2019年5月 5日 (日)

しんりょくの なみにうかぶは みちのふね

 

人がよく集う、

庭や公園では、

下草をすべて取り去ってしまうと、

土は 遊び掘られたり、

踏み固められたりして、

カチカチになり呼吸が出来なくなり疲弊していきます。

 

そこで高木のまわりなどは下草や落葉を残します。

すると、

その合間、合間が 

自然と道になり、

動植物と人間の多様多元共存が可能となります。

 

暗くなりすぎる場所や

ある程度の広さが欲しいときは、

木を間引き草刈りします。

丸く間引けば丸い空間になり

四隅に4本残せば四角い空間になります。

〇と□は、無を表わすとは 誰が言った言葉でしょうか?

 

とにもかくにも

自然は不変ではなく生きていて

美しいといって見とれていた新緑も

そのままにしていると

気づいたときは草で覆われ、

家やヤサイまでも緑に覆われて

今度は人間の方の足が遠のき

草いきれのなか立往生してしまいます。

そこで、立夏のころ、

庭や畑で草刈りをするベー助は、

綾瀬川の土手もそろそろ見に行かなくては、

と そわそわ。

新茶摘み、ではなくて、新草刈りです^^

上は草刈り前、下は草刈り後。

 

Img_5668 

Img_5673   

道が広くなり歩きやすくなることで

子供たちや

道行く人の散歩が促され、

草は抑えられ、

動植物の空間は守られます。

人は道に呼ばれるのですね、

【しんりょくの なみにうかぶは みちのふね】

           (立夏細道)

<おまけ>

 Img_5670

しかし

多様多元空間のはずの巣箱のハチさん一家が

また家出してしまいました。

そういえば、

外来種と迷惑がられたニセアカシヤ(はりえんじゅ)も

宅地や道路造成でほとんど見なくなり、

舗装され、今や外来貴重種かと思うほど、、、

ハチの大好物の花の蜜も少なくなったか、

ハチに過ごしやすい環境の確保も

町全体で見ないと先細りなのでしょうか、、、(泣)

 

| コメント (0)

2019年4月30日 (火)

フィジー的分人


「空白を満たしなさい」(講談社)は、

中盤までのどん底感が激しく、

あまりに暗いので挫折しそうになりましたが、

半分すぎて上昇していきゴールまで辿り着きました。

(悲惨な死に方をしたからといって悲惨な人生ではない)

(嫌いな分人(自分の一面みたいな意味)を消すのではなく、別の分人で見守る)

だったかな、確かそんな本で、

すごく良心的な本だったことが、

最後まで読んで ようやくわかりました。

そうして、

次に読んだ本は、

Img_5379 


「世界でいちばん非常識な幸福論」(いろは出版)

世界で一番、幸福感の強いというフィジーの実話。

たまたまですが、

前の本の根本的な問いに対する

究極の答えのような本でした。

実はこれを読み、、ついこの間まで、

我が子の信じられない行動に怒り心頭だったのに、

こんなんで怒っていた自分は 

いったい今の今まで何を目指していたのか・・・(ぼうぜん)

と前後上下感が転倒しました。

 

怒りの熱を冷ます等のレベルを超えて、

価値観のベクトルそのものを変えてしまう

フィジーおそるべし!

 

以前、夢の啓示で「人情と財布の手はゆるめるな」と男の子から格言をもらいましたが、

フィジーの場合「人情とテキトーの手はゆるめるな」みたいな国家レベル態勢です。

 

人助けとテキトーに厚い国らしい。

そのフィジーの魔法の言葉は、

ケレケレ、

モノにもお金にも困らない魔法の言葉で、

頭がケレケレになってしまいます。

日本では通用しない価値観ですが、

せめて2割、

今の日本にとりいれたら

イジメも過労死もゼロになるでしょう。

前の本的に言えば、

「フィジー的分人」です。

で、今の日本人に2割のフィジー的分人を取り入れたら、

どんな感じか、

そうだな~、

これもたまたま その前に読んだ本ですが、

田中さんちのおばちゃんとかかなぁ

Img_4826 

 

ケレケレ・・・・「お願い」「ちょうだい」「貸して」を融合させたようなコトバ

| コメント (0)

2019年4月20日 (土)

宇宙のはて

「おそらに はてはあるの?」(福音館書店)の

オルバースの理論(解釈の差異はさておき)は、

100年ほど前に

その理論の前提が成り立たないと示されたそうですが、

 

その後の華々しい

一般相対性理論や

膨張宇宙論は、

小学生のときに友人が耳元でささやき、

小学生の無垢な心に

どれだけ宇宙がぼうちょうしたかしれません^^

当時は、SF8割で聞いた想像でしたが、今や確信的で

加速しながら膨張する宇宙のはては、

どんだけ~~~!

でしょう。

 

また今は、ビッグバンとか宇宙生成の動画が

おそらくホンモノより本物っぽく動画で見れて、

たまにケータイで見るのですが、

こんな映像をプラネタリウムで見たら

さぞかしでしょう~!

 

私たちの宇宙、いや、銀河の話しだけでも

無限とも思えるくらい大きいのに、

「宇宙は ひとつしか存在しないのか?」

に至っては、

ちーっちゃいヒモ理論なせいか、

逆に宇宙を 手のひらサイズに感じるんですから、

自分の観ている位置は、

思考や感覚に

重要な影響を及ぼしますね^^;

 

多元宇宙論であれば、

私たちの宇宙には果てがあるんでしょうか?

それとも三次元の果ては、

もはや「果て」が意味をなさない次元に居るんでしょうか?

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

かたばねのハト

毎年、
節分の豆まきをして
3日くらいすると、


踏まれて程よく崩れた豆を
Img_1351
キジバトさんがついばみに来ます。

あっという間に
食べつくし、
横目で
「もうないの~」
と訴え、
ものほしそうにしていましたが、

やがて
初雪がふり
Img_1343
トウネズミモチの枝で一休み。

まるでアオバズクのよう^^

このキジバトさんは、
家まわりのどっかの常緑樹をねぐらとして、
ウチの庭とちっちゃい畑を餌場にしている

片ばねのハトちゃんです。
もう4~5年はいるかな~

若いときから
どこで負傷したのか、
片方の羽が
きちんと折りたためず、
地面すれすれで歩く
愛らしい庭鳥です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

簡易かまど試運転~ピザ編~

Img_3292
朝からコネコネ

前夜はピザづくりの動画をぼーっとみて
世界チャンピオンとか目黒とかどっかの有名ピザとか、
お料理教室とか
山暮らしピザとか何とかかんとか、、、

Img_3293_2
そうして簡易かまどを試運転。

というのは、
お母さまが亡くなり身辺整理をされた方が
一升釜をエコクラブにくださったので
この釜をどうにか使えたらと
簡易かまどを購入したため、

その延長でどうせ火をつけるならピザ焼き試運転です。

ちなみにベースケくんの今年の書初めは
「暮らしがあそび」でした。
あそびといっても
年を重ねて回りまわってきた悲喜こもごものあそびです。
あそびこそ生きるエネルギーですね^^
ピザ焼きは久々のあそびでした。

我が家の手作り簡易かまどと違って、
これには釜輪がついていて
Img_3324
釜のサイズに対応が効きます。

Img_3301
「ピザって何のせるんだっけ?」

そこからの始まりですが、
お店にいって
キノコ類とかチーズ類とか
それっぽいものを揃え、

その間に
1次発酵終了し、

小分けにして2次発酵。
あたたかい日でしたので
これも準備しているうちに難なく縁側で無事終了し、

Img_3306
生地をのばしてトッピングして釜にいれました。

上に燠をのせると
上からも焼けます。

Img_3313
15分で焼けました。

テンポよさげですが、
1枚目は釜の底に
じかにピザをのせて底が黒焦げ。

しかし、
この黒焦げピザがいちばんおいしかった。
上部がカリカリこんがりによく焼けていました。

2枚目は餅やきアミをしならせて釜の底に置き、
さらにクッキングシートを敷きました。
お、大変いい感じ。
しかし調子に乗って20分焼いたら、
底が焦げました^^;
焼き時間も大切です。

Img_3325
収納もシンプル

煙突が炉の中に収納できて

Img_3327
さきほどの釜輪がフタになり、

Img_3329_2
持ち運び可能。

Img_3323
下には焚き火シートを敷きました。

本来は地面にしいて直火を避けるためのシートです、
が、工夫して簡易かまどの底のアミの上に置いて使用。
掃除も簡単でした。

【年輪をかさねてまた暮らしがあそび】
           (はじめてのピザ)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

水道設置

家も老朽化し、
修理や設置の日々。

Img_3320
設計図

Img_3322
本管まで穴掘り

Img_3333
ジョイント チーズをとりつけ枝分かれ延長

Img_3334
「どこがいい?」

長さを調節

Img_3336
ジョイント えるぼー
Img_3339
高さ調節はいちばんの悩みどころ

なんか地底人みたいでカワイイ
歌いたくなる!

Img_3341
調節の水道用シールテープを巻いて

Img_3343
蛇口取り付け

Img_3346
寒さで破裂しないように防寒

Img_3349
さらに防寒テープ

Img_3353
支柱の杭をカケヤでうって

Img_3356
完成

【下の鉢を何にするかで思案するのは最後のお楽しみのひとつ】
          (植木鉢ならまかせといて)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

四草粥と鏡ぜんざい

今年は、
Img_3277
七草粥ならぬ四草粥と

Img_3285
鏡開きをしておぜんざいをいただきました。

まじめにお正月を迎え終了したようで、

大変きもちいい。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

アチューンメント

お正月は、伊香保温泉へ行きました。
群馬県です、
Line_1546415017161

何百段もある石段の頂上には
伊香保神社がありました。

神社に行くと必ず
どなたが御祭神かを見るのが好きです、
ここは確か、
大己貴命(おおなむちのみこと/大国主命と同じ)と
少彦名の尊(すくなひこなのみこと)でした。
それ以前は、
榛名山などをご神体とする自然信仰だったかもしれません。
Img_3249


平成が終ろうとしていますが、
ここに現在の天皇制がムリヤリでもつながっていくと思うと
ちょっと飛躍しすぎで現実的な感じはしません。
しかしだからこそ、神話が残っているのでしょうか、、
死後、もしこの日本を見降ろしたら
天皇制は国家統治のある一つのパターンとして映るのか、
それとも地球神話のひとつとして映るのか、
個人的に大変興味ぶかいところです。

どちらにせよ
政党だろうが、宗教だろうが、善悪関係なく、
一つが続きすぎると権力が偏ります。
明治時代に尊王攘夷になったのは、
徳川幕府に太刀打ちできる藩が他になかったからでしょうか?
そうして徳川に出来なかったこと
国外に太刀打ちできる国づくりを天皇制のもとに行ったのでしょうか?
現在なら、
国外に立ち向かえる政党、あるいは宗教組織として
人は何を判断基準にするのでしょうか。
組織のブランド名か その中身でしょうか。

経済強化、環境保護
軍備増強、非武装

自分がどの位置に立とうと、
どこに居ようと、
人間社会には必ず相反する価値観はうまれ、
それでも妥協点をみつけ、
とうとう折り合いがつかなくなるときがあります。

そのとき人は、
いちばん人間らしい学びをはじめるのでしょうか、、、

今年の書初めは、
【今わたしはこんな気持ちです】
      (目をとじて)
にしました。

伊江島の阿波根さんのように
どんなときも非武装非暴力を生きて
ひととシェアできるように、、、
でも、
まったく心のなかは逆な自分にむけて
アチューンメントです♡


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

中くらい忘年会

中くらいの学校の忘年会です。

今年は、お好み焼き屋さんに行きました。

Line_1545992257501
校長先生とK 君とO君、うちの家族、
いつものメンバーです。

今年は、ベー助にかわり息子が
鍋奉行ならぬ鉄板奉行をして、
みんなのお好み焼きの面倒をみていました。
いったいどこでおぼえたのか
もんじゃ焼きを手際よく焼いていました。

そういえば、
今年9月ころ友達と四国巡りをして
1ヶ月くらい帰ってきませんでした。
川でたまにエビやカニをとって
鍋で煮て食べていたそうです。
丁度、四国に台風が来ていたときでした。
足と宿は、一昨年とった車の免許でレンタカーライフ、
わたしたち世代が必死でやったサバイバルも
次世代は楽しんでやるんですね。
分断しないサバイバルとでもいいましょうか、、、
ラインで写真も送ってくれますし、
こちらから災害情報も送れますし、
日常も週末以外は友達シェアハウス宿泊で、
まだ長野だいだらぼっちに里帰りするし、
見沼の自然の家へもまだまだ行くし、
文明社会や人間関係もそのまま
ゆるやかにシャアするサバイバル術って
まるでこれからの地域福祉のあり方かッ!
あとは、借金せずに暮らせれば申し分なしです^^;

などど思っていたら
Line_1545990837840

出来上がり!

みな食べ放題でものすごい量を消化しました。
最後には、自分たちでそれぞれ焼いていました。

煙がもうもうと立ちこめるお店で
店員さんが窓を開けてくれましたが、
どうじに寒風も吹き込んできました。

我が家に居るような
他人とは思えないお店でした^^;

【ゆるやかにシェアするサバイバル術】
     (これからの地域福祉委員会)


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

うかたま 冬号2019

Img_2902
「うかたま」 2019 vol.53

今回は、
冬のおいしい贈り物シリーズでした、
お料理好きには たまらないだろうレシピ満載です。

個人的には
シュトーレンが大好きで
作ってみたくなりましたッ!

でも胃袋が弱くなってしまったので
最近は作らず食べるだけになってしまいました(泣)

草木屋からは、
庭にほしい木
「マテバシイ」の登場です。

ページを開いたとき、
活き活きと飛び出してきそうな
宮原あきこさんの絵に目が奪われます。
これぞマテバシイみたな艶やかさです^^

それから
木の実を前にして
わくわくどきどきしている
ちいさいお友達にも
マテバシイの愛があふれんばかりです^^

マテバシイの写真は、近所の小学校です、
なかなか1本だけで
ゆったり伸びやかに暮らしている木は少ないものですが、
出前授業のときの下見で偶然出会いました。
どこかわかるかな^^!

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧