです。

【春おぼろづき  はつきちょう はつなみあげは はつしおからとんぼ】
       (ぼくは はつあまがえる)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

「うかたま」vol.50 春号

Dsc01061

126ページ

ぜひ見てくださいね。

「庭にほしい木」シリーズ、

今回は「またたび」です。

そう、あの「猫にマタタビ」のまたたびです。

愛猫家のおたくに
このマタタビの葉をお土産にすること
いとおかし

外の雨をながめながら
船乗りのうたでも歌って、
マタタビに興奮する猫ちゃんと
遊んであげてください^^^^

写真はウチのスナップ写真と
絵がなんともすばらしい!

宮原あきこさんの柔らかく包み込むような
草木花実虫の絵ですッ♡


| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

環境アシスタント

埼玉県の環境アシスタントの面接に行きました。

面接の質問の数々は
うなるようで
誰も押してくれなかったツボをつかれるようで
大変楽しくあっという間に時が過ぎてしまいました。

環境アシスタントは、県による環境学習、自然学習の支援派遣制度です。

これに受かると県内の幼保小中学校、グループ等に
環境学習へ行った際に
「環境アシスタント」ととしてお手伝いできることになります。

良い面は
申請者にとっても自分にとっても
立場や謝礼等が明確になり
環境学習の援助がスムーズにはかれることです。

また行政のなかで環境学習への予算をとっていただけることで
未来や後継に受け継いでいくことができます。

ボランテイアをして感じることは、
それに見合う予算の大切さです。
戸籍に名前がないことは存在していないのと同じように、
行政のなかで それに見合う予算がないことは未来への足場のあやうさです。

子供たちへ残していく大切な環境は、
ハード面ソフト面、あらゆる面で人と予算の結晶なんですね、、

ほかにも埼玉県環境部 環境政策課の
「こどもエコクラブ活動支援事業」は、
自然探険コロボックルくらぶの活動資金として不可欠で
たいへん有難く貴重な事業です。
エコクラブに助成金が出ているのは
聞くところによると埼玉県だけだとか。

昨年末の
埼玉県議会で「原発再稼働を求める意見書」は
大変悲しいものでしたが、

このところ県庁へ行って
面接や筆記試験など受けてきて、
行政公務員と議員政治家は違うものだと
情けなくも
ようやく認識しました。

選挙で得票数と議席獲得数のバランスをとることは、
何はともあれ大切ですね。
県のこうしたせっかくの良い事業が台無しになってしまわないように、、


※ちなみにベースケくんは、環境アドバイザーの資格を持っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧