2017年1月28日 (土)

田んぼ作り

おじいちゃんちの畑を掘って、田んぼを作りだしました。

安行の低地は、地下水が近く、深めに掘ると水が湧いてきます。

この水を利用して、稲を栽培してみようと、作業を始めました。

005_2
4畳半くらいの広さです。

水の流れが無いので、どうなるか試行錯誤ですが、

おうち園の子供と田植えができたらいいなあと思っています。

カエルも来るかな?


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

ダンちゃん2個目

左側、1個目の段ボール、ダンちゃんは、目いっぱいとなり、
001
右側、2個目のダンちゃんを つくりはじめました。


002
・米ぬか1kg    
・モミガラくんたん 500g (大型ホームセンターにて)
・腐葉土 2.5kg

をまぜまぜして、

手前の刻み生ごみを早速、投入しました。
003

ぜひ、素手で触りたい一品!
香りも 肌触りも 香ばしくふわふわ。

ちなみに
約1ヶ月間、生ごみを投入した1個目ダンちゃんは、
004

香りも 肌触りも まだまだ熟成前でボソボソゴワゴワしており、

「わかい」土ってかんじ。

レシピでは
生ごみを2~3ヶ月投入できるとありましたから、
ウチの1ヶ月は、
段ボールサイズが小さすぎたのかな?


手に入るサイズがこれだったので仕方ない。
あるいは、生ごみの量が多いのかな?
そんなことはないと思うけど・・・

茶殻、野菜くず、廃油など入れています。

畑の奥にあるでっかいコンポストは、
地面の下から入る
ネズミちゃんの食糧庫になってしまっていたので、
堆肥づくりには今ひとつでしたが、
ダンちゃんは、
レンガで底上げしているので、
今後の熟成期間が楽しみでなりません♪

ちなみに
ダンちゃんは生きていて、
ときどき匂いがでたり、
もくもくゆげが上がったり、
呼吸をくりかえしています^^


005
これは、ダンちゃん1週間くらいの頃、

007
約60℃。
ぽっかぽかでした。

【嗅いでよし、混ぜてよし、舐めてよし】
        (ぜひ素手で触りたい一品)


     

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

草木国土悉皆成仏

新年あけましておめでとうございます。
       2017年 元日

001
我が家の初日の出は、
7時ちょっと過ぎです。

地平線上を昇り降りする太陽の見える家に
住むのが理想ですが、

それでも
屋根のすき間をぬって、
こんなに低くから太陽が見られるのは、
ありがたいことです。
1億円もらっても太陽の見えない家には
住めません。
さがせば限りなし贅沢なBINNBOU生活ッ

といいつつ
早起きは苦手なので、
仮想1億円の価値を生かし切っているかは危ういところです・・・


003
さて、
この日は、
毎年恒例「書初め」と「年賀状を書く」の日。

今年の父の年賀状に

「草木国土悉皆成仏」

と書いてあったので、

004
今年の目標は、
「そうもくこくどしっかいじょうぶつ」としました^^!

手本に書いた下書きのほうがいいと、
ベースケに言われましたが、
こんなに長い紙に書いたのは初めてなので、
もう今年の願いは 
ほぼ成就しました♪


仏語///草木や国土のように心をもたないものでさえ、ことごとく仏性があるから、成仏するということ。

個人的には、草木や国土ほど、繊細な心をもっていると思いますが、
ここは百歩譲って。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

餅つきの日

何気に
左端上に、
来年の干支の庭鳥が居ます^^。

干支は、中国由来の木の幹のイミで、
もともと農業や植物の成長をあらわすものだとか。

ちなみに
酉年は、「収穫」。

いろんなイミで
収穫の1年になるかもしれません♪
013
12月30日は、
毎年恒例もちつきの日。
家族デーです。

もち米6㌔ほどを2回搗いて、
半分は、鏡もちと朝食に。
残り半分は、のし餅にして
お正月にいただきます。

しかし、
今年ははりきって搗いてくれるベー助が力尽きて、
のし餅は無しになりました^^


020
けれども、
なんと、
娘が
「こしあん」を作ってくれましたので、

年明け前から
めでたい!
022
鏡もちも無事につくりましたし、
上等じょーとー!

ユズリハ(新しい葉が出てから古い葉が落ちる、のが名前の由来)と
ナンテン(難を転ずるナンテン)と
キンカン(キンコンカンコンめでたいめでたい、というのは自分で考えた。)で
飾りつけ。

お正月飾りは、
あちこちでダジャレと語呂合わせのオンパレードです。

024
さらに、
輪飾りも作ります。

マツは、福を待つ、年神様を待つ、です。
よく門松に飾ってありますね。

027
そうして、
お昼は、息子のリクエストにより、
サバのお刺身。
娘に影響されて、
魚を気軽にサバくようになりましたッ!
ほんとうに魚革命の2016年末。

【サバをサバいて、サラバ2016】
        (サバサバいこう!)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

段ボール「ダンちゃん」

先達ての「こども環境フォーラム」のとき、
段ボールコンポスト「ダンちゃん」が展示してあったので
見ていたら、
敬愛する西川先生も家庭で作っていらっしゃるとおっしゃったので
つい作ってみました。


010

①まず、
みかん箱とか しっかりした箱を探してくる(サイズはわからないので適当)
レンガなどで底上げしてから(下から水分が出る)、
箱の中に、一枚新聞紙を敷く。

001
②次に、
以下をあっちこっちで集めてきて、

●モミガラくん炭 500グラム(大型のホームセンターより)
●米ぬか     1キロ  (米屋さんより)
●腐葉土    2.5キロ (お山より)

007
投入、
混ぜました。


008
③そこへ、
毎日、台所から出てくる生ごみを
刻んで(微生物が食べやすいようにするため)、
投入。

009
混ぜました。


001
④5日後です。
中に手をいれると発酵して、あたたかです。

2~3日後にはもう、ダンちゃんのお腹の中は、
ぽかぽかしていました。

<これから3~5か月>投入可能だそうです。
箱の大きさによると思いますが、
全量で30~50kg投入可能とのこと。

<その後、1ヶ月>放置熟成。
目安として段ボール箱の8割方いっぱいになったら、
投入をやめ1ヶ月放置して熟成させて完成。
(熟成させないと発酵熱やピシュウム菌が繁殖して作物に悪い影響を与える)

<虫の発生>
アメリカミズアブが生ごみの臭いを嗅ぎつけ卵を産みますが、
別に害はありません。生ごみを食べてくれる。
どうも見た目がよくないので、毎朝、取っている、
防虫ネットが有効、だそうですよ。

<投入して良いもの>
野菜クズ
残り物
天ぷらカス
フライパンに残った油
コーヒー豆かす
ティーパック(中身をいれる)
お茶がら(水分をしぼる)
卵のカラ(つぶす)
イワシやサンマの骨程度 など

<投入して悪いもの>
農薬のついたミカンの皮
貝殻
大きな骨
熱を通していない生の肉や魚 など

~「ダイオキシン問題を考える市民の会」のチラシより~

さあ、
ほんとにダンちゃんで
堆肥できるかな?
また
3~5か月たったら経過報告をしましょう。

できたら、
ダンちゃん堆肥でほうれん草とか作ってみたいですね。
どうだろ、
普段ほとんど堆肥や肥料なしで育てているので、
成育ちがうかな?
楽しみです♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

今日はペンキ塗り

005_2
3年前に塗りなおした屋根に

ポツポツとサビ。

そこで、
006
今日はペンキ塗り!
雨漏りを未然に防ぐためです。

おじいちゃんちの「古屋のもり」には、
ペンキではなく、
コールタールを塗っていましたが、

コールタールはベタベタで
匂いもアブラ臭くて、
ちょっと手につこうものなら一生とれないから、
みたいな漆黒の存在感がありましたが、

水性の緑のペンキは
軽い!
たたき起こされた息子も
鼻歌を歌いだすほど^^

けっこう楽しい♪

「コッケコッコー うちの汚いおじょうさまのお帰り~」
娘についたコールタールは一生とれませんでした
          (ホレばあさん)グリム童話より

ペンキ塗りをすると、
必ず思い出すグリムの一節、
忘れられないフレーズです、
実際おちますけどね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

もう評価不能

熊本の実家で、父と母と 伯母と伯父の 米寿会がありました。
この米寿会は、何年も前からの姉の悲願でしたが、
孫やひ孫も集まって、
総勢20名の温泉宿感謝会となりました。

ひ孫のダンス、
ビンゴゲーム、
三線の唄と踊り・・・

超たのしかった・・・

そこでスイッチが入ったか、
現役子育て当時、死ぬほど恐かった父が
酔っぱらったときに歌って踊った、
大爆笑、お腹がよじれるほど笑って笑って笑った

伝説の「でんでんむし」を
(おまけに「きらきらぼし」まで)

なんとなんとなんと、
mata踊ってくれました!!!

まさか もう一度見れるとは思っていませんでした。


1歳から88歳まで
それぞれの生きた軌跡が交差して
深すぎる2016年・夏でした。

人生は・・・
結果より
どう生きたか。
どう生きたかより
生きて出会えたこと、
そんな感じで深まっとりまsu.

これからや これまでの
ひとりひとりの人生を思うと、
自分もそこに時空を超えて交差しているせいでしょうか・・・
言葉や評価を超えた感情に
どわっと投げ出されるのでした。。。。。(愛)


下写真は、
そんななかの一人、
ブンちゃんの今日。
青春18キップで熊本へ行ったので、
帰りもひとり、
電車旅。

今日はいったいどこに居るのかと思ったら、
どうも広島でした^^

20160827191745_3
原爆ドーム

20160827191857_2
貞子の像

20160827191938
原爆資料館

20160827191956
お好み焼き♪ うどん?

【いったいどこに居るのかと思ったら】
          (どうも広島)

【どう生きるか~また生きて出会えた】
        (もう評価不能)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

母の日「ベーゴマ大会」

近くの公民館で昔あそびをした折、
お手玉や羽根つき、めんこ、けん玉等に混じり
ベーゴマもしました。

ホコリをかぶっていたベーゴマの床を
きれいに洗って、
そのまま縁側に置いていたところ、

夕暮れどき、
「べーゴマをやろう!」
ということになり
親子3人の勝負。
121
私のコマも ようやく床に入りました(汗)

123
しかし、
パ~ンッ
とはじかれ、

124
なんど
吹っ飛んだり、
ひっくり返ったことか・・・(泣)


すると、
「今日は、母の日だから、
お母さんが勝つまでやろう!」
とベー助から救いのミコトバがおりてきて、

となりでは、
「いくらでも勝負するよ、オレ、千回だってできる」
と私以上に喜び、、、
死ぬまで一緒に遊んでくれそうな息子でした^^^^


125
横綱の「川上」に、
雪の結晶「ゆきじるし」に、
回しやすい「岡田」
ようやく一勝の花をもたせてくれた右下「小鶴」。

そうして堂々たる中央は 今を輝く話題の「憲法」
スガチョ(菅原道彦さん あそびの学校)にもらったベーゴマです^^♪

ここで一句
【改憲の 嵐にもまれて まわる憲法】
             (どうだッ!)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

こどもの日

002

春分の日ころ(3/20ころ)、
蒔いたヤサイ(菜っ葉)の種が、

立夏のころ(5/5ころ)、
もう食べごろです。

手前から
リーフレタス、
京水菜、
大根、
コマツナ、
ほうれん草、


約ひと月半。
陽当たりの良い畑では
すくすくと伸びが良いです。

おじいさんと
「食べきれない分は冷凍保存するといいんだよ」
とおかず談義に花が咲き、
教えてくれたので、
我が家でも そうすることにしました。

いままで、
目の前に生えているのに、
わざわざ冷凍なんて”
と思っていましたが、
ほんとう!これはいい♪

というのは、
緑色のモンシロチョウの幼虫やら
真っ黒おしゃれなカブラハバチやら、
葉っぱに字をかくハモグリガやハモグリバエ、
通称ジカキムシやら、


この時期、
畑には さまざまな生き物の幼体が、
子供たちが、
野菜をモリモリモリモリ食べているので、
今このときが収穫の最高のタイミングかと・・。
今をのがすと穴だらけ^^”

子どもの日には、
畑にも
子どもたちがいーーーっぱい!

【春分に 蒔きたるタネよ こどもの日】
             (立夏たべごろッ!)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

熊本大地震

熊本地方で大地震がありました。

「くまもとは、地震がすくなかけんね」
「そうたいね」

と話していた矢先の大地震でしたので
驚きました。

4/14(木)の地震は、縦揺れ。
4/16(土)は、横揺れだったそうで、

1回目で かろうじて落っこちなかったものが
2回目で 落っこちてきたと。

「お米はあるの?」と聞いたら、
1年分あると。
え?それなら ウチよりある^^
1月分の間違いだったかな・・・?

「電気は?」
今は通じてる。
でも固定電話はすぐ通じず、お手上げ。
ところが子供たちが従妹どうしで 自主的に安否確認してくれました。
普段は「ケータイばっかり!」と怒っていましたが、
ちょっと見直しました^^^^

「トイレは?」
お風呂の汲み置きがあったから
それで大丈夫。

「ガスは?」
カセットコンロがある。

「水は?」
出ない、とのこと。
もらいに行ってると。

姉妹親戚が多いので安心ですが、
いくら配給があっても
80過ぎの老夫婦であれば特に、
体力や情報がなければ
取りに行けません。
隣近所の声かけは
やはり大事だなと思いました。

2回目の本震のすぐ後は、
余震がつづいて片づけも出来ず、
散乱したままだと言っていました。

幸いケガもなく家は倒壊しませんでしたが、
家が無事だとしても、
道路は分断するため、
やはり、これくらいは備えておかないと・・・


「米(備蓄)」と「水(タンク)」と「電気(手まわし充電など含)」と「トイレ(風呂水)」と「カセットコンロ」

【ゲンパツと 津波のないのが なによりの安心】
              (もし震源地が広がったら・・・・)


| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧